2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:簡単技術(子供) の記事リスト(エントリー順)

強豪高校に入ると言う息子が心配で・・・

kage

2017/02/01 (Wed)

人間を突き動かすのは情熱です。

野球を好きだって気持ち。

勝ちたいという想い。

もっと強くなりたいという向上心。



絶対に上手くなる方法を一つだけ知っていますので教えます。




猛練習!




好奇心を持って、自分から意識して深く入りたいことをやればいい。


それが野球ならば何よりです。


今回の質問です。

息子が高校を選びました。

甲子園にも出たことがある強豪です。

選手も集めているそうです。

息子は軟式。

まわりはシニア。

それでも息子はそこで野球がしたいと言います。

母親としては心配で仕方ありません。

火の玉さんに何かやっておけば良い事、メンタルな面など、アドバイスなんでもいいので、よろしくお願いいたします。








火の玉至極のメッセージ・・・








まあ通用しませんよ。


3年間メガホンで応援です。


びっくりするぐらいの力の差で、あっという間にあきらめちゃうんです。


何度も挫折します。

もう無理だ。



そこでどう思うかなんです。

無理かもしれないよ。

だけどあきらめちゃうんじゃなくて、練習できるかってことです。

無意味な3年間になるかもしれない。

がんばっても結局はメガホンかもしれない。



そんな時、負けてたまるかって前を向く覚悟がありますか?





強豪って、もうスケールが全然、違うから。



それ見て、今は勝てない。

でもすぐ追い抜いたるって気持ちです。


情熱です。



親として私が娘に言ってることを書きます。

正解ではありません。

たまたま私の娘には上手くいったという言葉です。




「お前は最後にはやるって信じてる」



「お前は運よく俺の子供に生まれてしまい、俺の血が入ってしまった。よって俺のおかげで天才なので自信を持ちなさい(笑)」



「お前は俺に似てしまったことにより頭がいい。IQではなくEQ。感受性の指数が高いため、まわりの人よりも覚えが早い。俺に感謝しながら進みなさい(笑)」







こんな感じで家では、ここだけの話として「YES、Im、Good!」の精神を植え付けてみました。


自分で自分の成長を感じれるようにです。

お父さんが凄いから、きっと私も凄くなるという根拠のない自信です。


そして大事なところですが、私、お父さんは凄いのか?


有名人でもなければ、億万長者でもない。


これは世間一般の凄さではない。



脳の仕組み、人間の感情の動き、ストレスが与える研究結果。


娘のわからないにすべて答えられることで得た、なんちゃってな凄さ。

娘限定の凄さなのだ。



例えばバスケット。



すべて私の指摘通りになる。

指摘したことをやれば、あーほんとだと言う結果を得ることが出来てしまう。


なぜか?



月額5000円を払い、全国10回制したプロが立ち上げる会員になり、鬼のような勉強をしている。

このサイトは疑問をプロだけではなく、他の会員さん(経験者、監督)が綺麗に答えてくれる。

私はうざい奴承知の助で、「軟式ボールってゴムで出来てるんですか?」レベルから質問をした。

シカトされるまでやろう。

人の価値観なんて様々だ。


ゴムと聞いて、ググれカスと思う人もいれば、なんて一生懸命なんだと思う人もいる。


だからいいのだ。


嫌われて。


でも皆に嫌われるのは嫌です(笑)


そこはバランス。


上手く出し入れであり、EQだ。



気を使いすぎもダメだし、図々しいのもダメ。


だけど教えを乞う場合は、図々しくだ。


そうやって私はたくさんを教えてもらい得てきた。



それが活きる。




なにに?




