2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:一瞬でいい投手になれる方法 の記事リスト(エントリー順)

いいキャッチャーのリード、配球2

kage

2017/04/01 (Sat)

最近、将棋にハマっており、上達のために勉強すると序盤と中盤と終盤それぞれ指し手の優先順位が違うことを学びました。

ちょっと上のレベルの野球だと同じように序中終盤それぞれ攻撃や守備で優先するポイントがあったりするのでしょうか?

よろしければご教示頂けると幸いです。







火の玉至極のメッセージ・・・






今日も初心者がわからない野球の常識を書きます。

野球人にとっては何ら変哲のない話でも初心者には目からウロコなんてことがよくございます。



簡単に書いていきます。



序盤3点以内。

5回まで3点以内が先発の役目。

草野球は7回までですから、4回3失点が目標になります。

自責点とかエラーとかくだらない表現はなしです。

人のせいにしても何にもなりません。

エラー含めて3失点。

守備もこれを目指しましょう。


されど草野球です。

失点が多いです。


なので2点差で折り返せればいい。


草野球C,Dクラスまたは3部、4部レベルなら、リードしてるのが1番ですが、2点差で5回を迎えれば序盤はいいんじゃないでしょうか。



なのでそんな守り方でいい。



ランナー3塁でセカンドホーム悪送球するよりも勝っていればランナーをあきらめてファーストでアウト。

セカンド草野球の初心者を仮定しています。

ちゃんとしたセカンドなら前進守備で守ってください。




そんな風にいろいろな戦術があります。



むずかしい話は置いておいて、やっぱりピッチャーですよ。






「いいキャッチャーのリード配球2」とでも名付けましょう。



序盤と中盤で配球を変える。

もしくは中盤用の別タイプの交代投手を用意する。




打者って前の打席の情報をインプットして次の打席に備えます。

例えば1打席目にストレートとカーブを見たとする。

そうするとそれにはタイミングが合うんですね。


インコースを見たら、インコースを打つタイミングは出来ていると思っていい。



序盤の抑え方として、なるべく情報を与えずに抑えるってことが大事なんです。



凄く簡単に言えば、第1打席、アウトコースのストレートだけで抑えるなんてことが出来ればいい。


私が20代前半のバリバリだった頃は、1巡目はストレートだけしか使いませんでした。

コースだけを狙った手を抜いたストレートで追い込んで、全力のストレートで三振を狙う。


情報はストレートだけなので2巡目からカーブが効くんです。


これは何度対戦しても一緒。


目を慣れさせない。



序盤はどうせストレートだろ?って思ったところにカーブはキャッチャーの腕です。


打者心理を読み取って、2球ぐらい使ってやることも必要です。



私の場合ですが、中盤でカーブで三振を取りに行く。

初球に序盤三振を取っていた全力ストレートを見せる。



もちろん早打ちで見ていないバッターに対しては抜いたストレートになる。


野球は深いです。



終盤になんとシンカー。



シンカーを初球で使うと打者は簡単に見逃すんです。


そうです。見たことがないから。



うっ・・・ってさせたらど真ん中でも打者は見送ります。




さらにうちのキャッチャーは頭が良かった。



配球を変えてしまうんです。


三振を取っていたカーブのはずが、初球カーブでストライクを取る。



打者が裏目裏目に出るように投げて行く。




こんな難しいこと出来ねえよって思った人・・・だから捕まるんですよ




だから終盤に代えられちゃうんです。



完投したかったら、こういうことはデフォルトです。



プロを見てください。


最高峰だから、投手が7種類近くの球種を持っています。


見てるとわかるんですが、1打席の中で2球として同じ球種が来ない。

1回見せたら終了。

もうそのボールは使わないなんてのが当たり前です。


えっ?スライダーとか30球以上投げてるじゃん?


同じスライダーではないんです。


曲がりが大きかったり、小さかったり、スピードが変わっていたり、もう最高峰の技術です。


ボールと思って見送ったら曲がりが小さくてストライク。

打てると思ったらさらに曲がって空振り。

横に曲がる。
縦に曲がる。


スライダーひとつでこれだけの種類があります。



私たちはそこまで出来ない。


だから河川敷で野球をしています。


しかし勝ちたいですね?



