2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

カテゴリ:4割、ホームラン打撃法 の記事リスト(エントリー順)

打てる作戦&打てる打席での考え方

kage

2018/04/20 (Fri)

1年間、草野球から離れていました。

1年ぶりの試合で、あっさりとヒットを打てました。


どうせ、たいした投手じゃないんだろ?

2ケタ安打の中の中の1本だろ?


違います。

それだったら記事にはしません。


投手は110キロほどは出てました。

四球は1個だけというコントロール。


何個三振、喰らったんだろ(笑)


1安打完封で負けました。


私の2塁打1本だけ。

三振しなかったのも私だけ。


1年ぶりの野球。


自分はさぞかし置いて行かれてるだろう。


そんな風に思ってました。


ボールも見えないんだろうなと。




ふたを開けてびっくり!


さすが草野球!


みんな1年、年を取り、むしろ劣化(笑)



「火の玉さんは1年練習してなかったかもしれませんが、俺たちも練習してません!」


晴れ晴れとした表情で語られた時に思いました。


トレーニングさえ積んでおけば、いつまでもやれる遊びが草野球なんだ。


走れる体を作っておけば、何歳になっても楽しめるんだと。




1番大事なのは作戦&打席での考え方なんです。




毎年、4割打つ方法です。


経験者なら4割。


初心者でも3割は打てます。





私がやっている作戦を今回は書き、あなたのヒットのお手伝いが出来たらと思います。











火の玉の方法・・・








前の日にバッティングセンターへ行きます。



バッティングセンターってただボールがくるだけなので、ボールが来るあたりにバットを出しておけば140キロだって打てるんです。


そこでただ打ち込んで、「よし、明日は行ける」って思っても次の日は打てません。


経験ございますよね?



そうじゃないです。



バッティングセンターで確かめるのは凡打の数です!




どこが打てないかを見ておくんです。


単調に同じタイミング来るイージーなボール。

なのに打てないコースがあります。


それはその時の状態によりますから、自分と相談しながら見てください。


そこから確実にヒットになるコースがあります。

そこをチェックします。










火の玉の打てる作戦・・・






バッティングセンターではあえてコースを動かしません。


なので高めに来たり低めに来たりします。


久々のバッティングセンターだから、やっぱりボールが見えてません。


高めの凡打率が高かった。


逆に低めは、ヒット性の当たりを連発した。


さらにはインコースが打てた。




はい!作戦決まり!



インコース低め狙い!











試合当日の作戦・・・








自分の状態はインコース低めならば、きれいにバットが出るのはわかってます。



どうしたか?



インコース低めを待つだけなら誰でもやります。



私の作戦は、そこから皆が立っている位置よりも外側に靴半分、ずれて打席に立つ。



インコース低めは低めでも、甘いインコース低めになれば、なお確率アップだからです。




それじゃあアウトコースが打てないじゃないか!



どうせ手を出したって打てませんよ。


簡単なバッティングセンターですら打てないんですから(笑)




だから捨てるんです!




見逃し三振でいい。



キャッチャーに「こいつはアウトコースだけ投げとけばいい」ってバレなければいいんです。











キャッチャーにバレない方法・・・






キャッチャーに狙いがバレたら、おしまいです。



バレない方法があります。




それは早打ちです!




この日の私なら、とりあえず低めなら、初球から打ちに行っちゃうんです。


変化球でも見逃さずに手を出す。


そこに来たら全部、打つぞって決めておく。



そうするとだいたい4球程度で勝負がつきます。



そうやってよだれを垂らして、待ち続ける。


ライオンように。



ぐへへへへ・・・。




来た!



ばっきーーーーーん。



レフト線上に一閃する2塁打!



メタルハンターで一閃です。



完璧なサラマンダー!


3打数1安打、2ショートフライ。

このショートフライですら、1本は私のスイングが振り切っているためボールの回転数がホライゾンだった。


ショート落球のおまけつきです。




いい日曜日でした!












まとめ・・・







打席で打てる作戦&考え方、どうでしたか?



アウトコースが確率がいい場合は、ホーム寄りに詰めて立ち、アウトコースを甘くしてください。


投手が100点のコースに投げても打てます。



バッティングセンターで、確率の良いところを確かめておく。

悪いところは絶対に手を出さない。

見逃し三振をするという開き直りを持つ。

打ちに行ってもどうせ打てないから(笑)


