2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

カテゴリ:自主練習法 の記事リスト(エントリー順)

もこもこ、ネックウォーマーで十分、しのげます。

kage

2018/01/07 (Sun)


寒くて外でトレーニングできない。

仕事中、寒くてきついんだ。

走りたいんだけど、顔や唇が痛くなるからやめとこう。



今年、お勧めしたいのが1000円です。

安くて良いものを探す匠、火の玉が見つけました。


2018年はトレーニングモードです。

トレーニング器具、野球用品をたくさん見てます。

これは庶民的で良品というものをご案内していけるかと思います。


1000円のネックウォーマーなんです。

これを首に巻くだけ。

というか被るだけ。


よく野球選手がつけていますね?

あれは3000円~5000円します。

たかがネックウォーマーにそこまで出せないサラリーマンが私です。


お勧めしたいのが1000円。

ただの1000円ではありません。


裏起毛で「もこもこ」の物を選んでください。

だいぶ暖かいです。

暖かい&気持ちがいい。


形容詞2回並びの「暖かい&気持ちがいい」


なんのこっちゃ、わからんぞ。火の玉!


私の感覚ですが、めちゃめちゃ気持ちがいい毛布。

ほほをすりすりしたくなる毛布を首に巻く感じです。


猫を巻くまでは行きませんが、もやもやが染み込み、あなたをほっとさせる裏起毛もこもこをお選びください。


お近くのストアに軽々、置いてあります。

見に行かれて探してみてください。


寒さを抑えるには首とつく場所を温めるといいらしいです。

手首、足首、首です。

イメージとしてこちらの広告のような物を選ばれれば間違いありません。

近所のストアで探してもらってあなたが触って「気持ちがいい」と思った思ったものを買われてください。

デメリットも書いておきます。

静電気が出ます。

脱ぐときは、ゆっくり取る。

また、ドアを開ける直前には脱がないように気をつけてください。

もともと、電気がバチバチ出る方はやめておいた方がいいです。



もこもこネック、詳しい内容はこちらです。見てみてください。



素振り用バッティンググラブが出たのをご存知ですか?

kage

2018/01/02 (Tue)

読んで字のごとく練習用のバッティンググラブです。

皮がめくれやすいところを二重で作ってあります。

耐久性に優れています。

色的にも違反部分はないので、全軟連の大会で使っても大丈夫です。

両手で3000円なら価格的にもOKですね。



良いところがゴム素材でしっかりとグリップされます。

ブレーキがかかりスイングが手に伝わります。


去年の夏に手首を痛めて、まだ治らない。

どうしようかと迷った。

左で打とうと決めました。


左で素振り兄貴になるにあたって、探した1品です。


人間は飽きます。

常に新しい刺激を与えてあげなければ、努力を継続することは出来ない生き物なんです。


練習メニューしかり。

常に新しく。



しかし素振りだけは新しくすることは出来ません。



そんな時、気持ちを新しく素振りしていくには、身につけるものを新しくすると、さらなる継続が出来ます。


バット、バッティンググラブ、トレーニングウエアなどです。

その中でお勧めなのがバッティンググラブ。

なぜか?

1番安いからです!



どんなグラブを選んでも大丈夫です。

参考の1品としてこんなものがありましたよっていうご案内です。

詳しい説明は広告の中にあります。

よかったらご覧ください。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。



素振りの時のテーピングの仕方~最安値テーピングの紹介。

kage

2017/09/06 (Wed)

テーピング、どうやったらいいですか?


凄く昔に書いた気がしますが、素振り兄貴男塾塾長、火の玉の今のやり方をご説明します。

ちなみに昨日400回振りました。

豆も出来てます。

今日も痛みを感じずに振れますからね。



やり方があります。

プロの整体師さんが、やるような巻き方じゃなくてもいいんです。

私たちは素人です。

簡単に要所を抑えて巻けばいい。

痛くなくて振れればいい。

そんな研究をして、これだというものがございます。



ちゃんと巻けば、それはそれでいいかもしれません。


しかし経済的じゃない!




すぐテーピングが無くなっちゃうよ。


たかが200、300やる素振り。

時間して30分もかからない練習のために、ぐるぐる巻いて、また剥がして捨てる。

買ったばかりでも3日持ちません。

サラリーマンには痛い出費です。

こんなに使うなら、居酒屋だよ。

居酒屋で使おうってなってしまいます。



素振りをやめて「すいません、生っ!」



こういう人生の繰り返しですね?




なぜわかるんですか?

エスパーですか?

それともどこかで見てますよね?



見てません。

私自身を描いてるだけです。

散々、ドントマインな生活を過ごして、あなたの前に現れています。



今日は経済的な巻き方とまとめ買いセットで最安値のテーピングをご紹介して、あなたのお役に立とうと思い書き上げてます。











手を経済的に守るテーピングの巻き方・・・







まずこれを聞きたいですよね?




