FC2ブログ

2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

なぜ私たちは仕事を草野球のように楽しめないのか?

kage

2019/02/14 (Thu)

手取り13万だよ。

どうやって生活するの?

地元の人に食べ物をよくもらえるから大丈夫。

何とかなるよ。

俺は今、愛媛にある街を盛り上げようって活動してんだ。

その街はもう若い人がいなくてさ。

年寄りばかり。

若い夫婦で来た俺たちは大歓迎。

良い人ばかりで、何とか観光客を呼んで盛り上げていきたい。

いずれは若い人が移住してくるような魅力的な街にする。

地域が盛り上がったら、俺はそこに店を持つのが夢なんだ。

嫁さんもそれに向けて今、経理の勉強してくれてる。

今度、東京で街をPRするプレゼンをするんだよ。

おお、そこで優勝したら一気に株があがるな

いやいや、それはいいよ。

そのプレゼンでいろんな会社の偉い人に街の良さや想いが伝わればいい。

1社でも協力してもらえたらそれでいいんだよ。

おまえ、すごいなぁ




ところで、兄貴は何のために働いてるの?




お、お、おれ?

おれは・・・まあ、家族のためかな。



仕事は楽しいの?


いや、楽しいとか、そういうこと考えたことないよ。


まあ一つの会社に勤めて家族を養ってるんだから、兄貴も凄いよね。











なぜだろう、この敗北感。相手は手取り13万だぞ?










これは会社の後輩の弟さんの話でした。

私は、ただただビジョンを持った弟さんを褒めるばかりでした。

同時にある敗北感。

勝負なんてしてないけど、負けてるな~って感覚が襲ってきました。



仕事は充実している。

上司にも部下にも恵まれてる。

家も建てた。

ペット猫1匹。

子供二人。

車はトヨタアルファード。

ロレックスは1度手に入れたが、バッティングセンターに置き忘れて秒殺で盗まれた。

それから腕には何もつけていないが、私は勝ち組じゃないだろうか。

銀行だって金属20年の私に、すぐお金を貸してくれる。

社会的信用まで手に入れた私なのに、なぜだろう・・・手取り13万の若者に負けている気がしてならない。



そして気がついた。

幸せは物や金じゃない


物を持てば、失う不安がつく。

手に入れた分、失う恐さ。

維持をするために追い詰められていく。

家族とその生活を守るために仕事をしなければならない。



このマストが、好きでやってる人には勝てない。

そもそも勝負という感覚を持っている時点で負けなんです。



しかしおかしい。

後輩もしかり、私と変わらない成功を手にしているはずなんです。

違いといえば、犬がポメラニアンで後輩には、なつかないという残念な結果だけ。










夢を追う人と変わらない充実を手に入れる方法








なぜ充実しないのかは、すぐにわかりました。

私には仕事を無くした時の第2案、3案がないからです。

もしも13万になった時に「何とかなるっしょ」の部分を考えきれてない。

「何とかなるっしょ」がノープランだから不安なんです。



今の仕事にしがみつくしかない。


これは辞めて好きなことをやれという話ではありません。


そうじゃなくて安心が出来ればいい。




今、会社が無くなったら、どうする?って部分を考えてみました。


面接は軽くパスできる自信があります。

1か月タダ働きで雇ってもらいます。

タダなんだから、入れてくれるでしょう。


職場は、レストランやコンビニにしておく。

会社が無くなった事情を説明し廃品や残った食べ物をもらって帰ることで食料を確保。

休業補償で家賃を払う。

奥さんにパート時間を少し長めに働いてもらい光熱費とスマホ代。

タダ働き2か月目。

仕事をあっという間に叩き込み、2歩3歩先を読んだ行動。

言われた10倍動くおっさんになっている。

3か月目、辞めると報告する。

引き留められる。

賃金を出すから残ってくれと言われるほどになるからです。

ここから3年でレストランの接客から料理の技術を学ぶ。

会社があれば5年でも6年でも学び続ける。


この会社が無くなったらどうする?


