fc2ブログ

2021 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 11

カテゴリ:一瞬でいい投手になれる方法 の記事リスト(エントリー順)

スピードボールがなくても抑えられるボールがある。

kage

2021/10/10 (Sun)

いやむしろスピードだけだと打たれるんです。

もちろん130キロとか出てたら別ですよ?

110キロ~120キロで草野球では速球派な若手に向けてです。

100キロでコントロール重視したほうが打たれない現実があります。

なぜならビヨンドマックスという当てるだけでチート機能を発動する魔法剣があるからです。

タイミングを合わされたら終わりというゲーム。

ボールが来た・・・合わせてAボタンを押すだけという簡単さでヒットをたった5万円で買えるバットがある。

その5万が決して高くないんだよ。

正直1回買ったら一生壊れない。

草野球でしょ?

月に4,5回試合と練習で打つ回数はやっても数100回。

バッティングセンターで使って折れたって言う例は聞きますけど、それも数件。

5万で買ったら、練習してなくても10年間いつでもヒットが打てる。

私が証拠です。

年2回になっても、軽々ヒットを量産して帰ります。

打てない日がない。


おおっと、いけない。今日は投手記事でした。


でももう少し投手不利なことを書きます。

ボールも飛ぶようになってるんです。

Aクラスの投手が凄すぎて点を取られないらしい。

だいたいの試合が1対0。

ランナー三塁で叩きつけてエンドランで点を取る。そんな試合ばかりだから打者有利にしようって始まった。


私たち下のリーグはそんなこともない。

クソ投手ばかりでセカンドライトはファミスタ初期設定レベル。

ガンガン点が入ってるのに、さらに打たれる始末となった。


ビヨンドマックスはチート性能を上げていく。

ボールも飛ぶ。

さあ投手の皆さん、どうしましょうか?






それでもおもしろいぐらい抑えられるボールがある








これ前人未到の地なので科学的根拠はありません。

自分が色々な投手にやらせて実験して確信した機能です。

狙ったところに投げられるコントロールはデフォルトで持っている投手じゃないとだめですよ。

ちゃんとコントロールしなくていい。

インコースとアウトコースに投げ分けられる程度でいいです。

そのデフォルトを持ったうえで2点あるので紹介します。



1,ツーシームやフォーシーム、クソ握りを使い分けろ!



今のボールって空気抵抗を感じるように設計されています。

打った後、空気抵抗で風に乗ってボールが飛び仕組みです。

空気抵抗を感じるってことは、ボールの山がしっかりある。

ということは変化球はかかりやすい。

落ちたり曲げたりすることは、昔よりも簡単なんです。


ちなみにここでは草野球。曲がらなくてもいいと書いておきましょう!



ただツーシームの握りで投げる。

ただフォーシームの握りで投げる。

クソ握りで投げる。

同じストレートですが、実は同じ腕の振りなのにスピードが全く変わるんです。

上手くいけば、打者の手元で少しだけ変化してくれます。


これが打者が使うチート機能を外すカギです!


当てるだけっていっても、しっかりミートできなきゃ全部サードごろとショートゴロになるんです。

当てる瞬間に少しだけ変化させるのは有効なんです。

しかも打者もキャッチャーも気づかないレベルの変化だから、なぜ打てないかわからない。

キャッチャーも少しの変化だから、なんなく取れます。


分類としては、クセ球って言われます。

クセ球の投手は自分で意識してクセ球を投げていない。

そこを意識して投げろって話です。


同じ打者に同じボールを投げるから打たれる!



変えればいい。



2,もう一つの秘策は、ボールの離し方を変える。


ほんと、これ動画で説明したい(笑)

有効ですから覚えて帰ってください。

いつもは打者に対して、真っすぐ指を切ると思うんです。

そうじゃなくて、最後に左に切ってカーブ回転にする。

右に切ってシュート回転させる。

この2種類を使い分けてください。

クセ球の人は、これを読んで、あーっと思ったかもしれません。

色んなボールの離し方やってますよね(笑)

それをきれいなストレートって直された経験があるはずです。

直さなくていい。これも意識してやればいいんです。


もう同じストレートでも5種類、出来ました。

それぞれが違う変化して打者を狂わせます。


どうにも抑えられない打者も、これでピッチャーゴロです。


今日はここまでです。


私自身もインコース、アウトコースに投げ分けられるコントロールが戻れば、すぐに投手復帰です。

スピードはいらない。

これで甲子園経験者も抑えてきました。

ちょっと出すぎました(笑)

あの頃は120キロ出てたな。。。。

今は100キロ程度のアンダースロー投手です。

それでも草野球3回戦までいけるでしょう!