打てるところは変化球でも手を出しておけば、狙いはバレません。



これだけ作戦を練っても、2つはショートフライです。

野球ってむずかしいですね。


しかし1年間、バットを握ってないおっさん38歳でも20代の若者のスピードボールから1本打ててしまう作戦でもあります。



今日からやみくもに打つのはやめましょう。



状態を確かめて、打席では狙いを絞って行けば1本、打てる確率は普通に振っている人よりはグンと上がります。


お試しください。

草野球C級程度までなら、打てる考え方です。


あとはバットも大事ですよ。


もしもぶよぶよ系バットをお持ちでないのなら、必ず持った方がいいです。

金属バットとでは、打球、飛距離に、天と地の差があります。


火の玉が1年ぶりに、ひょっこり野球へ行きヒットしたお勧めハンターシリーズを載せておきます。

86cm770gがお勧めです。


バットソムリエS級私です。

ヒットを打ったハンターは84cm780g。これはもう売ってません。

対抗で出すならば86cm。

この長さがさらに打球を速くするでしょう。


2018年で今、思うハンターシリーズ最高の1本はこいつです。




打球を飛ばす方法

kage

2018/02/19 (Mon)

誰しもがかっ飛ばしたい!

打った瞬間、走らない。

走らずにボールを眺めて、スタンドイン。

この優越感を味わいたいはずです。


高校通算3本の本塁打で終わった私が語ります!


打たれた本塁打は5本。

打たれ方の方が詳しく書けるドンマイな男が私です。


打たれ方にニーズがないので書きませんが(笑)



さて3回も優越感に浸った私です。


そのうち1本は12対4の試合で12対5にするソロ本塁打で、がっつりとガッツポーズしてやりました。

投手として12点献上している私がおりゃっとガッツポーズ。

チームメイトのドン引きは今でも忘れられない思い出です。



この時の体重が60キロ。

良い感じのひょろひょろバッター。

マッチ棒のような腕。

どこにそんな飛ばす力があるんだって話です。


でも打てたんです。


今の草野球チームでも、160センチ60キロでスタンドまでかっ飛ばす人がいます。

年間1本あるかないかですけど、ジャストミートすれば行くんですね。



今日の記事は、死ぬまでに1本ぐらいは打ちたいなっていう初心者の方々へのヒントになればと思います。



「打球の飛ばし方」では素振りをしてくださいと書きました。



その他にもう一つ、やったトレーニングがございます。


それは「腕立て伏せ」です。


1日40回やってました。

国語の先生は1日50回やれれば、腕力が変わるよと。


18年前の話です。

理論や理屈が今とは全然、違います。


当時は毎日、やりました。

よかったのか悪かったのかは別にして結果だけ書きます。



居酒屋で挑まれた腕相撲に負けない男になりました!


よかったのか?

人それぞれの感覚で受け取ってもらってください。



真面目に書きます。

下半身で飛ばすなんて言われているけど。

走って、スクワットして打球が飛ぶようになったかと言われたら、そうじゃない気がします。

すいません、3流バッターの経験ですから、もしも1流の方のお目汚しとなったら、お許しを。


草野球でも、かっ飛ばす人は、デブかベンチプレス好きな人です。

ジムでベンチプレスやりまくって、かっ飛ばす人は60キロ~65キロ程度で痩せています。

それが火の玉が見てきた真実です。

今、私は68キロで2塁打、3塁打なら毎年、打ててます。

ホームランは年間1本あるかないかですが、草野球18年で5本は打っているかと思います。



下半身を鍛えてない人は、野球そのものが出来なくなるんです。

足がつったーって言って振れなくなったり、投げれなくなったり。



参考程度に、バットを持っているのは腕です。


ベンチプレスも好きですが、私が1番やってるのは腕立てです。



注意点があります。


35歳過ぎると、腕立て伏せも怪我の元になります。


腰痛、肩痛、ひじ痛と大変です。


私自身、何度もやってやろうと挑戦した結果、怪我で出来なくなりました。


そんな中、最近見つけた怪我をしないトレーニング方法があります。


スロートレーニングです。


書いて字のごとく、ゆっくりとやる。


正しいフォームで大きく可動域を使って、ゆっくりとやる。


3秒かけて曲げて、3秒かけて戻す。

力が入っているときは、なるべく息を吐いてください。

止めているとバチーンと頭痛が来ますから!

万が一、頭痛が来たら、トレーニングはやめて安静に。


10回3セット、セット間のインターバルは30秒でやると筋肉が喜びます。

これを2回やれば、60回の腕立て、さらには体幹まで鍛えられます。


当時は毎日やってましたが、最近の研究では、3日に1回でいいみたいです。



最初はただゆっくりとやる腕立てでいいです。


短い期間で、効果を得たい人はプッシュアップバーがお勧めです。


可動域をさらに広がります。

「プッシュアップバー」を使うと、スタンドインの近道になるやもしれません。


暇のある方は合わせて「打球の飛ばし方」も読んでやってください。

ありがとうございました。



素振りで手首を痛めないために、つけておきたい○○○○○のサポーター。

kage

2018/01/03 (Wed)

スイングが鋭くなればなるほど痛める手首。

パワーが付けばつくほど痛める手首。

練習を頑張ったら、痛めてしまう箇所が手首だと私の経験では思うわけです。


実は軽いバットでも重いバットでも痛めるんです。


軽いバットで鋭く振ると、手首が抜けます。

重いバットで力いっぱい振ると、バットの遠心力で手首が抜けます。


1番手首を痛めない素振りは何か?

