FC2ブログ

2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

カテゴリ:40代が結果を出せる体の作り方 の記事リスト(エントリー順)

筋肉痛にならない人へ。筋肉痛になるトレーニング法。

kage

2018/11/07 (Wed)

私たちは、知らず知らずのうちに限界を決めてしまう生き物です。

何をどうやっても100%を出し切らない。

余力と言うものを残すんです。


わかりやすい小話をしましょう。


あなたはダッシュを、もう走れないってぐらいやった。

道路に倒れ込む。

もう1歩も動けない。

倒れ込むあなたの横をデヴィ夫人が通りかかり、100万円の札束をあなたから100m先に置いてこう言った。

「あなた、今から20秒以内に、ここまで走ったら、この100万円あげるわ」

19、18、17・・・・カウントダウンが始まる。


1歩も動けないはずのあなた・・・。

どうする?

立つよね?

ダッシュして取りに行くよね?

あと20秒頑張れば100万円なんだから(笑)



そうです。

余力、残ってるんです。

走れるんです。



だけど境界線のだいぶ前で、私たちは「もう無理」ってなっている。


あなたは、まだやれるんです。


本気じゃない。


あなたは今この時から変われるんです。

あと数ミリを絞り出す。

まだやれる。

まだだって気持ちをどこまで持って追い込めるかなんです。




でも火の玉さん、追い込みなんて強い人しか出来ないんじゃない?


それが出来る方法があるんです。

筋肉の追い込み方。

身体能力さえ上がれば、レギュラーです。


遠くに飛ばせる。

速い球が投げられる。

誰よりも足が速い。


技術の前に体。


体がないから負けている。


それだけ。


限界と思い込んで、やめちゃってるから筋力があがらない。


根性なしでも追い込む方法があります。



ヒントになったのはNHKのみんなで筋肉体操という番組を見ていてでした。


ユーチューブにありますので「筋肉体操」で検索して見てください。


腕立て普通に15回。

腕立て20秒とかやります。

疲れたらやめるというのが、今までの私。

それじゃあ筋力アップになりません。


限界に持ってこないといけません。


そこで筋肉体操では、疲れたら膝をついて腕立てしよう。


負荷が軽くなるから、もう少し出来るんです。



余力を軽い負荷で絞り出す!



限界と感じたらやめていい。

そこから続ける追い込みは簡単なものにすれば、最後まで出しきれるってわけです。


軽くするのは、もう一つ理由があります。


重い負荷を無理してやるとフォームが崩れます。

崩れたフォームでやると怪我します。



火の玉ボール根性なしでも、がんばろうって思うことは多々あります。

しかし頑張れば怪我。

なんでだろう?

才能がない?

そんな自問自答で返ってきた答え。



挑戦と無謀は違うってことです!

やみくもにがんばる。


合っていないフォーム。

これは無謀なんです。

きれいなフォームでやれる限界を求めて行けば、狙った筋肉だけに負荷がかかることを39歳にしてわかった次第です。




腕立ての追い込みの話に戻します。


これはやってみたけど本当でした。


限界で腕立ては出来ないけど、膝をついて腕立てをしたら、もう10回出来ました。


本当は腕立てで終わるところ、軽くても追い込んだことで、腕はパンパンです。




ジムの器具でも一緒です。


きつくてやめたら、重さを軽くしてもう10回。


この追い込みをやると筋肉痛になります。



あとは食事がんばって!


酒だ、ラーメンだ、スイーツ男子だではなく、野菜、鶏魚肉、米をしっかりと。


プロテイン飲んだから大丈夫ってのは違いますから(笑)


ちゃんと脂肪分を計算した食事を入れてあげると超回復であなたの限界が伸びます。



すなわち、これがあなたが変わる瞬間です!




