2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:チーム運営法 の記事リスト(エントリー順)

私のチームは、どのカテゴリ、クラスで戦えばいいんでしょうか?

kage

2017/07/07 (Fri)

俺が俺でいられて、最も幸せに成長できるところってどこですか?


この質問は実に多いです。


今回はチームが成長して全国大会に出る強豪がいる大会に出た代表者様からです。

結果は敗戦。

でもいい経験になったと、またみんなで出ましょうと。



うんうん、良いことですな・・・と思いきやそうでもない。


まず主催がチームメイトで強くなってきたので上を目指そうってことで出場。

そして代表者さんベンチ。

コーチャーボックスで声を出して終了。

さらに実力の低いメンバーには声すらかけてない。


実力のある人からすれば、「上、目指してんだからしょうがねえじゃん?」ってことになります。




この落差と言いますが、温度差。



草野球、限らず学生部活でも往々にしてあるんです。


実力のない子の親は、大会だから全員出さないってないじゃない!と言う。

実力がある子の親は、練習しないその子が悪いぐらいの態度で、しょうがねえじゃん?となる。



中学生まではチームを選べません。

その環境で頑張るしかないですね。

高校でしっかりと間違いのない選び方をすればいい。


草野球チームもそうです。



今日は自分がどのカテゴリを選んだらいいか?について、こんな考え方もありますというお話をさせて頂きます。




NHKプロフェッショナルを田中将大編を見て「これや!」と思いました。


田中選手が駒大苫小牧高校を選んだ理由。


「自分が野球選手として1番成長、出来る場所だから」だそうです。


「甲子園は二の次です」とも言っていました。

甲子園ではなく自分が1番、成長できる場所が駒大苫小牧だと思ったから行ったと。





この考え方を持ったとしたら不満が少なくなるんじゃないかと。












火の玉の人生で語ります「カテゴリに合った人生の選び方」・・・








凡人目線の方が読みやすいでしょう。



小学校、ソフトボールチームに所属。4番ショート。練習週1回のエンジョイクラブ。

私本人はそれでも真面目にやっていた気でいた。

今38歳火の玉の目線で言えば、天狗。

俺より打球を飛ばす奴もいない。

俺より肩の強い奴もいない。

俺より足の速い奴はいたけど一人だけ。



俺は主力中の主力でこのチームは俺そのものだ!


理由は簡単。6年生が二人しかいない。

あとは下級生。

もう一人の6年生はサッカーを本格的にやってるため、私の方が上手いのは当然なのだ。

そして私より足の速い一人がこのサッカー君という当然の当ちゃんという親父ギャグも入れてしまってもいい結果。


井の中の蛙、大海を知らず。









トップ中のトップの成績で蛙は中学校へ・・・








中学校県ベスト16の強豪。


少年野球をやっていたメンバーと比較して、軽々と補欠となった。


惜しくもない。


小学校の4番は秒殺で15番目の選手となった。


かすりもしない補欠。


練習試合は、もはやお弁当を持った遠足となった。


中学で野球は辞めようと決意した。


卒業アルバムの一言に書いた将来の夢、プロ野球選手を完膚なきまでに粉々にされた。



引退後、夏の高校野球を見に行った。



メガホンからの大声援、大迫力の吹奏楽、応援団にチアガール。

夏の暑さなんて、たいした暑さに感じないほどの熱量の空間がそこにあった。




あそこで野球やりたい・・・


そう思いました。


しかしはっきりとそんな応援がある名門は無理だとわかる凡人っぷり。

しかもあきらめて中学3年間を過ごしたことから、終電を逃して酔いつぶれたおっさんばりに、私は救いようのない野球選手となっていた。


地元の高校へ行きました。


毎年1回戦敗退の弱小です。


2年生から試合に使ってもらえた。


夏の大会は名門と当たり、敵チームでありながら、あの球場の揺れる声援をマウンドから浴びるという幸運にも恵まれました。

もちろん私の応援ではありません。

だけどセットして3塁側スタンドを見たとき、生徒さんたちがタオルを回して「おー、おー、おおおおおー!おおおおおおおおおーーーーーーー!」はまさに圧倒的。


これを球場で喰らえるとは!


