2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

打球を飛ばす方法

kage

2018/02/19 (Mon)

誰しもがかっ飛ばしたい!

打った瞬間、走らない。

走らずにボールを眺めて、スタンドイン。

この優越感を味わいたいはずです。


高校通算3本の本塁打で終わった私が語ります!


打たれた本塁打は5本。

打たれ方の方が詳しく書けるドンマイな男が私です。


打たれ方にニーズがないので書きませんが(笑)



さて3回も優越感に浸った私です。


そのうち1本は12対4の試合で12対5にするソロ本塁打で、がっつりとガッツポーズしてやりました。

投手として12点献上している私がおりゃっとガッツポーズ。

チームメイトのドン引きは今でも忘れられない思い出です。



この時の体重が60キロ。

良い感じのひょろひょろバッター。

マッチ棒のような腕。

どこにそんな飛ばす力があるんだって話です。


でも打てたんです。


今の草野球チームでも、160センチ60キロでスタンドまでかっ飛ばす人がいます。

年間1本あるかないかですけど、ジャストミートすれば行くんですね。



今日の記事は、死ぬまでに1本ぐらいは打ちたいなっていう初心者の方々へのヒントになればと思います。



「打球の飛ばし方」では素振りをしてくださいと書きました。



その他にもう一つ、やったトレーニングがございます。


それは「腕立て伏せ」です。


1日40回やってました。

国語の先生は1日50回やれれば、腕力が変わるよと。


18年前の話です。

理論や理屈が今とは全然、違います。


当時は毎日、やりました。

よかったのか悪かったのかは別にして結果だけ書きます。



居酒屋で挑まれた腕相撲に負けない男になりました!


よかったのか?

人それぞれの感覚で受け取ってもらってください。



真面目に書きます。

下半身で飛ばすなんて言われているけど。

走って、スクワットして打球が飛ぶようになったかと言われたら、そうじゃない気がします。

すいません、3流バッターの経験ですから、もしも1流の方のお目汚しとなったら、お許しを。


草野球でも、かっ飛ばす人は、デブかベンチプレス好きな人です。

ジムでベンチプレスやりまくって、かっ飛ばす人は60キロ~65キロ程度で痩せています。

それが火の玉が見てきた真実です。

今、私は68キロで2塁打、3塁打なら毎年、打ててます。

ホームランは年間1本あるかないかですが、草野球18年で5本は打っているかと思います。



下半身を鍛えてない人は、野球そのものが出来なくなるんです。

足がつったーって言って振れなくなったり、投げれなくなったり。



参考程度に、バットを持っているのは腕です。


ベンチプレスも好きですが、私が1番やってるのは腕立てです。



注意点があります。


35歳過ぎると、腕立て伏せも怪我の元になります。


腰痛、肩痛、ひじ痛と大変です。


私自身、何度もやってやろうと挑戦した結果、怪我で出来なくなりました。


そんな中、最近見つけた怪我をしないトレーニング方法があります。


スロートレーニングです。


書いて字のごとく、ゆっくりとやる。


正しいフォームで大きく可動域を使って、ゆっくりとやる。


3秒かけて曲げて、3秒かけて戻す。

力が入っているときは、なるべく息を吐いてください。

止めているとバチーンと頭痛が来ますから!

万が一、頭痛が来たら、トレーニングはやめて安静に。


10回3セット、セット間のインターバルは30秒でやると筋肉が喜びます。

これを2回やれば、60回の腕立て、さらには体幹まで鍛えられます。


当時は毎日やってましたが、最近の研究では、3日に1回でいいみたいです。



最初はただゆっくりとやる腕立てでいいです。


短い期間で、効果を得たい人はプッシュアップバーがお勧めです。


可動域をさらに広がります。

「プッシュアップバー」を使うと、スタンドインの近道になるやもしれません。


暇のある方は合わせて「打球の飛ばし方」も読んでやってください。

ありがとうございました。



関連記事

ストレートが、なぜか素人に当てられて打たれてしまう人へ

kage

2018/02/06 (Tue)

空振りが取れない。

いいバッターなら仕方ない。

しかしなんで、あんな素人打ちの奴に打たれてしまうのか?

