FC2ブログ

2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

カテゴリ:上手くなる人のメンタル法 の記事リスト(エントリー順)

悩みと付き合うには?

kage

2019/07/19 (Fri)

言葉が出にくい、言葉が早口になってしまう、連発して言葉が出てしまう症状や吃音に悩んでおります。

自信を持って上手く話せるようなコツがなにかあればお願いできればと思いました。

席を立つ前にイメージしたり、既に上手く話をしているイメージを作っているのですがなかなか上手くいきません。





私の10年間、治らない病の話







30歳の時です。

昇進しました。

部下が出来ました。

期待に応えようと仕事をします。

たまたま結果が出ます。

あれよあれよという間に、私の名前が独り歩きしていきました。

妬み、ひがみもバネにして、跳ね返すように勉強して、さらに結果が出ます。

結果が出ると、まわりを見下すようになっていた。

でも結果さえ出していれば、誰も何も言わない。

ガンガン仕事しました。

「最高のチームの作り方」的な本を読み、部下には褒めて、謙遜してと嘘っぱちでやっていた時のことです。



人と話すときに眉間にしわが寄る。



仕事場で自分じゃない自分を演じることに無理があった。

アントニオ猪木のような顔になる。

嫁さんの実家のお母さんにも注意されて病院に行った。



原因不明、、、


脳のMRIも取ったが異常なし。


しかしこの症状の現象は、プレゼン中や一人の時は出ない。

普通の顔で過ごせるんです。

普段の会話の時に、眉間にしわが寄ってしまう。

こわばった顔で人と接するしかない。


リラックスしてる時は大丈夫。

完全に精神的なところから来ているのがわかります。

練習に練習を重ねたシナリオがあるトークは出来る。

でも会話という場面では、出来ないんです。



ちなみに未だに治っていません。

私は仕事のプレッシャーに押しつぶされている。

思いとは裏腹に結果は出る。

プレゼン中や仕事中は一人でいるので、何事もなかったかのように、こなせています。


今年で40歳。

症状が出てから10年。

うつ病や顔面麻痺の人たちよりは軽いかもしれない。

でも簡単には治らないんです。

心の内側の傷って見えませんからね。

最初は軽いものですぐ治ると思っていたら、こんなに治らないなんて思いもしませんでした。

あらゆる手を今後も使っていくつもりの中で10年間は「やっぱり治らない」です。


私は精神科医でもないので、これだというアドバイスも出来ません。

自分自身も治せないレベルの人間でございます。

10年悩む中で、なんとなくヒントになっていることをお話します。







やっちゃいけないことをやってしまう






インザプールという小説を読んでいて、精神的に悩む人が少しだけ良くなっていく様子が描かれていてヒントになりました。

精神科医の伊良部先生が治療する物語でおもしろいなって思ったんです。

・別れた奥さんを引きずる人に「この腐れ女」と言わせる。

・プールで泳ぐことが依存症になってしまった人が、プールで好きなだけ泳ぎたいと言えば、泳ぐのをやめさせずに夜のプールに忍び込んで泳いで警察に捕まりそうになる。

・真面目で生きてきた人に看板に落書きをさせる。

・暴れたことがない人を煽って、暴れさせる。


物語上ですが、警察沙汰なことをやらせるんです。

それが終わると、すーーーっと患者は心が晴れて、少しだけ前に進んでいきます。


私の場合、伊良部先生に相談したならば、会社辞めちゃえば?って言われそうです。

会社辞めて、勝手に旅行して、明日からバイトするからって家族に言えとか(笑)