次はマッサージ店でタダ働きして3か月後には雇ってもらいます。

同じように学び続け、マッサージの技術を身につける。


私は今の会社でビジネスの厳しさと大手のしがらみの中で生き抜くスキルを学び続けています。

次で料理と接客マナー。

次でマッサージ。


このスキルを身につけたならば、もう仕事はいらない。

この世の中は疲れた人であふれかえってる。

それでいて運動もしない。

良い食生活もしていない。

疲れは永遠にたまる社会なんです。

マッサージの技術があれば、まず1億2千万人誰ととでも商売が出来る。

食材をもらう。

住むところをもらう。

誰でも余裕があれば雇いたい。そばに置きたい存在になれる。

料理が出来ることですべての食材を生かして提供できる。

自分でも食べていける。


私は大丈夫。



ここまで来た時に、「そんなに上手く行くかい?」って思う人もいる。

甘くないよって。

そうかもしれません。

でもそうなったらそうします。

大事なのは2か月のお試し期間で店長を納得させるだけの力を今勉強しておこうと思います。


もちろん、今の会社が存続し続ければ、そこで大きく飛躍するはずです。

今まで通り、技術を手に入れなくても対価で交換できるだけの収入を稼げばいい。


そうやって「無くなっても大丈夫」を手にれるとどうなるか?





火の玉さんはなんで仕事やってるの?



おもしろいからだよ!



大きなビジョンはない。

のめり込むにきっかけや理由がいるだろうか?

なんで野球をやってるの?と同じなんです。



好きだから。


理由はない。

好きなんだ。



おもしろいからだよ。



奥さんのどこが好きですか?

だからわからないって。

とりあえず全部好きなんだよって皆、答える。

耳が好きで結婚した。

髪がきれいだから結婚したとかないんです。

理由なんかない。



仕事だって好きでおもしろいってやってる人には何をしたって勝てない。


ビジネススキルを伸ばすことが楽しくて仕方ない。

勉強をやめる気もない。

書き続けることが最高の幸せになってる。



敗北感?


消えました(笑)



どうでしょうか?

あなたもまず、物事を最悪を想定してから今を生きるトレーニングをしてみると面白いかもです。


何か新しい企画書を出すとき、最悪の意見をしっかり想定するのと一緒です。

予算がないと言われたら、ない中で出来る案を出そう。

人がいないと言われたら、小人数でも出来る案。

時間がないと言われたら、誰と誰は協力してくれると話そう。

「まあ、いいよ、やってみな」と言わせるために考えて考えて企画書を持って行く。

もちろんダメって返されたら、秒速でダメだった課題をクリアして、また持って行く。



情熱を持ってやれるからおもしろいんです。



今日は今の仕事を草野球のように深く入るためのメンタル法でした。

ありがとうございました。
関連記事

人生の判断基準は好きか嫌いかで考える。

kage

2019/02/11 (Mon)

合っているか?

間違っているか?

でいるかで考える人が実に多い。

物事に正解はないってことに気がついた方がいい。


じゃあどんな判断基準を持てばいいか。

好きか嫌いで考えるんです。

今、俺はこの考え方が好きで納得したから、こんな行動をしている。



その先で勉強を続けて行って、もっと好きな考え方が出てきたら、変えればいいんです。

この考え方はおもしろいなぁって思ったら、「よし、明日からこれやろう!」ってなっていければいい。

1日1回、知らなかった情報や気づきをノートに書くのが目標でやっていくともう何が正解かなんてどうだっていいよ!


自分の基準なんです。

私たちは、どうせ納得したことしかやらないんです。



ひとつ小話。

私の会社に溶接という物をくつける作業があります。

その溶接は先輩に教わるんですが、機械を通すと溶接した部分が折れてしまうんです。

先輩がやると折れない。

20年間、何度もチャレンジして折れない溶接の技術を身につけます。

私の身につけた溶接のやり方は、当時先輩に教わったものではありません。

まったく違うやり方でやっています。

なぜでしょうか?

