FC2ブログ

2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

カテゴリ:4割、ホームラン打撃法 の記事リスト(エントリー順)

打球を飛ばす打ち方&考え方

kage

2018/09/21 (Fri)

「監督にこうした方がいいと言われて、スイングを修正したら打てなくなりました」


こういうことって多々あります。

少し難しい話をします。

でもついてきてください。

打撃をするうえで大切な考え方になります。

逆にこれがないと一生2割バッターです。



あなたはあなたのスイングを「なぜこのフォームで打つのか」という説明が出来ますか?

何も考えずに振っていると「ダメなスイング」になります。


火の玉はバットの先端から足のつま先まで、なぜこの動きをするのかを説明できます。


コンディションに合わせてスイングも変えます。

そこまでやって、草野球Dクラス年間4割程度しか打てません。


簡単に例を出します。


私は足をあげて打ちます。

上げて打ちますが、上げた足は地面から20cm程度しかあげてません。

軸足がブレるからです。

もう少し走り込みが出来たら、軸がブレなくなるので、高くあげたい。

でも今は20cm程度が筋力と相談した結果です。

高く上げたいのは打球が飛ぶからです。

足をあげて反動をつけたほうが飛びます。


足をあげる理由はまだあります。

タイミングが取りやすい。

シンクロ打法をしています。

投手の動きに合わせてこちらも動くことによって、タイミングが合うという打ち方です。


投手が足をあげるタイミングで私も足をあげます。

投げる手に合わせて踏み込みを始めます。

来るボールに合わせてスイング。


これが好調時のフォームです。


最近、走ってないなというときは、足は上げずにすり足で打ちます。

軸足が絶えれなくて、スイングで足がつってしまうからです。

どんだけ下半身、弱いねんと高校生が読んだら思うでしょう。

でも待ってなさい。

キミにもいつかその日は来る。



セカンドフライ、三振、コールド負けで三打席目なしというドンマイな結果を出して気がつくんです。


練習は裏切らないという言葉の意味を!


ダッシュからやり直しているおっさんが私です。

考えた理想のスイングが出来る体でなければ、勝てないってことです。



私の話は置いておいて、「足をあげる」という項目ひとつで、これだけの理論詰めをするんです。

これをヘッドの角度からつま先の着地まで、こうこうこうだから、こう打っていると説明できるフォームで打ってほしいんです。


そうすることで、監督からのアドバイスが必要なものか不要なものか見極めができます。










人は自分の脳に質問をすると答えを探す機能がある・・・









どうしたら打てるのか?

どうしたら、もっと遠くへ飛ばせるのか?

この質問は、自分の頭に向かって、気がついた時に何度もしておいてください。

それだけで脳は何かしら探してくれます。

脳が見つけた打ち方を試してください。



脳の仕組みを簡単に説明します。

クラスで「昨日見たドラマの芸能人、あの人、名前なんだっけ?」と質問をされたあなた。

「わからない。誰だっけ?まあいいか、誰でも・・・で、その人がなに?。。。」って話が続いた経験はないでしょうか?

夜になって風呂で、「あっ!思い出した!戸田恵梨香だ」と思い出す。

これが脳は意地でも答えを探すメカニズムです。

あなたが考えるのをやめても、脳はずーーーーーっと探す。

あなたの記憶、目に入る情報を掘り起こして探す。

見つかると伝令を送る仕組みです。


だからこそ、自分が解決したい問題があったなら、投げかけておくことをお勧めします。


ひらめいたら、すぐにそのアイディアを書き残しておく。

書いておかないとまた忘れます。

成功者は常にボールペンとメモ帳を持ち歩く。

それはひらめきを残すためです。


残さないとどうなるか?


次の日、学校で、「昨日の芸能人、わかったぞ、あれ・・・・ええっと・・・誰だっけ」となります。

くだらないことはそれで構いません。

自分の投げかけた問題ならば、せっかくひらめいたのに、もったいないです。


ボールペンと紙は持ち歩きましょう。









アドバイス通りやっても最初は上手く行かない・・・








監督限らず、他人に言われて、必要と感じて取り組んだ場合、言っておきたいのが最初は上手く行かないってことです。


バットの重さを変えたら、打てないでしょ?