プレゼンの日に遊びに行こうって誘われて、すっぽかしをさせられる。

こんな出来ないことをさせられる気がします。

でもそれをやっちゃえば、楽になるのかもって思うんです。


やらないですけどね。


やらないってことは背負って、病気と一緒に生きていくってことです。

背負うならば、視点を良い方向へ変えなければならない。


例えば生意気な後輩がいた場合、実力で負けると調子に乗られます。

だから頑張って負けないように努力する。

生意気な後輩のおかげで、こんなに上手くなれたと思った方がいい。


こういう視点を持つならば、眉間にしわが寄っても、私には飲みに行く友達がいる。

これでも、なんとか生きていけてる。

じゃあいいかなってところで落ち着いて、また何かあればやっていこうと思います。



放っておいても世代交代は来るし。

結果だって出なくなる。

心配しなくても、そのうち解放されるんじゃないかと思うわけです。



プレッシャーは誰しもが感じます。

どうしていくかはあなた次第。

答えがないので、最後に私の出している答えを書いておきます。









熱くなれるものを一つ。あとは笑えることをしていこうよ







治せてない私に言われてもって話です。

質問があったので答えます。

ご理解の上、お読みください。



矢沢永吉さんが、熱くなれるものを持って生きようよってテレビで言ってました。

無ければ探す。

見つけてやる。

熱くなれるものがないとねって。


私の場合、すぐに浮かびました。

娘のバスケットです。

学生時代、自分があきらめた道。

上を目指す応援をします。

「もっと上手くなろう」に上限なく進める手伝いをしていく。



あとは火の玉の考えで「笑えることをしようよ」です。

出す言葉も笑いあるようにしゃべる。

人の悪口を言わずにおもしろいことだけを話す。

おもしろい返し、おもしろい例えで場を和ませていこう。

今はリンカーンの第1回から借りてきて見て勉強中です。

ここまでの文章で、ひとつも笑いがない時点で、つまらないおっさんではあります。

プロ級じゃなくていい。

寒すぎて苦笑いでもいいんです。

笑いを取りに行ってるのが伝わって、まわりが合わせて笑ってやろう的なことで構わない。

真剣に取り組む何かが一つあって、あと笑っていれば、治るんじゃないかな。



誰かと戦ったり、ひがみ妬みの中、勝ち上がっているときの自分って、結構恐い顔してたなーって。

他人を見下して、どうだ俺の方が凄いだろって態度をした。

実際に自己評価であって、そんなに凄いところにも行ってない。

たいして変わりないことに気がついた。

他人を気にして仕事をするのなら、おもしろい返しを考えよう。

みんなの前で上手くやりたいって思いも捨てて、娘の成功だけを願ってサポートしよう。

ひとつに集中しよう。

あとは笑っておけ。

そんなにダメじゃないだろう?

飲みに行く友達もいる。

家族もいる。



最後に最近、娘にこんなことを言われたのを紹介して終わります。


「結婚するなら、お父さんみたいに、おもしろい人がいいなぁ」


たまに寄ってしまう眉間のしわに、おもしろさが勝ったのだ。

もっと笑いを勉強しようと思いました。



付け加えて、質問者様にメッセージを送ります。

私の部下に吃音の人がいます。

私に何かお願いをするときや悪い報告をするときに言葉が詰まることが多い気がします。

精神的に少し追い込まれるのでしょう。

その吃音ですが、誰一人、気にしていません。

そりゃ入社当時はネタにして笑う人もいました。

入社して13年もたつと会社にいる138人全員が気にすることなく、吃音にはスルーして会話しています。


それを見た時、私の眉間も10年、まわりからしたら、そんなもんかもかもなって思いました。


パニック障害とかではなく、普通に仕事が出来ているのでしたら、そこまで気にしないで付き合っていかれてもいいかと思います。

私はそうしていますという話をさせて頂きました。

何かヒントになれば幸いです。

ありがとうございました。

こちらが記事でご紹介したインザプールです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イン・ザ・プール (文春文庫) [ 奥田 英朗 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2019/7/19時点)


どんな人でも最後には無能になる。

kage

2019/07/11 (Thu)