許せない。

あんな雑魚バッターは、かすりもしちゃいけないレベルなのに、なぜ打たれる?




ビヨンドだから?


違います。



年で球の伸びが無くなったから?


違います。



キレが無くなった?


違います。




今回の記事を読めば、今すぐ、ど素人が、かすりもしない投手に戻れます。











火の玉至極のメッセージ・・・












自慢のストレートが当てられ出したのは、決してあなたが劣化したからではない!


特に相手が素人で、変なフォームなら、なおさらです。









ただ単にタイミングを合わされてバットを出されているだけ・・・





投げたらだいたいこの辺を通るってことで、山勘で振っている。

で、当たっちゃってるだけなんです。

素人にボールなんて見えちゃいないんです。



どうすればいいか?



少し手を抜いて同じところに投げてみてください。



あら不思議!


ボールを遅くして打ち頃なはずなのに、空振りじゃありませんか?


もう1球投げてみてください。


もちろん空振りします。


しばらくは、これで行けます。



そのうち当たるようになります。


ちょっとでもかすりそうなら、通常のスピードに戻してください。

振り遅れます。



いいですか?

初心者にカーブを投げたら、なんて言われるか?



わからないんですって。


曲がってることも、ボールが遅くなってることも、まったくわからないらしいです。


ただやみくもに、ボール見て振ってるだけ。


バッティングセンター140キロ状態なんです。


とりあえず速いから、早めに振ろう。

ボールがストライクゾーンに来てバチーンです。


見えてないから、球速を変えるだけで三振の山です。



これに気がつくまで、ずいぶんかかりました。



「当てられたらもっと速い球を投げなければいけない」と思っていませんでしたか?


これは違います。

相手が、初心者スイングならば、基本は全部まぐれです。





経験してきてボールが見えるようになるころには、いやでも「経験者のスイング」になってます。

そうなってない人は、ほとんどが適当に振っています。



ばりばりの経験者なら、投げた瞬間に球速の変化はわかります。

球速を落とすのは危険なので、変化球でカウントを取りましょう。









50球連続空振り事件・・・







打撃練習で、バカにしていた素人にパチンパチン打たれました。



自慢のアウトコースもライト前へ運ばれました。


おかしい?

何が起こっている?

「普通に持っていかれたな(笑)」


素人が調子に乗り出してきた。


「火の玉さんのボールに速さは感じません」


自分のMAXが打たれたからもう打つ手がないと思った。

「まいったよ、上手くなったんだな。俺も練習しないとな(笑)」



打撃練習だし、もう軽く投げよう。

そこから始まった。


空振り、空振り、空振り。





たまに速いボールを混ぜて、また遅くしたりMAXで投げてみたりしてみた。

ストレートだけです。

ただ球速を変えただけ。



これを縦の変化と言います。

来るようで来ない。

来ないようで来る。


50球連続で空振り。ボール1ケースがなくなった。


素人が言った。


「手を抜かれてだけでしたか・・・。やっぱり凄いっす!」



(いやいや、俺は完璧に打たれて、あきらめて軽く投げたんだけどな)


もっと速い球を投げなきゃいけない。

それが出来たら1番いい。



でも必ずいつか速い球は当てられます。


人間は170キロも当ててます。

同じ場所、同じスピードで投げ続ければ、ワンツードンで打たれてしまうのです。


いい投手の条件。

どれだけ勇気を持って90キロを投げ込めるかです。

間違えればホームランされるであろう球速で、何球の勝負が出来るかです。



どうぞ、お試しあれ。


やればわかります。



なんだ、見えてないだけかって笑ってしまうでしょう。


素人スイングの人には、同じスピード、タイミングで投げなければ、100キロでも空振りです。

本当にそうなりますから、勇気を持って抜いた球を投じましょう!
関連記事

あなたの成長は選ぶチームで決まる

kage

2018/01/24 (Wed)

アリ100匹がいます。

アリが10匹ならば「アリが10(ありがとう)」


どうでもいいわい!