だったら私が書いたことぐらい完投する投手はデフォルトでやっています。



捕まらないように、打者がタイミングを合わせているだろう場所、球種は2度と投げない。


常に打者が見たこともないボールで勝負する。


見たとしても迷わせる。



次は何が来るんだ。






去年は準決勝で負けました。


最終回です。


絶対打てる自信があった。


この投手にもう引き出しはないと思ったからです。


初球・・・ストレート。



はいもらった!



と思ったら落ちた。



そのままボールの上を叩き、ボテゴロのピッチャーゴロ。


この投手は1失点完投。



前回の対戦ではは3対2で勝利していただけに油断でした。


3番の私に対して見事な配球。

してやったりの投球に脱帽した試合です。


丁寧に自分の得意コースを待たなければいけなかった。



こんな風に、どの投手も最後まで見せないボールを持っていたりする。

負けた後に覚えたのかもしれません。



打者に合わされない投球。


ここはキャッチャーの腕次第かもしれません。


第二の監督とも言われてますからね。


そうやって考えて考えて考えて投球すればエラー含めて4失点ぐらいの試合は作れます。



将棋感覚で見るならば、この視点でいいかと思います。


野手ならば、単調になっているときに「それ狙われてるよ」なんて声をかけて味方投手が捕まらないようにサポートしてあげたらいいでしょう。




ありがとうございました。

ピッチャーで体が1塁へ流れる人へ

kage

2016/11/09 (Wed)

ピッチャーで右投げ 、オーバースローなのですが、 投げた後 体が一塁側に流れてしまいます。
友達に言われ、 重心を三塁側にしたのですが 球のキレも球威も無くなってしまいます。


キレのある球を投げるためなら、 体が流れてしまっても良いのでしょうか。
答えていただけたら嬉しいです。





流れちゃうんですね?


現代の野球理論では、直した方がいいです。

というより、現代野球の投げ方なら、体は流れないんですよ。



でも高校時代の松坂さんもよく左に流れてましたし、あなたがハンパない才能の持ち主なら、どんな投げ方しても大丈夫です。


私が直す方をお勧めするのは、怪我するからです。


ほら、上げた足そのままにケツから落ちてガチンと全体体重が前足に乗ってボールをぶち込んでるわけですよね?

その勢い、余ってさらに体が前へ突っ込み、左に流れてくわけです。


左ひざ、腰、最後には肘を故障します。

負担をかけてますからね。


特に肘です。


体重移動の後に、遅れて遠まわりすると、肘を痛めます。


肘はなるべく体の近いところ、巻き付けるような感じで投げて行かないと、すぐ壊れてしまいます。


これもあなたが強靭な肉体を手に入れて、お生まれならば別に関係ねえよで構いません。



外野手も意外と大きいフォームに見えて、ボールを握る手は体の近く、耳の付近を通しています。


体よりも遠くでボールを離すと肘を痛めるんです。



だからなるべく体重を乗せて、ぶち込むフォームは体に負担をかけます。


怪我をしないというのも、選手として大事なことです。



無理な投げ方、無理な走り、無理な打ち方ではなく、体に無理をさせずに大きなパフォーマンスを出せる筋肉づくりをしましょう。


小さなフォームでも早いボールは投げれます。

小さく振ってもホームランになります。








現代の投げ方・・・




メジャーの投げ方なんです。


足をあげます。


そしたらそのまま立った状態で、まっすぐ足を下ろします。


地面につけます・・・ボーク!


ダメです。地面すれすれで止めます。


すれすれなところから、まっすぐにキャッチャーへ向かって、踏み出す!