自分のスイングが出来ませんからね。


軽すぎてもダメ。

重すぎてもダメ。


ちょうどいいスイングができる重さです。


フォームも一緒です。


まずはちょうどいい状態に体と筋力を合わせる時間が必要です。


素振りを5000スイングです。

これで草野球レベルは行けます。

3日に1回50回で構いません。

来年の春には使えるでしょう!


今回の質問は息子さんでした。

毎日100~200で2か月で身に付きます。









ボールを飛ばす打ち方・・・








これが知りたいですよね?



外野ノックをぶっ放す時を思い出してください。


打ち上げたいのでアッパースイング。


さらに、ボールを前でとらえていませんか?


腕が伸び切るところでポーンとあげると外野フライになる。


外野フライを打ったことない人はロングティーで想像してください。


体の前にトスしてもらって、打ち上げた方が飛びます。


力が1番伝わります。


ただスライダーやチェンジアップがあるから、ミートポイントを後ろにしている人が多いです。


実際に右バッターがインコースをレフトスタンドに飛ばすのが1番飛ぶのは、詰まらないように体の前でとらえているからです。


だから前でさばくと飛ぶんです。


同時にこの前で打った時が「ボールを押し込んで打つ」になります。

後ろでとらえて押し込もうとすると、ただ詰まったフライになるだけです。


または「ボールをバットに乗せる」と言う表現も体の前で弾く打ち方です。



実際、押し込むや乗せるなんて気持ちの問題で、ボールは当たった瞬間に飛んで行っちゃいます。

押し込むも乗せるも出来てません。

そう見えるだけです。



でもその表現の打ち方「押し込む」「乗せる」という打ち方をすると、びっくりするぐらい飛ぶんです。


だから私は1撃サラマンダーを狙うときだけインコースをよだれ垂らして待ち、来た瞬間、前で一閃します。


もちろん早めにポイントを決めて振るので、スライダーが来れば空振りです。



前でとらえれば飛びます。

でも空振りも増えます。


個人的には腕が伸び切るもう少し後ろでホームランが打てるように鍛えたいです。




最後に注意点です。


それでもホームランが打ちたくて前でとらえる素振りを始めた人へ。

肘が伸び切るところでバットのヘッドの負荷がかかります。

いきなりたくさんやると、ひじを痛めます。

普段は、普通の素振り練習をしておいて、試合でボール1個前でとらえることをお勧めします。


ちなみに前さばきサラマンダーが、成功したのは草野球歴20年で3度だけです。

ただ成功した時の弾丸ライナーで突き刺す1撃は、もはや癖になります。


相手センターが1度前に来て、焦って後ろに下がる。

打球と人の走るスピードが全く合わない打球スピード。

1度はレフトスタンドに突き刺しました。

ジョンカビラだったらエクセレントッ!と叫んでしまうような1撃です。

投手が膝をついた瞬間を始めてみました。

4番として心を折った1発は、前さばきサラマンダーが発動した時です。

どうぞお試しください。


その時、使っていたバットがビヨンドキング85cm780gです。

こいつの力もありました。

とんでもない飛び道具です。


今はさらに進化して登場しています。

同じスペックを広告に載せておきます。





この打ち方ですが、私個人がぶっ放した1例です。

あくまでも、草野球レベル(もしくは少年野球レベル)でのお話です。

野球を知らない方が、今よりも少しだけ理解して、よくするために簡単に説明しています。

ボールを乗せる、押し込むには、まだまだ深い知識が必要だと承知の上で初心者の入口程度に書いてます。

ご理解、ご了承の方よろしくお願いいたします。

上の投手と対戦する方は、華麗にスルーしておいてください。

ご自分で問いかけて最高のスイングで勝負していくことをお勧めします。





一緒に、こいつで夢の1発、サラマンダーを打ちませんか?




初心者でも1試合1本ヒットが打てる打ち方。

kage

2018/09/03 (Mon)

草野球ならば打てます。

1年ぶりに野球に行って、1安打完封を喰らいました。

その1安打は私です。

バットは1年振っていません。

でも打てるんです。



やり方は簡単です。



1、センターを狙う。

これは狙うだけ。センターを狙って振ればいい。インコースでもアウトコースでもバットをセンターへ返す振り方です。



2、6割の力で振り、芯に当てるだけでいい。

力むという言葉があります。力むとバットの軌道がずれるんです。だから6割のスイングでボールに合わせてあげる。



3、打席にたった時に、靴半分ベースから離れて立つ。

この3番目が今回新しい知識です。私が考えて気がついちゃった打ち方です。

1と2はいつも書いてきました。

そこにプラスして3。

ベースから靴半分離れるんです。

そうするとどうなりますか?