目で見て火を入れるタイミングを全く同じようにしてるにも関わらず折れるからです。

同じやり方をすれば成功する。

上手く行っている人と同じようにやれば成功する。

違うんです。

微妙に違う。

目で見えているものがすべてではないって気がついちゃったんです。

ミクロマクロの世界での私たちには、わかりえない条件の違いがこの世界にはある。


だから「その髪型、似合わないね」ってはっきり言って大丈夫な人。

でもあなたが同じことを言ったら「なんかむかつく」ってなるかもしれない。

「なんか」って部分。

この感覚的に感じてしまう部分が私たちには見ることが出来ないんだ。


わからないならどうすればいい?


ひとつは今もやってる勉強を続けていき答えを探す。

私がやっているもう一つがおすすめで「好きか嫌いか」「おもしろい」と感じるかどうかって言う自分基準で行動していくことです。




そうやって生きていく中で関わるのが他人。







他人との関わり方







やりたいことをやっている人。

好きなことをやっている人。

自分軸を持って生きている人。



共通点がありました。


他人を笑顔にしている。

他人を喜ばせている。

求められてるんです。


求められるようになってないで、好きなことをやることは不可能なんです。



バーベキューをやったとします。

バーベキューで肉も焼かない。

食材も買ってこない。

準備、後片付けもしない。

ビールだけ飲んで、場を盛り上げることもしない。

おもしろい話もしない。

こんな人がいたらどうでしょうか?

いらないですよね?

そういう人は嫌いですよね?

他人の役に立ってないで、自分が飲みたいビールを飲んでいてはダメなんです。


バーベキューの場で自分が出来ることと出来ないことを瞬時に判断します。

焼き方で勝てないって人がいたら焼いてはいけません。

買いだし、みんなダルそうだなって判断したなら、「買いだしに行くけど何かある?」って入れればいい。

使える人になる。

イコール必要な人。

呼ばれるようになるんです。

買い出しをきっちりとやって、言われたことだけじゃないプラスワン。

女性にデザートを買ってきておいて、男友達にはきっちりと好みの何かを自腹でプレゼントするぐらいの1手が打てるといい。

求められる人になる。

そうなってからなんです。

そうなって初めてあなたは、ビールと焼き肉を食べていい。

好きなことをやっていい。

他人を喜ばせてないのに、好きなことをやってもダメなんです。



「なんかむかつく」にならないために「なんか」の部分を考えて考えて考えて先回りしていく人を他人は「優秀な人」と呼びます。

さらに火の玉はこれぐらいやるという他人の予想を越えて行けるようになる。

成長していかないといずれは、求められない人になります。








人間関係で失敗しないために








失敗した後に「いい勉強になった」と思えるかです。


次の人で生かすぞって思うしかない。

昔はビリヤードをしたり飲みに行ったり焼肉した先輩がいます。

私だけが昇進していき立場が変わると同時に関係は崩れました。

誰が悪いわけでもありません。

誰かが間違っていたわけでもない。

あの時に戻りたいなって思うことは多々あります。

でも戻れないんです。

過去は変えられない。

だったら未来は明るいものにしよう。

同じようなことが起こった時、自分はどんなアクションをすればいいか勉強しよう。

大切なのは敵対する相手を倒すことではない。

まわりの人を幸せにすることです。


あなたに出会って良かったと言われる人になろう。



10年後、あのとき火の玉さんと関われたことで、人生が変わったと言ってもらえるような人になりたいと思って若手と接しています。

1人でもいてくれたらいいな~(笑)


今、上手く行かない人との関係は、一旦置いておいて、前を見よう。

相手が怒ってるなら尚更です。

どうにもならない。

前を見て学んでいる間に、もしかしたら相手の気持ちも変わるかもしれない。


怒っている相手に謝っても許してはくれません。

まして今回は相手が悪いところもあると納得していない中で謝った。

それは大人な自分を褒めたいだけです。

相手もあなたも許し切れていません。



お互いに許すタイミングがある。

もういいやってなるタイミングがある。

「なんか」わからないあなたが感じ取れるタイミング。

そこを見て話しかけてみたりするんです。



俺は良い失敗をした。

勉強になったという考え方を持って進みましょう。


もちろん私火の玉は、報復もしたことがあります。

合ってる間違ってるという考えを捨てて、自分が納得する方向へ行きます。

また失敗して次はこうしようみたいに生きています。




そんな失敗を繰り返した中で、今の好きな考え方、自分への問いはこちらです。

あなたは今、何人の人を喜ばせることが出来ますか?