終始、鳥肌が止まらず、涙と汗がごちゃ混ぜ。




野球、続けて良かった。


1球でも多く投げて、この空間にいたいと思いましたよ。


しかし名門に私ごときが通用するわけもなく、結果は5回に3ランホームランを浴びて5回4失点で降板でしたが、これは一生の思い出です。


逆にコールドにならずに、先輩に感謝されてしまいました(笑)










火の玉のクソ人生からカテゴリを選ぶ・・・






小学校は同級生もいなくエンジョイチームで1番上手く天狗。

すなわち、だらけた。

向上心もなく現状に満足して中学校へ行ってしまった。



中学はレベルが高すぎてあきらめた。

ここでもろくに努力することなく終わった。

言われてるメニューだけは手を抜きながらでも、こなしたため少しは上手くなったが、並以下の選手で終わった。



そして高校。

ここが良かった。

偶然だが、必要とされた。

試合に出してもらい、どんどん成長した。


名門と当たった時、私より遥かに上手い同級生2人はへその名門へ行きベンチにも入れないのだ。

2年生なら当然で、相当な才能の持ち主でもない限り3年になるまでは、ベンチの外でしょう。

名門の厳しさだ。

しかし一人は3年生になっても補欠。もう一人は背番号をもらえなかった。

その二人は、高校時代でも私より遥かに上手い2人だ。

でも球拾いになってしまう厳しさ。


その後、ベンチ外の人は野球を辞めている。

ベンチ入りして補欠の方は、1部で今も企業チームで軟式野球を続けている。

私はどうか?

弱小校へ行き、試合で成長した。

草野球で2部の県準優勝に1度だけなれた。

1部のチームとも何度も試合して引けを取らない選手になれた。


同じチームはと言うと、雲の上の強豪高校出身の選手や甲子園経験のある選手、さらには都市対抗経験者に至るまで、まさかの同じカテゴリで私の方がレギュラーなんてことも起きてしまうほどになった。


ここまで登れるとは思わなかった。


だけど登れたんです。



私は自分を成長させることの出来るチームに高校から草野球までいたということになります。








成長させることの出来るチームとは?・・・







ダントツ1位でもなく、完膚なきまでの補欠でもない。


自分が1位を目指せるチームの中で、常にチャンスをもらえる位置。

7番目か8番目の選手になるチームです。


気を抜けば補欠と言う危機感。


追いかける向上心。

あの人のようになりたいと思える尊敬できる選手もいる。


そんなチーム。


自分の実力と照らし合わせて、そんなチームならば成長できます。


もしもそこで1位が取れたなら、維持する。


維持も簡単になってしまったら、そこからさらに、自分を7番目にしてくれるようなチームの門を叩く。


もちろん1位チームに所属しながらで構いません。


成長を求めて、掛け持ちで大丈夫です。

私は偶然にも、高校から、そうしてやってきて不満なく挑戦することが出来ました。



今は4部の1チームだけです(笑)


おわかりでしょう。

38歳を迎えた今、落ち目な自分と向き合い、もがいています(笑)


4部で市のベスト4チームのレギュラーがいっぱいいっぱいですよ(笑)

小さな大会ですが優勝もしてます。

私じゃない若い人が頑張ってます(笑)



私ですか?


一応、選んだカテゴリは間違っていないので、もう1度、やり返します。


今に見てろよと思いながらトレーニングしてます。








代表者さんと全国メンバーでなぜ温度差と価値観の違いが出来るのか?わかりましたか?・・・






代表者さんは、特に主催していないのだから、勝手にやればと実力のある人たちでやらせればいいです。

その人たちは、カテゴリが全国でそこで戦うのが楽しいんです。



代表者さんは、そこではないというだけです。

向上心の持てる環境で、合うメンバー構成をして、ぎりぎり優勝を狙える大会を選んで熱くやれれば幸せになれます。

違うカテゴリーに入らないようにすればいいだけです。


でもいつかは全国に行ってやるぐらいの気持ちで、やればいいです。

生きている限り、時間の支配で衰えは必ずやってきますが、そこは工夫して伸ばして行ければいいんじゃないでしょうか?


