FC2ブログ

2011 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 06

どっちで行けばいいのでしょうか?

kage

2011/05/23 (Mon)

悩んでいます。
どっちがいいと思いますか?
ひとつは「空振りが少ないけどゴロになってしまうノーステップ打法」
もうひとつは「ステップをするけど空振りが多い足を上げる打法」
どっちでいけばいいか悩んでいます。
今回はこの質問です。


どっちも望んでいない・・・

悪いところを我慢して現状はどっちかのスイングでやるしかないと、
この人は思っています。
火の玉からの意見は目指す自分は違うところにあるのではないですか?と
いうことです。
そういう自分の現状を無視したら、どんなバッターになりたいですか?



こういうバッターになりたい・・・

文章からの推測です。
本当は「確実性があり空振りが少なく、打った打球はほとんど長打」
これがこの人の目指す場所のような気がします。
ボールが当たらないから、ノーステップ打法で空振りをしないスイングに
取り組みました。
当たれば飛ぶと言われて、当たる確立をあげました。
それによりボールは飛ばなくなってしまいました。
それはいやなわけです。
だからボールを飛ばすために足をあげてフルスイングをしました。
当たれば飛ぶのですが、これでは当たりません。
どうしようもありません。


このどうしようもないがポイントです・・・


ここであきらめてはいけません!
今まで考えてやってきたじゃないですか?
だいじょうぶです。
あなたならできます。
まだ野球をはじめて1年です。
立ち止まるのは、はやいです。
どうしようもないときに、じゃあこうしようと色々とためしてください。
これを試行錯誤といいます。
こうして、自分だけにしかできないスイングを作りあげていきます。
すべての野球人がそんな壁にぶつかり、今のあなたのように悩み、苦しんで
今日もグランドに出ます。



例えば私なら・・・

確実性が高く長打率が高いバッターになるうえで、ステップの幅を狭めて
腕を下げてレベルスイングっぽく打てば、打率はあがるかもしれない。
と思い、素振りしてみます。
打つ前にバットを捕手側に寝せてみる。とかいろいろあります。
挑戦するスイングはたくさんあります。


他には・・・

プロ野球選手のまね、チームメイトのまねをしてみるのもいいでしょう。
人のいいなと思うところは全部、盗みます。
私のスイングはこうした色んな人の長所をまぜたスイングです。


魔法の質問を教えます・・・


これはとっておきです。

「あなたにとってバッティングで、ここだけはちゃんとやらないと打てないと
いうポイントはなんですか?」

この質問をいろんな人から聞いてください。
メモしておいてもいいと思います。
これを集めておくことで、この先、打てないときや壁にぶつかったときの
くもの糸となってくれます。
この質問は、行き詰ったときの次の手を教えてくれています。
ぜひ、うまい選手には必ず聞いておいてください。
すごいですよ!



知っていると出来るは違う・・・

なぜわたしが技術的、アドバイスをしないかはここにあります。
泳ぎ方を本10冊、読んで頭にたたきこんで泳げるようになれますか?
私は空中ブランコのやり方を知っています。
ブランコに乗ってほかのブランコに飛び移ればいいんです。
やれと言われたら死んでも出来ません。
あんな高いところに登って飛ぶなんて無理です。

ここで技術的アドバイスをしても、まずできません。
だからこそ、これからの取り組みかたを熱く書きます。

「例えば私なら」の段落で少し私なりの考えを書きましたが、必ずこれが
うまくいくものでもありません。

見つけてください。あなたなら出来ます。
チームが求めていても、あなたが目指したい場所が違うのなら
それにあわせず進んでください。
出席率100%のまじめなあなたなら、そんなに悩まずともボールに
当たるようになりますよ。
私は経験が克服してくれると思います。
自分を信じて振ってください。
なにもおそれなくていいです。
あなたはきっとうまくなります。



関連記事

なにかひとつ光るものを・・・

kage

2011/05/22 (Sun)

俺はこれなら誰にも負けない。
ビジネスではコアコンピタンス(中心的専門能力)といったところです。
これを持っている選手は草野球、少年野球ではレギュラーになれます。
逆にこれがないとむずかしいことを忘れないでほしいです。
俺は、なにで勝負したら負けないか?を考えてください。
これだ!というものが、できたら徹底的に磨きましょう。