ちなみに大谷翔平なら5万人を喜ばせることが出来る。

イチローさんならスタジアムの外で会っても会った人を感動させることが出来る。

存在とやってきたことが、素晴らしくて人を喜ばせてる人だから自分のやりたいことをして充実した人生を過ごせるのです。

人生の好転は他人を喜ばせる。

そこから始まります。

あなたの人生は常に、まだ9回の裏の攻撃を残しています。


人生には次の回がある。

打たれても打たれても次の回を抑えていく気持ちで前を見ましょう。

取られた点数は取り返すしかないんです。

ありがとうございました。


こちらは2015年に書いた記事「きつい出会いにも・・・」です。

良い記事は何年たっても色あせず、刺激と気づきを与えてくれます。

合わせて読むと参考になるかもです。
関連記事

なぜあの人だけが、人の10倍ひらめくのか?

kage

2019/02/07 (Thu)

わからない分野に対して、1か月勉強すれば、その辺の人よりは全然詳しくなっちゃいます。

ダメな人が陥ってしまう罠があります。

それがグーグル。

とにかく無料だから調べまくっちゃうわけです。

しかしどんなに調べたってキリがないことに気がつきましょう。

素人が適当に書いているんです、、、、このブログもですけど(笑)

実際に科学の論文や大学の研究結果はグーグルの検索1位にはなりません。

思いっきり下の方にあり、まずたどりつけない。

そもそも読んだところで理解できるレベルに自分がなってないわけです。



ここでおもしろい話をひとつしておきます。



自分のレベルが低ければ、レベルの高い話を理解することは出来ないし、話すらしてもらえない







脳は1時間に2万回ほどの言葉を発しています。

考え事の嵐です。

だから普段から悪い言葉を口にすれば、マイナスな感情が脳を支配します。

愚痴を吐いてストレスを解消したというのはありえません。

愚痴を吐けば、その人のことを余計に考えて、その人の悪いところを余計に見る。

結果、愚痴は増えます。

すごく単純でわかりやすい説明を私はしたんじゃないでしょうか。



しかし人の意見を聞く気がない人、自分はこの考えで正解だと信じてる人、うらやましいと思ってる人が愚痴を吐いていた場合どうでしょうか?


いやでも・・・って答えちゃうんです。

あの人は、これだけ人をムカつかせるんですってプレゼンをやめない。

あの人の悪口を言うのは仕方がないのだと言うんです。


その場合、賢者は何をするか?


賢者は基本、戦わない。


人を否定しないんです。

自分の考えと違う人も認めるし、許す傾向がある。

だから笑って聞いているだけの人が多い。


答えなんて教えてもらえない。



そうやって私は気がついたんです。

あーやっちまったぁって(笑)

自分で勉強して気がついて行かないとわからないんだ。


目の前にあってもわからない。

見えないんです。



さらに小話。

ピアノの練習をしている娘。

良い音色で弾いていた時、急にお姉ちゃんとお母さんが同時に「あーーー!おいっ」って言うんです。

娘が「わかってるよ、もぉー」って。

私は何が?って思いました。

聞くと半音ズレたんですって。


カエルの歌しか弾けない私と幻想即興曲を弾ける娘たちの耳の差。


私はミスをしたこともわからないんです。

ついでに言えば不協和音ですら不快にならない残念な素人っぷり。

鼻歌を歌えば、家族に大笑いされます。

音を外し過ぎだと。

私はズレた音の直し方すらわからないんです。


ということは、物事でミスっている人がいた時、レベルの高い人には見えてます。

でも注意しないのは、ミスがあったこともわからないレベルだからなんです。

自分がそうなってないか?