この間、うちの上司が胸が苦しくて鼓動が止まらないと朝一で帰ってしまいました。

大きい病院で検査してもらうそうで、しばらく休むと連絡が。


私が思うに、おそらくパニック障害。

うつ病や精神的病に似たものです。

今、こうなる人が増えていて、私たちも危ないとお知らせしておきます。

前回の記事で「出来ていなくても人は、自分が出来ていると思っている」と思う中、必ずぶち当たる壁。

自分の力が通用しなくなる時が来る。



ピーターの法則というものがございます。

人は必ず無能になるという法則です。

平社員で認められてリーダー。

リーダーの中でも有能だとマネージャー。

そのマネージャーの中でも勝つとゼネラルマネージャー。

課長→室長→部長→取締役→常務→社長→会長。

政治家になるなんて道もあります。


あなたの仕事は増える一方。

ピーターの法則が何を指すのかというと、ほとんどの人はどこかで負けることを指しています。

優秀だから、上がったわけですが次のステージで仕事が出来るかと言えばわからない。

リーダーの時点で平社員の時よりは仕事が増えます。

仕事が裁き切れなくなる人。

マネージャーで出来なくなる人。

出来なくなった途端、会社からは容赦ないプレッシャーがかけられます。

お前がやらなくてどうするんだっ!



もっと簡単な例で行けば、小学校で4番でエースだった私。

中学に入ると他の小学校のリトルリーグの選手たちに負けた。

中学校は補欠で、言うならば無能な使えない選手となったのです。


ステージが上がれば上がるほど、さらに優秀な人と戦わなければならない。

いいところで留まることも出来ません。

優秀か無能なのです。


名門校へ入ってベンチ入りも出来ない4番ピッチャーがたくさんいるんです。


これが会社でも当たり前にある。

出来る人には、どんどん活躍の場が与えられる。

応えて行くことで、さらに活躍の場が広がる。

これが応えれない環境まで続きますよというのがピーターの法則なんです。








ピーターの法則はどのようにしてくるのか?








うつ病やパニック障害といった精神的病は全快に回復することはないそうです。

回復しても80%程度で、ある程度背負って生きていくことになります。

脳に異常はなくてもです。


骨折したら、元の位置まで動かなくなるのと一緒だと考えてください。

事故った傷跡が残るように、精神的打撃も内側で残るんです。


私自身もこの知識があるため、新しいステージでの勝負はいつも不安です。

通用しなかっらどうしよう・・・・。

自分より優秀な人ばっかりだったら。

自分の作った資料がダメで突っ返されたら。



何とか通用して、ほっとして帰って来る日々です。

地区で優勝しても、県大会ではどうなのか?自分のやってることは、どのレベルまで上がっているのかが見えない。



でも何度かある。

最初に「データはありません」と伝えればそこは突っ込れないだろうと思った。

しかし「データがないなら、ここへ来るな、調べろ」って取締役に言われて結果は後輩に負けた。

そこから私に、この案件の発表を任されることはない。

私はチャンスで失敗をしたんです。

次がいつ来るかは、もうわからない。


こういう失敗が続くと人は無能になる。


運のいい人ならば、地方へ飛ばされて終わります。

飛ばす先もない人がやばいんです。

「お前、しっかりしろ」って上からも下からも言われて、まさに中間管理職の板挟み状態になる。

逃げられない。

会社に着くと動悸がする。

最後には息が出来ない。

きついです。






粘り強く、考えて進んでほしい。未来のあなたは100%幸せだから!







あなたが勝ち続けて、孫正義になることはないかもしれない。

でも孫正義にだって、たくさんの負けがある。


こんな凄い人だって負けている。


私やあなたが負けずに進めるわけがない。

粘り強く考えよう。

何も通用しなくても、何かないかって。


今までの人生を振り返ってほしい。

つらいことあっただろう。

負けた時もあっただろう。

もしかしたら、この世から去ろうとした人もいるかもしれない。

でも今はフェイスブックにおいしそうにビールを飲む写真をアップしてるじゃないか。

旅行を楽しんでいたりしないだろうか?

