fc2ブログ

2024 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2024 05

カテゴリ:日記 の記事リスト(エントリー順)

評価が低かった時に助かった記事

kage

2024/03/10 (Sun)

人事記録が課長の机に入っていることを知った。
常識的に見ちゃいけないとはわかっていた。
でも気になって自分の評価表だけ取り出して見てみた。
結果はC、、、
AじゃなくC。
ABCDEの5段階評価でCだった。
こんなもんだ。
Aだと思っているのは自分だけ。
人は自己評価を高く見積もる生き物なのだ。
Aの確認のために引き出しを開けて自分のだけ取り出し、期待いっぱいで見たらC。
この上なくダサい。
滑稽。
C判定の横のコメントには「マネージメント能力がない」と書かれていた。
やかましいわっ!
ここもマネージャーとして最高だと思っていた自分がダサさを強調した。
能力なしなのだ。




完全にやる気をなくした俺





今まではより良い仕事をするために残業で仕事をしていた。
責任感もあった。
ここまではやるって気持ちで夜遅くまで仕事をして家に帰って寝るだけで、朝仕事に行っていた。
メンタル疾患で休むような奴は、自分が雑魚で病んでるだけだ。
私も例外なくその一人だった。
部長のコメントでは「能力は高位もメンタルの弱さ露呈する場面もあり。要フォロー」
そして判定はもちろんC。
雑魚である。
Dは論外で欠勤してるバカにしかつかない評価でありCが最低なのだ。
マネージャーとしてもビリ。
1位だと思っていたらビリ。
これが私である。
勘違い野郎である。
お祭り野郎、ブロガー火の玉ボールとして残念な男だと気がついてしまった。
やる気をなくした私は定時上がりになった。
最低限やってればいい。
雑魚はがんばっても、がんばらなくても雑魚。
がんばってもC
がんばらなくてもC。
ママになっても金みたいなもんだ。
一緒にすんな、お祭り野郎。
とにかく会社ではなく趣味に没頭する決意が固まった。





コンビニ人間という小説に救われた





趣味の小説を読んでいた。
もう仕事はそこそこでいい。空気を壊さない程度に抜いてやればいい。
そう思っていた時に、それ相応に演じておかないと異物として排除される社会という著者のメッセージを受け取れたのだ。
Cだからって、あまりにもやらなと異物として排除される。
確かにその通りなのだ。
この春4月で延長を打ち切られて退職する65歳のおじいちゃんがいる。
やる気がなく、仕事を断って午後から寝てるような人だった。
ほどなくしていなくなる。
異物として粛清された。
あまりにも乱して、社会の縮図からはみ出るような人間は、ほどなくしていなくなる。
そういえば、雪が降ってきたから早退しますと言って帰ったあの人も気がついたらいなくなっていた。
C判定とはマネージャーとして、マネージメント能力がなくとも、メンタルの弱さを露呈しても、抱えてる仕事はきっちりとやる。
いややる気を見せるふりは必要なのだ。
演じておかないと、早期退職募集の欄にもれなく載ってしまうだろう。
左遷されて事実上の退職をうながされる人も見てきた。
神様はいいタイミングで私を助けてくれる本を見せてくれる。
概要欄に貼っておくので、モチベが下がってる人にはお勧めです。





とは言え、これからは趣味に生きたほうがよさそうだ






私はメンタル疾患になった時点でビジネスの競争からは脱落したんだなと再認識した。
私の戦いは終わった。
不本意だけど、出世競争には負けて同期の下になり部下となるんだろう。
そんな人はいっぱいいるし、今まで勝ち続けてきただけも良しとしよう。

