FC2ブログ

2011 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 05

打ち方指導の矛盾

kage

2011/04/06 (Wed)

「下半身でボールを飛ばすんだ!」
「腰の回転で打て」

間違いではないです。
ただこれを意識して普通に振ると・・・・。
「体を開くな!」
「壁を作れ」
となっていきます。

そして体を開かずに壁を作ると・・・。
腰が回ってない!フォロースルーをもっとしろ!となり、もうどうしたら
いいかわからなくなります。


私個人が思う打撃って体全部を使って力をボールに伝えるなんです。
基本全部の動作をあまり意識しないで振り抜くのがいいです。
その中で「腰が回ってないよ」と言われれば少し意識する。
腰、腰、腰ってならないこと。
体全部を使い、力をぶつけるんです。


当然、下半身で打つというイメージもないです。
必要ですが、そればかりではどこかがおかしくなり、永遠に抜け出せない。
私は腕立てもします。
懸垂もします。


城島選手はこう言っています。
「野球で使う筋肉とか別にないんです。筋肉をつけてそれを野球に
使えるようにするんです」


上で書いた指導を受けている方にお勧めするのが素振りです。
悪いままでいいです。素振りをしてください。
その中で、学んだことがあれば少しだけ意識して振る。
最初は皆、言われるんです。
腕、肩、腰、もも、ふくらはぎ、足、足の指まで連結してバットが
回っていないから指摘を受けます。

素振りを繰り返すことで、だんだん繋がってスイング出来るように
なります。
なるべくシンプルにです。
考えすぎないのも打撃には必要かと思います。
考える時間があれば、振った方がいいです。
振りながら考えましょう。

高校、大学になったら、おおいに悩み、微調整してレベルを上げてください。
関連記事