きついことは、必ず過ぎ去ることを知っていて欲しい。

必ずどこかから、光が見えるのだ。


あの時はつらかったな・・・でも今は良い思い出だってなれるから。


これは法則でもなんでもないが、人は死ぬときに、きつかった経験をした人ほど「人生が楽しかった」と言っているそうだ!!




だから向かい合って考えて進んでほしい。

その考えてる今が未来の幸せに続くから!







お前には才能がない







やはり娘たちも補欠だった。

才能がないと思った。

私の子供だからと。


親にとって、子供は人生のリベンジです。

自分がやらなくて後悔してることは子供に経験させたくない。

自分のような負け方はしないでほしい。

負けるならば自分とは違う負け方。

自分よりももっと上のステージで負けて、人生を切り開いてほしい。



中学補欠の私は、何の努力もせずに3年間過ごして補欠のまま終わった。

もしも日々、全力で努力して生き抜いていたら違う今があったかもしれない。


私は仕事を早めに上がり、娘に時間を使った。

練習に付き合った。

中学校レギュラー。そのまま名門へ入学をして今、私とは違う挫折を味わっています。


妹の方がまた補欠。

姉と同じように努力するが、やるのは私がいるときだけ。

練習はよくさぼる。

練習しないのは才能がない。

辞めちまえと怒ったこともある。

どうにもならなく通用しなかった。

何をやらせても劣等生。

あきらめかけたけど、何かあることを信じて考えました。



何か1個でも他の子に勝って成功体験できたならスイッチが入る。


妹には合うやり方が必ずある。

コーチングの本を読み漁る日々。

でもダメ。

あっという間に中学2年生。


そんな時、名門に入った娘が壮絶な練習量で毎日、家でぶっ倒れていた。


「お前がやってる名門のメニュー、教えろよ?」


そのまま自宅で出来るもの全部やらせた。

想像をはるかに超えてました。

今までの走るが遊びと思えるほどに走る。

フットワーク、地味な基礎を何時間もやっている。


いつも同じじゃ、選手はあきてしまう。


私なりに工夫してアレンジしてやらせた。

身体能力が飛躍的に向上した。


ボロボロにやられていたはずの子に勝てるようになってきた。



光が射し込んだのがわかった・・・



真剣に練習するようになった。

終わったらバスケノートを書くようになった。

どんどん上手くなる。


この子には才能があったのだ。



悩む時期は当然ある。

ピーターの法則が来ても落ち着いてほしい。

自分は必ず勝てる道を見つけることが出来ると信じてほしい。


未来は明るいのだ。


暗い部屋にいたならば、電気のスイッチを探すことをやめてはいけない。


電気があっても、電気はつけなきゃ部屋は明るくならない。

必ず、あなたは見つけられるから。

どんなにきつくても、あれは何だったんだろうってぐらいの笑顔のあなたがインスタグラムに写っている。

前向きな気持ちで進んでください。

ありがとうございました。




みんな自分は出来ていると思っている。

kage

2019/07/05 (Fri)

誰しもが自分は「出来る人」って思うらしい。

何をするにしても、自分ばかりやっていると思うのだ。

平等に分担された仕事でも、自分の方がやっているとなる。

これがお互いでそうなのです。

仕事の70%ほど自分がやっています、パートナーはやりませんと答える。


私は自分がダメなことに気がつかない人は感受性がない人だと思っていた。

わかってない人は残念だなと。

自分は気づける人になって行こうと肝に銘じて進んでいた。

でも娘のバスケットでは、出来ていると思っていたのに外された。

自身の中学時代も下に見ていた選手に背番号で負けて補欠だった。

監督に見る目がないと思った時期もあった。

まわりと環境が悪いと思ってしまった。

実は、これが自然な心理だと気がついたので、詳しく話したいと思います。




残念ながら、私が人間である以上、その仕事の30%しか出来ていなくても、70%やっていると思っている。

人は自分のことを素晴らしいと評価する。

すばらしいとまでは行かなくても、まわりの人よりは出来ていると思ってる。

あなたもまわりよりは出来ていると思っているはずです。


だから、負けた時に滑稽な姿をさらすことになる。

完璧だ。出来たぜと思っていたのに、結果は予選落ち。

何でだよ!何が悪いんだよって文句を言う。


なぜ負けたのか?