ということで人それぞれの価値観とカテゴリがあり、自分はどこに身を置くのが1番か?という疑問に、1つの考え方としてお話させて頂きました。


今この時を輝ける野球ライフを送れることを祈っております。

ありがとうござました。

声の出るチームにしたい

kage

2017/05/08 (Mon)

ノックを受けているときに事件は起こった。

落球をしたのだ。

「ドンマイ」

・・・

・・・

・・・


しばらく時間が経過して状況を飲み込んだ私は言った。



うるせえんだよ、てめえ!




なぜ、うるせえが出てしまったかを教えよう。



ドンマイを言った人間だ。

草野球を始めて5年間ヒットなし。ポジション仕方なくライト。人数がいればベンチという落球王子からのドンマイ。


ドンマイ・・・意味はドントマイン(気にするな)。


落球を最も気にして練習をしなければならない男からのドンマイは、当時22歳の尖った私を切れさすには十分な声掛けであった。



ここで教訓を教えよう。


初心者は声を出せない。


私ごときが声掛けをしていいものなのか?と問いかけているのだ。

エラーをして迷惑をかけている私に励まされる投手は、とても痛い奴だと勘違いされ切れさせてしまう。


なので初心者は黙る。


声は出ない。



出したとしても、相手を切れさせてしまう経験をしているのだ。


結果として「ナイスボール」「ナイスキャッチ」「ナイスバッティン」

この3つを発して試合終了することになる。



今回の質問だ。



練習だと皆元気よく活気があるのですが、試合になると皆大人しくなってしまい良いムードで戦えず実力を出し切れません。

キャプテンとしてなんとか盛り上げようと声を出すのですが上手くいきません。

なにか良い方法はないでしょうか?







ないと言っておこう。




もっと声を出せという話が出た。

答え「俺たちは、試合中にどんな声を出していいか、わからないんだよ」



もっと言おう。


ストレート、ストレート、2球見逃す。追い込まれる。

カーブ空振り三振。



私たち経験者から言わせれば、お前はバカか?と問いたくなる。

わからないのか?と。


しかし言われた。


「俺たちには、次にカーブが来ることがわからない」


微塵も頭に入ってないのだ。

きっとストレートと信じてる。

カーブかもしれないもない。


厳密に言えば、カーブなのもわかっていない。

区別がついてない。

振ってみたが当たらなかったという人がほとんどだ。


夢見る子供に見えてしまうが、打席に立っているのは、俺たちよりも年上のおっさんであり、何も考えずに三振を献上している。



そんな人間に何か言われようもんなら「うるせえ」となる。

わかっているから声は出せない。




私自身、娘がバスケットを始めたての時は、「オッケー」しか言えなかった。

エースの娘さんがファール(反則)をしてしまった時に「いいよ、いいよ」と言ってしまった時、お父さんに「今のは良くない」と娘さんが怒られてるのを見て、私は下を向き反省した。


無知は言葉を発せないという典型であった。









声を出せるチームとは・・・






一人一人が野球を知っていることに尽きる。

声を出して欲しければ、野球を教える+実力をつけてもらう。


初心者の練習参加率が高いのはなぜか?


試合より面白いからだ。

私たちからしたら想像もつかないが、「練習の方が楽しいです」と言われたことがある。


ボールを追いかけて、ただ取る。打つ。走るがいい。

プレッシャーにさらされて、ミスをして怒られるのは嫌なのだ。



ランナー3塁、素人。


犠牲フライが上がった。


タッチアップの準備ですね?


2歩から3歩、ベースから離れている素人がいた。


ベースにつけと怒鳴った。

結果は相手が落球をしてホームイン。



戻ってきた素人を怒った。

当時22歳、若い私を許してほしい。

お前は何やってんだ!