逆境だよ





強いチームに入るってことは、逆境の連続だと思っていい。



少しやらかせば、補欠という追い詰められた緊張感。


実際、やらかす。


失敗しない人間はいない。



確実にやらかす。


外されたとき、立ち向かう力。



もう1度となるには情熱がないと。



猛練習するしかないのだ。


おわり・・・


実に長いくだりでしたが、そんなメンタルをお子さんと話す時間があるといいですね。



親御さんが出来ることは、野球を知り、的確なアドバイスが出来るように自分を高めること。

これを聞いて無理だーと思えるなら、やらなくていい。

何も言わず見守ればいい。



がんばれだけでは、子供を追い詰める。



言うならば直すポイントを的確につき、プレーにおいて「あーほんとだ」なければ信頼関係なんて生まれない。



意識の高い子は、上手くなります。


3年間、同じ練習をしたとしても、実力の伸び方が違います。


子供に考えさせるなんて、よく本に書いてありますね。


そんなの無理っす。



考えてるあなたがいれば、考える子供になる。


私はわざと子供の前で本を読む。


ノートに反省を書き、考える。



楽しそうにやってみせる




ゲームセンターよりもカラオケよりもスマホよりも、本を読むことが楽しいという背中です。



最近は君の名はを小説で読みました。



読み終わって大声で「おおおおおー、これはおもしれーーーー」




うるさいよ、おとうさん。


ていうか映画でしょ?ふつう?



いや、映画高いじゃん。

レンタル待ってたんだけど、中々上映が終わらないし、待てないから600円の文庫本だよ。






そして意味がよくわからないところがあったという娘に、全部わかるように説明してあげた。

宇宙空間のパラレルワールドの説から、宇宙には時空が存在しないという説が立てられることを理解していれば何ら問題なくわかるおもしろいお話だ。

私には娘から見たら「わからない」がない。

すべて勉強してしまう。

チャンスがあれば、いつでも頭の良さをアピールして娘からの尊敬を勝ち取る。



ただし、方程式や関数を聞かれた場合「俺に聞くな」だ。

お父さん、ばかじゃん?



そんなときの返しはこうだ。


よく聞け、人間は今必要な知識を記憶にとどめる。
今の俺にメソポタミア文明の奴らが何してたかはどうでもいい。
しかしお前たち学生は高校受験でその知識を使うから、記憶にとどめているだけ。
高校1年になるころには、お前もこれを答えることは出来なくなる。


人間とはそういうものだ。


よって私は、ばかではない!



こうやって言いくるめている。

子供の問題がわからないときの切り抜け方その1として参考にしてくれ。





まずは親がよく使う「私は野球がわからないから」をなくそう。


なぜ1ボール2ストライクではスライダーなのか?

なぜワンアウト1塁では、真ん中低めにツーシム、シンカーなのか?

たくさん学ぶことがある。




いや無理だーと思ったら・・・お母さんは暖かく見守って子供を信じてあげて。


強豪は甘くない。


何度も突き落とされる。



うちの娘なんか…涙



だけど乗り越えた。



まだまだ、失敗して負けて、落とされると思う。


その時は、強くなって起き上がらせる。



負けるの、大嫌いだから(笑)





跳ね返してやろうぜ!



そんなメンタルを持って、意識して練習してれば、大丈夫です。


娘にバスケットさせてて思うことなんですが、親子でバスケットについて話す時間が長い子は伸びてる気がします。

野球もそうなのかなと思うこの頃です。

自分のプレーについてもそうですが、他の選手、他のチーム、様々な野球議論を交わしていくと、子供さんの意識は嫌でも野球に行くものかなと。

確信ではありませんが参考にされてみてください。


お父さん、お母さんが初心者ならば、わかる範囲で構いません。

たくさん(1日1時間以上は)野球の話を子供さんとする習慣をつけてみてください。


ありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説君の名は。 [ 新海誠 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2017/2/1時点)


卒団を待たずに辞めることにしました。

kage

2016/12/21 (Wed)

反対するわけじゃないんです。

返信が欲しいんじゃないかなと思いまして。

私の考えをお伝えするならば、その選択はしません。



運動音痴の息子さんが野球を始めて4年間頑張ったそうです。

私のブログを見ながら共に進むことが出来ましたと。



辞める理由なんですが、お母さん自身が嫌だから辞める。

他のお母さんたちとも価値観が合わない。

嫌なコーチがいて野球をやり切った感があります。


土曜日に言います(もう過ぎちゃいました)