最近の記事で、「素振りをしてて豆が出来そうな感覚になったら、すぐにテーピングをしてください」と書きました。

これ以上、続けると摩擦で火傷して振れなくなるからです。

そこをテーピングで摩擦を抑えちゃうわけです。

そうすると、思ったよりも悪化せずに、300回振れます。

上手くいけば400、500と進んで行けるでしょう。



私が素振りをしてきての失敗を聞いてください。


豆が出来た部分にだけ、テーピングするという失敗です。


ばんそうこうのように、つけるんです。


そうするとどうなるか?


ずれます(笑)


汗もかいてます。

擦れています。


テーピングがずれて、バッティンググローブを外したら、うわっ、いてーーー!



ずれさせないために、1周巻いてください。

2周巻けば完璧です。


指の付け根の人差し指、中指、薬指、小指をまとめて2周です。


あっ!指(第一関節)は曲げて2周させてください。

開いた状態で巻いてしまうと、バットを握るとき、テーピング固定が邪魔でとても握りにくくなります。



どうせ他の指の付け根にも豆が出来ます。


1か所、来たら、全部やっちゃっていいです。


次の日、皮がむけて治ってない部分は最初から痛いので、2日、3日連続で素振りが出来る気分の時は最初からしましょう。





じゃあ最初からテーピングしておいてもいいじゃないですか?


そういう考えもありかと思います。


私の考えでは、皮を固くしていけばテーピングもいらなくなります。

手が治っていれば、テーピングはせずに豆を少し作り、だんだん固くしていく方をお勧めしています。



それでは最安値テーピングをご紹介します。

1年、持ちます。

塾長とは言えど凡人。

根性なし。


すいません、生っ!側の人間でございます。


1年の半分以上は素振り休みです。


真面目なあなたでも半年は持つかと思います。


記事の最後に広告は載せておきます。










素振りの心構え・・・







テーピングの前に大事なメンタルを書いておきます。

仕事、残業もあります。

家族もいます。


毎日なんて出来るわけない。




やるときは1000回やってやろうと思って外に出ましょう!



1000回を目指し振ってください。


そうすると結構振れます(笑)

マラソンで42キロ走った時はゴールの瞬間、倒れました。

しかしゴールが100キロのマラソンを走った時、私は何事もなかったかのように42キロを通り過ぎたんです。

限界を遠くに設定しておくと、本当の限界まで行ける。

結局55キロ地点で、時間切れリタイアとなりました。

時間があれば、足を引きずって、まだ先へ進んだと思います。







もしも1000回、行ったら最高に拍手して自分を讃えてください。

1000の道のりで、限界が近づているときは、「なんだ、そんなもんか、だせーな、お前」と自分を罵って、うるせえと振ってください。





なぜ1000回なのか?




正直、学校の練習で強制的にやれと言われない限り無理だと思います。


自主性で振れたら、すごいです。

1日でも出来た時は自分を褒めてあげてください。


そしてその出来た1日は、その後何年経っても自分の心を支えてくれます。

本当です。



1000回設定の理由は簡単です。


全国を本気で目指す高校生の1日の素振り回数が1000回だからです。



これだけやってれば、草野球私設リーグ優勝レベルのバッターにはなれるでしょう。



全力じゃなくていい。

5,6割のスイングでいいですよ。


実際の試合ではその力で振るわけです。


10割全力スイングなら、軟球はつぶれるし、ポイントもずれるので、ヒットにはなりません。


経験上ですが、普段トレーニングしてない私たちが、400回越えると嫌でも、5,6割の力の抜けたスイングになります。


たまに雑草の先を狙ってスイングして、かすめられるか試してください。

バットがちゃんと自分の意志の予測で出ているか確認するんです。

かすめられれば、ボールにもしっかり当たるでしょう。


そのスイングを染み込ませる作業です。


職人さんが包丁を毎日研ぐように、私たちもスイングの反復で、精度を研いでいくんです。



草野球レベル4割は、年齢、環境、関係なく打てます。

素振りをして打ちまくる才能もセンスもないフォームめちゃくちゃな初心者をこの目でたくさん見ています。

あなたも本気出せば、出来ます。

最高最大の努力で挑んでみてください。

普通に生きてたら味わえない、すいません、生っ!を頼むことが出来ます。


ありがとうございました。





豆をできにくくする方法

kage

2017/09/02 (Sat)

私はピッチャー(右投げ)をしているのですが、中指の左側にいつもマメができます。

なにかできにくくなる方法はないでしょうか?






また凄い人が来ましたね。

この方は、もしかしてきっと火の玉なら豆のことを即答するだろうな。

あー中指の豆ね。

経験ありますよ的に、簡単に答えてくれると御思いだったでしょう。




すいません、投手やってて豆なんて出来たことないです!



