fc2ブログ

2022 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 11

実は偉くなるには実績じゃなかった。

kage

2022/10/01 (Sat)

飛び級で社長になったり30歳でCEOに登り詰める人って入社してすぐに2000万とか利益出すんです。

NHKをぶっ壊せの立花さんも入社してすぐ2000万ぐらい売上出したと思います。

私たちはそんなことは出来やしない。

地道にやって部長になれたら最高のサラリーマン人生じゃないでしょうか。

途中で負けて、そうなれない人もたくさんいますからね。

特に私みたいな高卒になれば、一生プレーヤーで係長にすらなれません。

高卒で管理職は相当仕事が出来て優秀で実績を上げないと無理だと思ってませんか?

大卒じゃないと年収750万越え出来ないと思ってませんか?

高卒でも大卒を押しのけて順調に登っている人はごくわずかですがいるんです。

でもほとんどの人が出来ないから共働きで1000万にするしか道はない。

世の中のほとんどが共働きの道でお金の自由を手に入れるしかないです。

でも出来れば自分ひとりで登り詰めてお金の自由を手に入れたい・・・





偉くなる方法は実績ではなかった






いやこれを知った時、驚きました。

でも同時に自分が管理職になった時、確かにそうかもなとも思いました。

実績があったらあったでもちろんいいです。

社内プレゼン大会優勝、社長賞受賞、プロジェクト成功などなど。

でもそれだけじゃダメ。

逆に実績がなくても、力がなくても、上がれる人はいます。

実績があるのに上がれない人もいます。

そんな人たちの特徴、知りたいですよね?

教えます。

上がる人は上司に好かれてる。


出た!

これかよ、火の玉さん。

これでしたね(笑)

ごめんなさい。

頑張りましょう(笑)





そうは言っても実力はつけとけよ







上司に好かれてる人が上がります。

上がった階級では、また上司が変わります。

上司に好かれるが1番大事なんですが、やっぱり仕事が出来ないと迷惑です。

次のステージで出来るスキルを身につけないと、どうあがいても上司との関係は悪くなりますよね。

「まだやってないのか」

「違うよ、俺が頼んだのはそれじゃないよ」

「いつ終わるんだ?」

こんな会話になって、あなたは「すいません」と言うばかり。


まあ勉強はやり続けてある程度は実績ありきで気に入られるもんです。

私の先輩では、力もなく好きだけで係長になって、赤字を出しまくって2年で降格って人もいました。

結局は力も必要です。

頑張って勉強してください。

でも力があっても嫌われたら終わり。

絶対にそこ止まりです。

ありがとうございました。

参考文献です。



関連記事

下は上に情報を届けるだけしか出来ない

kage

2022/09/10 (Sat)

私たちは組織のトップの意向には従わなければいけない。

良くしたい、変えたいと思って誰しもが、その壁に挑むが基本は上手くいくことはないです。

私たちは情報を届けて、上が「まあ、そうしてもええか」と気持ちが変わることを期待しておくことしか出来ないのだ。

ダメだと言われたらダメなんです。

もしもそれが納得いかないのなら、自分で社長をやるしかない。

誰かの下に付くと言うことは、そういうことです。

ただもしも気にくわなくて辞めたいときにタイミングを間違わないでください。

いらついて上手くいかない時に辞めて、他の会社に自由を求めても、きっと意味はない。

繰り返される上からの押し付けにあなたは我慢できない。

やってられないと思う中で、これだけは結果を残してから辞めると決めてください。

何らかの実績を出して、他へ行くと決めていれば、組織の中で結果を出せる人として次の会社でも活躍が出来るでしょう。

辞めるなら、自分が乗り乗っている最高潮な時に新しい場所で力を試してください。

プロ野球選手のFAやメジャー挑戦と一緒です。

自分が1番売り出し中の時に新しいステージに行くんです。



もしも自分のチームで使ってもらえなくて、上と衝突してやってられないということで辞めたとする。

次のチームでも待遇はきっと一緒です。

私たちは会社を辞める時、売り出し中ではなく、ダメな時に辞めます。


私は辞めるつもりはないんですけど、辞めるとしたら次の会社が給料3割増しでどうしても来てくれと言われてるレベルの時に考えます。

そうでないなら、ストレスで逃げたってたかが知れてます。

未来もくそったれです。


もしくは副業をして、その副業が本業を退職金含めて、はるかに越えた時、独立起業。


まあそんなことを考えると、まだまだここで頑張らんとって話です。

ほとんどの人が、ここで頑張らんとって話です。

ストレスがたまってしゃーない。

次回は、ストレス解放のとっておきの方法でも書きます。
関連記事

下方修正された夢

kage

2022/09/03 (Sat)