きっとすでにお辞めになってると思います。


お母さんが決めてしまってることなので、私からは言うことはないと思い、あえて期日が過ぎてから更新してます。


子供は、とてもビビっています。私も。それと未練もあるみたいです。

でも辞めたら土日夢であるパソコンのプロミラリング?を習いに行く予定です。


ちなみにダンナは野球初めてでしたが性格が温厚で審判を頑張っていました…。とても残念がっています。



少しコメントを抜粋させてもらいました。



どうですかね?

もしも事実が文面の通りなら、まだまだ息子を応援したかったなって裏側が私には見えてしまいます。



本当にプログラミングがやりたいように聞こえないんです。

息子の野球がなくなり、そのつらさの穴埋め。



1番引っかかるのは、息子さんが辞めたいって言ってないじゃない!


旦那さんも生きがいのように応援していたんですよね。

審判までやって。



応援されてる子供って本当に幸せなんですよ。


応援してる親も幸せなんです。



チームを最後までやらせる。

付き合うのはとても大事なことです。



卒団のとき、「きついときも寄り添ってくれてありがとう。お弁当を作ってくれてありがとう。応援してくれてありがとうございました」

それを言われずして、お母さんの嫌で辞めちゃダメです。

お母さんだけ、しばらく応援するのを辞めればいいんです。




すいません。

生意気に説教をする気はありません。

今回引っかかるのは、子供さんがいじめられていない。

野球を辞めたいと言っていない。

お父さんも応援してくれてる。



息子・・・本当は、やりたいんじゃないの?



でもお母さんが大好きだから、お母さんが悲しいなら、僕辞める。

お母さんがつらいなら、辞めるよ。


そんな風に言わせてませんか?






人間は何で生まれてくるの?




私が言えるのは、大好きな人を喜ばせるためだよ。



僕が野球を辞めれば、お母さんはまた笑顔に戻る。

だから辞める。



やさしい息子さんです。






私の話を少し。


妹が夏に外されました。

つらかったです。

監督がダメなんだと卑屈な考えにもなりました。


チームを辞めて試合に出れるところを探そう。

弱くても出れた方が楽しいし経験にもなる。

入れるチームがなかったら、クリニックやクラブチームに入り、もっといい環境でやらせてあげよう。



これは私の考えです。


外されたのは子供。


子供の人生です。


子供が何を考えてるか聞いて、同じ考えなら実行。


「辞めない。弱いチームにも行きたくない」

なんで?

「強いから。メダルがもらえるから。他のチームじゃもらえない」

試合に出れなくても?

「それはしょうがない。練習して出れるように頑張る」

卒業まで出れないかもよ?

「ん~、でも練習する」


あい、わかった!



俺の人生じゃない。

もちろん言いくるめて、今回のお母さんのように、そっちの方向へ持っていくことは出来る。

それで幸せですかね?



人生、ちょっと上手くいかないぐらいがちょうどいい!


子供はお母さんを喜ばせるために生まれてきたんです。

お母さんは子供を喜ばせることで幸せを感じるんです。


私たちお父さんはというと、家族が幸せなら幸せなんですね。



お母さんの胸にぽっかり穴が開いてるんじゃないかと思います。


息子が頑張る姿、それに寄り添う自分。


もう1度、聞いてみてほしい。


息子さんに、「本当はどう思ってるの?野球、やりたい?」


今日もありがとうござました。


これだけの長文を用いて、火の玉ブログから離れないでとお願いしてみました。



辞めていい例は子供から辞めたいと言ったときです。

理由を聞いてあげて、人間関係の原因で修復不可能ならば、辞めさせて救ってあげる。

えてしてこういうとき親は、やっぱり自分の「やめてほしくない」が優先し「もっとがんばれ、途中で投げ出すな」と言います。

そうではないという話でした。

その人生の選択は子供本人にあるのです。

どんな選択をしても全力で応援するのが無償の愛であり親です。

外野でボールをよく弾いてしまう人へ

kage

2016/09/11 (Sun)

中学の軟式で野球をやっているのですが、外野でよくゴロを弾いてしまいます。なぜでしょう。

どうすればいいのでしょうか?