・資格の勉強
・数学の勉強
・空手おじさんの部での世界大会出場

ここに没頭していく人生にしていきたい。
負けても終わりじゃない。
逆にC判定を知れて良かったと思う。
勘違いして生きていたら、こんなに早くシフトチェンジは出来なかったし。
クレームを起こしてしまった部下に謝られた時も「気にすんな!俺はどうせCだから、これ以上落ちない。最低だから安心しろ」とグーサインで応じてやった。
これでよかったのだ。
そうやって思わないとやってられないしな。
しかし、やる気がなさ過ぎて、あわや異物になり排除されるところを助けてくれた1冊には感謝してもしきれない。
コンビニ人間、お勧めです。
社会に順応できない主人公がコンビニ店員として社会と戦って強く生きていく物語です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビニ人間 [ 村田 沙耶香 ]
価格:1,430円(税込、送料無料) (2024/3/10時点)







働きながら、今資格を取る意味

kage

2024/01/20 (Sat)

44歳で50歳に向けて、落ちる人と上がっていく人がいる。
それが資格とは言わない。
でも今日は私が気がついていることを書こうと思う。


それぞれの会社に推奨資格がある


就業規則なり、規約なり、会社には必ずあるから探してみて欲しい。
さすがに小さな会社にはないかもしれないが、株式会社で社員50人以上もいれば、取って欲しい資格はある。
またその会社に1人はいないといけない資格もある。
だいたい業務命令で取れと言われるが、ここが落とし穴だ。
業務命令で行かされる奴は、基本は出世候補だから命令が下る。
何もない奴は、何もないまま50代を迎えて、何もないまま落ちていく。
落ちなくても現状維持だ。
まわりと差をつけるのに、1番わかりやすいのが会社の推奨資格を持つことだ。
抜群の能力があれば別だけど、ある程度上がってくると、そこには能力のある奴しかいない。
差がないから少しの失敗で負けるのだ。
資格持つってことは、そこに差が生まれる。
がんばってます。
一生懸命です。
さぼってない。
休憩せずに働いてる。
こんなもん何の評価にもつながらない。
人事記録には、がんばったを書く欄はない。
コンテスト優勝
○○大会1位
所得免許○○
○○のコストダウンでメリット100千円/年。
このような数字と実績しか書けないのだ。
「がんばった」だけでは手に入れられないものを持つ奴が上がっていく
今の部長も、所得免許を見たら、きっちり難関資格をクリアしている。
同じ部長でも会社の中心の課の部長になる人と窓際で部長だと年収に200万の差が出る。
窓際の部長は、やっぱり何も持ってない。
いや試験に落ちて持てなかったのだ。
誰でも取れるものじゃないからこそ差が生まれる。
さらにその下の係長止まり、本当は部長になってもおかしくないのに課長のままの人は、試験に落ちてるんだよ。
3回受けても4回受けてもダメなのが資格だ。
むしろ55歳ぐらいに、役職定年を言い渡される。
あとの5年はみじめなもんだ。
管理職から下働きの現場に戻される。
給料も激減する。
大手に勤めても安泰ではない。
そこにはしっかりと格差がある。
何もない人には、ないだけの給料しか出ない。
だから良い。
資格は他者との差別化には最高の道具になる。


再就職のためじゃない。キャリアップのために取れ


再就職のために資格を目指す奴はバカなのか?
40歳から辞めて資格取って働いても、400万程度。
それなら今の会社で、そのまま定年まで積み上げたほうが高いだろう。
今の会社で評価を上げるために取るんだ。
さらに推奨資格なら、ちゃんと生きるから。
私は知らずに部下にやらせていたことも、資格を得てからストップをかけたり、環境測定をする意味を知ったりして部下を守ることが出来るようになった。
まあそういうことは置いておいて、私たちは家族を食わせるために、どう給料を上げていくか戦略的に積まないといけない。
子供に最高の教育を与えてあげることも出来ない。
公立高校で自転車で通えるところをマストにしてはいけない。
人事評価は、直属の上司もするけど、あなたを良く知らない人がする。
総務課の部長さんとは話したことがないのに、その人が評定者だ。
じゃあ総務課の部長さんはあなたの何を見るか?
あなたの実績と資格だ。
実績なし、資格なし、真面目で頑張っているでは、頑張るのは当たり前となる。
他者よりも優れてるポイントが必要なのだ。
他者との差を生まなければ最短昇進なんてありえないのに文句を言ってるのがあなたであり過去の私だ。
私はそこに気がついた。
誰が見てもわかりやすく、私の方が有能ですアピールが出来るのが資格である。