横から見るとアルファベットの「L」を書く感じです。


あげた足からLです。


そのままおろして、まっすぐ踏み出す。



しっかりと立つ時間を長くする。


そこからまっすぐにバッターへ向かって投げ込んでいくんです。




コントロールやバランスの安定。

8四球で崩れ、1年以上、投手をやってない私に言われてもって話ですが、そうなってます。

私の場合、ビール飲み過ぎ、サボりすぎでコントロールを失いました。

フォームのせいではありません。





さてそのフォームならば、体は流れません。


流れようがないのです。


まっすぐに打者へ向かっているのに、左には行きません。


それと軸足は残ります。

そえるように、左足の横にきます。


どんなに力を入れてもそうなります。


直すというよりLにしてまっすぐ進めば、勝手にそうなります。


足をあげてIになります。

地面すれすれにさげて、まだIです。

そこからL。

こんな感じでメジャーは投げてます。


日本人選手も見てると最近は、みんなそうしてます。


今度、その辺を見ながら、他の投手を見てみてください。


最初にも書きましたが、高校時代の松坂さんも左に流れるときがあったので、やりたければやっても大丈夫です。


結局のところ、私を疑ってください。


それ、マジで合ってるの?って。



昔はケツから落ちて、全体重を乗せて爆発させろとしっかり言われてました。

打撃は上から叩きつけろと言われてました。


10年後は何が正解になってるかわかりませんからね。



今回の投げ方はご自分で試して、なんとなく合わないと思えば、素人に毛が生えた程度のクソブロガーだなと笑い、流れまくってバカヤロウ火の玉と叫びながら三振を取ってもらえばと思います。


実際に私も現代の投げ方で投手引退を迎えましたし。


これが合ってるかと言われれば、わからないです。


流れるのを直したければ、使ってくださいというご案内です。


ありがとうございました。

高めに抜けるすっぽ抜けを修正したい。

kage

2016/07/12 (Tue)

始まりを教えよう。

右中間へ打球が飛ぶ。

センターが腕組み。
ライトに至っては、グローブを帽子の上に乗せていた。


「打球を追え、こらぁ!!!」




グローブを買った後輩は、グローブが固いので、車で踏みつけて柔らかくしようとしたらしい。

なんだ?それは?

天狗のうちわか?

扇子?いやもっとかっこよく例えてあげなければならない。


くじゃく


くじゃくと化したそのグローブをみなで大いに笑った。

今夜は宴だと。



次の日、くじゃくは、ぬれていた。

なぜだ?

タイヤの跡で、汚れたから洗濯機にぶち込んで綺麗にしたそうだ。



革だぞ?ばかやろう!


何言ってんすか、ワニだって水に入るじゃないですか!


何言ってんだ、おまえ?

クロコダイル革っす。

・・・・うん、わかった。好きなように生きなさい。



まだ物語は始まったばかりだ。


相手チームが盗塁をした。


正捕手がセカンドへ。


抜けた!



ショート、セカンドが正捕手の送球に間に合わないというスーパープレイだった。



正捕手がいない日はどうだろう?


教えよう。


高めのつり球、振り遅れて三振!イエイ!


からのキャッチャーの取り遅れ



スライダーに至っては、自分でサインを出しておきながら、変化をミットで追いかけて、バット共に空取り。

空振りプラス空取り。




けん制をしたら、逆を突かれたランナーよりもファーストが逆を突かれた。


うわっ!



うわじゃねーよ。


お前はずっとこっち見てただろうが!



いいか?これが私が入った最初の草野球チームである。




ショートがトンネルしたら、そのカバーに入ったレフトもトンネルだ。


ネタではない。


これこそリアル。底辺の投手として戦ってきた。


この年の忘年会でキャプテンは言った。

「俺たちは真剣にやってるからね」

18歳の私は、ここで初めて、ハトが豆鉄砲を喰らった顔というものを体験し意味を理解したのだ。


笑ってくれ。

笑えばいい。


それから18年後、俺たちは初優勝した。

努力がすべて報われるとは言わない。

だけど挑戦を続けた者にしか勝つ可能性がないことを言っておこう。

大きなことをしたいなら、そこに進む小さな努力を積み重ねることだ。


準優勝は7回。

何度も涙した。

私も37歳だよ。


こんなクソチームほったらかしにして、名門チームへ入った。

何度も優勝した。

格別だった。



だけどこいつらと1回ぐらいは優勝してみてえな。

そんな風に思いながら17回負けた。

18回目で悲願達成だ。


やっぱり草野球人生は長いよ。


まだまだ、あともう1回ってねばるんだよ。

そしたらある。

だから小さくでいい。

優勝を目指して、共に進みましょう。





今回の質問です。


高めにすっぽ抜けるボールを減らす簡単な方法や修正能力を鍛える練習法などありましたら教えてください。


これは凄く簡単に言うならば、指先の握力がなくなると「すっぽ抜け」が起きます。


逆に人差し指と中指にしっかりと引っかかっていれば、ナイスボールが行くんです。



ずっと投げてると疲れが出ます。


疲れてくると球離れが早くなります。


何とか修正しようとすると今度は持ちすぎでアウトコースへ外れる大ボール。


またはクソワンバンでキャッチャー取れない。



すげえ、火の玉さんって思ったでしょ?