とりあえず今回の話は、100匹です。

このアリ100匹、よく働くアリは100匹中、何匹でしょうか?

ときどき働き、ときどきサボるアリは何匹でしょうか?

よくサボるアリは何匹でしょうか?



考えてみてください。



このサイトを見る人は、よく勉強されておられる方たちばかりですので、パレートの法則ぐらいは知っているかと思います。


でも知らない方のために、簡単に説明します。

組織はだいたい2対8の比率で形成される。

会社の売り上げ80%をトップ20%の社員で稼ぎ、残りの売り上げ20%を、その他80%の社員が稼ぐというものです。


その組織のだいたいはトップ20%の人間がやってしまうのだという法則がパレートの法則となります。

あくまで簡単に説明すると、そんな感じだとご理解ください。


ピッチャー、キャッチャーにトップ選手を持つチームはそれだけでBクラス、Cクラス優勝まで行ってしまう。

こんな草野球あるあるも当てハマりますね(笑)


1番、4番にぶち込める打者がいるチームならば、相当な打撃があり、強いですよね?



パレートの法則そのままです。

出来たら9人欲しいですが、2人いれば勝ててしまう。

試合の8割をその2人の出来で決めてしまいます。




アリの話に戻します。


パレートの法則を使うならば20対80で、よく働くアリは20匹というのはわかるかもしれません。


問題なのは、「ときどき働き、サボるアリ」と「よくサボるアリ」は何匹づつに別れるでしょうか?



これがおもしろい答えでした。


知りたいですか?



ふっふっふ・・・



もちろん教えます。


せっかくですので、簡単には読まずに、考えながら楽しんで行ってください!











火の玉至極のメッセージ・・・









実はよくサボるアリも20匹なんです。


残りが、ときどき働き、ときどきサボる60匹。


誤差は多少あるけれど、だいたいこんな数字になる。


これはどの100匹を入れてもそうなるそうです。





じゃあよく働くアリ20匹だけで働かせたら、どうなるの?



なんと20匹の中でサボるアリが出てきた。

せめてときどきレベルかと思いきや違う。

ちゃんと2割のアリが「よくサボる」アリになった。

ときどきサボるアリもいて、100匹の時と比率は同じでした。



エリート集団を集めたのに、働くプロ集団にはならなかったんです。

実は人間にも同じようなことが言えると教えてもらった話をしたかったんです。



その集団の中で劣等生となった場合、あなたはそれでも頑張れるか?

人や環境のせいにしてたらダメだとはよく言います。

しかし得てして人間は弱く、すぐにそんな考えになるんです。



「俺がやらなくても、優秀なあいつらがやるからいいんだ」

「いくらやったって勝てないから、もういいや」

「劣等生チームで遊んでた方が楽しい」



上の3つのような気持ちになったことはございませんか?




自分が完膚なきまでに負けていて凡人中の凡人だと気がついた時。

そこからやれる人間は中々いないんです。

よくサボる軍団に入ってしまう。

野球は好きなんだけど、上手くなりたいんだけど、レギュラーになりたいんだけど、心と体は別の方向へ。

素振りしなきゃいけないのはわかってるけど、見ているのはスマホなんです。







誰だって最初から凄いわけじゃない!



下手くそな自分、出来ない自分に対してコツコツ積み重ねる。

バットを振った量は嘘をつかない。

センス、運動能力は関係なく、振った人間には勝てないようになっている。


今、勝ちたい人間が自分よりも打つのならば、きっとそいつは、あなたよりも振っている。

言わないだけだ。



仕事が出来る人がいるならば、きっとその人は、あなたよりも勉強しているのだろう。

本を読んでいる量、行動に移しての経験の量が、あなたよりもある。


そこを埋めればいいだけ。



埋めればいいだけなのに、やる気になるのは一瞬で現実を叩きつけられるからです。

やっぱり勝てない。

つまらない。



そして元のサボるアリ。


これは法則ですから、私たちの力では動かせないんです。


残念でした。

一生負け組として、余生をお過ごしください・・・って待てーーーー!





