2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

結果を出す素振り練習法。初心者の入口。

kage

2017/05/16 (Tue)

人1倍、いや人10倍、がんばってるのに結果につながらない野球初心者のあなた。

草野球っておっさんの趣味1位なはずじゃないの?

サーフィンやスノボーみたいにモテはしないけど、楽しさ1位でしょうが!


全然、おもしろくねえぞ、火の玉先生。


むしろ難しい。

ボールを取る、投げる、ヒットを打つって本当に出来ない。



その中でお手伝い出来そうなことは「打つ」です。



こんなその辺のおっさんから聞いても何の役にも立たないかもしれません。

それでも何も知らないよりはマシです。

お時間のある方は読んで実行してみてください。



1、やっぱり1日300回以上は目指したい。


量ではなく質だとは言われますが、その辺の女の子に120キロのストレートの投げ方(質を)求めてもダメですよね?

まずは投げ込めよとなります。

バッティングも一緒です。

初心者のぎこちないスイングを直しましょう。

ぎこちないスイングとは、よく芸能人が野球ドラマや高校球児役で出て素振りをするシーン。

あれです。

あの不細工なスイングではだめです。


夏の高校球児のようなスイングです。

あのフォームは振り込むことで手に入れられます。





2、ものまねをしましょう。



好きなプロ選手のものまねをしてください。

先に書いておきますが、そのフォームでは試合でヒットは打てません。

だけどやるんです。


たくさんの選手を取り入れてください。

「あっ似てる」って他人に言われるレベルまでです。


また下手くそな人の打ち方もやってください(本人のいないところで)


自分の芸能人不細工スイングを直す作業となります。


何が彼らと違うのか?

どうしてスイングが不細工か?

考えて直す。


綺麗なフォームとは言いません。

この人野球やってたなと言われる頭の先から足の先まで連結したフォームであればOKです。


たくさんのプロ選手をまねろと書いたのは簡単です。


自分というのは他人のいいとこ取りで成り立っています。

今の私は、神主打法なわけですが、これの構え方は落合さん。

だけど私は落合さんにはなれない。

だから変える。

私が1番結果を出せるフォームは私しかわからない。


足はあげます。

この上げ方、落とし方は中田翔さん。


背筋は伸びていなきゃいけないので、松井秀喜さんのような感じ。


そこからの左脇をしめたアッパースイングで打ってます。

これが今のフォームで、これを決めたら300回、1か月で固める。





3、素振りの仕方、イメージ





ただ振っていてもダメです。

ピッチャーをイメージしてください。

9か所を順番に振る。

用意するのはマスコットバットとかではなく、試合で使うバット1本だけです。

試合用バットが1番扱えないといけません。

この試合用バットのグリップが擦り剥けて金属部分が見えるようにするのを目標としてください。

それぐらいやってから、マスコットや軽いバットでいいでしょう。



高めの真ん中、アウトコース、インコース。

ベルトラインの真ん中、アウトコース、インコース。

低めの真ん中、アウトコース、インコース。

球種はストレートでいいです。

9か所振ったら最後は好きなコースを1回で10回。

これでワンセット。

30セット以上目指して振りましょう。


打った打球は、すべてセンター前へ飛ばすイメージです。

アッパースイングならばセンターフライでもいいです。


これでどのコースに対しても同じスイングが出来ます。








最後に・・・




火の玉さん、すげ~メニューですね。

俺には出来ないっすよ。

あなたはこう思ったかもしれません。


火の玉はそんなあなたにお話しします。


私は世界で1番、あきらめの早い男です。

そんな私が打ちたいと思った時に考案したメニューです。


なんと30分、かかりません!



だからやってみてと伝えます。

1時間も2時間もいらないんです。

それじゃなくても残業で時間がない。


時間がない中で凝縮した良い練習をすれば、高校球児と変わらない練習が出来ます。

高校球児のフリーバッティングは全体でやっているので、一人20スイング程度なんですよ。

そこからT打撃や素振りをしますが、その辺の高校なら300回もやってません。

1日300回も振らないんです。

あとはシートノックを10本程度受けて終わり。


その程度の練習しかしてないその辺の高校生でも上手いですよね?