働きながら資格を取る方法


そしてこれが1番大変だ。
点数が取れなければ落ちる。
10回受けたから合格というサービスはない。
途中であきらめて、昇進も逃す。
だって、命令された有能な奴は合格してしまうから。
一応、1発合格マイスターの私の勉強法を書いておこう。
第1種衛生管理と危険物取扱者乙4を持っているが、どちらも合格率30%らしいが、私は余裕だった。
今年は公害防止管理者、来年はエネルギー管理士と取って行こうと思う。
ここで思ったと思う。なぜ1年ごとなの?って。
働きながらだからだ!1年かかると思え!
私たちに東大ユーチューバーのような脳みそはない。
その他大勢のIQ105程度の凡人の集まりだ。
普通だからこそ、やり方が大事だ。
2か月程度の勉強で受けようとするからダメなのだ。
働きながらを舐めるな。
仕事してたら、勉強だってすぐ眠くなるし、そこまで集中できない。
毎日20分~30分でいい。
土日は3時間程度やればいい。
そうやって9か月、10か月勉強してから受ければ大抵どんな人でも受かると思う。
受からないならやり方が悪い。
過去問10年分をやれ!
その辺のサイトにいくらでもある。
もしも15年あれば15年分やれ。
参考書は5年分が多いけど、それじゃあ甘い。
10年分の範囲から出る。
5年分じゃ受からない。
試験を受けてるからこそ、よくわかる。
これは平成26年の類似問題だなとか出ているのだ。
記憶は長い期間をかけて入れたものほど忘れない。
1.2か月で詰め込んでいくと、ド忘れする。
そのド忘れした1問で落ちる。
記憶を定着させることも大事だ。


仕事があるだけで、そんなに出来ない


2万、3万払って講習に行くとかもやめろ。
眠いだけだ。
頭には入らない。
受験料から講習費まで金の無駄。
1発で受かれ!
グーグルに乗っている情報は嘘だ。
100時間で合格はない。
人それぞれのペースでの勉強時間で、過去問10年分を3周しろ。
それで戦えると思えばいい。
記憶の定着も含めて半年以上はかけて参考書のインプットと過去問のアウトプットをすればいい。
すらすら解けるから信じて欲しい。
最後に、どうしても仕事優先になる。
自分が思っているようには勉強は出来ない。
勉強が出来ない日の方が多いだろう。
それでも受かりたいと思えば、勉強期間を長く儲けろ。
私は10か月はかけて、自分の記憶の定着度合いを確かめて応募する。
定着してなければ来年の受験にする。
今のところは10か月やれば記憶の定着は出来ていて「行ける」という気持ちにはなるから、あなたも安心してほしい。
会社の推奨資格なら、会社が1回の受験料や参考書代ならお金を出してくれると思う。
会社の規約を確認して費用も安心して受けるといい。
しかし落ちて2回目は払ってくれない。
だからこそ1発で決めろ!
今日は私が資格取る意味でした。
ありがとうございました。

適応障害なんだから気楽にやれよ。「結局、雑魚なわけでしょ?」

kage

2023/08/14 (Mon)

精神科医が書く本を見ると、まあ書いてあることは一緒。
題名通り「気楽にやれよ」って書いてある。
・明日できることは明日でいい。
・休んでいい
・なにも出来なくていい。

