FC2ブログ

2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

カテゴリ:簡単技術 の記事リスト(エントリー順)

ショートバウンドが恐くなくなくなる練習法

kage

2018/09/22 (Sat)

ショートバウンドになると、そのまま取り損ねて顔に当たるんじゃないか?

そんな恐怖心が出ます。

だから取る直前に顔をそむけて適当にグラブを出して入ったらラッキー守備になってしまう。


そんな人へ今日は、恐くなくなる練習法をご紹介します。


ファーストをやっていた時、内野手の送球がショートバウンドの嵐なんです。

しかも方が強い人がぶち込んでくるから、まあとんでもなく速い。

それをスパパパンってファーストがさばくと、かっこいいわけです。

このチーム強いってなるのです。


投げた内野手が悪いとされていますが、上のチームでは、取って当たり前。

的にボールが行ったなら、落とすなよって空気です。

そんな空気の中で、やらせてもらってた私からショートバウンドが恐くなくなる練習法を書きます。



これをやっていたら、いつも間にか、どのポジションへ行っても恐くない。


だって取れる取れないは別にしても、とりあえずグラブには当たるから。

顔には1000%当たらない。

最後までボールを見れるようになります。


一人でできますからやってみてください。



中腰になって構えます。


①下投げで上にボールを放す。

地面に落ちる。

地面に落ちた瞬間にグラブでパパンとショートバウンドで取るんです。


簡単じゃんって思うかもしれません。


意外と初心者にはむずかしいです。

取り損ねてボールが前にファンブルします。


まずは自分に向かってこないボールを取れるようにします。



②次は自分の方へショートバウンドを投げます。

すぐにグラブでパパンと捕球。

よく野球をやり始めた時に自分で自分のグラブに向かってボールを投げる。

キャッチしてグラブからボールを取り、また自分のグラブに投げるって練習をしましたよね?

あれのショートバウンドバージョンをやればいいんです。

グラブに向かってボールを投げているので、ショートバウンドでも取れるはずです。

グラブに入る感覚をつかむんです。

コツをつかんだら、少し手前でショートバウンドさせたり奥でさせたりと場所を変えてグラブを出してみてください。




なんとこの2つだけです。




この2つを50~100づつやってればいい。


不思議と打球に対してグラブを出せるようになります。


恐怖心が消えればこっちのもんです。


あとは壁当てでショートバウンドを取り、捕球率をあげればいい。



恐いとボールを見ません。


恐くないゆるいボール、または近くでバウンドさせて取るという①、②をやると、どこにグラブがあれば入るのかがわかります。



これは中学時代、県16に行った時のファーストが暇さえあればやっていたメニューなんです。


ショートバウンド捕球の基本みたいなもんです。


私も草野球になり、名門チーム、ファーストでレギュラーを獲った時にこれをやって上手く行きました。


同時に他のポジションでも恐くなくなったんです。


ショート、サードなら自分で動いて、取りやすいショートバウンドで取れるからです。

中途半端なショートバウンドがない分、気持ちはもっと楽になりました。


顔が逃げちゃうレベルのあなた、まずはこのメニューから始めてみてください。


グラブで取るのに慣れたら素手でやるとさらに効果が出ます。

外野から内野に転向して上手く行かない人へ

kage

2018/09/20 (Thu)

内野から外野。

外野から内野。

キャッチャーからセンター。

ピッチャーから内野、または外野。

セカンドからショートだって、戸惑いはあります。



まず答えを言っておきます。


コンバートにビビるな、同じ野球だ。


ボールを取って投げることに、何も変わりはありません。


打球を胸トラップしてボレーシュートでアウトを取れとは言われていません。


フライの質、ゴロの質が、ちょっとだけ違う。それだけです。


取るギリギリまで体のどこかを動かして固まらない。

力が抜けた状態で、ボールが来る直前でグラブを出して捕球。

カットマンでもファーストでも投げる場所と距離は違えども、ストライク送球をしてあげるだけ。



今までやってきたことが0になったみたいに戸惑う人が多いです。


8割一緒です。


工程が少し変わるだけ。


スリーポイントシュートを決めるわけでもないし、スマッシュして叫ぶわけでもない。


何でも出来る人って、基本「そんなに変わらない」と思うメンタルがあります。


プロになる人は、たまたま野球を選んだだけで、この人はサッカー選手でも行けたんじゃないかと言われる人がいます。

そういう人は基本「体を動かすって部分では一緒だ」と思ってるから出来てしまうんです。



出来ない人、不器用な人は、「違う」って思います。



また1からやり直しだって思います。



また1からやり直しだって思いましたよね?