試合用のちょうどいい重さでやるというのが、痛めない観点では1番です。

しかし鋭いスイングがしたければ、軽いバットで速筋を鍛えてあげないとスイングは早くなりません。

試合用バットでもある程度までは早く振れるようになりますが、ヘッドを走らせるスイング、しならせるスイングは身につきません。

体に早く振るには、こうだよっていうスピードを教えてあげないといけません。


さてじゃあ重いバットは?


飛ばす力を鍛えます。

ボールを乗せて打つ。

スピードボールに力負けしない力をつけるためにマスコットバットが必要です。

しかし気をつけてください。

この重いバットでのスイングが私の経験では最も怪我をしました。

重たいものを振り回しています。

体への負担は思ったよりも大きいです。

特に振り終わった後の左手です(右バッター仮定)。

ものすごく逆方向へ手首がねじれています。

そのまま抜けてしまい手首の外側が腱鞘炎となります。



練習がしたい。

今年こそは4割打ちたい。

優勝がしたい。

レギュラーを獲りたい。

負けたくない奴がいる。



すべてを叶えるのが素振りの反復です。



そんなあなたの想いとは裏腹に手首が痛い。

くやしい。

俺は努力もろくに出来ないのか?

どれだけ才能がないんだ。



そうじゃない。


怪我をした時こそ、考えてきた私がいます。


もうこれしかない。


これなんです。



マグダビットのサポーターを巻いて練習してください。



いろいろなサポーターを試しました。


主観では、値段、性能、その後の痛みで1番です。

そこまで差はありませんが、マグダビットのこのタイプで十分です。

もっと固めるサポーターも買いましたが、そこまでの差はありませんでした。

あくまで主幹ですが、私は夏に上半身裸で素振りをして、不審者と間違われた経験を持つほどの素振り兄貴です。

その辺の人よりも素振り兄貴だった自負があります。

参考にされても大丈夫かと思います。


「だめよ、あっちに行っちゃ!」


・・・・いやだいじょうぶっすよ、素振りしてるだけですから。

450回目の素振りで、汗だくのおっさんを見たら、どんなお母さんでも子供を近づけたくないと思うのは当然。

今になってそう思います。

マグダビット、手首の痛みに困ってる方は、お試しください。

送料無料、1620円。

整形外科で電気を流すよりはマシです。


打撃の時は○○をつけると手首を痛めない。

kage

2017/10/10 (Tue)

小学2年生が持つカラーバットを取り上げた。

理由は簡単。

私火の玉ボールの音速のスイングスピードを見せてやろうってことだ。


小学生の反応は、とてもいい。

「うおっすっげ~」「神だ」「ハンパねえ」


などなどもっと言ってくれが満載なのだ。


だからこそ見せつける。

おっさんの渾身の一振りを!


カラーバットを握り、一閃!!!



手首、脱臼だ。



MAXで振り抜いた。

体がついてこれなかった。



私はリレーのおっさんと化した。


イモジャージを着て、リレーへ出る。

自分は走れると信じてやまないその走りで、ダイブ。

足がついてこない。

もつれて転ぶ。



最初も書いた通り、子供の反応はいい。


承認欲求のメテオなのだ。


得たいという気持ちが、大人を空回りさせる。



手首を抑えたい。


スーパー痛い。


痛みを我慢しながら、「うわっ、ちょーはえースイングだ」を聞く。


まあなと答える。



じゃあなと去り、木陰に消えた瞬間、手首のマッサージをした。



滑稽な姿だ。



今日、あなたに教えたいことがある。




素振りではサポーターをしよう。



38歳、アラフォー手前は、カラーバットでも痛める。


私のようになるな。



今、湿布をしながらキーボードを打つ手が痛い。


今週試合があるが、もちろん出る。


おっさんは肉離れしても試合をするのだ。


草野球はどんなおっさんも受け入れてくれる。





私はこの経験から、もうちゃんとしよう、そう決めた。


振るときは痛めないようにサポーターをつける。


普段、走ってないなら、リレーには出てはいけない。


お勧めのサポーターはマグダビット。

手首が気になるあなた。


悩みを解消します。


ぜひどうぞ。

送料無料だ!

キミは火の玉になるな!






この記事の続きは「怪我をしても○○を貼って治して草野球へ行こう」です。

良かったら合わせてお読みください。