すいません。

私なりの答えを書きます。




環境も自分で決めるんだよ!




私はここでやると。



おそらく今までは、ただ何となく、誘われるままに自分の身を置く場所を決めていた。


決めたとしても、出来ない自分に対して、自分の頑張り、努力、才能がないんだと思ってあきらめている。


ちなみに小学校、中学校は決められない。


しかし高校からは、あなたの選択が出来る。


運のいい人は、たまたま入った環境が自分に合っていた。

それなりの評価をもらってやる気なる。

上位20%でバリバリやれるかもしれない。



そうじゃない。

ほとんどの人は、負ける。

打ちのめされる。

あきらめる。




最初はみんな弱いって言ったでしょ?



コツコツと努力を積み重ねることが出来る環境を選ぶんです。

よく組織を見て、自分はどのぐらいに行けるのか?

上手くいけば3年で頂点になれるかもしれないってチームです。


トップ選手になったら、また探す。

おもしろい世界がいっぱいなんだ。


自分が成長できそうな環境。



あなたの努力がどうにかなる環境ですよ。




プロ野球選手が結果を残したらメジャーを目指す。

日本のトップになったら世界を。

通用しなくなったら、帰ってきて、良いチームを探す。

野球選手としてダメになった時、解説者として上位を目指せると思ったら解説者。


コーチ、監督。

打撃投手、球場スタッフ。

知識と経験を生かして、自分の環境を決めているんです。




私、火の玉は運がいい人でした。

たまたま流されるまま行ったところで、まあまあ通用して勤続20年で働きアリになれました。

しかし中学校では補欠で、朝練は遅刻。長距離走は近道を使う。

たまにバレました。

上位の人間に、チクられないようにパンをおごって口止め。

とにかく娘に怒れないぐらいずるかったです(笑)






今回、子供教育の講習会でアリの話を聞いたんです。

真面目に勉強をしない子供。

いても仕方ないよって話です。

環境を決められないのだから。

それはそれで、あたたかくお父さん、お母さんが見守ってあげてくださいねと。


私たちが家を建てた場所の小学校に行く以外の選択がない。

その中で通用しなかった。

もっと頑張れではいけません的に捉えたわけです。



同時に、運よく選んだ高校と会社が自分の努力で成功させることが出来た私。

努力や勉強が楽しいと思えるおっさんになれました。



そんな私が今から大阪桐蔭に入ったら、100%サボります(笑)

やる気なんて、これっぽっちも出ません。

今、私のいる場所が、Dクラスの草野球チームだから、素振りと筋トレが出来るんです。




あなたの環境、大丈夫ですか?


会社、大丈夫ですか?



あなたはダメじゃない。

あなたが悪いんじゃない。


あなたには、あなた自身を光らせることの出来る場所がある。


探してみてください。


どこに行っても変わらない。

そんなの嘘です。


中学時代、ひょろひょろだった私(174cm、58キロ)が、強くなりたいというモチベーションを保ち努力を続けた結果、今は筋肉マン(174cm、68キロ)です。

打席に立って外野が前に来ません(笑)

負けていた人間にも勝てるようになりました。

これが大阪桐蔭にいたなら、レベルに驚愕して、やる気をなくして、しっかりとあきらめて、今でもひょろひょろです。

自分の満足いく成長が出来て行けば、人生はとても楽しくなるじゃないでしょうか?