なぜ外されたのか?がわからないんです。



もうひとつあります。


「私は大丈夫」って思ってる。

誰にでもリスクは平等にあるのに、なぜか「私は大丈夫」ってなるらしい。

自分に自信を持っている。

それはそうです。自分は出来る人なのだから。


本当に出来る人は、そのままでいい。

評価はそのまま「出来る」だから。



気をつけたいのが、自分が最下層にいるときです。

もちろん気がつかない。

これはみんなそうなんです。

例外はないです。

気がつかないバカヤロウになります。


人間のメカニズムを知っていれば、今後どうしていけばいいかわかりますよね?


私たちは、どうあっても自分は出来ていると思ってる。

でも出来ていない場合もあるってことです。


これまでの話をまとめると、自分は自分のジャッジをすることは不可能なんです。

自分のジャッジは常に合格を出してしまうのだから。


不合格の時は、もちろん努力して考えて自分を上げて行かないといけません。

どっちか見えないのならば、いつなんどきでも自分を高める気持ちを持てばいい!



他人を見下すことなく、自分を高めることだけをすればいい。

今日よりも明日。

今よりも次。

良くなるために努力を続けよう。



私は今まで評価されなかった時、やっぱりなんでだよって思うことがありました。

俺よりも、あいつの方がやってないじゃないか!

俺の方が絶対、上手いのになんでだよって。

俺はあいつよりも努力してるのにと。


出来ても出来なくても、良くてもダメでも、そういう評価を自分はする。

これがわかった時に、自分もまわりの人も同じならば誰一人として私の勝ちに納得していないことがわかります。

まわりは私よりも努力してるって思ってるし、私よりも出来ていると思ってる。

私も自分は出来ていると思っている。


出来ている同士がぶつかって「なんでだよ」となる。


そうならば、ずっと頑張るしかないじゃないですか!

自分はまだまだって気持ちが持てる人が結果を残せるのがわかりました。

謙虚というよりも、その人はメカニズムを知っているから、「出来ている」と思わず進めるんじゃないでしょうか。


出来ているつもりで、出来ていなかった経験がある。


その経験から「安心しない」「慢心しない」「向上心を持つ」が出来るようになった。

自分は大丈夫って思わず進めるんです。


今回は「すごい心理学」から学んだ一部をご紹介しました。

よくある心理学本と違って、新しい心理行動を書いてありおもしろかったです。

お勧めします。

ありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界最先端の研究が教えるすごい心理学 [ 内藤誼人 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/7/5時点)



努力をやめてしまう人と努力が続く人の差。

kage

2019/07/01 (Mon)

自分から始めないといけない。

なりたい自分を想像して、わくわくしながら始める。

変わっていく自分が楽しくて、好きだから勉強をしてもっと良くなるスパイラルを作るんです。


努力を続ける方法を書きます。






努力を数えてはいけない








お酒が好きなあなたへ簡単に質問します。

飲んだ時間って覚えてますか?

覚えてませんね?

何時間飲んだかなんて測って飲まないんです。


お酒が好きじゃない人は、「昨日は6時間も飲んだよ」って自慢する。

ワイン2本あけて、焼酎1本あけたよって自慢する。

好きな人はどんだけ飲んだのか知らない。

目の前の酒に夢中ですよ。



やる気がない人は、自分はこんだけ頑張ったって数えて、自分を納得させています。

仕事だともっとわかりやすい。

今月50時間も残業した。

サービス残業20もやっちゃったよ。

仕事を「家族を食わせるため」という仕方なくやってる人は数えるんです。


仕事に楽しさを見つけた人は基本数えない。

朝も夜も関係なく夢中になってやる。

プレゼン資料作るから、今日は朝までだなって感じで誰にアピールするわけでもなくやっている。



イチローさんが打撃練習を始めて、「あっ5時だ。帰ろう」って言わないでしょ?