だから300回もやれば草野球では十分と私は見ます。

だいたいそれ以上やってたら、こんなところにいませんよ(笑)


私が20代でC級県準優勝や地区タイトルを獲りまくっていた頃、このメニューを会社が終わって、すぐに車からバットを取り出しやりました。

30分かかりません。

さらっとやってシャワーを浴びて帰る。

交代勤務なので練習には、ほとんど出てません。

だけど試合では確実に打つ私を見て、「すげ~な。センスの塊だな」なんて言われてました。



家族は大事にしたい。

家に帰ったら家族だけを見たい。

仕事だって手を抜きたくない。残業もある。

飲みにも行きたい。



だから30分。

それ以上はやらない。

凝縮トレーニング。

草野球レベル程度なら、この集中した30分で十分。

私が証拠です(笑)



あきてきたら会社帰り、公園に寄り道をして30分。

海へ行き、波の音と共に30分。

正直、毎日じゃなくても大丈夫です。

出来るだけ毎日という意識です。

振り込めば豆の痛みもあるでしょう。

筋肉痛もあります。

毎日やるのは体が出来上がってからでいいです。

週2回やれていれば、自分に合格を出してください。


30分とはいえ、このメニューは汗だくになるほどハードです。

その辺の高校球児の打撃練習よりやってることになります。


なので終わったら自分で拍手したり、素振り中に「負けてたまるか」や「もっと強くなる」と自分に声をかけながら、やってもらうと続きます。


目的は良いフォームで、どのコースでも無意識にバットが出る。

9か所のコースギリギリを振るため、それより外は見逃せる選球眼もつく。




目標は300以上ですが、やる気な時は1000回目指してください。

理由は簡単です。

いつどこで、やめてしまうかわからないからです(笑)

あきらめの早い男、火の玉もこれをやれば打てるのはわかってます。

しかし何度もやめて、またやるの繰り返しです(笑)


やれるときはやってしまいましょう。

1000回振ったという経験が1日でもあれば、それがあなたを支えてくれます。


ありがとうございました。
関連記事

イップスの治し方

kage

2017/05/13 (Sat)

イップスの治し方。

1、自分がイップスだと認めること。

2、それが実力なんだと思うこと

3、そこから小さな目標を立ててクリアしていくこと。



らしいです。

以前、出来たからと言って、なんでだ?とならないように。

ファーストまで完璧な送球が出来ない自分。

それが実力です。

もっと前の距離だったりキャッチボールで真ん中に行けば、ぐっじょぶと言ってあげましょう。


心さえ改善すればと思ってる。

サードからファースト送球でイップスだとする。

なぜかキャッチャーから2塁なら投げられる。

または練習なら投げられて試合ではだめとか。


この心を癒すのは、むずかしいです。

だからこそ徐々に少しづつでいい。

自分に負荷をかけすぎずに、目標を小さくして少しづつ進もう。



心の問題は簡単じゃないですよ。

本当に。

私がそうです。

うつとかではないです。

説明すると長くなるので割愛して話すと、どんなに自分で行けると思っても、しっかりと心のブレーキがかかるということです。



だから少しづつ。

小さく進むしかないのです。

小さく進めたら、よし今日出来たと褒めてあげましょう。


そんなのの繰り返しで、私は、いまだ治らないけど少しづつ良くなってる。


もう少しで完治するかと思います。


イップスを経験し勉強をした私から、苦しむあなたにヒントになったら幸いです。

ありがとうございました。
関連記事

力強いスイングが出来て、さらには打率を落とさないフォーム。

kage

2017/05/10 (Wed)

38歳ともなりますとね。

思いっきり振れば腰。

マスコットバットを振れば腰。

ダッシュ、走り込みをしてみれば、腰。


なにをやっても、体と相談しながらとなります。


それでも出来るだけ若かりし頃のスイングで臨みたいわけです。


今回も野球人にとっては当たり前。

しかし初心者は知らないというテクニックがございます。

裏技みたいなものですね。



教えましょう。

ラッキーですね。

無料ですよ。



足をあげて打てばいい。

あげたままじゃないですよ。

ボールに合わせて足をあげて、インパクトゾーンに入ったら踏み出して打つ。

当たり前です。

初心者でも知ってるか・・・。






火の玉至極のメッセージ・・・・






あげた足・・・踏み出しちゃダメです!



ええええっって思いましたか?

とりあえず外でやってみてください。


踏み出さずにそのまま最初に立っていたところに足をそのまま落とすんです。


体は前に出ません。


足をあげておろすという動作をあなたのバッティングに加えるだけ。



顔が動きません。

ボールをとらえる予測もずれません。

足をあげることにより助走となり、スイングがスパンと振れます。


とりあえずお試しあれ。

あなたのホームランに少しでも近づくといいですね。


ちなみにこれが100点というフォームはありません。

私自身が、これは合う。草野球ぐらいなら楽しめるぞというフォームを書いています。

高等技術はひとつもありません。

合う、合わないがござますので、火の玉はあなたに、たくさんのフォームをご案内してます。

カテゴリの4割打撃法をご覧ください。

どれも初心者が今すぐ試せるものばかりです。





ちなみに豆知識。

このフォームに力が入るということを水平展開してみましょう。

投げる動作です。

投げる直前少しだけ軸足で飛んでから投げてみてください。

投手なら軸足のかかとを少し浮かせてから踏み出し投げます。

そうすると力強いボールが投げれます。


私は投手でこれをやったら、20球ほどでふくらはぎがつりました(笑)

筋肉をいじめますので、走り込みを!