なければ、もっと細かくしぼる・・・

例えばバッティングで勝負しようと決めます。
でもチームには自分より打つ人はたくさんいる・・・無理だ・・・。
となってしまいます。
バッティングを細かくします。
・外野フライならいつでも打てる。
・ゴロなら打てる。
・1,2塁間にヒットを打つのなら1番上手い。
・長打力なら負けない。
・セフティバントさせたら俺が1番だ。

いくらでもありますね!
あとはそれを磨くだけです。
磨いていけば、外野フライがホームランになります。
ゴロがヒットになります。
1,2塁間が右側ならどこへでも狙って落とせる。になります。
さらに強いコアコンピタンスを作れます。



川相さん・・・

巨人、中日とわたりあるきバントで世界記録の川相さんは有名です。
川相さんもプロになり、通用しなくて見つけた誰にも負けないものが
「バント」でした。
「バント」というものを見出して成功しました。


必ず1番でなければならない・・・

存在価値がなくなります。
大事な場面で代打をだされるのが、コアコンピタンスがない選手であることが
多いです。
これがあるから、かえられない・・・そういう選手であれば安心です。


チームで1番になることです・・・

ここで勘違いしないでほしいのが、チームで1番でなければ意味がないと
いうことです。
レギュラー、補欠関係なく1番でなければ、チームはその状況におうじて
代えます。
他のチームで1番では意味がありません
2,3チームに入っている人なら、そのチームごとで探してください。
必ず上がいます。
上がいる場合、負けないように磨くか、あきらめて他のなにかを
さがすかです。
日本で1番でも意味がないです。
100mで日本で1番早い人がいます。
チームにとっては、塁間27m43cmの勝負でチーム1位でなければ使う価値が
ないということです。



最終的にトータルでいい選手に・・・

最終的にイチローさんのように、すべてでトップになればいいです。
そのためには、まず使ってもらうことです。
使ってもらって経験をつめなければ上手くなるのが遅くなります。
魅力ある選手になり使ってもらいチームで1番をたくさん作り、
トータルでどこにいっても、いい選手になればいいと思います。
関連記事

阿部選手もアンダーアーマーのスパイク?。

kage

2011/05/18 (Wed)

怪我をしましたね?
そこで契約したアンダーアーマーにスパイクをいろいろやってもらって
いるそうです。
金具を削って・・・といろいろです。
簡単に土に深く刺さり、抜けるときは簡単に抜けると足の負担を減らした
そうです。


これで阿部選手は・・・

きのう復帰して活躍!
原監督にも、大黒柱と言わせたほどでした。
この阿部選手の足元を支えるアンダーアーマーのスパイクは、
間違いなくいいものだとわかりました。


安いスパイクで失敗・・・

私は昔、「もう本気でもないし、遊びだからこれでいいでしょ?」
なんていって安いスパイクを買いました。
数ヶ月で穴があいて終了。
次にまた安いスパイクを購入。つま先が痛くなり終了。
三足目は少しだけ高いものを買いましたが、かかとが痛くなり終了。

使った金額35000円!!

っておいっ!

これで安物はアップシューズだけと、私は心に決めました。



スパイクは4年~7年は使えます・・・

やはり値段です。1年半ぐらいのつもりなら、10000円で十分です。
3万出せば、それだけプレーもいいプレーが出来ます。
足元に妥協はするな!!です。
軽量でスピードを求めるなら、1万ですぐ買い替えになりますが、耐久性は
ないので、これはしょうがないです。
そうじゃなければ、高額で良いものの方が結果、安くあがります。


7年は大げさじゃありません・・・

身近な野球経験者に聞いてください。
みなさん、普通にそれぐらいは使われています。
ただ、ものは3万付近のとても、いいものを使っています。


本気で頑張りたいなら安物は卒業です。
下半身の安定、GO&ストップを助けてくれるのは、スパイクです。
私は今のスパイクの次はこれしか考えていません。


関連記事

自分で決める

kage

2011/05/17 (Tue)