いつの間にか、あきらめてるんだよな。

自分の才能のなさを感じてさ。

エネルギーが、ものすごくマイナスな時に「俺はこれでいい」ってなってしまうのだ。

高卒だけど、どんどん偉くなり、大卒と変わらない早さで昇進した。

現場から異例として、やっかみも受けた。

もちろん給料も跳ね上がり、娘を大学にやっても奥さんがパートフルタイムの共働きで生活できるレベルにはなった。

なんかの研究では750万以上稼ぐと、それ以上稼いでも幸福度は変わらないとも言われている。

750万も夫婦で大幅に越えた。

そこで出るわけだ。

「これでいいんじゃないか?」

サラリーマンとして、まあまあ成功した。

この先も勝ち続ける気もしている。

大卒しかなれない地位も手に入るのではないかとも思う。

下方修正の夢が発動する。

俺は社長にならなくてもいい。

放っておいても年収はあがる。

確実にサラリーマンやってた方がいい。

俺は勝ったんだ・・・



違うだろ!!



まず社長になって、お金のストレスフリーを手に入れる。

実際750万以上の研究は合っているのか?

大幅に越えて国の支援も受けれないけど幸福度は満たされちゃいない。

我慢してるぞ?

金があったら、これもやってるし、これも買ってるんだけどなって。

きりがない。

きりがないなら、もっとだろ?もっと稼がないといけない。




誰かの下についていて、自分の上が失敗したら終わりなんだと言う危機感がある。

潰れない保証なんてないんだぞ?

上司がバカなら、なおさらだ。

経営だって悪化する。

俺は無駄な資料を作らされて、無駄な会議を開かされて、収益は悪化だ。

そこで何もなくなった時、俺の武器はなんだよ?

1人でも立ち上がって起業できるぐらいの力がないとダメなんじゃないか?

社長になりたいんだろ?

なれよ?

勉強して、いけるって思える自分を作れよ。

バカの下で仕事しても、そいつには逆らえない。それがサラリーマンだ。

もっと考えたほうがいい。

上司がバカなら会社は潰れる。

安心してんじゃねえ!





5時間かかった資料を20秒で捨てられた






今回の経験で私は目が覚めた。

上司にこのフォーマットで作ってくれと言われた資料がある。

その前に会議を開き方向性を決めた。

係長である私は、この上司の言ったフォーマットで作った。

何度もダメだしされて修正をして部長の承認までもらった。

次に取り締まり承認で言われたことで、この上司の下なら早いうちに会社を辞めようと思った。

取締役が上司に向かってこう言った。「お前、このフォーマットやめろって言ったよな?こっちのフォーマットで作れよ!話聞いてるか?やり直しや!」


私の資料は、読まれずに返された。


会議に2時間。

資料作りに2時間。

部長との話し合いで2時間。

6時間の仕事が、上司がバカなせいで読んですらもらえない。


これだけじゃない。

私が考え資料の方が合っていて、上司の直しで出した資料は突っ返されるを繰り返した結果だ。

年功序列の波は、なんだかんだで変わってない。

上司があと1年で定年だとしても、次の課長は私ではない。

10個上ぐらいの無能な奴になるだろう。

それが会社だ。

私は改めて力をつけようと思った。


独立前に成し遂げることは決めている。

この会社で頂点を取る。

たかだか100人程度の会社で頂点を獲れない奴が市場に出たってたかが知れてるからだ。

この基準は、尊敬する人たち全員が「たいしたことないな、俺ならこうする、俺ならもっと結果を出せる」って思えたら辞める。

あとは難関資格を全部取る。

今の私は中小企業診断士の時点でつまづいている。

むずかしい。40点ぐらいしか取れない。そこを頑張ろう。

もう下方修正しない。

自分の人生を他人に握らせてる。しかも無能に。

これでいいなんて思って休んだ結果、私はこうなった。

今日から戦う!