疑って疑って勉強をやめないことをお勧めします。


今上手く行かないのなら、自分の行動の積み重ねがそうしてます。

行動してきた自分への結果が今なんです。



何かを変えないと上手く行かないんです。

私がもしも音楽を変えたいなら、楽譜を読めるように勉強していくとか、今からの行動を変えないといけません。









グーグルじゃない勉強法







グーグルを否定しているわけではありません。

簡単な調べもの程度にした方が良いという話をしただけです。

深く知りたければ、専門家の意見を取り入れた方がいい。

すなわち専門書を読み、きっちりとアウトプット(ノートに記録、話す、行動する)をしないと変われないってことです。



ここで今日の本題です。

前置きが長いな~(笑)

すいません。素人なものでお許しください。


アウトプットで何が1番記憶に残るのかという話です。

せっかく勉強したことですから、しっかりと脳に溶け込ませたいですよね?

本を読んだけど、何も覚えてないって経験ございませんか?


ここからアメリカ国立訓練研究所の研究で学習定着率をあらわす「ラーニング・ピラミッド」を見ながらご説明します。

人が何かを学ぶ場合、どれだけ記憶に残りやすいのか方法別に書いたピラミッドです。


本を読んだけどあまり内容を覚えていない。

当たり前です。

「読む」の平均記憶率は10%ですから(笑)


ちなみに「講義」は5%。

授業やセミナーの聞くだけでは3日後には元の自分です。


「視聴覚教材」で20%。

私がお勧めするオーディオブックでも20%。

無意識でやっていたことですが、良い本や講義は4回ほど聴いています。

そうするとだいたい頭に入るからです。

この研究結果を見て4回なら80%になるから良いんだなと納得しました。


あとは抜粋して説明します。

「体験を通した学習」すなわち経験。

行動していくことです。

これの平均記憶率が75%!!


最後に「人に教える」が95%という結果を書いて終わります。

学んだ知識を教えるといつでも取り出せる引き出しになる。

人生できつい場面でも、何らかの知識を使ってしのぐ人になれます。



で、教える行動をするとどうなるか?



うざいっ!(笑)



たまには、へえー凄いって聞いてくれる人もいます。

しかし人は基本、自分の話がしたいのです。

他人の話は聞きたくない生き物です。


あなたがセミナー講師で聞きに来ている人は別ですが、普段の会話であなたのうんちくを聞きたい人はほとんどいません。

じゃあ聞かれるまで待つしかない。

残念ですが聞かれません。

みんな自分の話がしたいんです。


そこで今回、火の玉があみ出した最強の教えるアウトプットをお伝えします。


まずは、今現在もやっているブログを書く。

見に来てくれているぐらいなので、何を話ししても迷惑にはならないかと思います。

不快だとコメントされたら消したり修正すればいいだけですし、炎上したら消えればいい。

コツはアクセスを求めないことです。

アクセス1でいいんです。

一人見てくれれば十分。

求める人が1人いれば、その記事には価値があります。

教えたアウトプットになります。

ちなみに悪口を書くとアクセスが上がるそうです。

最後炎上するみたいですけど(笑)



次が1番の方法です。

一人の時に狂ったようにやってます。

架空の人物を作って、その人に学んだことを話しちゃうんです。

手に、はめる人形を使って自分と対話するというメソッドがありました。

人形に話しかける→人形が答える。

人は答えをすでに決めていて相談している場合が多い。

そこで人形を使うことで、内側の自分の答えを見つけるという手法です。


私が思ったのは「人形いらないよね」って話です。


イメージでいい。


セミナー講師のように語ってもいいし、個人コンサルみたいに解決してあげるって感じでもいい。

架空の誰かや会場をイメージして話をすれば、95%のアウトプットが完了します。

完了したらブログを書くのも簡単です。

頭に入っていることですから、文字がたくさん降ってきます。



これを続けたうえで、もしも聞かれた時に、さらっと答えることが出来るあなたがいたならば、聞いた人はこう評価するでしょう。



かっこいいっ!