なんなら何もできなかったとしても生きてるだけでいい。

いやまずいでしょ?
ちゃんと誰かの役に立たなくちゃって思うんだよな。

甘えだとか、適応障害を武器にしてさぼってると思われたくないとか・・・
根本、私も含めて仕事が出来ないから怒られて病んだわけだ。
出来る人はそもそも病まない。
ズルい奴も病まない。
失敗を上手く他人に押し付ける能力を持っている。
仕事が出来なくて真面目な奴が病むのだ。

結局、雑魚なわけでしょ?って話だ。

開き直れ。
がんばっても雑魚。たかが知れてる。
辛けりゃ休めって言うの。
私なんて先月、週4日で金曜日、全部休みましたよ。
ちょっと前まで、21時、22時に仕事終わって、やっと帰る日々。
やっと作った資料も全然理解されず、重役には「わからない」って。
重役って名ばかりでバカなんじゃないかって思った。
だって私はプレゼン全国の全グループ会社で日本一に2回なった男だ。
プレゼンのプロだ。
わからねえのか?と同僚に聞いたら「ごめん、俺もわからなかった」と言われて気がついた。
あの時の俺はもういない。
病みきった雑魚。
脳疲労の塊となった雑魚が私である。
正常な判断が出来ない。
何とか資料を作り直し、乗り越えた時に時計を見たら22時。
家に帰って寝るだけか・・・

朝起きたら動悸がした。

やべえ・・・

雑魚の発作だ。
休まないと。
ってことでなんだかんだ理由をつけて週4日を4周やった。
だいぶ回復して週5行けそうな感じになった時に盆休みだ。
何とか持ちこたえた。
こんなことをあと20年続けるのか?

部下の信頼も熱くて、戻っちまったけど、今思えばあのままフェードアウトしてもよかったと思う。
私たちの病気はそういう病気だと思い知らされてる。
私は自分で判断して休んでるけど、復帰して休めずにまたバーンアウトって人が多いんだろうな。
だから精神科医は、本に同じことを書くわけだ。
鬱系の本も、逃げろ逃げろと書くわけだ。

イチローさんはそんなこと言わない。
しんどさからしか成長しない。
逃げずにやるしかないと言っている。

それで私もあなたも、やっぱりイチローさんに1票入れてしまう性格だ。
でもな?
うつをなめんなよ?

やりすぎるとタヒのうとする病気だからな。
こんな私もタヒぬならタヒぬ気でやれよって思ってた人間だ。
でもタヒにたいなって気持ちがよぎった。
ぞっとした。
ダメだ。
終わらせちゃダメだ。

続けること。
明日につなげること。
これが大事。
気楽にやれよ。
所詮は、がんばっても雑魚。

そういうことを言ってくれる人もまわりにはいない。
家族にも打ち明けられない。
だから自分でコントロールしろ。
そこまで行くな。
その前に、休め。
自分よりも大切なもんがあったら教えてくれ。

私は開き直ってる。
会社には気に入らなければ、首でも切れよって思ってる。
左遷上等、構わない。
むしろその方が助かるわ。
切りたきゃ切れよ。

こんぐらいの気持ちで、やれるときはやるし、やれないならやらない。
だから部下たちに社長面談では、「俺に言えって言われた」と言えと言っている。
私の評価は下がって構わない。
私が切られても構わない。
むしろ切ってくれとさえ思ってる。
そのぐらい開き直らないと生きていけないんだな。


私の座右の銘を教えよう。
「明日できることは明日やれ」

無理難題を押し付けられたら、やることで成長する。
しんどい中でやることで限界を伸ばせる。
逃げながら、向かっていけ。
会社が自分を切らないなら、逃げながら向き合っていけ。
成長はその先にある。

まずは出来ないことを認めて力を抜いて自分を見ろ。
2度目のバーンアウトはしちゃいけない。
辛けりゃ休め。
大丈夫。
自分がいなくても会社は回る。
まずは自分を守れ。