投手が投げてくるインコースのボールが、甘くなります。

投手はベースギリギリを狙って投げます。

捕手もベースギリギリに構えます。

でもあなたは靴半分離れてる。

だからこれはバッテリーが正解のボールなのに、失投になってしまうんです。


靴半分と答えたのも理由があります。


ボール半分中に入るだけで、ホームランになるのが野球なんです。


プロ野球でも生き残る投手と引退する投手の差はボール半分のコントロールと言われています。


そこをあなたがトラップを仕掛けるだけで、勝てる!



じゃあアウトコースはどうするんですか?


多少ボールでも振りに行けばファールぐらいにはなりませんか?

見逃し三振でもいいんです。


大事なポイントをご説明します。



アウトコースを振りに行っていれば、必ずインコースに来ます!


どんな頭のいい捕手でも、1球ぐらいインコースを見せないとって思ってます。


だから1試合の間に、あなたが仕掛けたインコーストラップに3球は来るんです。


良いピッチャーであればあるほどコントロールがいいので、見事にきます。




それを確実にセンターにパチンと当てることが出来れば打てます。

お試しください。


ちなみに狙うだけです。

私の1本はレフト線に抜ける2ベースでした。


バットをセンターに向ける意識だけでボールがフェアゾーンに入ってくれます。


せっかくいい当たりしてもファールでは意味がないですから、センターを意識してヒットを打ってください。


出来たらバットはビヨンドマックスで打てばさらに確率が上がります。



チャンスで打つ考え方。

kage

2018/06/14 (Thu)

中学補欠で終わった私です。

高校はセレクションを受けてスポーツ推薦で入りました。


(なんだ、火の玉さん、補欠とはいえ強いチームで出れなかっただけで実力があったんじゃないですか?!やっぱりあんたは俺たち初心者の気持ちなんてわからない人なんだよ!)


いやいや、まあ引き続き読んでみてください。下手くそですから(笑)



体力テストを終えて面接ではこう言いました。





面接官「中学時代の成績を教えてください」

私「はい!地区新人体育大会優勝、3郡市大会優勝、地区総合体育大会優勝、県総合体育大会ベスト16で終わりました!」

面接官「で、出場は?」

「・・・・・」

「・・・・・・」

「出場しましたか?・・・・」


(ここは精一杯アピールしなければ・・・)

私は最高最大に自分を良く見せる背伸びコメントをしてみた。



私「はい、出てません。しかしブルペンで2度ほど準備しておけと言われました」



面接官「・・・・・うん・・・・じゃあ練習試合では投げていたのかな?」

私「はい、練習試合では主にリリーフで投げてました。失点はしたことがありません!」

もちろん弱い相手にだけ投げていただけというのは内緒である。

先発、2番手を休ませてやろう要因で投げていたのも内緒だ。

でも安心してほしい。

それは入学1か月でバレた。


結局「やってみなさい」で何一つ、出来なくて下手くそ。体、パフォーマンスにおいて、はったりは使えないのだ!



こんな私がなぜ受かったのか?



それは簡単です。



地元の私立弱小高校を受けただけです。

セレクションは10人受けました。

10人合格!

