FC2ブログ

2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

カテゴリ:未分類 の記事リスト(エントリー順)

私はオムロン電気治療器に救われた・・・

kage

2018/10/30 (Tue)

なぜ今まで買わなかったんだろう?

これを手に入れた翌日からこんなに変われるなんて思いもしなかった。


トレーニングを張り切るといつも決まって腰が痛くなって動けなくなった。

肩や肘も悲鳴をあげた。


今回は練習で膝を痛めた娘のために購入。

先輩が低周波治療器を使っていて、借りたら楽になったと。


低周波ってのも弱い気がした。

娘は医者から休めって言われてるぐらい重症だからだ。



だったら火の玉、お前が娘に言って、ちゃんと休ませなきゃダメじゃないか!?


そりゃまだ、この先に目標があるなら休ませるよ。

あの子の栄光時代は今なんだよ。


今この高校で、がんばることがすべてなんだよ。


止められるわけがない。


今ここが、夢の真っ最中なんだから!



休めば代わりはいくらでもいる。


だから、しばらくチャンスはもらえない。


実際、ついこの間まで疲労骨折で離脱してました。


復帰して当然またチャンスが来ると思ったら大間違いです。


離脱していない自分よりも下だった選手が先に試合に出てます。


体が強い子が最後まで生き残ることを知っている。

だから簡単に離脱する選手は、そもそもいらない。

というか計算に入らないんです。


だからチャンスは来ない。



そういう厳しい環境に入った。


自分が行きたくて行った。



私の人生じゃない。


娘の人生。

その娘が足を引きづりながら、もう休まないって言っている。

練習が始まったら、スイッチを入れて走ってるそうです。



乗り越える体が出来上がるか?


それともその前にぶっ壊れるか?



そんな時に出会ったのが、電気治療器ってわけです。



私は宝くじ売り場に並ぶおっさんです。

最近、遠くから宝くじ売り場に並ぶ人々を見て、絶対当たらないって悟り、列から出るようにしています。



残念ですが私のようなサラリーマンには、毎日整骨院に通わせる財力を持ち合わせておりません。

残業を増やしてみましたが、ドンマイな明細が届くばかりです。




そんな一般ピーポーな私が、それでも娘のために最大限の夢のお手伝いをしたいと思った時に買った電気治療器。


「1番高いの買おうぜ!」と娘が言った。


(貴様、俺の財力を知らずに好き放題・・・)



なるべく安くて効果が出るものを探す天才が私です。


高いものはもちろん良い。


でも高いものは得てして、いろんな便利機能が付きまくっている。

すべて使いこなすなら購入もありでしょう。

しかし今の自分にいらない機能まである場合、それは無駄使いです。


必要な機能だけ搭載したモデルを買えばいい。


安ければいいというわけではありません。


リターンを期待した買い物をしようって話です。


私はオムロン電気治療器5200の型番を購入しお勧めしました。


しかし今回、ご案内するのは型番5000です!



5200と5000の違いなんですが、温熱治療器具が付いているか、いないかの差でございます。


まあ温めるのもいいんですが、私も娘も使っていません(笑)


温熱と電気が別になっていて、温熱をやってる時は電気が出来ない。

電気をやってる時は温熱が出来ないという機械でした。


私は温熱と電気を同時に出来ると思って購入したのですが、そうではなかったんです。




どっちかをやるなら、効くのは、圧倒的に電気治療の方です。

それに電気の後、温熱っていうのも意外と面倒でした(笑)


電気だけで、体も軽くなるし、痛みも取れる。



娘も足を引きずらなくなりました。


練習は1日も休んでいません。


電気治療器をやって、何とか持ちこたえて「乗り越える体」になりそうです。


私は電気治療器に救われたんです。



まだまだ上手いチームメイトがたくさんいて、ポジション争いにすら入れてません。


結果補欠でも、やり切ったって後悔がなければ、父としては十分です。

欲を言えば試合に出ている姿を見たいですが・・・(笑)





温熱を外した電気治療器は、なんと5000円安くなります。


23500円が18500円です!!


送料無料。


私が買った5200でも最安値を記録したこのショップさん。

注文の翌日に届くという素晴らしい対応!

お勧めです。


もしも体が痛くて、ダメかもしれないって思った時。


通えない整体ではなく、毎日、使える電気治療器の方が、間違いなくあなたを支えてくれます!


