FC2ブログ

2011 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 05

盗塁はスタートが命

kage

2011/04/20 (Wed)

私はバッテリーが良ければ、で出ます。

「牽制で刺されるじゃないか!!」
私から言わせれば走っても刺されます。

1塁~2塁まで27m43cmです。
50mもないんです。
小学生でも4秒です。短いです。
ピッチャーがちゃんとクイック(早く投げて)してキャッチャーが
ベースにしっかり投げたとしたら・・・
コンマ1秒、2秒でアウト、セーフが決まると思いませんか?
例えば小学校の体力測定の50m走を思い出してみてください。
二人で走って記録が8秒2の子と8秒4の子だと体1つ差が出て
いませんか?
盗塁で8秒2の子がセーフなら8秒4の子は完全なアウトですね。

だからこそスタートです。
スタートが遅れればコンマ1,2秒は到達が遅れます。

ただ全部、勘でピッチャーが動いた瞬間に出ていたら相手もわかります。
それにリスクが高いです。

どうすればいいか?
牽制が100%来ないようにすればいいだけです。
来ないような工夫をしたリードを取ればいい。

走りそうだから牽制が来ます。
いかに走らないように見せるかです。

私はどうしても走りたい場面はリードを半歩狭くします。
このときは大事なランナーだとバッテリーも思います。
まず来ません!試してみてください。

もう一つの方法はかなり大きめに取ります。
戻る前提で出ます。
牽制が来ます。ヘッドで帰ります。
次のリードを小さくします。

よし!俺の牽制にビビッて小さくなった!これでバッターに集中だ!

私はこれで牽制をもらったことはありません。

基本バッテリーの隙をつくという考え方です。
出塁したすべての塁で盗塁をする人は、どうリードを取ろうと警戒されるので
ちゃんと相手投手の癖を見抜きましょう。


ここでよくある癖を紹介しておきます。これがわかればリードを
限界まで取り最高のスタートが切れます。
これがわかるのが1番理想ですが、だいたいわからないので勘で出ると
書きました。

よくある投手の癖です。
1、投げる前にキャッチャーを見るために顔が動く。
2、牽制のときだけ、立っている足の幅が違う。
3、牽制のときだけファーストを見たいために微妙に顔がこっちを見ている。
4、キャッチャーのサインの後、アクションがないと牽制(アクション
する投手)。

たま~にいますのでよく見てください。
関連記事