納得が行くまで打ち込むんです。

何球打ったか?

何時間、打ったか?

そんなことは覚えてない。

必要だから練習したんです。






数えずにやれることを見つけて努力しよう






火の玉さん、もう2年も筋トレ続いてますねってこの間、言われました。

私はやめる気がないから、数えてないんです。

あーそんなに経ったんだ?って感じです。


よし、これ10年やってモノにしようって思うことをやればいい。

今から10年後、どんな自分になりたいですか?

そこまで深くなくてもいい。

自分が思い描く姿と今が違うならば、変えて行けばいいんです。


「でも火の玉さん、やらなきゃってのはわかってる。出来ないんですよ!」


続ける方法があります。







努力はこうやると続く









張り切らない!これだけです。


だいたい始めると、誰しもが張り切ります。

よし、やってやるぞって(笑)

筋トレの場合、早く変わりたいって思うばかりに、2時間みっちりやる。

ガンガンやってランニングマシーンやってバイクまでやる。

締めにプールまで行く。

そうすると燃え尽きます(笑)


そうじゃない。

少し物足りないぐらいでやめる。

もう少しやりたいってところで終わらせて帰る。



そうすると気持ちはどうなりますか?


またやりたいになる。


無理をしないってことが長続きのコツです。

私の筋トレはジムで1時間のみ。

少ないです。

ほとんどの人は1時間半~2時間やるのではないでしょうか?


頭を使うことならば、果てしなくやって大丈夫です。

しかし体は上限がある。

1か月でマイナス10cmなんてやると1か月で元に戻るって聞いたことありますよね?

じゃあ逆に1年かけてマイナス10cmにしたならば、やっぱりやめても1か月では戻らない。1年で戻るんです。

ということは筋トレは長くやる方がいい。

10年やったら、定年まで安泰です。

エネルギッシュにビジネスの、ど真ん中で活躍できるでしょう。


頭は好きなだけ使う。

食事を学び、筋トレ方法を学ぶ。

姿勢が大切だとわかったりすると私生活から変われます。



キャバクラの例もあげておきましょう。

若い時はあれだけ通った。

楽しくて仕方なかった。

今となっては、あれはなんだったの?ってぐらい行きませんよね?