おそらく私は、全員取る予定の弱小高校に、10番目の成績で滑りこみ合格しただけである。

入学3か月で1年生での実力者はどんどん使われていく。

夏の大会6人の1年生がベンチ入りしました。


私はと言えば、2,3回リリーフで投げた程度。

ベンチ入り出来ず。



でも人間はわからないものです。

そのまま卒業時まで10番目だったかと言われれば違うんです。



高校3年生の成績は3割8分で3本のホームランを打ちました。

ここは練習試合の相手も弱小に合わせた弱いチームですので参考記録になります。


チームでは3番打者としてチャンスに強い打者になったのです。

人の伸びしろ、どこまで成長するかなんて誰にもわかりません。



人それぞれ、どこかのタイミングで認められ、信頼され、期待される。


そんな瞬間に、自分で考え成長していくのかなと思います。





話はそれますが、仕事において、プレゼンテーションが私の武器です。

話し方、資料の出し方に至るまで、天職だと思えるぐらいに結果がついてきます。

全国1万人以上が働く企業のプレゼン大会、チーム数は3000チームを越えます。

その中で関東大会、全国大会、本社大会、世界大会まで大きな大会で、毎回突破している私たちチームのプレゼン。

もちろんスタッフにも恵まれています。

その中で私の役割がプレゼンター。


きっかけがあります。


課内の予選で一通りプレゼンが終わった後です。

審査する上司がこう言いました。


「火の玉、お前、、、話し方が上手いな~(笑)。いや資料に対してのコメントもしなきゃいけないんだけど、話し方が抜群って感想しかなくてびっくりだよ(笑)」



えっ?おれ、話し方がうまいのか・・・・。



その後、プレゼンをするたびに、「いや、うまいな~。ネタが伴ったら、世界に行っちゃうんじゃないの(笑)」なんて言われるようになった。



何かの話で人間の思考が4パターンあると知りました。

1、自分と他人が知っている自分。
2、自分だけ知っていて他人が知らない自分。
3、自分も他人も知らない自分。
4、自分が知らなくて他人が知っている自分。



私の4番目の項目がプレゼンだったのです。


もしもこれを高校時代に知ることが出来たなら、全校生徒をだまして、生徒会長戦に出ていたと思います(笑)



そうやって誰にでもある眠る才能がある。


その才能に対して、開花することなく終わる人がほとんどです。


私は自分の子供、まわりにいる後輩、他人に対して、出会えて良かったと言ってもらえるポジティブな言葉を贈り続けたい。


お世辞や嘘ではなくて、率直に思った良いところ伝えてあげるってことです。





話を戻します。



中学、高校の監督に言われた言葉があります。


「スイングがきれいだな、お前、良いスイングをしてるよ」



だから打撃が武器になったんです。

それだけなんです。

あとは、振り込んだだけ。

そうしたら3番打者として使ってもらえるまでになったのです。


ここからは質問にあったチャンスに強い考え方です。

過去記事で見つけましたので、暇な方は読んでみてください。

こちらです→「チャンスで打つ方法」

素振りしても打てない人へ

kage

2018/05/04 (Fri)

振っても振っても打てない。

手が痛くなるだけ。

自分には才能のかけらすらない。






昔、こんなことを言われたことがあります。


火の玉さんの言う通り、素振りを500回1週間やりました。

でも打てません。

なぜですか?



確かに振れば打てると書いたのことを覚えています。

だまされたと思って、今日から振り始めてくださいと。

で、始めた。

結果が出ない。



私は入口に入れただけです。


打てる人は例外なくバットを振り込んでいます。

県トップのチームや大番狂わせをするチームは、1日1000回2年半やって夏の甲子園を目指します。

この1000回が全体練習のメニューで、そのほかに自主練で振っているわけです。

プロになれば2000回と聞いたことがあります。

その他に松井秀喜は、みんなが飲み会に言っている間も飲みには行かずに一人ベランダで振っていた。



500回1週間で打てないなら、1000回やればいい。



圧倒的な量の中に1滴の質が生まれる。


そう教わりました。



そんな私もドラフトにはかかりません(笑)

でも草野球では、警戒される打者程度にはなれました。


草野球でクリンナップを打ちたかったら、私ぐらいは振ってみてください。

半年もあれば素人が3割打者です。




「今日は素振りをしてるのに打てない人へです。」



回数を振れるようになったあなた。


手の皮が厚くなり、準備は整いました。



やることは簡単。




強烈なイメージです!



見たこともないスライダーをイメージして弾き返してください。

ハンパのないストレートをイメージして振り抜いてください。

自分が打てなかった投手のボールをイメージして振ってください。


投手との対戦経験が1日1000回となるようにすればいいです。




羽生選手は、強烈なイメージをすると聞いたことがあります。

4回転ジャンプを見て、自分が飛ぶイメージをして、飛んだら1発で成功なんて化け物話まであるぐらい。



最高峰の選手がイメージをやっているのなら、凡人の私たちは、もっとやった方がいいことがわかります。


しっかりと投手が投げてくるイメージをして、打ち返す素振りをしてみてください。

経験者が素振りをするときって、投手をイメージして打つってごくごく当たり前の話です。

しかし初心者は、やみくもに振っている人が多いのです。


やべえ、おれ、やみくもだったと思った方は今日から変われます。


まずは100回、200回振っても、水ぶくれが出来ない手を作るために、振りまくってください。

満足のいく練習が出来る体が出来ていての質です。

よいゴールデンウイークをお過ごしください。