もう一度書く。

自分よりも大切なもんがあったら教えてくれ。


少しだけ救われた1冊だ。
読んでみるといい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「誰かのため」に生きすぎない [ 藤野智哉 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2023/8/14時点)




適応障害からの復帰。やっぱり苦しいけど、これだけはやりたくて戻ったのだ。

kage

2023/08/05 (Sat)

疲弊してしまった。
適応障害になって復帰して、大丈夫と思って頑張っていると突如ととして胸の苦しみ、息苦しさがやってくる。
斎田の陥落を目指して頑張りすぎた。
行けると思っていた資料が全否定された。
部下のどうしようもない失敗が起こり異常品の対応。

きつく苦しい胸のつまりが定期的に襲ってくる。
このときに思うのだ。
俺はここまでの男だろうな。
乗り越えている人もいる。
でも簡単じゃない。
適応障害やうつ病は、基本逃げの一手で戦ってはいけない。
どの本にも専門書にも書いてあり、医師のアドバイスも同じ。
「逃げていい。その問題から離れて戻るな」
これが答えだ。

正直、命あっての選択だ。
会社なんて2の次でいい。
辞めてしまった方がいい。

わかってる。
でも戦いたい理由がある。
辛くてもやりたい理由がある。
人生壊されてもですか?
そうだ。
あと5年だけはやる。
斎田は陥落させる。
これは絶対条件なんだ。




適応障害から復帰して、去ろうとしたときに部下たちに言われたこと







戻ってくれだった。
私は斎田にハメられた。
斎田の課で起こった失敗を私の課に上手くなすりつけた。
私は連日怒鳴られて責任を問われた。
あるとき、証拠をつかんだ。
しかしその証拠は出せなかった。
斎田の課の部下に言わないでくださいと泣きつかれた。
言ったら斎田からどんな罰を受けるか分からないと。
私は我慢して責任を負った。
斎田は同時に天下を取った。

これも仕方ないと思ったときだった。
斎田の部下が次々と会社を辞めていった。
斎田は自分の業績のために部下を駒のように使った。
失敗すればパワハラをした。
その結果だ。
ちなみにそのパワハラも隠し、他の部下になすりつけた。

許してはいけない奴だと思った。
辞めた人の補充で、私の課から人を取るというのだ。
部長も課長も斉田の口車に乗ってダマされていた。

許してはいけない。
私にとって部下は家族だ。
家族をパワハラをする斎田のもとへ出すわけにはいかない。
自分の子供を鈴蘭に入学させるみたいなもんだ。
鈴蘭高校とは、漫画クローズで登場する悪の集まる最悪な学校のことだ。
鈴蘭の例えもいいが、もっと言うなら半沢直樹に出てくる大和田が斎田だ。
とにかく汚くクズだということを言いたい。

なぜ5年か。
斎田を倒して、さらに私の課にいる手に負えない不良が定年するのが5年後だからだ。
その人たちの時代を終わらせて次の人に渡したいのだ。




今、最大のチャンスが来た







斎田陥落のチャンスだ。
私の課には優秀な人間がたくさんいる。
そこから取ろうと考えた斎田。
お前はやりすぎた。
今回も上手くいくと思ったか?
私はもはや適応障害で負けて腹をくくって復帰した。
自分の立場もどうでもいい。
なんなら苦しいから辞めさせてもらいたいぐらいだ。
お前と刺し違えても何ら問題はないのだ。

私は部下を出せない理由を部長と課長に暴露した。
パワハラと恐喝があったこと。
斉田の部下は今後も辞めていくこと。
誰も斉田の元へは行きたがっていなく、自分の辞令が出たらすぐ辞めると言っていること。

自分の評価を下げても構わない。
これ以上も求めていない。
むしろ辞めさせてもらいたいぐらい苦しい。
自分で戻ると言ったのに申し訳ないと思う。
ただ辞める前に一刺ししておく。
部下のためだ。
斉田の元へは、誰一人として出さない。