別にジムへ行かずとも、今は簡単な器具はお安く売っています。


懸垂10回入れる。

すぐ下のプッシュアップバーで腕立てを10回。

まだ出来そうなら普通の腕立て。膝立てまで出し切る。


これ1台で打球を飛ばす筋トレのほとんどが出来ます。


出し切らないと、歯磨きと一緒。


最後まで絞り出すようにしてみてください。


30後半から始める筋トレ&食事、15%以下にする体作り

kage

2018/10/13 (Sat)

火の玉さんは現在普段どんなトレーニングや食事をされてますか?


本田圭佑さんがプロフェッショナルでこんなことを言っていたのを記憶で書きます。

「怪我をしない、これが1番大事」

「怪我をしないことを前提に、全力で追い込む」

「やって怪我をしたら休むことになってしまうから意味がない」

記憶です。あいまいですがなんとなく、このようなことを言われていたのを覚えています。



唸らされました。


がんばろうって決意してやってみたら怪我。


私もあなたも。


違いますか?


坂道を全力でダッシュすれば、肉離れ、腰がグキっといった症状が出る。

素振りを全力で振れば、次の日は腰、肩、肘、親指の付け根に激痛が走る。

全力で投げたなら、一瞬で肩を持っていかれる。



入念にストレッチ?

アップをしっかりと?


違う。


何をどうやっても、動こうとすれば体が先に負けてしまう。


だから負けない体を作るために筋トレしようって、張り切っても結局はその筋トレで怪我をする。

神様が作った時間、老いと言う現実に私たちは逆らうことができない。

そんな風に思ってました。



負けていく自分がくやしい。


まだまだやりたいのに気持ちだけが前へ行く現実。



打たれていく投手を見ながら、自分が投げれれば投手だってチームだって助けられるのに今の私には出来ない。

打たれる打球をを追いながら投手に返す。

「切りかえて、切りかえて」・・・・そんな言葉をかけてまたポジションに戻る。



私はここでなにやってるんだ?



上がれよ!


お前が行って抑えて来いよ。


抑えてさ、まだまだやるよって背中で引っ張れよ。


お前、そこで何やってんだよ・・・。











火の玉至極のメッセージ・・・







やっぱり衰えてます。

満足に練習も出来ない体なんです。

ここをどうするか?


1番に怪我をしないを持ってきたんです。


筋トレ後、48時間から96時間の休息を取らないと超回復しないという情報があります。

2日~4日休むんです。

毎日やりたいなら、やった部位とは違う場所を鍛える。


胸や腕、背中をジムでやって次の日もトレーニングしたいなら、素振りといった腕を使うトレーニングではなくダッシュ、走り込みにすると言った感じです。


基本はやったら48時間以上は休む。



素振りも一緒です。

200やって手が痛いなら2日以上あける。


もちろん30回で、親指が痛いと思ったら、そこで終了。


すべてのトレーニングに筋トレのメソッド(48時間から96時間)の休息を守り、回復させるようにしました。








お休みの期間も戦いです・・・





48時間から96時間(体の痛みが取れるまで)にやることが食事!!