ではまた次回お待ちください。

一応、スーパーチートバットを載せておきます。反則です。しかし合法。








投手がまず狙うコースがアウトコース。

kage

2019/08/17 (Sat)

中学、高校と投手をやってきたけど、たいした投手じゃなかった。

中学は3番手投手。

言ったら敗戦処理。

または疲れがある1軍投手陣を休ませる役目だ。


高校でも投手がやりたかった。

結果は2番手投手。

エースにはなれなかった。


アンダースローで球速100前後。

遅いボールは打たれまくった。

スタンドにも運ばれた。

コントロールが大事なことはわかっていた。



でもね。


本当のコントロールってもんを知ったのは社会人になってから。


高校までは、真ん中を目がけて投げて左右に散ってくれ程度のコントロールしか持ち合わせていない。

でも高校時代、四球を出さない私が受けた評価は「コントロールが良い」だった。


これが間違いの始まりだったんです。



コントロールが良いのに打たれるのはなぜか?


それは球速が遅いからという結論をつけた。

もちろんチームメイト、監督までも「速いボールが投げれればな」とよく言われた。


私は筋トレ、走り込みとボールを速くするためのトレーニングを積んだのだ。


その成果もあって、社会人になるころには120キロほど出るようになった・・・・








あれ?速いのに、なぜ打たれるんだ?







華々しい草野球デビューをした。

高校野球あがりの私は化け物だった。

デビュー戦、満塁ホームランから始まり、次の試合は逆転サヨナラ3ラン、その次は先頭打者初球ホームラン。


凄い奴が入ってきた。


しかし、たいしたことではない。

今まで120キロ前後のボールで勝負してきた高校野球。

草野球は100キロのボール。打つのは簡単だった。


レフトから守り、次はショート、次はサードとだんだんと重要なポジションに変わる。


肩の強さも草野球には、まずいない強肩で投げていた。

高校野球なら普通レベルです。

でも草野球では、立派な強肩。

もちろん投手デビューが決まる。



打者のレベルだって、1番から9番まで振れてる人しかいない高校野球と違って、振れてない人の方が多い。

球速は120キロ。


バットに、かすらせない自信があった。



でも結果は違ったのだ。



高校時代と変わらず、打たれまくった。


おもしろいように、振れてないおじさんに弾き返された。

外野の頭を越えていく長打を打たれながらパニックになった。

なぜ打たれる?・・・・









スピードがなくても勝負していけるコースこそ、アウトコースだった。









そこでわかったことがある。

バッティングセンターを思い出してほしい。

単調なリズムでボールはだいたい同じところを通る。

なんとなくバットをそのあたりに出すとカキーンと打ててしまうのがバッティングセンター。

これは130キロだろうが140キロだろうが同じなんです。


速めにタイミングを取って、だいたいその辺にバットを出すと当たる。


私はそのバッティングセンターの機械と同じことをやっていたんです。

コントロールが良すぎて、いつも真ん中らへんにボールが行っていた。

しかも早ければ打たれないという思い込みがあったため、打たれるたびに「もっと速く、もっと速く」と腕を振り抜く。

しかし筋肉の構造上、現在の私は120キロ付近がMAXとなる。

そのタイミングでバットを出されたら、当たってしまうのだ。


そこで初めて気がついた。


打たれまくったせいで、試合は負け決定。


ならばそのまま帰るわけにはいかない。


おっさんたちと私の差は天と地ほど離れている。

抑えて当然の打者しかいない。

高校時代は相手が上ってことで片付いた。

しかし今は、格下のザクに打たれている現実。

原因がある。

自分は大きな勘違いをしている。

それを探さないと帰れない。



冷静にキャッチャーのミットを見た。

アウトコースぎりぎりを構えている。

そこに投げてみよう。


ストライクっ!