あなたの何かが変わるきっかけとなることを願い終わります。
関連記事

きっと、あなたに合った何かがあるから、起き上がって行こう。

kage

2018/01/17 (Wed)

この世の中に、ダメな人なんていないんだと思う。

向いてないってだけなんだ。

やるだけやっても結果が出ない時、もう十分頑張ったって思えた時、違う道もあるんだって知っておけばいい。



今日は、そこでダメだからって、何も悲観することはないのだって話です。










火の玉至極のメッセージ・・・









また言われた。


2番目の子である「なつき」が練習を真面目にやってないと。

私たち親が見てる前では、やっているようにも見える。

だけど「見たら、すぐわかる。監督が怒るのもわかる」と言われるほど違うらしい。


なんであまり試合に使ってくれないんだろうって思ったことがある。


聞いてわかった。


そりゃ練習を真面目にやらない奴を使いたいなんて思う監督は日本中探してもいない。

私が官僚ならば、「えちご屋、おぬしも悪よのう」の手口で娘は出してもらえるだろう。

服はノーブランドで、晩酌は第3のビールで、トレーニングジムは市の体育館な一般家庭以下のお父さんである。

当然、監督からのゴマすりもあるわけなく、良い感じの補欠。



そんな練習しない娘に「しっかりしろ」的に怒鳴ることもあった。

手をあげることもあった。

延々と説教もしてみた。


結果、全部間違えで終わった。


正解になる子供もいるだろう。



しかし、うちの娘には、効果がなかった。


ただお父さんに怒鳴られてる不幸な子供にしただけ。

ものすごい後悔。

自分の失敗ならいい。


娘にとっては嫌な思い出として残る。

やっちゃいけないことだったのだ。










親の仕事・・・













私が思う親の仕事って、「自信をつけさせること」なんです。


挫折しても起き上がって、成功できる方向へ行けるメンタル。

ダメだーで、ドーンとつぶれてしまう子がいっぱいいます。


良い上司や指導者に巡り会えた人はまだいい。

そうじゃない人の方が多い事実。



理不尽につぶされた時、自分で立てますか?



「私は出来る」「私は大丈夫」「私グッジョブ!」ってなれる人でなければ、つぶれるだけ。


だから自信なんです。

どんな時も前向きに。















だけど報われない努力に対してどうしたらいいの?・・・











うちの2番目の子のように、がんばらなきゃいけないのはわかってる。

努力をしなければ成功はないってのもわかってる。

もっともっとやらなきゃってこともわかってる。





でも出来ないって人がいる。




どこかで甘えて自分に負けちゃう人。

いや、むしろほとんどの人がそうなんじゃないかって思う。

多少、努力が報われるときはある。


でも根本的に結果は残せないし、ここに居場所なんてないんだよって人であふれかえってる。






親の私だって、どうにか子供に成功体験を積ませて自信をつけさせたい。

だから考えるわけ。


どうしたらいい?


まだまだ勉強不足なのか?って。



自分の学生時代を思い出してみた。


初回3失点交代、ワンアウトも取れず。

変わったピッチャーが完封5対3で勝利。

帰りに代わったピッチャーに言われた。

「じゃあな、初回3失点投手くん」

悔しすぎたよ。


その後の試合で私の出番はない。

チームは勝ち続け県ベスト32。


完璧な補欠として落っこちた。



もう二度とあんな思いはしたくない。

気持ちを切り替えて、階段ダッシュ、タイヤ引きダッシュ、走り込みを1から全力で取り組むようになった。


三日後・・・。



ダッシュを5割でやる自分がいた。

だが途中で、あの日を思い出す。

初回3失点投手くんと言われた日を。

そこでちくしょうって気持ちになり、1本だけ本気で走る。


その後、どうだろう?

想いが続かない。

次のダッシュは3割の力だ。


ゴールしてスタートラインに戻るタイミングで、タイムを測ってくれているマネージャーのケツを見ながら戻る。

人間のクズと呼んでくれ。

ダッシュは20本ある。

20回とも見ながら戻れば当然、ばれる。

「火の玉っ!マネージャーのケツ見てんじゃねー」とマネージャーに聞こえる大音量で叫ばれた。



これを言われた私の最大の抵抗は小鳥のさえずりのような小さな声で「見てねえーよ」。

浮気はしていないと言い張るクソヤロウと何ら変わりない。

残念な男だった。



挫折が人を変えるのか?