この暴露がどこまで伝わったかはわからない。
社長が従業員全員と個別面談を開催する通知が来た。
動いた!
部長と課長では手に負えないと思ったのかもしれない。
その証拠に8月に入っても辞令は出ない。

私は部下たちに伝えた。
ここが勝負だ。
俺が出来るのはここまでだ。
あとは民衆の意見だ。
この国は民主主義だ。
国民一人一人に選ばれなければ上がれない国だ。
私の暴露が真実か社長直々に確かめる。
あとは一人一人が訴えればいい。
もしも言いにくいことがあったら、安心して私の名前を出して語れ。
私も無傷で終わる気はない。
一緒に降格も構わない。
斎田に天下を取らせるな。
汚い人間を許すな。
やならなきゃ斉田の課に1人取られて、取られた人間は不当なパワハラを受ける。
そんなことがあっていいわけがない。

最大のチャンスがきた。
あとは頼んだ。
もしもこれで誰も何も言わなければ私の負けだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[新品]クローズ×WORST ワースト set (全59冊) 全巻セット
価格:29,972円(税込、送料無料) (2023/8/5時点)












大和田を倒した後の物語だ。おもしろいぞ。もう止まらない。



相手の事情を知ることをまず1番最初にしないといけない。

kage

2023/07/29 (Sat)

電車の中で騒ぐ子供がいた。
小学2年生と4年生ぐらいだろうか。
顔も似てるし兄弟だろう。
近くには父親がいるが、見ているだけで注意もしない。
子供たちは吊革にぶらさがったり、靴も脱がずにシート上に乗り、走り回っていた。
父親は他人かというぐらいに子供たちを自由に遊ばせていた。
何を考えてる?満場一致でみんな思ったに違いない。
まわりの乗客のイライラは伝わるぐらい嫌悪感に満ちた顔になった。
舌打ちをする人もいた。
何を気にするでもなく暴れる子供と見ているだけの父親がいた。
状況は一向に変わらない。
なんとかしろよ?迷惑だろ。
その車両にいる全員がそう思った時、一人の男性がすごい剣幕て見ているだけの父親を怒鳴りつけた。
「おまえ、子供を注意しろよ!迷惑かけてんのがわからないのか?」

男性に言われて子供を見つめていた父親は、あっと気がついて子供を見つめ目線だけ下に落として答えた。
「すいません・・・この子たち、たった今、母親を亡くしたばかりで病院からの帰りなんです。病院では泣きじゃくっていたので母親がもういないことはわかっています。えっと・・・私も今、この子たちにどんな言葉をかけてあげればいいのかわからなくて・・・。あのすいません・・・」
父親から事情を聞いた男性は、遊ぶ子供たちを見つめて何も言わずに下を向いた。
他の乗客も納得したかのように、子供たちを遊ばせることを許した。


この話は昔、本で読んで知りました。
相手のことがわかると、その後の行動が変わると言う話です。
注意した男性は、電車で子供を遊ばせて注意しない親を注意すると言う行動は「間違ってない」と思ったから強い口調で注意した。
でも事情を知り子供たちのどうにもならない気持ちを知った時、遊ばせることを許した。

舌打ちした人も、他の乗客も、まだ小さいのに明日から母親がいない現実と向き合う子供たちのことを考えると何も言えなかった。




仕事をさぼってると噂された人に・・・







仕事をしない。

何やってるのかわからない。

1日ユーチューブを見ていた。

そんな噂があり、複数人から私にチクリが入った。
迫田さん、リーダーなのにさぼってるんですよ。
一緒にやっている西田がかわいそうです。
何とかしてください。
または何とかしたほうがいいと言う声が相次いだ。
確かにここ2年ぐらい異常品も出してるし、あまり業績はよくない。
リーダーの給料をもらっていて、これでは周りも納得しない。