打者が見送った。


今まで迷いなく振り切ってきたザクが見送った。


もう1度。キャッチャーが構えるアウトコースギリギリへ。


球速は狙っているので110キロには落ちている。

はっきり言って120キロのえぐられたボールよりは絶好球なはずだ。

しかしまたしても打者は見送った。



3球目もアウトコースへ。


ガコっ、、、、ショートゴロ。

一瞬何が起こったのかわからない。

120キロのスーパーショットは打たれて、110キロの棒球が打たれないのだから。








コースを突くってことがめちゃめちゃ大事







今までは、打たれたのは自分の力が足りないからと思っていた。

それは相手が同等か格上だったから。

格下にも打たれて気がついたんです。

根本的に間違っていた。

コーナーをしっかりつくってことが丁寧に投げるって意味なんです。

時には力で抑え込むことも重要でしょう。

でもその力いっぱいも真ん中に入れば打たれます。

やっぱりアウトコースいっぱいに投げ込めることが大事。


格下のおじさんに打たれることで分かった事実です。



力の前にアウトコースにいつでも投げ込める技術を磨いてみてください。

あなたの草野球勝率は一気に上がるでしょう。

ありがとうございました。


相手がいない場合、こんなもんでも使って、アウトコースにだけ狙って投げていく練習をしてみてもいいかと思います。


野球でコントロールは、ある1か所に投げれれば十分。

kage

2019/08/15 (Thu)

草野球で投手をしている、おっさんたちへ。

四球さえ出さなければ、5点以内に抑えれる事実を知ってますか?

軟式野球の話ではありません。

草野球ですのでご理解の上、お読みください。

1000試合以上、草野球を見てきた私の経験です。

失点の原因はエラーではない。

四球です。

私の中では四球は投手のエラー!

出した時点で謝ってほしい。


今日は四球を出さないための練習法を紹介します。



1か所だけ確実に投げられるように練習するべし!


投げられるようになってほしい1か所とは、アウトコースです!


ストライクゾーンを9か所に分けているけど、草野球から始めたおっさんには無理です。

じゃあ簡単に高め低めとかいらないから、アウトコースでストライクが取れるように練習すればいい。


これだけで無四球5失点のピッチャーになれます。

Dクラスなら地区ベスト4に入れます。

Cクラスでも上手く行けば地区ベスト4に行けます。

ここまで勝てれば、だいぶ楽しく野球が出来ますから、アウトコースに投げれるよう練習してください。

わかりやすい商品を広告に載せます。

私はイメージでやってもいいかと思いますが、こんなもんでもあれば、よりやりやすいです。





これの1,4,7に当てられるようになればOK。

いつでも1か4か7に通せるようにやるだけです。

草野球はほとんどが右バッター。

だから1と4と7番でいい。

左バッターが来たら、インコースになりますが、そのまま1,4,7へ投げ込んでください。

それでもあまり打たれません。



やっているのは草野球です。

コントロールに関してむずかしく考えなくていい。

実際に私が、このアウトコースだけで地区優勝は出来ました。

1番大事なのは四球を出さないことです。


打たれていい。


真ん中でも打ち損じます。

でも真ん中よりになればなるほど、打たれる確率が上がるんです。

だからなるべくバッターから遠くに投げる。

目から遠い方が打ち損じが増えます。

私を含めて、普段はお酒を飲んで、二日酔いで来ている人たちばかりです。

アウトコースだけしっかりと投げれていれば大丈夫です。


私がバッターだとしても、90キロのボールで投げらてもライト前に1本打てるか打てないかです。

夜のバットばかり振り回してる人が多いのが草野球。

まともにスイングしてくる人自体、実は少ない。

またまた私を含めてですが、カラオケやビリヤード、ダーツと同じ感覚で草野球ですから、コントロールはアウトコースに投げれれば合格です。


ダマされたと思って1,4,7にいつでも投げれるように練習して、投手デビューしてみてください。


もちろんフォームも気にすることない。

1、4、7へ行けば、砲丸投げでもいいですよ(笑)


そんなんで完投してるピッチャーを何人も知ってます。

ありがとうございました。





コントロールが悪い。ストライクが入らない人が入る投げ方

kage

2018/09/06 (Thu)

コントロールってむずかしくて、なかなかストライクが投げれません。

日によってはデッドボール3つの大乱調なんてことも・・・。

調子がいい日はスパスパ入るのに、なぜダメな日があるんだろう。



そんな不安がある中で今週先発なあなたに、最高のだまし・・・いや情報をお届けしたく参上しました。



このだまし・・・いや調整をしてるのは私だけかなって思っていたのですが、意外とやってる人が多い方法です。




コンディションはその日に投げてみないとわかりません。

今日は良いなってなればそのままでいい。

あれ?おかしいぞって時に、どこを変えて「良い状態」にするか。

またはブルペンでは良かった。

でもマウンドに上がったらダメになったということも多々あります。



そういう時にどうするか?を教えます。



リリースポイントを1cmずらすんです!




