FC2ブログ

2011 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2011 03

ボール球を見極めるな

kage

2011/02/27 (Sun)




この感動的なシーンですが今回は分析です。楽しんじゃだめですよ!
ダルビッシュは膝元スレスレにずっと投げています。
バッターにとってはボール球なんです。
草野球でも十分にいます。ボールの切れが目の錯覚を出します。
コンマ何秒でくるわけです。
見間違いはあります。
自分ではボールのつもりでもストライクコールをされてしまう。
それが2度あれば審判がおかしいのではなく、あなたの方が
「ボールが見えていない」状態です。

打席で「えっ」ってジェスチャーをしたらもうその打席のあなたの
負けは決定です。
これもやめましょう。
バッテリーは見えていない所で勝負すれば打たれないわけです。
ボール球をヒットするのは難しいです。

しかしそのまま見逃し三振したくないです。
打たなければいけません。
私の言う見極めずに打つボール球は限定されます。
「アウトコース」と「低め」のボールです。
体に近いところは見えることが多いです。
見えなくなりがちなのは、体から遠い場所です。
これはあなたが切れのあるボールに慣れれば見えるようになります。
しかしこれはしかたないのですが、上に行くとさらに切れのある投手が
出てきます。
試合でいきなり出会い、見えていない状態になってしまったら・・・。

打つしかありません。
こんなときのためにバッティングセンターなどで設定して少しボール球を
打つ練習もしておきましょう。




おっいいこと聞いたぞ!これはしかたないな!
火の玉のブログを応援してやってもいいぞ!と言う方は下の
にほんブログ村 野球用品・グッズ
人気ブログランキングへ
ブログセンター
上のどれか一つで構いません。クリックしてやってください!!
最近はコメントも多く嬉しい限りでございます。ありがとうございます。

関連記事