それは20代、30代と張り切ったからです。

40代になるとストンと落ち着くんです。

中には20前半で200万ほどつぎ込んで、今は行かない人もいる。

これも短期的に全力を出したからです。

これを張り切らずに月に1回1時間で通っていたなら今も楽しく行っているはずです。

延長したい気持ちを抑えて帰るわけです。

気持ちは「また行こう」という気持ちを残して来月に向かうからです。

これは努力じゃない。

何も苦にしていない。

天才の感覚に近いんです。



これと同じことを努力したいことでやればいい。


ランニングして痩せたいならば、もっと走りたいってところでやめる。

毎日ではなく、自分の中で少なめのメニューでいい。

10年後も走っていたいならばと考えてメニューを組めばいい。

週1回でもいいし、ジムで15分でもいい。

人間は変われます。

でも急には変われない。

変わるなら少しづつでしか変われないんです。



楽しいことならいくらでも出来ます。

しかし自分が良くなろうとやることは、きつくつらいことが多いです。

楽な方へ逃げて怠惰な生活を送ってしまいます。


少しだけでいい。


数えてはいけない。

数えると続かない。

だから元旦から始めようとかバカなことは、もうやめよう。

月初めからもいらない。


今この瞬間から、少しだけやればいい。


感想は「もう少しやりたい」がキーワードだ。

今日は頑張ったまで追い込むな。

人生の勝負は長い。

ずっと続くことを考えれば、いかに継続するかを考えている人が結局は勝つ。

粘り強く、最後までやり続けた人が最後まで生き残るのだ。


努力とは目標に向かって頑張ることではない。


努力とは反復、継続のことを指す。


あの時、キミが浅草でチーズドックを食べている間、僕は練習をした。

キミがティックトックに夢中になっているとき、僕は練習をした。

キミがバーベキューで楽しんでいる間、僕は本を読んだ。


今の立ち位置が違うのは当然だろう。


キミが遊んでいる間に僕は成長していたのだから。


キミが僻んで僕の悪口を言っている今日も僕は気にぜず、また少しだけ進む。

10年後はきっと見えなくなると思う。

世の中はそうなっているんだ。


10年前、やっぱりキミはクラブで遊んでいたじゃないか。

僕は10年間、勉強して努力を続けただけなんだ。


人生に遅すぎることはない。

何歳からスタートしてもいい。

続けられる努力をしましょう。

気がついた時点で行動した人から勝っていくようになっているのだから。

くやしい出来事は武器になる!

kage

2019/06/28 (Fri)

自分がどうしようもなく勝てない時。

くやしくてたまらない一言を言われることもあるだろう。

そんな時、火の玉は「戦うのをやめちゃえ」って言ってきました。

楽になるから。

その考えも一つ。

別に間違っちゃいない。



でも現に自分は今、戦ってるじゃないか。



楽しく生きる。

ここが本質かもしれない。

しかし楽しさって、続けていると「退屈」に変わるんですよね(笑)


やっぱり人間って、他人の上に立ちたいし、他人の鼻先でもいいから前に出たいんです。

でも勝てない。



くやしい一言を浴びせられた時、逃げるのか?バネにして進むのか?


前に出たかった自分よりも前に行く人を見た時、嫉妬し妬むのか?エネルギーに変えて努力するのか?



これは人間性の問題で変えられるんだ!



なんでもかんでもポジティブに捉える必要はないんです。

ネガティブな感情にさらされた時、「今に見てろよ」って進めるかなんです。


人は努力をしなくていい理由をすぐに思いつき実践します。


仕事終わりの風呂場で・・・

筋トレやりたいんですよね?と後輩。

でも1回風呂に入って、またやるってなると・・・と続ける。



またシャワー浴びればいいじゃん?



風呂に入ると、体が動かなくなるんですよ。




時間の無駄なので話を終わらせて、この人を避けているのは言うまでもない。

たぶん、このまま「やれる理由」を言い続けると、パターンとして最後にふて腐れるんです。

ふて腐れて、私に無駄なストレスかけてくる確率が98%です。

批判してるわけじゃありません。

考え方が違うから、同意を求めないでほしい。

私に無理に合わせなくていい。

俺も頑張りたいんですオーラを出されても・・・・。

という愚痴にでした(笑)。そろそろやめます。




この人の結末はどうでもいいんですが、預言者火の玉として話しておきます。


色んな所で「くやしい一言」を浴びせられます。


・こいつ使えないから、お前の課にやるよ。

・今のうち、違う仕事を考えな。若いうちしか変えられないよ。

・どうせ口だけだろ、もういいよ。


私はこんな公開処刑してる人も暇人だなって思います。







変われる人と変われない人








脳にはポジティブな言葉が有効です。

でもなんでもかんでも「ありがとう」って気持ちにはなれないですよね?