いや取ってから、戻ってベースを踏んで走ろうと思いました。


間に合わねえよ、バカヤロウ。


いや間に合いますよ。





その後の説教タイムは想像にお任せしよう。


38歳となった現在。


初心者は、私たちの想像を超えるぐらい野球を知らないということを知り、丁寧に教えている。


メンタル面に至るまでだ。


このブログもそうですね。


初心者がバカにされないようにという意味もある。

同時に経験者にも事情を知ってもらい、一人でも多くのハッピーな人が増えるといい。









声の前に野球を知ってもらう・・・







ただ取れた。

ただ打てた。


それだけでなく、ストレートで次のストレートを振れたら褒めよう。

見逃したとして、3球目のカーブに当てるなり、見逃すという三振じゃなければ褒めよう。

4球目のインハイで三振したとしても、今のはピッチャーがいい的なことを言ってあげる。



とにかく時間が、かかりますよ。



私がバスケットで娘に的確な指示が出せるようになったのは、最近。

初めてバスケットを見てから6年、かかりました(笑)


センスの塊と言われてる私ですら、新しいスポーツを覚えるのは時間が、かかるのです。


声は出せません。


まず、どこがオッケーかもわかりませんからね(笑)



ナイスボール、ナイスキャッチ、ナイスバッティンを大きな声で言えていればOKです。

そこまで求め過ぎずに行ってよろしいんじゃないでしょうか?



それと声を出せない人も性格的にいます。

無理に出せなくても、チームは引っ張れます。


大事なのは野球を知っている私たちが、「その辺、飛んでいくよ」とか「もう少し前」とか「ここ集中しよう」という声掛けを全体ではなく、一人一人に掛けて行くことで、締まっていきます。

ベンチでも、一人一人と試合についての会話していくとチームが上がっていきます。


特にバッテリーでたくさん会話しているチームってやっぱり強いですよね。

ありがとうございました。

補欠のあなたが意見を通したかったら○○の時に!

kage

2017/04/12 (Wed)

何を言うかではなく、誰が言うかなんです。

口先のみで私がサッカーを語っても、誰も耳を傾けない。

18年の野球経験とC,Dクラスで毎年ぶっ放す4割打者の私が語る野球観を聞きたいという初心者が大行列を作って待つわけです。


初心者専用となりますが、中級者の情報を求めるならば、Aクラス天皇杯に出ている方じゃなければ語れないのです。


背中で語れない自分ならば、人様にあーだ、こーだ言えないと言うのが火の玉の答えです。



悔しい思いを胸に練習をしなさいとなります。








今日の質問です・・・




監督に気がつかせたい。

勝ちたい勝ちたいの実力主義で不戦敗となった。

エンジョイ野球に変えて、不戦敗がないようにしようと反省をした。

それから数年後の今、また勝ちたい主義に変わりつつある。

「また繰り返すぞ」

これを気づかせたい。

いい方法があれば教えてください。








火の玉至極のメッセージ・・・







少人数で飲みに行け!




最高は二人、きつければ多くて4人ですね。



1番は冒頭に書いた猛練習で、背中で語ること。

だけどそれは、いつになるかわからない。

実力をつけるって大変だよ。



娘のバスケでこれでもかってぐらい上手くなる難しさを喰らってますからね(笑)


でも人は何を言われるかでは動かない。


誰に言われるかです。

例を出そう。

腹の出たバットを放り投げる8番のおっさんに、「力み過ぎだよ。軽く振れ」と言われたあなたは、間違いなく120%のスイングで打つ。

むしろ打てるまで満振りだ。

満振りして打って放り投げ8番に「うるせえんだよ」と言う。

もしくは全力のバカヤロウな態度でスッキリしようとするのではないだろうか。


ではどうだろう?

あなたの打席を見た松井秀喜が「力み過ぎだから、力を抜いて打ってみて」と言ったら?