先日、今年最後になるかもしれない質問を後輩からされました。

どうやったら、そんなにアイディアが浮かぶんですか?

実はこんなことしてるのよ、、、、

うわっすげ~!やっぱり違うんですね。

運も重なってだけど結果を出せた人は、その運を味方にできるぐらいの何かをやってるよ。




目を輝かせて帰って行った後輩を見送りました。


年に1度でもいいから、そんな風にリスペクトされて仕事をしていきたいですね。

またその時まで、準備したいと思います。

ありがとうございました。

参考文献です。


関連記事

自分の限界を知る。

kage

2019/02/01 (Fri)

限界ってどこだろうって思ったことはございませんか?

自分はどこまで出来るんだろう?


今回は自分の限界を知り「どこで休む」選択をして行けばいいかを書きます。

実際に、人の伸びしろがどこまであるのか私にはわかりません。

果てしなくとお答えしておきます。


ただ限界値ですよって場所がどこかわかります。

自分が今思えば、限界を越えて仕事をしていたと思えた時期があったからです。








限界のサイン







限界は体が教えてくれます。

会社に来て、まだ2時間なのに会議に出たら寝てしまった。

寝ないまでも、眠くて内容が入らなかった。

会議を忘れた。

会議で必要な書類を忘れた。

出なきゃいけない仕事を忘れた。

今まで完璧に出来たことをミスってしまうようになった。


年なのかな?いやまだまだやれる。

次、忘れないために改善策を打って再発防止しよう。

年と共に変わっていく自分に、順応していこうとあなたは思うわけです。

だけどここが落とし穴なんです。




投げ込まれる仕事量。

期待に応えるための重圧。

家に帰ったら家事、育児。

今のお父さんってこういう人が多い。

当然頑張って頑張って、何とかしようとしたとき削るのが睡眠。

何かを成し遂げたい時、寝てる場合じゃない。


終わらないなら眠れない。そんな日々を過ごしてはいませんか?