同じです。


プロ選手も高校、大学で獲ったレギュラーポジションとは違うポジションで活躍する人がたくさんいます。

それは、走攻守全部で評価されているからです。

これは元ヤクルト飯田さんの話。

キャッチャーで入団。

でもキャッチャーのポジションには古田という化け物がいた。

2軍で引退か?

飯田は足が速くて打撃もよかった。

センターへコンバート。

日本一。



巨人阿部さんや元阪神城島さんも、怪我でキャッチャーが出来ない。

打撃がいいからファースト。



これは1例です。


先発完投していた投手が、プロでは中継ぎ。

これも違うと思っていたら、出来ない。

投げて打者を抑えることに変わりはないと思ってやらなければ出来ません。




火の玉は高校時代サードやってみるか?と言われたことがあります。

外野しか出来ないって思っていたから出来ませんって断りました。

チャンスを自分で逃したんです。

2年生にして出場のチャンス、レギュラーだったかもしれない。

監督がいいって言ってるんだから、やらせてくださいって言えばよかった。

自分の可能性を決めてしまうことほど愚かなことはないです。


以来、仕事でも野球でも自分では無理だな~って思うことでもやるようにしました。

もちろん出来ない。

でも出来るようになるんです。


いや正直に言えば、出来なくて失敗した物もあります(笑)



でも逃げた後悔よりも、やった後悔の方がいい。


「やっとけばよかった」と「やらなければよかった」ならやらなければよかったって恥をかいた方が可能性を広げてくれたという私の話です。



ちなみに草野球で市を2連覇した時のポジションはサードでした(笑)


監督だって使えるかもしれないと思ったから話をしたんだなって(笑)



人間、自分のことは見えない生き物です。



他人の恋愛アドバイスは出来ても、自分の恋愛になると上手く出来ない。

それは客観的に「違う」という概念が入るからです。

さらに自分という人間が相手に、どう映り、どう思われているかわからない。

私たちは自分が見えない。



見ることも出来ません。



だったらやればいい。

やるしかない。

やってみて判断するしかないんです。



その時に、最初からやり直しって思うか?

それとも今までやってきたことは生きると信じるか?


メンタルひとつで、結果が変わるということをお伝えしておきます。





センターしか出来ないって人よりは、セカンドも出来るって人の方が出場チャンスがある。

人生で俺にはこれしかないと言って成功している人はいません。

科学者は実験だけやっていればいいわけではありません。

計算が必要だから数学もわかっていないといけない。

実験結果をまとめるまとめる論文。

結果を発表できるプレゼン能力。

最後にはその人の人当たりの良さがあってこそ、助手がいて成功する。

実は多彩。

それだけをやっているように見えて、いろんなことが出来る人なんです。





野球も一緒。


どこのポジションでも出来る。

右方向へ打てる。

セフティが出来る。

足が速い。

ムードを盛り上げる。

声が出る。

どれか一個だけよりは、出来ることが多い方がいいんです。



だからコンバートはチャンス!



正直、内野ゴロも外野のゴロも、そんなに変わりはない。

だから内野手でも外野手のバックホームの時のように取って投げるときがある。

外野のゴロだって膝をつくのはナンセンスです。

内野手のように正面に、入ったら腰を落として取ればいい。

そこからカットマンが内野手でいうファーストなだけです。


そんなに変わらないんです。



ちなみにショートバウンドが取れないって話ですが、私も取れません(笑)


そんなに簡単じゃないんです(笑)