変わらない。


つらいことはつらい。


気持ちとは裏腹に、根性なしは、どこまで行っても根性なし。

人は変われない。



甲子園で福留さん(高校時代)のバックスクリーン直撃のホームランを見た時も、俺はやるって決意した。


バスで千葉に帰るときに持っていたのはバットではない。

ホームランバーだ。

おいしかった。

人間のほとんどが、私ほどではないにしても、まあダメな人のだ。













もっと頑張れとは言わない・・・













そこからもっと頑張れとは言わない。

努力を続けられるならいい。

もう少し、やれば届くんじゃないか?

そう思えるならば、前向きに目標を目指してほしいです。




しかし、やり尽くしてダメなとき。

やるだけやって結果が、思いっきりビリだったとき。

かすりもしない補欠だったら、辞めてもいい。


自分には向いてないだけ。



知っておいてほしいことがあります。



誰しもが輝ける場所が、この世界にはあります。




ダメだ、ダメだの失敗の連続の中で、じゃあこれなんてどうよ?って探していく。

その中で、あなたに向いていることがあります。


どれだけの世界が広がっていると思いますか?

何個のスポーツ、何個のジャンル、何個の芸術、何個の音楽、何個の科目がこの世界にあるか?

もう、数え切れない。




楽しくてしょうがないことで、お金をもらえたら最高だ。


頑張るとかなくて、楽しくてしょうがない。

上達したくて仕方ないと思える道がある。

それを見つけたら、ずっと走り続けられるんです。





ダッシュできない私がプロ野球選手を目指した。

中学校補欠、高校夏2回戦敗退、千葉県175校ある中で、負けまくる日々。

練習試合、思いっきり負け越しの弱小野球部でぎりぎりレギュラーな私。

完膚なきまでに「あなたの野球は、ビリの方じゃん」って叩きつけられたリアル。



普通の仕事で草野球をした。

これがあきらめない心でプロって思ってたら、今頃、38歳、肘と頭が痛めなドンマイニートです。

私は、人から歓声を受けるのが好きだった。

だから歓声を浴びるプロ野球選手を見て、なりたいと思った。


考えたら歓声を浴びれるのは、プロ野球選手だけじゃない。

他の道もあるのだ。

学園祭でコントをやって爆笑を取り、スターになった。

中学卒業式に第二ボタンはおろか、第5ボタンまで取られることなく、パーフェクトにそろえて卒業した私が、高校では「ネクタイをください」と言われるまでの成長は野球ではない。



コントだ!



だから仕事してからのプレゼンで強さを発揮できた。

注目されたい欲求が叶う仕事だった。

資料作りは30時間以上かかる。

しかし私は、資料を寝ないでも作れてしまう。

楽しくて仕方がない。

自分が発表する姿を想像するだけでわくわくする。



ダッシュは出来ない。


出来ることがある。

もっと頑張ろうとかではなく、勝手に体が動くものが、それぞれの人にある。




この世の中、ダメな人はいないんじゃないか?



無理してやってるだけ。

失敗を重ねても、のめり込めること見つけてほしい。



あなたは出来る人。



そんなことに気がつかせてくれた本があるのでご紹介します。

作者も色んな負けから「今」を見つけた人。


あなたが思っている以上に、この世界はキラキラしてるから、明日も草野球しよう。

草野球じゃなくても、あなたのオンリーワンを見つけよう。



私は練習を真面目にやらない娘をもう怒りません。

人には合った道がある。

やる気になる物が必ずある。

だから信じるよ。


車の中で妹にこんな話をしたところ、返事がない。

ルームミラーで確認。

すやすやと眠っていました(笑)。

聞くタイミングもあるし。

決して私の話が眠かったとは思ってないぞー!

それでもキミの幸せを願ってる。

こちらはきっかけの本です。

勉強になりました。



関連記事