実はこれがつらいです。



豊富なたんぱく質を摂取して体を強くするんです。


今まで、ビール、ラーメン、焼肉は脂身からの男です。

加えてティラミス、プリンパフェ、ピザポテト、ギブミーチョコレートでした。


これらの脂肪分、糖類たちをコントロールできないと、いくらトレーニングしても無駄なんです。


体は軽くなりません。


よく脂肪を筋肉にって聞きますが、あれは嘘です。

脂肪は落とすもんです。

脂肪は脂肪です。

化学変化は起こしません。


脂肪の下に筋肉があると思ってください。

落とさないと筋肉は見えてきません。

脂肪があれば、その分体は重くなり、動けないんです。



良い体を手に入れるには、おいしいものを堪能できない。

おいしいものを堪能したいなら、良い体は作れない。


もう2択だと思ってください。



火の玉は、自分の自制心に負けて、筋トレはしていますが、たま~にアイスを食べてしまっています。

だからいまだ体脂肪14%~15%なんです。

ここを12%切るぐらいじゃないと、20代の相手選手には勝てません。


もうひと踏ん張りです。


ボディビルダーでもオフはあるそうです。

週1回は好きなものを食べようみたいな。

それだけおいしものを食べずに、脂肪分のない高たんぱくの味気ない食事をするのは大変なんです。









人間、急には変われない・・・






変わりたい世界があるとき、急にそこへ行っても、今までの世界が居心地が良くて、戻ってしまうのが人間です。

だから変わりたければ、少しづつ向かうことをお勧めします。

毎日1mmづつ、行きたい世界へじわりと進め。


今の私は週3回ぐらいはプリンパフェです。


しかし酒はやめました。

オールフリーで晩酌を始めて、今は水です。

コーヒーはブラック。

ミルクを辞め、砂糖を辞めです。


余分な糖分を減らすことで、どんどん筋肉質な体になっています。

筋肉質な体になると、素敵なことが起こりました。



怪我をしないんです。



今までだったら、出来なかったなってことが、少しづつ出来るようになってきます。

マウンドよ、待っていてくれ。


最後に1番大事なものを紹介しておきます。



体重が減って、見た目が細くなっても、体脂肪が減っていなければ、体は動きません。

以前と変わらず怪我をします。

大事なのは体重が減って筋肉が増えているかを見なきゃいけないんです。


すなわち体脂肪が減っているかなんです。


減っていない場合、いらない油と砂糖を摂取しすぎています。

タンパク質と炭水化物、ビタミン、ミネラルを増やして筋肉をつけてください。


そのために必要なのが体脂肪計です!



持ってない方は手に入れてください。



ピンキリですが3000円程度でで手に入ります。

お勧めはタニタです。

5000円と少し高くなりますが、筋肉量まで測れる優れものです。

とりあえず3000円程度のもので十分ですが、私はこれをお勧めします。




あなたのご活躍を祈っております。


まずは懸垂から・・・

kage

2018/08/31 (Fri)

代謝がものすごく悪くなるんです。

「俺は太らねえ」と言っていたのもつかの間。

どんどんふくれあがる体型。


やっぱり若い時はとは、体のメカニズムが変わっているらしい。

39歳のおっさんが活躍するには、生活を変えないといけないんです。



私の同世代の35歳~45歳のおっさんたち。


見渡してみてください。


20代の肉体は消え、激太りで腹と肩はパンパン。

または痩せすぎのエバンゲリオン。




ここで方向を変えないと、50代でいよいよ、あなたが普段からバカにしていた「あのおっさん」となります。

最近、街にコンビニジムが出来てきました。

月会費6000円~8000円ぐらいで24時間使い放題。



時代も健康志向に突入しつつある。



便利になればなるほど、幸福度が下がってる日本人。


最後の最後は、やっぱり体が動く人が幸せになる。

充実した毎日を過ごせる。

老廃物がたまった体では、どうしてもイライラします。


美味しいものを食べたら、その時は幸せです。


食うなと言う話ではありません。


たま~ににした方がいいという話です。


我慢してから食べる方が美味しいんです。



大好きなアイスを毎日夜に食べるのも幸せかもしれません。

夜にラーメンをすするのは美味しいです。

ビールも最高です。


その時は幸せな気持ちになれます。

ストレス社会で開放です。


しかしどうでしょうか?次の日の体は重たいはずです。


続けていくと、どんどん重たくなり、アイスやビールの量が増えます。

増やさないと解放されないからです。


それが体に出てきます。



あれ?腹、出てきた?

顔にできもの?

膝が痛い、なんでだ?