小さなブログながら宣言して10年後、有言実行が出来たとなりたい。

この話を武勇伝に出来るように頑張ろうと思う。

関連記事

80%は報われない。でも俺は、、、

kage

2022/07/10 (Sun)

どんなチームにも序列を作るのが人間の社会だ。


その中で承認欲求や重要感を得られて、エネルギーにあふれた毎日を過ごせるのは上位20%だけ。


残り80%は負け組で、自分の力の無さにへこみ、苦しみ、涙して、うらやんでと、まあまあしんどい中で私たちは今日も生きているのだ。


負け組だから、頑張って努力して勝ち組20に入るようにがんばれって言われても、これがまた中々むずかしいんだよ。


勝ち組20だからこそ、さらに努力が出来るエネルギーが出るんだよ。


一生懸命やってるは評価されないし報われない。


結局、遅刻しても点取れる奴が試合に出るんだ。


そんなもんだよ。


でもその中の一人一人がその世界で生きていくって決めて、今のステージにいるんだよな。


80%の負け組は基本、良い日は少ない。


挫折の日々だ。


だから逃げながらでいい。


ゆっくりでいい。


そのステージでやるしかないなら応援するよ。


その会社で給料をもらうのが1番高くて家族を養えるなら降格したって雑用に回されたってやるしかないじゃないか。


応援するよ。


俺はがんばれとは言わない。


辞めたいなら辞めればいい。


辞めるのが、あきらかにデメリットが多くて、やるしかないなら、ゆっくりでいい。


逃げながらでいい。


出来る人と自分を比較しなくていい。


昨日の自分よりもでいい。



たまに良い日が来る。


その時は、まあまあ嬉しかったりするじゃないか。


ゆっくりでいいから努力しとけよ。


その世界で開花しなくても、つながることもある。


80%がやってられないし、システムに不満を感じてる。


だから最近は、競わない生き方的な本がバカ売れだ。


そりゃそうだよ。世の中の80%が負けなんだから。


キャンプしたり、バーベキューしたり、旅行したりして人生を満喫してますってインスタ上げとくしかないよな。


上げる必要がないと言う上位の人、他人をうらやんでない上位20%にはわからない気持ちだよ。


そんなことしたって意味がないのはこっちも知ってる。


さらに当たらないのも知ってる宝くじを買うんだ。


当たるかもしれないからね。


稼ぎ方を知ってる20%は、非効率じゃんって簡単に言うけど、おれら80%からしたら宝くじに賭けるのは自然な行為だ。


でも私は頑張って買わないようにしてる。


インスタも頑張ってあげない。


数少ない良い日に自慢したくなるけど、すぐ負けるからな。


有頂天な自分を振り返るほど恥ずかしいことない。


謙虚って俺みたいなアホのためにある言葉だよ。


稼げる大人になりたい。


上位20%として人生を歩みたい。


無理だと思うけど、無駄にはならないだろう。


休日に勉強をしている10年後は、何らかで誰かの役にたてる大人になっているだろう。


そう信じてなければやってられない。


そして負け組だから、やっぱり歩みはスローだ。


1日8時間とか勉強する強さもない。


だらだらと進むのだ。


もちろん許す。


1ページでも勉強した自分を褒めたたえ称賛を浴びせてる。


みんな自分に厳しいんだよ。


がんばったって負ける確率の方が高いんだからね!


だったら自分だけは褒めてやれよ!


よくやった。


素晴らしいと思うよ、俺はって。


きっと今勉強してる中小企業診断士は、今のペースだと5.6年はかかるなと思う。


でもそれが実力ってわかったし、それもいいと許してあげるのだ。


今日は久々に娘のバスケを見に行く。


見に行ってないで勉強しろよ。


バーベキューしてる奴らと変わらないじゃないかっ!


言ったはずだ。


負け組は人生をいかに楽しむかだ。


楽しんだインスタを上げればいいんだ。


バーベキューやキャンプ、釣り・・・大いにやってくれ。1度も否定してない。


毎週遊んでない私の方が10年後ちょっとだけリードできるんじゃないかと言う話をしただけだ。


バスケを見に行く理由がある。


上には上がいて凡人であることに気づかされるからだ。


仕事でうまく行ってる時ほど、勝てない娘を見ながら学ぶのだ。


それでも努力を続ける娘をみて、成功してくれと願いつつ弱い立場の気持ちに寄り添うのだ。


すごい子は一年生からモノが違う。


残念ながら、私たち親子の血にはそんなものはない。


その辺でやってれば天狗で終われるものをわざわざ県のトップチームに行くからこうなる。


でも娘はそのステージから逃げない。


俺なら2分で逃亡するけどな。


世の中には、こんな人が8割だよ。


がんばれとは言わない。


上向こう。前を見よう。たまに良い日はあるよ。


それだけでいい。


いつか来る笑い合える日のために、今日も頑張っておこうぜ!
関連記事

落ちたり、上がったり、落ちたり、落ちたり。

kage

2022/06/25 (Sat)

6月も終わりに近づき衝撃が走った。

9個上の先輩の降格人事が発表されたのだ!