お母さんがノックしてあげる。

または投げてバウンドさせる。

息子さんがバウンドに合わせてショートバウンドでグラブを出しながら取るということを繰り返すしかありません。


すべての競技に言えますが、反復練習しかありません。

寿司屋の板前さんが、包丁を研ぐのと一緒です。

ひたすら研ぐ。



私はこの間の試合で、ショートバウンドが来ました。

もちろん取れないと踏んだ私は、もう1回バウンドさせてから取ろうと判断。

もちろん打球はさらに弾んで、内野安打。

必ずショートバウンドで処理をしないといけないと反省した話です。



その日から壁当てでショートバウンドに合わせて捕球をやっています。

学生時代、社会人20代前半に散々やった練習でも、今、研いでないと出来ないんです。

ある程度はダマせても、細部までは届きません。



何千、何万回とボールを取ってください。

たくさんノックをしてあげてください。

私の高校でセカンドからショートにコンバートした先輩がいました。

4エラーしたんです。

1週間、毎日監督が2時間ノックを打ち続けました。

次の週から引退までノーエラーです。


やれば身につきます。


基本は同じで、全然、違うことをしてるわけではありませんから。


良い経験値になると思って進まれてください。


家の中でも取る練習は出来ます。


座ったままでも壁に当てて取ればいい。


軟式ボールだとうるさいので、家の中の練習はテニスボールをお勧めしています。



四死球をもらう方法

kage

2018/05/09 (Wed)

本当はストライクなのに、ボールコールさせてしまう方法があります。

審判も人間なので意外と間違えます。

目の錯覚を利用した方法です。

まずはインコース。

インコースは来た瞬間に腰をガバっと引きます。

まるでユニホームすれすれにボールが来たかのようによけると「ボール」



アウトコースは、ピクリとも動かずにミットに入った瞬間に、前足を1歩引いて構えを解きます。

そうすると「ボール」




空振りをしてしまった後ですが、フォロースルーを思いっきりスタンド方向に大きくやっておいてください。

当たったらやばいと思わせるのが目的です。

それを見て外野手が1歩下がったら、当然ピッチャーも警戒しています。

逃げてフォアボールの可能性が上がります。



最後に、鏡を見ながらフォームチェックして、打ちそうな構え、打ちそうなスイング、打ちそうな見送り方に近づけてください。

単純に打ちそうな人やチームで打ってる人の真似をすればいいだけです。





まとめ・・・



これは何度も効きません。

審判だって何回も騙されません。

やばい時に使ってください。

1番はボール球に手を出さない選球眼です。

ストライクボールの甘いところをブンブン振ってくる打者に四球は多いです。


火の玉の小細工を取り入れつつ、1番はスキルアップだということを忘れずに進まれてみてください。

近い距離で暴投してしまう人へ

kage

2018/03/28 (Wed)

ベンチ前のキャッチボールが上手く行きません。

距離があると胸に行きます。

どうしたらいいですか?







火の玉メッセージ・・・






私、もうすぐアラフォーです。

最近は近い距離でも遠く感じます。

塁間なんて、遠投です。

肘も痛い。

全部遠いから、その悩みがうらやましい!




さて本題です。

ベンチ前のキャッチボールをやめたらいいんじゃないですか?


それ出来る必要がありますか?


近い距離として、セカンドからファースト送球。

塁間。

カットマンに投げる。


これらが暴投となれば、修正が必要です。


他のことは、出来ても出来なくてもいいんです。


おそらくイップスです。

決めつけてしまうのも良くないですが。


ベンチ前というトリガーが働いた瞬間、あなたは投げれません。

小学生でも出来ることが出来ない。

これはメンタルです。




どうするかというと、火の玉的は逃避行です(笑)



そういえば投げれなかったっけってぐらい離れると、また投げられるようになります。

草野球だから出来る技です。

1年でも2年でも休んでください。


心が「投げたいな」って思えて、うずうずして投げたならば、びしっと行きます。



遠くが投げられるなら外野に回してもらえばいいです。


どうしてもベンチ前をやりたいなら、ふわっと投げておけばいい。

毎回様子を見ながら、少しづつ力を入れていく。

でも最後には暴投になるでしょう。


火の玉的には必要がないことは「やらない」が答えです。



試合に支障がある送球の場合は、前回の記事「練習では出来るけど試合だと出来ないをどうにかする方法」でも書いた通り、その部分を意識しないで全体で見るようにしてください。


気にしなければ改善されて行きます。


もともと出来ていたことならば、必ず戻せます。

ただ焦らずゆっくりとです。

「練習では出来るけど試合だと出来ないをどうにかする方法」