私は何とかしなくてはいけなかった。

ちなみに、もっとちゃんとやれと注意するのは簡単だ。
やってないのは本人だってわかっている。
問題なのは、それでは人は動かないってことをわかっていない人が多いのだ。
所詮まわりが思うことは、さぼった結果、私に注意されてざまーみろ程度だろう。
迫田さんは、そこからいやいや仕事をする。
チクったのは誰かを疑う。
信じられる人もいなくなる。
結果、会社を辞める。
それじゃあダメなのだ。

会社を辞める。
やることがあって夢があって、やってみたいということがあるなら私は止めない。
でも何もないなら、定年まで私を助けてほしい。
私の力になって欲しい。
環境なら、いくらでも変えてやるから。

1人1人を大事に思ってこそ、組織はパフォーマンスを出す。
だから簡単に、大多数のチクリを受けても注意指摘はしない。
まずは事情を聞くのだ。

こんな話を聞いたけど、最近何かあった?
家庭はうまくいっているか?
病気とかしていないか?
あるなら教えてくれと。

迫田さんは答えた。
「更年期障害で、気持ちが落ち込んでます」
52歳で私よりも年上だが、私の力になりたいと言ってくれる誠実な人だった。
そんな人が理由もなく、さぼることは考えられなかった。
私の予感は当たった。
何も知らずに注意だけしていたらと思うとぞっとした。

迫田さんは続ける。
「でもそんなの甘えだと思ってやらないとって。でも出来ないんです。弱い自分もダメだと思って」

辛ければ休んでいい。
リーダーの重責も外してもいい。
もっと楽なポジションを用意できる。
リーダーを外せば、迫田さんを守ってくれる水田のところに班移動もさせられる。
自分の気持ちも含めて奥さんと相談してみてくれと告げた。

次の日、外してくださいとお願いされた。
もっと火の玉さんの力になりたかったと言われた。

私は「十分、力になっている。それにリーダーじゃなくても頼りにしているから」と、そんな小さなことを気にするなと言った。
大事なのは、まだまだ私の力になってもらいたいということだ。

過去、私が平社員時代には病気だったことに気づかずに体調が悪いのに仕事して、限界がきて間もなく入院して亡くなった方もいる。
きつい時に、きついと言える上司になりたいと思った。
しかし基本は上司が大丈夫か?と聞いたら大丈夫ですと言ってしまう。
そうじゃない。
私は言いやすい人になりたい。
だから愚痴もこぼすし、クズっぷりを発揮しても平気で開き直る。
完ぺきであってはいけない。
完ぺきな人に弱音は吐けないから。





弱くてよかった







俺が1番弱い。
安心してくれ。
あなたの弱さなんて、誰も何とも思っていない。
1番恥ずかしいのはマネージャーである俺だ。
ちょっと言われただけで適応障害で2か月休むのが、お前たちのトップの俺だ。
ちょっとぐらい弱くても、もっと堂々としていい。
まだ休んでない時点で、俺よりマシなんだから。

私は落ち込んだ部下や上手くいかない人に、自分の恥ずかしさを掲げて伝えている。
辞める前に、言ってくれ。
何とかするから。
やりたいことがないのなら、この会社で俺の力になってくれ。

妻に言われた。
「あなたが適応障害になってるから、言いやすいんだと思う。わからない人にはわかってもらえないから」

じゃあなってよかったよ。
タヒにたい衝動も多少あって、戻ってくるのに大変だったけど、経験して良かったよと答えた。

迫田さんや迫田さんの奥さん、子供、迫田さんを大事に思う人から、上司が私で良かったと思ってもらえるだろうか。
思ってもらえるなら、それだけで十分だ。
私は誰も辞めさせない。
これが1番の目標だ。
怒る前に考えたい。
合ってると思っても考えたい。
相手は何を抱えて、どんな事情があるのか?
そのうえで、同じことが言えるなら言ってもいいと思う。

男性でも更年期障害はあります。