なんでわかるのって思ったでしょ?


やっぱりこの人は見えてるんだ、いや確実にどこかで見ていたんだと思ったよね?



しかしこれは神でもなんでもないです。


野球をやっていれば常識でございます。


ショートケーキの上にイチゴが乗るぐらい当たり前のことです。


走るのも大事なんですが、そもそも我々は走る量が足りるなんてことありえません。

冬場の高校生は1日10キロぐらいなら軽く走ってるし、夏場でも坂道ダッシュ20本やら、仲間おんぶして5階建ての建物の階段ダッシュとかやります。


ジョギング程度で走った気になられても7回持つわけがない。


そこで我々、遊んでる大人はだましだましピッチングになるわけです。



指先の握力がなくなったら修正不能なんですが、やっぱり指先の離し方でだますしかない!



ちなみに先生とは呼ばないでほしい。


今や私はその指先でボールを抑えることが出来ずに、投手を引退した男だ。


これが出来なくなったら、あなたもライト、セカンド、ファーストですこやかな老後を過ごされてほしい。

ライト、セカンド、ファーストをバカにしているわけではない。


こと草野球において、野球をやらなくても許されるポジションがこの3ポジションなのだ。


真剣なチームでは、休まる暇がないことは、言っておく。


むしろライトはレフトよりも上手い人が入る。

セカンドも内野で1番上手い人だ。


だが草野球ではそれはない。


ある程度できるショート、サードがいる上でセカンド。


それなりの外野手をそろえたチームが出来るライトイチローなのだ。



私だってセカンド、ファースト、ライトに行きたいよ



だけどそこには動けないバッティング大好きなおっさんが入ると約束されていてお前は10年早いと一喝されてしまうおっさん人気トップ3の右方向だ。



今年も夏の大会が始まりました。

コールド負けをした高校生諸君。


待っているぞ!


私は休みたい。


カバーをせずにバッティングだけしたい。


野球辞めるなよ。


洗濯機でグローブを洗う奴を使いながら、やりくりするのは大変なんだよ。




さて話を戻しましょう。



握力と指先のトレーニングをお勧めします。

トレーニング方法は、他のサイトで出してるでしょうから、そこで見てください。


笑いが取れない文章を書くのは私のポリシーに反するので方法はグーグル先生へ。



あと修正方法ね。


とりあえず1番、ストライクが取れるの腕の角度を教えておきます。



斜め45度に腕が行ったらボールを離しとけ。


狙いは低めいっぱいで。



慣れてくると、今日はここかとか場所は人それぞれだし、その日その日のコンディションで変わりますが、基本は45度ですから、初心者はそこから始めてみてください。


45度で離そうと思っても、その前で離れてしまいます。


だから45度まで指先のみでボールが離れないように持っていれるかになります。


今やそれすらも出来ない、だらけた俺に言われてもって話ですが、どうぞ参考にされて進まれてください。


ありがとうございました。

12連続四球とかやっちゃう超ノーコン投手さんへ

kage

2016/05/17 (Tue)

コントロールが良くなる練習方法ってありますか?


それ俺が聞きたいわいっ!


このお子さん、練習だとそこそこ上手くいくんですって。

だけど試合だとダメ。

気持ちの問題と言われればそうなる。

経験を積めばいいと言われれば確かにそうですよ。








火の玉至極のメッセージ・・・






失敗の王、火の玉がわかっていることをお伝えしますね。


練習で上手くいってる子の場合、100%メンタルなわけです。

何を隠そう、現在ミスターノーコンと化した火の玉ボールも、完膚なきまでにメンタルなんだっ!


「たぶん、だめじゃないかな?」

「これが上手くいかなかったらどうしよう?」

「こいつ早く降りろ、こいつのせいだと思ってんだろうな」



ボールを投げる直前?いやもっと前から心の中で「無理無理無理無理無理」って連発してる。


そこから放たれたボールは見事大暴投!