係長になって2年半のあっという間の降格だった。

部活かと突っ込みを入れたいほどスピード降格。

フジヤマでも、もう少しためてから落ちるんじゃないだろうか。

そのぐらい私の会社では早すぎる異例の人事である。

2年半の降格は異例だし、今までどんなに失敗した人でも降格まではいかなかったのが今までの体制だった。

役員が変わり、時代が変わったことを証明する人事だ。

なんだかんだ残ってきた年功序列は、完全に崩れ落ちたのだ。

実績を出さない管理職は代えるという役員からの強烈なメッセージだろう。

もはや半沢直樹の世界やんっ!

かく言う私もプチ自慢になってしまい恐縮なんですが、異例の人事で昇格しました。

高卒の私が41歳で作業長になり、42歳では作業長兼係長は異例なことでして、これはこれで周りからの批判を浴びています。

前作業長が体調を崩されて入院したのがきっかけで私が上がってしまったというラッキーです。

私だけではなく、他の課でも若手の有望の38歳の後輩が作業長に昇格した。この子は私と違って実力でしょう。

そして今回の9個上の先輩の降格で、私の1個上の人が7月から作業長なのだ。

皮肉なもので、このタイミングで会社は過去最高益達成。

結果を出した私たちのボーナスは跳ね上がった。

「結果を出せ」の強烈なメッセージに負けない何かをやっていかないと私もバッサリといかれるだろうな・・・。



私が入社したときに若い奴らを引き連れて、飲み歩いていた先輩。

まわりも「この会社は、この人が引っ張っていくんだよ」って口をそろえて言っていた。

上役たちも、その先輩に「俺らのあとはお前だ。頼んだぞ」と言うぐらいだった。

きっと一時代を築く人なんだろうなと新人ながらに思った。

酒を飲みに行くたびに朝まで仕事のことを熱く語り、周りとも熱くなって会話をしてと仕事に生きてる人だった。

もちろん後輩たちの尊敬も集めた。

結婚式になれば、先輩が必ず呼ばれたし、私の時も呼んで祝ってもらった。

しかしいつしかITの波に乗っていけず、パソコンが出来なかった先輩はだんだんと昔の自信を無くしていった。

最近では強気な発言もなくなり、「おれ、わかんねーよ。できねーよ」が口癖で、期限を守れない仕事ばかりしていた。

ピーターの法則。

ピーターの法則とは、人はそれぞれの限界まで昇格して、最終的に無能になるという法則だ。

私が日々、バーベキューもせずに釣りにも行かずに、勉強をしているのはピーターに逆らいたいからだ。

次のステージでも限界にはならない。

俺は、さばいてみせる。

かかってこい、ピーター。俺は無能にならないぞと言う戦いなのだ。

でもわかってる。私もいつか負ける。

先輩を見下すことはない。負けたのが2回戦だったり、準決勝だったりするだけ。

同じ高校球児だ。降格と言えど、人生で考えたらたいしたことじゃない。引退が早ければ、それだけ遊べるっていうメリットもある。

人生も一緒だ。逆に重圧から解放されて、降格することによってピーターから逃れて、1つ下のステージでは有能なのだ。

承認欲求を得られて幸せになれるかもしれない。

負けるのはたいしたことじゃないってことだ。

私の前の作業長は退院して復帰して現在は私のサポートに回ってくれている。

本当は自分が最前線で戦いたいだろう。

でもいまだに病院通いで、少しの入力作業でも胸を抑えるほどの体だ。

前作業長の戦いは終わった。でも定年後も延長してサポートしたいと言ってくれた。

最前線からは退いたけど、追い詰められてた以前よりは、ずっと生き生きとしているようにも見える。

死んでしまったり、うつ病になったら大変だっただろう。

体調は崩したけど、息子が結婚するんだと嬉しそうに私に語ってくれた。

あのまま続けてたら、息子の結婚式が見れなかったかもしれない。

一つ落とせば、逆ピーターでより幸福になれるケースだってあるのだ。

もちろん最前線で終われるのが1番だけど、上手くいかなかったときは、そんな考えも持ってもいいと思う。

私は負けたらそうするつもりだ。

人それぞれだけど、いずれどこかで私たちは負ける。

私たちはプロ野球選手と一緒で少しでも長くシーズンを戦いたいだけ。


もちろん戦えない。勝てないって悟ったら、堂々と逃げるよ。


娘に死んでもプロになれって言ってるのと同じだし、無理なもんは無理。

生まれた時から決まってんだよ。

あきらめそうになったらさ、あと1回だけやってみようよって、立ち上がってここまで来ただけだ。



本日も快晴。もしも倒れそうなら逃げよう。また立てそうなら、もう1回戦ってみたらいいよ。


関連記事