火の玉さん教えてください。




ゴロを弾く人は、止まります。

がちっと固まり、ボールを待つ時間があるのです。

待って待って確実にバウンドを合わせて取ろうとする。

またはビビってしまい、体が下がる。

出来るだけ待つ。

ボールをよく見てグローブを合わせようとするんです。



人間どうやってボールを取るかと言いますと最後は予測となります。

これはバッティングも同様に言えるのですが、だいたいこの辺をボールが通過するという予測の元、グローブを出して取る。

バットを出して打つわけです。


その予測を1番、間違える動きが「止まる」ってところにあります。


だからボールが来る直前まで、何とか体を動かす。

つま先で少しでも前に出したりして動いておく。

小さなステップをしながら取るんです。

そのまま動きを止めずにスローイングとなります。


止まってからの反応では遅れます。


ダラダラと動いておいて、さっと反応なんです。




守備講座のとき、私はこの例をいつも使いますので今回も使用します。

女の子、いや女性とキャッチボールしてみてください。

あなたが投げたボールをグローブを出して、ずっと待ってます。

ボールを見てグローブを出して止まります。

それからボールが近づくとグローブをボールに合わせようとするが取れない。


極端な話、これをやっています。


最後は予測でこの辺となる場所にグローブを出せないから落とす。


止まるからボールを追いかけてしまうわけです。


ボールは見るんですが、グローブを出すのは上手い人になればなるほど直前。


下手な人ほど早めにグローブを出して止まって待つ。



少年野球、中学野球、高校野球、社会人とこの待ち時間に注目して見てみてください。

レベルが下がるほど、止まる時間は長いのです。



痛烈な打球なんかも、キーーーンからビシッと止まって体に当てて止めている人が多いです。


体を少しでも動かし、力が抜けた人は、驚くぐらいスッとグラブが出て裁いてしまいます。



まずはこのぎりぎりまで動くことを意識してみてください。









外野手のゴロ・・・






これは私の持論ですので、間違っていると思えばスルーでお願いします。


取り方は内野も外野も一緒という結論です。

ルールはないし、しっかりと決まれば、取りやすい取り方、投げやすい投げ方でいいんです。


サイドスローできれいなバックホームを投げる人もいますし、バックスイングを取らずに投げる外野手もたくさんいます。


もちろん走りながら突っ込んで取るだったり、腰を落として取るとか違いはあるかと思いますが、別にどっちを使ってもいいです。


外野手の場合、カットがファーストだと思って投げればいいんです。


内野手のように取り、サイドスローぎみに返しても何ら問題はありません。



実際、内野手だってボテボテのゴロで間に合わないときは、走ってそのまま外野手のバックホームのように取り、ステップしてファーストじゃないですか。


上手く使えばいいんです。


シングルヒットなら内野手のように取りファースト送球のように返す。


それならゴロはそこまでファンブルしません。


突っ込む取り方ならば、スピードを緩めない。

体のどこかが取る直前まで動いていることを意識して、スッとグラブを出せば入ります。



簡単に言うけど、お前はどうなんだと聞かれれば、何本も後ろにそらしました。


そらすたびに、フェンスまで転がるボールを全力でダッシュして追いかけてカットマンに返す日々をやりましたよ。


それでも緩めてカットマンに確実に返してたら間に合わないわけです。


だからこのスピードで取り1本で投げれなければ、意味がないと自分に言い聞かせて、たくさん突っ込みそらし、追いかける。


やりましたね(笑)