成功するしないは、ここで変えられるかなんだろうなって思いました。



食生活を見直して野菜中心の生活をして運動をすることでストレスを解消させる。

そういう体に変えていければ、40代・・・まだまだ戦える。



このまま崩れていく体型と共に、仕事、草野球、男ブランドに敗北宣言するのか。


今、変えて、20代を越えるような人生にするのか。



ちょうど時代もトレーニングがやりやすい環境になりました。

そこらじゅうにジムがあり、ランニングコースがある時代。

特集を組んだ雑誌や本もたくさん。


あなたが手を伸ばせば変わる。


あなたが心底、この腹を変えたいと思えば、その時から届く時代。


家でも出来る器具が安く売られています。





「人生でいくつの時が1番おもしろかったですか?」と言う質問をしました。

大半の人が20代と答えています。

しかし成功した社長たち、すなわち充実した人生を送った人たちは「40代」と答えたんです。


40代と答えれる人になりたいですね。



それには戦える体を作らねばなりません。


まずはこんなところから始めれてはいかがでしょうか?


懸垂がすべての筋肉を鍛えてくれます。

腕相撲の世界チャンプも懸垂をたくさんやっていました。


ジムで筋トレしに行くときも、ムキムキのお兄さんたち全員が懸垂を間違いなくやっています。

やらない人がいません。

すごく大事でしかも効果抜群のトレーニンングです。

ジムが続く自信がないという人は、家でできる器具からがいいです。

ジムなら月8000円で二か月で消えますが、これならずっと残ります。

1週間に1回からやって、弱い自分を少しづつ変えていき、脱却腹おっさんになりましょう!


腹をへこませるのは腹筋と思われがちですが、まず胸や肩をしっかり作ることで腹が目立たなくなります。

胸筋、肩、背筋がないと、腹筋が割れていても広告のモデルさんのような貧相な体に見えてしまうんです。



リバウンドしない。過去の自分に戻らないために、作る心。

kage

2018/08/26 (Sun)

ダイエットで食事を減らすじゃないですか?

糖質を抑えるじゃないですか?

カロリーが少ない物を選んだ結果、食べ物がおいしくないじゃないですか?



でも痩せますよね!



やったーってなりますよ。

そこから、なんでリバウンドするんですかね?

そのからくりをお話します。



174cm、72キロの体があるとする。

この体である食生活がある。

これを68キロにしたいと、食事を減らす。

68キロになる。

やったー!




で、ここが大事なポイントなんです。

72キロ時代の欲求が抑えられない。

72キロ時代の食生活に戻る。

もちろん体重も戻る。



だから心を変えないといけない!



68キロの食生活で生活が出来る自分ならば、68キロのままリバウンドしないんです。




がんばらないでください




ちょいちょい負けてもいい。



食べないってがんばっちゃダメなんです。

食べたい時は食べる。

負けていい。

負けた後、また68キロを目指す。


負けが多い人ほど、成功します。



だんだん72キロ時代に食べていたものを食べなくても生きていける心になる。


心を手に入れることこそが大事!



簡単に言えば、コーヒーにミルクと砂糖を入れていた。

太るからとブラックにした。

痩せたら、やったーで痩せてるからいいよねってミルクと砂糖を入れる。

その時に「やっぱりコーヒーはミルクと砂糖がなきゃおいしくない」って思う心があったならば72キロに戻る。


そうじゃない。


ブラックでいい。

いやブラックの方がうまい。

もうミルクと砂糖はいらないと思える心を作る。


作れたら68キロをキープできるんです。


もちろん、これは頑張らずに出来ないといけません。


だからたくさん負けて、ブラックで行ける自分を作る。


ブラックの比率を少しづつ上げていく。


週1回が月1回で良くなり、年1回でもよくなって、飲まなくて大丈夫ってなった時が成功です。



火の玉の場合は脱げる体ってコンセプトで、やっていますからダイエットとは少し違います。


しかし、だらけた体を引き締めるという目的は一緒です。


マジでやりたいと思える1冊を見つけましたのでご紹介しておきます。


ターザン、脱げる体!