私に小林正観さんの本を勧めてくれた人がいます。

小林正観さんは、今は亡くなってしますが、「感謝」の重要性を説いた人です。

この小林正観を勧めてくれてから5年ほど経った今、その人が「ふざけんじゃねーよ、小林っ」って、会社に勤める小林さんにキレてました。

せめて小林じゃない誰かにしてーって思いました。

小林に教わり、小林にキレる。

人はその時、どんなに感銘を受けて生き方を変えても、日々の出来事で忘却曲線に従って、考えが変わっていく生き物です。



私自身も小林正観さんに感銘を受けて5年前のブログでは戦いをやめて、私は特別な人間かも的なオーラ出して痛い記事を書いてました。

もちろん未熟な私も見て頂きたいので記事は批判されない限り、すべて残しています。

でも共感してくれた人がたくさんいました。

きっとそれは誰しもが勝ちたくても勝てないから。

戦いすぎて、疲れて精神の病になる時代です。




やって結果が出る人なんて、一握りなんじゃないか。

自分は選ばれてない。

だから、楽に生きた方がいい。

この言葉で救われてる人がたくさんいるんです。



でも本質は救われない。

一時避難してるにすぎない。


人は他人より前に出たいし、鼻先でもいいから勝ちたいんです。


その衝動がなくなるのは、80歳ぐらいだと思ってください。

凄いな、かっこいいなって思われたい。

モテたいんだよ、俺たちはっ!


私たちは遺伝子を残したい。

メスはより優秀な子孫を残して、子孫を繁栄させたい本能があります。

優秀なオスである必要がある。

またはそのメスに持ってない魅力的な何かがないといけない。



わかりますか?

勝ちたいというのは本能なんです。

だからそこから逃れることは出来ないんです。

定年も65歳に伸びる。

定年後延長なんてなると70歳まで戦う。

「いらねえ、じじい辞めろよ」なんて言われてたまるかって話になる。


終わったら第二2の人生ですか? 

幸せに暮らしている様をみせつけたい。

80歳ぐらいまでは、他人と自分を比較し続けるんじゃないかと予測している火の玉です。


脳に負けないための戦い方と考えを植え付けないと幸福なんて来ないってことです。








天才はあきらめた





文庫本です。

670円!

「天才はあきらめた 山里亮太」を読み、新しい考えをもらいました。


ネガティブな言葉を言われた時、あきらめそうな時、その出来事を努力する理由にする。

対策として

・そこであきらめる。

・考えないようにする。

・ポジティブに変換して前向きな気持ちで進む。

火の玉はこれらの方法で勝ち残ってきました。


でも山ちゃんは違った。

ネガティブをそのまま受け取って、必ず仕返ししてやるって気持ちで、そこをガソリンして頑張って成功した。



私が言われた悔しい一言。


・お前の娘は、俺が見てきた中でたぶん上手くならないタイプの選手だよ。

・やるやるって言ってるけど、見せかけに見えちゃうんですよ。

・もっと6年生がしっかりやってくれないと。(5年生のレギュラーの親から上から目線で・・・もちろん娘は補欠の時)

・どう思ってるの?娘のプレー?はっきり言ってやる気ない。



南海キャンディーズ、山ちゃんはこれらのことに対して、受け止めて、こいつら一人一人にこんな報復をしてやるって気持ちをエネルギーにして、明日への活力に変えていたんです。


そういう考えもいいなって思いました。


どうせ逃げられないんだから!




私は上手く行かなくて、逃げたくて娘に最低なことをしました。

辞めろ、お前には無理だって言ったことがあります。

とっくの昔に謝っていますが1回たりとも言っちゃいけなかった。


山ちゃんのお母さんは、山ちゃんのことを「すごいね~」って育てられたようです。


かく言う火の玉もおばあちゃんには「火の玉は天才だよ」って言われ続けました。

通信簿はオール2です。

どこが天才なのか?

しかし根拠なく言われた言葉は自信になった。

何か成功した時、やっぱり俺は出来るんだって思えた。

おばあちゃんの言ってた通りだと自信が持てたんです。




きつい時、それはきっと努力が足りないのだ。

この努力で上手く行かないなら、違う努力をしないといけない。

どんどん抜き去って見返していく。

結果を出すと、まわりの人が、宝くじを当てたかのように手のひらを返して褒めてくる。

私もそいつを無視することで、戦いを終了させて次の戦いへ行っているんです。


あっという間に読んでしまいました。

山ちゃんの自伝を通して、人生の戦い方、メンタルの持って行き方のエッセンスがたくさん含まれた1冊となっております。

670円送料無料。

お勧めします。

ありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天才はあきらめた (文庫) [ 山里亮太 ]
価格:669円(税込、送料無料) (2019/6/28時点)