また負けてバカにされ続けますか?



それとも、もっと戦いたいですか?






むくみを取る、マッサージローラーの威力が凄い

kage

2018/10/24 (Wed)

ふくらはぎがカチコチだ。

寝ている間に3回はつる。

練習は休みたくない。


この悩みは簡単。

マッサージローラーでケアすることで、むくみをだいぶ取ることが出来ます。


このまま放っておくと怪我しますよ?


がんばるって気持ちだけじゃ走れないってことに気がつこう。



やればできるってメンタルを持つことは大事です。

でも普段から20キロ以上のランニングをしていない人が100キロウルトラマラソンに挑戦した場合、20キロ過ぎで足がつり、30キロ過ぎで走れなくなります。


どうか挑戦が無謀にならないように。


気持ちだけじゃ進めないんです。


このままがんばって結局、怪我をして大会に出られないのは、あなたの慢心から生まれた油断です。

がんばればいい。

そうじゃないんです。


しっかりとしたケアが大事。


どうやって疲れを取るか?

たまった乳酸、老廃物を排出させるか?


考えて進まれてください。


冒頭で書いたような症状が出ている場合、休めれば休んでください。

戦いたいならマッサージローラーでケアすることをお勧めします。


どんなものでもいいんですが、たまたま見つけたこちらのローラーをご紹介しておきます。

フィットネスクラブが作ったマッサージローラー!

あなたの戦いをきっとサポートしてくれます。

お近くのスポーツショップに売っている安物でも、ほぐれますので、とにかく1分でも早く、始めてください。

翌朝、びっくりするぐらい効果を感じます。

もちろん練習前にもやるだけで、行けるって思えますよ!



オムロン電気治療器の効果

kage

2018/10/24 (Wed)

・トレーニングのやり過ぎで体を痛めてしまった。

・連日の猛練習で体がついて行かない。

・これ以上やったら怪我をするってわかっていてもポジションを奪われるから休めない。


そんな人に紹介したいのが、オムロンの電気治療器です。


整体や接骨院、整形外科でやってもらう電気治療だと、暇も時間もありません。

練習後、行きたくても閉まっている。


でもどこかでケアしないとあなたは離脱!


悔しい思いをして終わりますか?


怪我が起こるメカニズムは色々ありますが、一般的な例のほとんどがこちらです。

疲れがたまって、たまって、たまって、壊れる



どこかでたまった疲れを取らなきゃいけないんです。



たまった疲れや痛みを取る1番の方法が休むことです。

でもあなたは休めない。

次がマッサージ。

毎日マッサージを受けてメンテナンスできるのはプロ選手ぐらいで、私たちにはコストがかかり過ぎます。

やれても週1回。

それじゃあ足りません。


整骨院でマッサージや電気、針治療も1回5千円です。


どれも現実的に予算オーバー。



じゃあ整形外科ってなりますよね?


練習後、夜に何とか間に合うとします。

待ち時間の問題。

家で休む時間の減少。

さらに保険適用外の慢性的な痛みに電気はやらせてくれません。

あなたが本当に痛めて困っているところには湿布薬を出されて練習を休むように指示されて終了です。

休んでいないことが1番の原因ですからね。



でも痛みと付き合いながら勝負しなきゃいけない世界にあなたはいる。

違いますか?

火の玉も休んだ方がいいとは思います。


でも休めないんですよね?



だからご案内したいのが、この1品です。



感想から言います。


整骨院や整形外科の電気治療と変わりありません!!


オムロンすげ~~~!


痛いところにパッドをつけて電気を流すだけ。

強さの調整も可能です。

膝も腰も肩も軽くなります。


1番お勧めが型番5200のシリーズです。


最新の9000番台が出ていますが、デザインが違うだけみたいです。

本当か嘘かわかりませんが、問い合わせた方がいたようで、デザインの違いと書いていました。

ブログ情報ですが、その方の情報を信じて私は型番5200です。


確かに見た目も変わりないし、進化した的な広告が一切ありませんでした。


ちなみに5200の最安値がこちらです。

他のショップと100円、200円差ですが、100円あればカニカマ(筋肉の元)が買えます。

あとは安くて良いものを提供したい火の玉のプライドです。


やるだけやって負けるならいい。

何もできずに負けて終わってもいいんですか?