それほど指にしっかり掛けていないピッチングを18年してます。

まず走り込んでいない。

腕を振る前に下半身がダメになる。



膝が笑う。

チームメートも笑う。

まだ投球練習だぞと。



ももがつる。

ふくらはぎがつる。

まだ2回だぞ。




もうこうなったら、下半身を使わずに軽く投げて、だましだまし回を進めていく。

当然、肩も壊れない。

試合後のアイシングもいらない。




肘を痛めたことがあります。

狭い球場で試合した時に、誰かが言いました。

「スタンドにボール投げて入るかな?」


俺に任せておけ。

びしっと投げ切ったら肘ビキーンで退場。

その後、120キロ出た速球を失った。


しかし問題はない。

完膚なきまでの下半身の弱さのおかげで、120キロの力が出せたのは1試合10球程度だ。

ほとんどは100キロのボールと90キロのスライダーが中心だ。





こんな私に聞きますか?

今回はやめておきましょう。

まったく経験がありません。



しかしせっかく聞きに来てくれたあなたのために私は何かをしたいです。

工夫して生きるカリスマ火の玉が行動してみました。


グーグルの検索枠にこう打ち込んでみました。



「私はピッチャー(右投げ)をしているのですが、中指の左側にいつもマメができます。なにかできにくくなる方法はないでしょうか⁇」





そのままじゃねえかよ!






一応、読んでみましょうか。

豆が出来てるのは良いことだ。

何回も作って固くすることで強い弾きが出来る。

内側だとカーブの投げすぎ。



まあ、こんな感じです。



無料情報、万歳!

なんの参考にもならねえ。


それを言ったら火の玉、お前もだろーが!













豆をできにくくする方法・・・







質問者様がどのような状況にあるかはわかりません。


バットで振って出来た豆の対処法しか知りません。


とりあえずは知っていることを書きます。

参考になる部分がございましたら、使って頂ければと思います。



これから書く情報がまったくもって使えない。火の玉お前も、ぐぐれカスと思った場合、病院の外科。

外科は外科でも、スポーツ整形外科なんてものがございます。

探されて行ってみてください。




ではよろしくお願いいたします。

初心者専用、火の玉の考察です。



出来た豆をいちいち綺麗に取ってしまってはいませんか?


豆は固くしていくことで次の豆が出来なくなります。

綺麗に取ってしまうと、また新しい柔らかい皮膚に摩擦が起こり水ぶくれとなります。

豆が出来た場合、ちょこっとだけ穴をあけて、水だけ取ります。

放っておくと2,3日で固くなります。

その固くなった皮を取らないんです。

取らずに素振りを続けるとテーピング効果になり下の皮膚の摩擦を抑えて水ぶくれを防ぎます。

何度も擦れると皮膚が固くなります。

なぜか?

人間には免疫能力があるらしく、この部分に衝撃が起こるなら固くなろうって細胞がそう動くらしい。



簡単に言えば、まず風邪をひく。

熱を出す。

ウイルスをやっつける。

それで終わりじゃない。

次会った時はこのウイルスにはやられない。

免疫の細胞を作るんです。


じゃあなんで、毎年風邪をひくの?って話になります。

それは新しいウイルスだからです。

ウイルスも勝てないと進化したり形を変えて生きようとするんです。

そんなこんなで果てしない菌が存在していて、体調不良全般を医者は風邪と呼んでいるだけなんです。



我々、人間には免疫力があります。

だから皮が固くなろうとする。

次はやられないぞと。

そこであなたがその細胞を全部取っていた場合、毎回豆が出来る。

毎回痛いという現象が起こります。


どんどん固い皮で覆って行けば、そこに豆が出来なくなります。



グーグールのアンサーでも言っていたことですが、固くなればより弾けて、スピードボールが投げられるそうです。

私はわかりません。



素振りで言えば、100回で豆が固くなり200回やっても平気ってことでしょうか。

私はこのサイトで「とにかく振れ」的なことを書いています。

それでも豆で邪魔されます。

痛くて振れなくなるんです。

回復の仕方が重要。



皮を残す!



固い皮に覆われた状態で、さらなる練習です。



そうやって行けば、投手でも問題なくピッチングできるような気がします。

あくまで考察と言うことでお許しください。


ありがとうございました。



今回、豆が出来た時、少しだけ穴をあけて水を抜く器具をご紹介しておきます。

なんと爪切りです。

お勧めです。

ニッパー式の爪切りでちょんとやると簡単です。

私自身は爪も切ってますので、もう少し値が張るものを使用していますが、あなたのために最安値ニッパー式爪切りを載せておきます。

あなたの味方、火の玉より。