FC2ブログ

2010 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 02

準備不足、私はなめていた・・・。

kage

2011/01/17 (Mon)

娘がついてきていない!?!?

ペースを落とす。娘に近寄る。
「ついて来れるか?」
必死な顔をしている・・・。
だがあまりにペースが遅い。
緊張から普段の力が出せていないことに気づく。

現在10位・・・このままだと負ける。
2回連敗するとあきらめるケースが多い。
特に子供はそうだ。
ここでの勝負は今までの努力を報われる形にしないといけない。

ルールを思い出す。
「最初から手はつながなくてもいいですが最後は手をつないでゴール
してください」
手をつないで走ってもいい・・・。

娘の手を握った。
「ここから行くぞ!お前は出来る」
ここから娘が私のペースについてくる。
手をつないだ状態で娘を引き9人抜いた。
1位の子が見えた。
「行ける。追いつくぞ!」

「もうだめ、死ぬ」
私のペースで走った娘は限界だった。
「根性だ。頑張れ!!」
私が手を引く限りついてくるから大丈夫だと確信した。
もともとそれだけの力をつけていることも私は知っていた。

1位が見えて、さあ追いつくぞと思ったその時・・・。

ピキッ??


あれ?



私の古傷のももがつった。
まずい。スピードが上げられない。

私のペースが落ちれば限界の娘のペースは落ちる。
結果3人の子に抜き返されて5位に終わった。


1位も取れたこの大会・・・。
私の準備不足で5位に終わった。
練習が足りないとは思っていないです。
600メートルです。
娘とは2キロ走っていました。

私が準備をおこったったのです。
野球の試合前の朝食はバナナとアクエリアス、ビダーインゼリーです。
バナナとアクエリアスは筋肉をつらせない効果があります。

試合1時間半前に着き、柔軟からダッシュに至るまで入念に体を
ほぐします。

それらの準備をたかが600メートルと言う事でなめきって、
いっさいやりませんでした。
今後はどんな小さな勝負でも全力で準備しなければいけないと
感じた試合でした。



今回のことはとてもいい勉強になりました。
娘は5位入賞で表彰されたので満足していました。
関連記事

マラソン大会・・・準備不足の失敗

kage

2011/01/17 (Mon)

親子レースです。
私も出るんです!
長女が地元で開催されるマラソン大会に出ました。

この大会は私達にとってはリベンジになります。
運動会での1位、紅白リレーの選手と1年生のときには出来なかったことを
2年生で私は娘と特訓して勝ち取らせました。

みんな勝ちたいんだよ。
なにもしなければ何も手に入らないし欲しいものがあれば全力で
取りに行く努力をしなければいけない。
その努力は必ず報われるようにしなければ努力ではない。
やったつもりになるな。やり切った者にしか手にいれられない。


まるで自分に言っているかのように娘に伝えました。


今度は学校のマラソン大会です。
これは惨敗に終わりました。8位です。
負けて帰ってきた娘に言いました。
「次、がんばろう。お前の力はこんなもんじゃない!」
私は思います。
負けたとき、どう起き上がるか?
そのままあきらめるのか?次の自分を強くしてもう1回トライするのか?


娘と猛練習です。
あのままでは8位、もっとやらなければ1位はない。
練習量を上げました。
個人的なマラソン大会も控えているので娘と一緒に走れて私も
いい気分転換になり実のある練習が出来ました。

地元のマラソン大会当日です。
同じ学校の2位と3位の子も来ています。
開催されるマラソン大会なので各学校から、それなりに早い子
が集まっているみたいです。
私は自信のある選手たちを倒すわくわくが止まりません。

「よーい・・バン!!」

よっしゃー、行くぞ!!!
前を出る私は娘の道を作ります。
うしろを見ると・・・・

あれ?娘がついてきていない!?!?

                         つづく
関連記事