練習のシートノックがとても大事です。


そこでしっかりと全力で取りに行き、全力でそらしたり、ファンブルをする。

そのあとも一生懸命、ボールを拾い返す。


結局はその日々の積み重ねで出来るようになります。


なぜ、弾いてしまうかは書きました。


しかしわかったと出来るは違います。


止まらずに取ることを意識して、何発も失敗をしてください。


ありがとうございました。

打席での考え方

kage

2016/08/24 (Wed)


考えすぎも良くないよ。

裏の裏は表なわけだし。

投球の7割はストレートだし。


なぜストレートかわかりますか?

カーブばっかり投げてみてください。

肘が悲鳴をあげます。



私は常務に「おっ火の玉のカーブは曲がるなー」

「すごい」

打席に立つ人、立つ人「うわっすげ~」


有頂天。

意味は上手くいった喜びで夢中になっていること。うきぺでぃあより。

最上位の天!うきより。



最上位の天となり、カーブを投げまくった私は肘を痛めた。


そりゃずっとひねってればそうなるよ。

投げすぎが出来ないんです。


そんなこともあり、どの投手もまずはストレート。


常務に褒められたカーブ。

常務取締役カーブを教えよう。


手首を曲げて投げて!


常務カーブはひねりはいらない。


いつものカーブプラス、手首を曲げておけばいい。



話が脱線したので戻します。



打席で考えてでしたね?


長嶋さんや落合さん、イチローさんは、来た球を打つタイプらしいです。

特に駆け引きとかしない。




草野球の匠、火の玉ボールの場合は両方使います。



考えて打席に入るときは、頭の悪いキャッチャーのとき。


頭が悪いとは、ストレート、ストレート、追い込んだらカーブ。


カウント球にカーブ。


4番初球カーブ。


知らず知らずのうちに、いつも同じところで必ず変化球を要求するキャッチャーを頭が悪いと言います。



次はストレート?変化球?どっち?と思わせる頭のいいキャッチャーのときは、私は読まない。

右も狙わない。

来た球を振るようにしています。


考えても迷うだけだから。


迷ってるうちにスイングできなくて凡打です。







ツーボール、ノーストライクからボール球に手を出すとかは論外です。

手を出してしまう可能性があるなら見ると決めてください。



私の考えですがヒットすれば何も言われない!



初球に手を出してサードフライだからダメなんです。


三塁線のツーベースならOK。


そうするために狙いだけは決めておく。


自分がここはヒットに出来るって場所を待つ。





そういう考えは持っていてもいいかもしれません。


これは少年野球の父親さんからの質問なので、父親目線で答えるならばただ「考えて打席に立て」と言っても経験の少ない子供は答えを出せないでしょう。



どこが得意なの?


インコース?

インコースなら高さは?

真ん中?高め?低め?



球種は何が得意?


ストレート?変化球?


最近の少年野球はストレートだけじゃないらしいです。

ストレート系の変化、カット系は投げてるらしいので、そこも聞きましょう。


狙いが当たり、一打席をヒット出来たら、相手は考えるよね?


同じところには投げてこないよ。


そしたらアウトコースを待つんだよ。


ストレートをヒットしたら次は変化球を待つ。


そうやって相手投手の全部を打つ。


これを打ち崩すという。


最後までマウンドにいさせないために、どう打ち崩すか考えなさい。


相手に何を投げていいかわからないというバッターになるんだよ。



試合に出てなくても一緒。

配球を読む。

もしもワンストライクの後、2球目がカーブだとわかれば、自信をもって代打に出れる。


この辺の単純なことは、やっぱり考えてもらって打席に入る。


中々、思い通りにはなりません。

インコース低めが得意でそれを待ち、インコース低めにドンピシャで来る確率は低いです。


来て打っても凡打かもしれない。


ファールかもしれない。


だから予定通り行かなかったら考えすぎずに来た球を打つって感じでいいんじゃないでしょうか?



ありがとうございました。