野手ならば1試合何球も来ないので、試してみてください。

外野手なんて、レーザービームを投げる人の中には、上にバーンと飛んでからバックホームしてる人もいるぐらいです。

肩が強いというより、体全体を使えってことですね。


打撃では飛んじゃダメですよ(笑)

ボールが上下にブレブレになり、打つ瞬間、バットに当たりません。


ありがとうございました。
関連記事

強いチームに勝ちたい。

kage

2017/05/09 (Tue)

「強いチームと弱いチームの違いはたったひとつ」という記事で、答えは「練習時間」だとお話ししました。


そして今、壁にぶつかってますね?


やってもやっても勝てませんよね?


上には上がいて、圧倒的な差で負けてませんか?


そんなところまで来たあなたに、そこからどうやって壁を乗り越えるかをお伝えします。

これは火の玉の経験談ではございません。

私火の玉は、もっともっと前の段階で、しっかりとあきらめて草野球にて天狗になるという道。

道を踏み外し、今に至る男です。

どうぞ話半分にお読みください。



これは強いチームを見てきた真実です。

全国大会、いや県ベスト4を目指すチームはどんなことをしているのか?

これは野球だけではなく、吹奏楽部に至るまで生徒一人一人が違うんです。




ここまで来たら、あとは考えてるか?聞いているか?意識しているか?なんだ。



練習時間は一緒。


限られた24時間の中の1分、1分に対して、「どうしたら強くなる?」「どうしたら上手くなる?」「何をしたら勝てる?」「何が足りない?」「少しでも先へ行くために何をする?」と考えて行動しているかなんです。




脳を使っているかなんですね。


もっと簡単に言うと、今、火の玉がしたように、たくさんの問いかけをすればいい。


仕事において、どうしたらもっと早く出来るか?って問いかけてれば、その人の仕事はどんどん早くなります。

本当ですよ。

失敗をしたときに「これは仕方ない」として処理してしまうか、この瞬間に「どうしたら出来るようになるか?」と自分の脳に問いかけた人では結果が変わっていきます。



すなわち何も考えず仕事をしている人と考えてる人の差は、トップ社員とダメ社員ぐらいの差が出てしまうんです。

ダメ社員は「頑張っているんですけど結果につながらない」と嘆く。

トップ社員は、どんどん答えを見つけて勝手に進んでいくのです。





火の玉さん、しかし問いかけだけじゃ、答えが出ないと思うのですが?

出ます。

あなたにしかできない答えが出ます。




例えば、昨日テレビを見たあなたが「あれ、なんだっけ?あの芸能人・・・ほら、昨日さんまの番組に出てたじゃん?誰だっけ?」

その場にいた人もわからず答えが出ない。

まあ、いいやとなることはよくありますね?

そして夜、風呂に入っていると、急に「あっ!あれは暴れる君だ」と思い出す経験はございませんか?



あなたの脳は、あなたが考えをやめても、さらには寝ている間も答えを探すのだ!



だからこそ、火の玉は仕事中に様々な問いかけをして、一人まわりを出し抜いてきました。

まわりが仕方ないと何度も失敗する仕事も、無理だと笑う仕事も、私だけのやり方で成功させてます。



一生懸命はみんなやってるんです。


あいつは一生懸命だからと言われ、結果を出せず許される人にならないぞと頑張って考えて努力をやめないでください。



練習をやれるようになったあなたです。

あとはその練習を濃密な練習にしていくだけです。



簡単なことです。

ダッシュ1本、知らず知らずのうちに抜いてしまう。

一生懸命と言いつつ7割程度の力になってませんか?


そこを全力で走れるか?

いつも限界にノックして、限界の壁を叩きに行く。


そういう人が、もうダメだってところから、さらに伸びていきます。


私が見てきたダメな人というか運動神経のない人は、一生懸命の前に、あきらめちゃっているのか、よくさぼります(笑)

とりあえず練習に参加。

一生懸命、やってるように見せて、腰が高い。

ダッシュは顔だけ10割で足は6割といったところでしょうか(笑)

誰にも注意されないと、そこからさらに5割、4割と抜いていく。

1年後、何も変わらないダメな人。

まるで学生時代の火の玉のようです。



このブログは勝ち方は教えます。

その中で、あなたが変わらきゃというメッセージを発信し続けています。



今日、あなたが全力で限界にノック出来る日でありますように。

1分1分の過ごし方を変えて、夏にうれし涙で終われますように。


ありがとうございました。






さすがにそこまで出来ないよと思った方は、こちらの記事から読み、自分を変えてください。

火の玉は負け根性全開の男です。

頑張れないあなたにやさしい男です。

少しづつ変わればいい。

どうぞ。

「強いチームと弱いチームの違いはたったひとつ」
関連記事