少年のようなまっすぐで輝いた目であなたは言う。


「はい!!!わかりました。秀喜さんっ」



言われてることは同じだ。


背中で語れないあなたが言った時の相手の反応は真逆を行くのだ。


120%の力を出して逆らうので変えられない。

むしろ状況は悪化する。

よく言い方だと言う人がいる。


残念だが、どんな丁寧な言い方、考えた言い方をしても無駄。


お前が言うなやっ!


となる。



なので基本は猛練習です。





ですがここに来る方は初心者ばかり。

質問者様もそうですが補欠で悔しい思いをしてる人。

何か、バットを振る以外で、もがける方法はありますか?と来てくれた。


そんなあなたを突き放すことは、愛のカリスマと言わてる私には出来ない。


愛と言えば、マザーテレサか火の玉ボールだろうと10年後の未来で評論家は語るだろう。

私は時代待ちだ。








もう一つの方法が「飲みに行け」。これには深い意味が・・・







私たち人間が力なくても言うことを聞く人がいる。




実は好きな人の言うことは聞くんです。


人生で大切なのはコミュニケーション能力と言われているのがここです。

好かれれば味方が増える。

当たり前ですね。



はい進みます。



飲みに行くのが1番なのは、がんばらなくても仲良くなるからです。

特にあなたが勉強をしなくても、飲みに行けば行くほど、仲良くなってしまう。

好かれるんです。

だから誘いましょう。



あとは「人は食事をしながらだと、こちらの要望を受けやすい」という研究結果も出てるんです。

何かお願いやおねだりをするときは、ご飯の途中で言ってみてください(笑)


○○の答えは食事でした!


ちなみに回数が大事。

長さではありません。

人はその人に会えば会うほど好きになる。

あなたも相手も、何度も会うことで仲良くなります。


飲みならば2時間。

食事なら1時間で切り上げてください。

そのうち何時間でも気にせず話せる関係になります。

最初は、無理をしないで切り上げるのです。



飲むと好かれるだけではない。

不思議なことが起こる。


あなたも相手が好きになる。

あなたは目的があり行く。



人間関係で1番良くないのが計算した関係です。



あなたが気を許し、好きになるための飲みだと思っていい。

苦手な人を説得しなければならないとき、まずはコミュニケーションを取りに、その人へ向かって行かなければなりません。

すなわち自分が心を開かなければなりません。




人間対人間。

ハートtoハートがなければ相手は気づく。

警戒もされる。


要望があるとき、自分に力がない時、相手を何とか動かしたいなら、あなたが変わるんです



その相手を好きになろうとしてください。

きっと今回だって何か考えがあってやっているんだと思ってください。

相手の良いところを見つけ認めてください。



お酒が飲めないなら、食事へ何回も行って、笑い話をたくさんするんです。


そういう地元の仲間のような関係を作れればいい。



すなわち何でも話せる関係になればいい。



そんな関係で「実力主義はやだな~」と言えば、話は通るでしょう。

気がつくんじゃないですか?



それが出来ないと言うなら、あきらめてください。


我慢して練習です。


許せない相手なら、実力でねじふせるしかありません。




私はバスケット初心者です。

力はありません。

監督は恐くて苦手な感じでした。

怒鳴るし、暴言もあるし、あまり近寄れないなと。



でも向かって行かないと行けません。

愛する娘のためです。

好きになろう努力しました。

良いところを見ました。

何度も話すと、意外と良い人なんですよ。

バスケットを覚えて行くと言われて当然と言うプレーをしてるんですね。

俺の誤解だったなと思う部分がたくさんあります。

今では苦手も無くなり、むしろ好きです。

力がない場合は、そうやって生きる。


そうやりながら、力をつける。


いい意味で、いつか追い抜こうという気持ちです。

いい意味で見返せればと思いますが、私はもはや監督が好きなので、飲んでると感謝の言葉を口にします。

心から計算なしに「これからもよろしくお願いします」と言えます。



もちろん人生で出会う人、みんなにそうしろって話じゃありません。

こいつだけは好きになれないって人もいるでしょう。

それが監督ならば辞めればいい。

離れることをお勧めします。



動かしたい人ならば、仲良くなるしかないのです。




好きな人の言うことは聞く。

もっと厳密言えば、好きの感情があればいい。


あなたのペットが餌をくれと鳴いたなら、あなたはすぐに餌をあげるでしょう。

バット放り投げおっさんは何を頼んでも、あなたは動かない。

これでも食ってろと灰皿を投げつけます。


ありがとうございました。

来年から監督になり、前のルールを変えたい人へ

kage

2016/12/03 (Sat)