ミスが出だしたときがサインなんです。




脳も心も体も休みたいってSOSを出している。

でも当時の自分は限界なんて思わないわけです。

俺はやれるって信じてる。

もしくはランナーズハイのような状態になり、疲れているのに疲れを感じない。

正常に眠れなかったりする。

休めてない日々は蓄積します。


「スタンフォード式最高の睡眠」西野精治著(サンマーク出版)で勉強した記憶で書きます。

1日5時間以下を1週間以上続けた人や夜勤明けの医師の脳波を調べた結果です。

意識が飛んでいるんです。

4秒間意識飛んでるケースもあった。

つまり信号を送られても数回、反応していないんです。


相手の話を聞けてない。

指示が飛んでしまう。

車を運転していれば4秒間は70m進みます。


マイクロスリーブというらしく、マイクロスリーブが頻繁に起こったら限界と思っていいでしょう。

私自身も大失敗を起こす前は、小さな物忘れやミスを出していました。

レッドブルを飲んでも、翼が生えることもなく眠くなる。




自分が失敗をして、さらにはその後失敗する人を自分なりに調査しました。

仕事に期待された人。

30代後半から40代の脂がのった時期である。

山のような仕事量にも関わらず、その地位を維持するために働く。

仕事だけならまだいいです。

最近は共働き家事分担制らしいです。

家で休めない。

帰ればすぐに家の仕事を片付けなければならない。


私自身は家事はありませんでした。

しかし子供のスポーツ応援に明け暮れていました。

夜勤もやってましたから寝ないで応援なんてこともしばしば。

疲労は確実に蓄積されていった。



体も動かない。

たまに行く草野球でもストライクが入らない。

バットが振れない。

エラー、暴投。

ここでも年なんだなということで終わらせてしまった。


そうじゃなかったんです。


もうやめてくれ、動けないよ



体からSOSが出ていたんです。

過去に大失敗をした人の話を聞くようにしました。

これは私のまわりの人だけなので信憑性にかけます。

ご理解ください。

でもみんな口をそろえて言ったんです。

「たしかに、あの時はいっぱいいっぱいでさ。なんであんなミスしてしまったんだろうって思うよ」

「4年間、眠らない日々だった。体がガタガタになっていくのがわかった」

「酒に逃げた。それが悪循環だった。酒を飲まずに寝るだけで体が全然違うって知ったんだよ」



マイクロスリーブが頻繁に起きていたことを認めていました。








休息の大切さ






「人生が劇的に変わる睡眠法 」白濱龍太郎著 (プレジデント社) によると、バスケットのスーパースター、レブロン・ジェームスは練習期間中の睡眠時間が1日12時間と書かれています。

眠らずに戦っている1流アスリートはほとんどいないみたいです。

私たちも12時間は無理でも、1日6時間は眠った方が良さそうです。

細切れではなく、しっかりとまとめた休息を6時間以上取ることが大事。

それが出来てからの勝負になります。

小さなミス、物忘れは大失敗前の兆候です。

今が変えるときかもしれません。


私たちはサラリーマンとはいえプロ選手と変わりません。

その仕事のプロです。

最高を出すために体を整えることはマストです。


40代で飛躍する人は、ジムに通ったりランニングをしたり、食事に気をつけている人が多い。

全速力で走っているあなた。

それは全速力ではありません。

モーターから煙が出ているのに、これは古いから仕方ないって走っているのと同じです。

しっかりオイル交換して走れば20万キロ走る車を10万キロで壊すようなものです。



これは決してスピードをゆるめろという話ではありません。


さらに加速していくために知っておいて損はない話です。

1日6時間以上の睡眠をやることの最優先にしてください。

そうすることで、あなたはどこまでも飛んで行けます。

ありがとうございました。


スタンフォード 最高の睡眠では、詳しく休む方法が書かれています。

興味がある方は読んでみてください。


関連記事

お店のメカニズム。良いものを買える人はここが違う。

kage

2019/01/31 (Thu)

イライラがマックスだった。

ダメな店員ばかり。

注文した酒が全然、来ない。

料理だって遅い。

あの店はダメだ、使わない方がいい。

もう2度と行かないよ!



あなたにも、こんな経験ございませんか?



それ、店が悪いんじゃなくて、あなたが悪いんですよっ!



ええっ!本当ですか?

店員が使えない人ばかりだから、サービスがダメなんじゃないんですか?

今日は新年会、忘年会、野球部の会食で不快な思いをしないための「お店のメカニズム」を書きます。







疑った結果、自分が悪いことに気がついたドンマイな俺の話







なぜかK先輩と行くといつもサービスが悪い。

だけどM先輩と行くと楽しい。

これって不思議ですよね?


もっと言えば、飲み物の届くスピード。

遅かったっていう店に行くと、まったく遅くないわけです。

お客様、全員に同じことをやっていたとしたら、お店に客は入らないはず。

でも繁盛してるのはなぜ?

遅いのではなく、遅くされたのではないか?


納得していく話なので楽しんでお読みいただければと思います!


日本はサービス国だから、お客さんに「もう2度と来るな、ボケエエエ!」って言えないんです。

どうするか?