もう少し、もがいてみませんか?

あなたの戦いを応援しています!



レギュラーを獲りたいならダイヤのAを読んでおけ!

kage

2018/05/23 (Wed)

今までとは違います。

弱小高校が奇跡を起こしながら強豪を倒して優勝するストーリーではない。

舞台は名門私立。

弱小が強豪を食ってやろうとするチームを迎え撃つ。

さらには名門同士のぶつかり合い。

名門の熾烈なポジション争い。

背番号の重み。

「その番号はお前ひとりの背番号じゃない」

寝る間も惜しんで努力しても報われない選手もいる。

そんな名門ならではの練習量とリアルな描写が胸を打つ。




この漫画を読むきっかけは、今年名門私立のバスケット部に飛び込んだ娘のために、もう1度読み返し勉強したいと思ったからです。

出来る限り気持ちに寄り添い、適切な声掛けをしてあげたい。



ベンチ入りできないかもしれない。

でも気持ちは一緒なのだ。

ベンチ入り出来たならば、その時は外の選手の思いまで背負ってコートに立ってほしい。

ダイヤのAは主人公が控えの投手というところもおもしろい。

漫画を読めばリアルな気持ちがどうしても欠けていく中、控えから1回のチャンスを物にしようする必死さの描き方も見どころである。

チャンスを生かせなかった時の苦悩。前を向く気持ちも参考にしたいと思わせてくれる1品。





映画の定義を聞いた記憶でお話します。

映画とは他人の体験を追体験することみたいな話でした。


だったら漫画や小説も同じですよね?


名門に入らずとも、名門に入った自分として選手とリンクさせて考えればいい。


前向きに努力する選手がいる中で、埋もれてやる気をなくす選手が描かれている。

これはリアルな世界でもなりうる話です。



入ってすぐ、レベルが高すぎてついていけない。

これ当然なんです。

中には同期で目をかけられる選手もいる。


でも自分はコツコツ2年半やれば届くんだと信じればいい。

先輩たちのようになれるし、越えていけるんだと信じればいい。


なんにせよ、そうやってやっていくしかないだろうって私は思うんです。



やっぱりいますよ、あきらめてる選手は。


怪我が治ってるのに復帰しない。

すごく上手いのに、参加しない子。

練習がきつくて、コートに戻れなくなってしまった。


娘の私立名門はほとんどが推薦です。

辞められないんです。


今、1年生の半分が心折れて、怪我で見学。


一般入部で飛び込んでる私の娘としては、ありがたい限りです。


やっぱりメンタルを鍛えて行くって大事なんだなと思いました。


大丈夫、行けるって気持ちです。


多少のことでは心が折れない子になれれば、毎日少しづつでも進んでくれます。








良いポジティブと悪いポジティブ・・・






これがあることを最近知りました。


例えば試合に出してもらえる順番が遅かったとします。

「きっと推薦の選手から使われるんだ」


そうではない。

そこは実力がないから使われてないと思わなければいけない。

危機感を持って先に使われるようにアピールです。



遠征メンバーに選ばれない。

「きっと順番なんだ」


これも違いますよね?

自分が上手ければ、当然お声が掛かる話です。

早く呼ばれるように練習です。


変なところで大丈夫って思っちゃうと、ただの能天気です。

気がついたらベンチの外。


少しでも外されたり順番が遅ければ気にして、ちくしょう負けたーって練習です。



そんな危機感の持ち方に至るまで描かれているのがダイヤのAなんです。


2年生がスタメン落ちして1年生がヒットを打つ。

ガーンとなる2年生、日笠君。

でも最後の打席、代打でポテンヒット。

「形はなんでもいいんだよ、簡単に1年には譲らないようにしようぜ」と日笠君に声をかける2年生。


その後、替えられた1年生は「ちくしょう、また1からアピールしねえと」って場面でもポジションの取り合いの必死さが凄いです。


ポジティブに処理しちゃいけないこともあるんだなと感じさせられます。


練習は前向きにってことです。

ちょっとした描写が勉強になります。


一人一人がいろんな選手でそれぞれのスタイルで葛藤しながらベンチ入りを目指す。


隅々までリアルに描かれています。

今回は読んでもらいたいので、古本最安値でご紹介しておきます。

1万円切って9320円で全巻揃います。

送料無料!