コントロールって8割が指先です。

ボールの離し方なんです。

調子がいい時は、それが狂いなく出来ていると思ってください。

調子が悪い時は、それがバラバラになる。

もちろん自分では同じつもりです。

しかし狂っているんです。



バッティングセンターで高め、低め設定する時、機械はどう動いているか考えたことはありますか?

機械がボールを離す位置を調整するんです。

ただそれだけ。



私たち人間は機械ほど精密に出来ません。

感覚の動物です。

動かすのは1mmでもいいと思ってます。



私の経験上ですと、1cm。

動かしても3cmです。

動かし方は自由です。

1cm前で離すもよし。

1cmだけ横にしてもよし。

試合の中でストライクが入るポイントを探すんです。


狙ったところに行く場所が見つかったらそこで試合を作って行けばいい。



でも簡単ではありません。


イニングをまたぐだけで、また入らなくなりますから(笑)



調子が悪い日はずれまくりです。


離す位置を動かしても、修正不能は日はもあるかもしれません。

ですが私はこの方法で、ほとんどの試合をしのげています。




以前、8四球で試合を壊したという話をしました。

あの時は「1cmずらし」を忘れてやりませんでした。

ただただキャッチャーミットを狙って投げて、なんで?なんで?どうしよう?ってなってしまったんです。


こうやって質問されると方法を思い出すというドンマイな結果です(笑)




投手の立ち上がりが悪いってよく聞くじゃないですか?


あれって1cmずらしみたいなことをして、皆さん「ここで勝負しよう」みたいなポイント探しているからなることじゃないかと思われます。

投げているうちに肩が温まるって考えは少し違います。

だったら早めにアップしておけばいい話です。


そうではなく、マウンドに上がらないとわからないんです。


上がってから調整する時間が「立ち上がり」ってことになるのかなと個人的に思ってます。



ストライクが入らない。


そんな時は離すポイントを1cmづつずらして、入るところを探してみてください。

カーブの簡単コントロールのつけ方

kage

2018/08/04 (Sat)

変化球のコントロールって実は簡単なんです。

ストレートほどしっかりとコースにつけなくていいからです。

変化球はタイミングを外すボールです。

打者があっとなれば、ど真ん中でも空振りします。


むしろストライクからボール球にすることが多いため、おおざっぱにこの辺って感じで狙えばいいです。


カウントを取りたい時の変化球がカーブになります。


4番に対しての初球カーブ。

もしくは打たれた打者に対しての初球、2球目の連続カーブ。


ここで外すことにより、ストレートが行きます。


カーブがあるって思わせることで打者が迷います。


基本は追い込んだらボールになる変化球です。


出来るだけストレートで追い込みたい。

しかしそれだと打たれてしまうとき、カーブでカウントを取るんです。


とりあえず、初球や2球目のカウントが浅い時の打者は、ほとんどがストレートを狙っています。



だから結果、ど真ん中でも振らない!




万が一、読まれていた場合は打たれますが、草野球レベルではほとんどありません。



このカーブが外れてしまうととても苦しい。


軌道を見られた上に、カウントが振りなわけですから、打者からしたら、まだまだ見送れる。

とても楽です。




確実にストライクを取るカーブの投げ方。



簡単です。



オーバースローなら打者の肩を狙って投げてください。


サイドスローなら打者の腰です。


思いっきり打者にぶつけやろうって思って投げます。


そうすると、そこから曲がって「ストライク」です。


設定は右打者、右投手ですからね(笑)


草野球サイトです。


ほとんどが右打者、右ピッチャーってことでご理解ください。



相手打者を睨みつけて、そのままぶつけるつもりで腕をすると、気迫まで出ます。


絶対にストレートだと思います。


からの・・・あれ?カーブ?そして見送る。



打者の目を見たり見なかったりして投げると、さらに打者が迷います。


打席では迷いなく振りぬかれるのが1番恐いんです。


だから考えさせるような投球と配球で打者を抑えましょう。


今日もあなたの一助となることを願って終わります。