題名の通りです。

この手の質問って実は多いんです。

私のところに年間約2万件来ます。


全部の質問に簡単にお答えしちゃうわけですが、「変えていいですよ」ってことで終了です。




今回の質問もそうですが、だいたいお金の話になります。

部費を取っていない助っ人から部費を取りたいです。

その選手がやる気があって、あなたのチームが好きならば払います。

逆に前の監督が好きでチームに入ってるならば、辞めるというだけ。




相手がいる場合、相手の反応にゆだねるしかないんです。


自分の思うように相手をコントロールしたいと人はいつも思います。

しかしそれは無理。


お金貸してというお願いがあったとする。

いいよ。

無理。


どっち?

それは相手次第。


その時、お金を持っていればとか、機嫌がいいとか、株で勝ったとか、彼女に振られたとか、会う直前でうんこを踏んでブルーとか、あなたじゃコントロールできない相手のタイミングってやつがあるんです。



私たちが学ぶのは、タイミングの合わせ方ぐらい。

今、このタイミングなら話を聞いてくれるかもしれないという見極め。


うんこを踏んだまでは、わからないけど、なんとなく感じる雰囲気、表情で自分の要望が通るかを見る。


ちなみに私は無理そうなら言わないが基本。


しかし場合によっては、相手の反応は違うかもしれないに賭けて、言ってしまえってのもある。



上手くいったのもあれば、ダメなものもある。


私たち監督に出来るのは、ダメなものはダメ。良いものは良いとはっきりさせてぶれないことです。



私の運営の軸は、こうです。


人が足りないときに呼ぶ助っ人からは、部費は取らない。

助けてもらってるわけです。

チームで不戦敗になるところを来てもらっています。

もれなく無料です。



レギュラーメンバーとしてすべての試合をお願いするなら、入部をお願いしてユニフォームと部費を払ってもらいます。

断られたら、泣く泣くですが、人が足りない時だけの助っ人にします。

ここは「キミが欲しいー」っていう説得ですね。

何としても獲得してやるっていう情熱でぶつかるので、私は断られたことがありません(ドヤ顔)



断られても別にこれでお別れではないので、ぶつかってください。

ダメなら、これからも助っ人でお願いねーでいいわけですから。



私の場合は、部費を取りたいの前のプレゼンがハンパなく熱く、一緒に戦ってほしいと正式なメンバー要請は、仕事よりもきっちりとやってます。


上手い、明るい、出席率が高い、声を出す、一生懸命。

だいたいこんな選手じゃないですか?

基本は優遇してでも、取っておきたいですね?

そうではなく、自分の傘下の選手にしてしまうのが正解ですからね。

そこがゴールだと、代表者には思って頂きたいです。








上手くいく方法はありません・・・





失敗するかもしれません。

相手次第ですから。


無料で野球が出来てラッキーぐらいにしか思ってないのなら、最初からチームにはいりません。

このチームで勝ちたいと思うメンバーを集めるのが理想です。

優勝するときは、意外と助っ人なしの本メンバーでそろった時だったりしますし。



しかしコツはあります。



人は人の役に立ったり、喜ばれたりしてる時に幸福を感じるのです。


キミが必要だー。

俺を助けてくれー。

頼むー。


みたいなプレゼンがあなたに出来れば、ほぼ獲得です。


しかも部費を取りたいと思う人です。

他の本メンバーと変わらない試合数をこなしてるんですよね?

本当に助っ人だったら、部費を取ろうなんて悩まないわけです。


基本、そのぐらい出席してる人ならば、入りますから安心して言ってみてください。

ありがとうございました。