もっと強気になればいいじゃないか?

普通にやればいいんだ。

気にしなくていい。




そんなことわかってる。


気持ちを整理して投げている。


しかし投げる直前に心の奥の奥で思っている「たぶん無理」が消えることはないんだよ。




だから経験を積んで、ああ出来るって自信をつけていけば解消されますよって話。



だけど1回ダメだってなったメンタルって本当に治らないということを知っておこう。


私なんかもう3年上手く投げられない。

投げる直前「やばいっ」って声が聞こえて、この腕は誰の腕?って聞きたくなるのような送球になる。





少年・・・・わかるぜ~




実際、その苦しみを味わった俺なら・・・・わかるぜ~





どうしたらいいか?



どうしたら治りますか?



どうしたら上手くいきますか?




俺が聞きたいわいっ





だけどね?



手探りだけど、わかったことある。




おっさんが3年、もがいてつかんだ答えを君は、この5分で手に入れる。

上手く行ったら必ずお礼に来るように。

私はモロゾフのレアチーズケーキが大好きだ。覚えておくように!






腕を振れ




最後の最後までしっかりと腕を振り切るのだ!





えっ?それだけですか?



じゃあ聞くけど、やってるか?



野手だろうが投手だろうが、たぶん心が「やばい」ってなった瞬間に君は置きに行ってるはずなんだ。



途中で腕のスピードは落ちて、ふわふわっと手が残っている。



そこを最後までシュンっと腕を振り切る。


これだけの話だ。



力の加減は好きなだけしていい。


ただ最後まで腕が振り切れているかを意識して加減するのだ。




どんなにフォームが狂っても最後だけ整えると上手くいくことが多い。



練習で上手くいってるフォームがある。

そのときの最後の腕の位置、すなわち投げ終わった後の腕の位置だ。


必ず試合でもその位置まで腕をしっかり振り切れば、それなりのところへは行くんだよ。


ダメなときは、きっと腕がふわふわどっかに飛んでいるよ。



もうひとつ教えておこう。



強気になれる方法はない




ずっとついてまわる。


「たぶん無理」

「失敗するかも」

「ボール飛んでくるな」

「恐い」

「もう逃げたい」




もうね、泣きたくなるよ。

この間、私はまた飲まれた。


「サード」


平凡なサードフライだった。


ポロっ

えっ?


落とした・・・


そこで修正出来たら良かったんだけど、もう完全に飲まれたわけ。


だめだ。

今日はダメだって。


「サード」


また来た。


そんな日に限って、まあよく飛んでくる。



暴投・・・。


少年、私は36歳だ。


36歳にもなって、冷や汗だらだら出して、終始うんこをもらしそうなピンチ顔で守ってたんだぞ。


4エラー。


私の出したランナーはホームへ返った。

投手が私のエラーから崩れて最後は満塁ホームランを浴びて終了だ。


下を向き声が出ない。


神様は見ているんだろうか?



満塁を喰らってから最後までサードゴロはない。


あの大事な場面で集中して飛んできて、私はすべて失敗した。



試合が終わってからだ。


あっ!腕の位置・・・。



飲まれたときは、思い出せない。




だから1球1球集中するしかないんじゃないかな?




飲まれないように。


心の奥底にある弱さなんて、取れるわけがない。


向き合って認めてやっていくしかないんだよ。



失敗したときに考えて見つけた答えが「最後の振り切った後の腕の位置でしっかりと終わる」ってことだ。



そこまで腕と手を持っていくってことが「腕を振る」って意味になる。



むずかしいので、私は最後まで腕を振り切るってことを意識している。


これをやると、結構うまくいく確率が高かったのでご紹介です。


試合では100%弱気虫が出て、腕が振れていないはずです。


開き直って思いっきり投げても、腕がめちゃくちゃな方向へ行っているので、これも暴投。


しっかりと振りましょう。


まずはそこからです。



36歳でうんこもらしそうな顔で守ったおっさんの言葉ですから話半分でお試しください。


私もあなたもビビらずに、いやビビりながらだけど、腕だけは振り切ろう!



それでストライクが入れば、きっと監督の言う経験を積んだってことになるかもよ。


ありがとうございました。



合わせて読むとヒントになるかもです。
「ストライクが全然、入らない人へ」