サービスの質を落として、お客さん本人を来なくさせればいい。

口コミで広まるけれど、その広まった口コミ相手も同レベルであることも店は知っている。

お店は良いお客さんを獲得したいんですよ。

波動の高いお客さんで店内を埋めることが出来れば、さらに良いお客さんを呼び込める。

プラス思考で礼儀マナーを守れるやさしいお客さんで店内を埋めたいんです。

それが出来れば従業員も、ありえないクレームを受けなくて済む。

なんと私たちはお店に選ばれてるわけです。









誰でもウエルカムではない。お店に選ばれる人の条件









1、値切らない。

値切った段階で、お店に貸しを作ることになります。

儲からない客を入れても仕方ない無い。

やってもらっても最初の1回だけ。

1回を値切ってもらったら、その貸しを返さないといけません。

大勢を連れてきて、お金を使ってあげないといけません。


しかし前、安くしてもらったということで、今回もとお願いする人にお店はこう言います。

「申し訳ありません。席がいっぱいで入れません。またお願いします」



「シーズンだから、どこも空いてないよ」って取れない人は値切りをバカみたいにしてる人なんです。

安くしたことが自慢で幹事が上手いと思われている。

出来る人はお店の設定値段を変えずに、取る人で調整するんです。

部長から7千円を取り、若手から3千円にすればいい。



第一声で「安くして」とお願いする人。

この人は別にうちじゃなくてもいい。

固定客にしても儲からない。

だからお断りしようってなってる。

それでも交渉がしつこくて、仕方なく入れた場合に何をするか?

サービスの質を落とすんです。

店長が決めます。

1度、店長が謝れば終わります。


これには恐いところがあって、お店のネットワーク全部で情報を共有しています。

あの赤いトレーナーの男が来たら、値切りされるぞって。

何らかのあだ名をつけられて、ブラックリストに入れられてます。






2、ガラの悪い服を着ない




見るからに怖そうだったら、まわりのお客さんだって嫌です。

団体の中の1人か2人。

出来ればいないほうがいい。

怖そうな人に、たまられるお店になっただけで良いお客さんが離れていきます。

「申し訳ありません。予約が入っておりましてお席がありません」と断られるケースが多いでしょう。

紳士的な格好が1番ですが、庶民的な格好が好まれます。

人は80%見た目で判断します。

中身ではないんです。





3、横柄な態度を取らない




よく見かけるのが、アルバイトの女の子に怒鳴りつけている残念な人。

文句があれば店長に話さないといけない。

1番下のアルバイトに怒っても仕方ない。

相手のためではなく、自分中心の憂さ晴らしにしか見えません。



お店がダメなんじゃない。

あなたが横柄なだけ。

テーブルに料理がいっぱいな時、料理を運んできた店員さんがいたとします。

「気が利かせて自分でよけて置けよ」的な態度で、テーブルのスペースを作ってあげない。

これちょっと前の私です(笑)

置けない店員を見て「あの子はダメですね」って話していた残念なおっさんが私です。

今は、ささっとよけて自分の手前に全部置いてもらいます。

「あとはこっちで配るからいいですよ、ありがとう」っていう紳士っぷりになりました!



話をしている途中でも、店員さんが来たら話をやめて、受け取ります。

話を続けて勝手に置かせると店員さんがタイミングに困ってしまうからです。

細かい配慮をしてあげる。

新人の子がメニューを聞くなら、わかりやすくゆっくりと注文する。

トークに自信があればギャグを挟んであげて緊張をほぐしてげる。


お客様にならないってことが大事です。



お店のメカニズムをわかって予約をすれば、基本1発で席を空けて「お待ちしております」となる。

忙しくても何とかしてくれます。

やわらかい雰囲気で注文していれば、アルバイトの子だってがんばってくれる。

注文が早く届きます。

楽しい時間になるんです。









お店のメカニズムはサービス業全体で起こっている







実はこれ、ホテルでもレストランでも同じように起こってるみたいなんです。

もちろん繁華街でもそうです。

もちろん、良いバット、良いグローブに巡り会う人、会わない人の違いにもなってくるのではないでしょうか?



予約が取れない人。

注文が遅い人。

態度の悪い店員に当たった人。


自分の人間性を見直してみましょう。

結局、自分が見える世界と人は、自分自身を写した鏡と言われています。

性格の悪い人が目の前から離れないのならば、その分自分も妬みひがみが多いんです。


自分の人間性が良ければ、お店があなたを争奪戦で取りに行くはずです。


「お困りの時は、ウチを使ってください」そう言われる人になっていきたいですね。

ありがとうございました。
関連記事