フォームは自分で決めること。
監督やコーチに言われたからと言って全部を言うとおりにしても
必ずいい方向に行くとは、限らない。

オリックスに入団して、イチローが振り子打法を直さなかったのは有名な話です。
野茂はフォームを直さなくていいという条件で近鉄に入団してます。
自分に信念があれば、誰に言われようと直してはいけない。
自分を無くすことは、しないほうがいいです。
自分にしか、わからない領域があります。



ただ反抗的に変えないと言ってはいけない・・・

変えるなと言っておいて、変えないと言ってはいけないと言っていて、
わけがわからないですよね?
監督、コーチには「わかりました」と言いましょう。
そして変えないのです。
打てたら「監督のアドバイスが効きました。ありがとうございます」と言って
ください。
これをやらないと使ってもらえません。
出来ていないと言われても、「わかりました。練習します。」と答えます。
ずっと出来ないとあきらめます。
打てば何も言わなくなります。


私がゆずらないところ・・・

私は中学のときに誰よりもライトにヒット打てる確立が高いことに
気づきました。
軸足を回しません。
回してしまうと開きます。だから回らないように、あえて我慢します。
右に打つためです。
今、格闘家の元横浜の古木選手もこれをやっていました。
色んな人に、打てなくなると指摘されます。
「そうですか。わかりました。」と言って、言われた1打席だけ
やって、また戻して、とぼけます。
打てない原因はそこではないと、わかっているからです。


その人に合ったフォームがある・・・

私はこうしろという押し付けはしません。
打てなくて悩んで、「バッティングフォームを見てくれ」と言われない
限り、悪いところがあっても指摘はしません。
私から見て禁じ手をやっていても、打っている選手は打つからです。


それでも、あなたのためを思って言ってくれている・・・

良かれと思って言ってくれていることを忘れないようにしましょう。
ここが直れば打てると思ってます。
もしもこだわりで、なければ、それは必ずいい方向に行きます。
アドバイスは素直に聞き、自分に取り入れて行きましょう。
そして自分に合えば使っていきましょう。
関連記事

打った感覚

kage

2011/05/15 (Sun)

目線のズレは誰にでも平等です。
人はボールを予測で打ちます。

ピッチャーが投げました!
だいたいこの辺をボールが通過するんだろうな・・・
よし!じゃあ、この辺を振ろう!
カキーン!ホームラン!・・・なんです。


よし!じゃあこの辺を振ろうがポイントです・・・

この決定を脳がした時点で例えば5cm頭が下がってしまえば、バットが
通る場所は、ズレてしまいます。

あんなに小さいボールを打つのに、このズレは大きいです。
そのまま5cmズレるわけではありませんが、ポイントは確実にズレます。
自分が決定した場所と違うところをバットが通ります。
そのまま違うところに当たり凡打になります。

打つ前と打った後で頭の位置は同じ高さにありますか?
前に動くのは大丈夫ですが上下に動くのは、いけません。
私の場合は、前に頭を動かすのも、やっていません。
T岡田選手は、最初から最後までまったく頭の位置が動きません。
頭を動かすのは、崩されたときに仕方なくです。



頭を動かさない方法・・・

単純に動かすなって言ってもステップしたときに、どうしても動くだろ?
これは色々な選手が工夫しています。

右バッターの視点で書きます。
・左足のステップの着地をつま先から、ゆっくり着地させる。
これはノンプロの元4番に教えてもらいましたが私はこれを使っています。

・最初からひざを曲げて打席に入る。
これは青木選手やT岡田選手がやっています。下半身に相当負荷がかかるので、
走りこみも必要です。

・走りこみをする暇がない方は、少しひざを曲げてステップを狭くすれば、対応が
出来ます。



打球が飛んだ方向は見なくていい・・・

ちゃんとボールを見てください。
振ります。バットにボールが当たります。その当たった場所をしっかりと
見てください。
打球を見るのはそれが終わってからです。
先に打球を見てしまうと目線がボールからはなれて、やはりこれもズレの
原因になってしまいます。

1番いい例はゴルフです。パチンと打ってもしばらくピンを見てます。
その後、ゆっくりボールを見ます。あれがいいです。
野球も当たった場所を見て打球を見るのは走りながらです。
たまに私は、どこに飛んだかわからないまま、走っていることが
あるぐらいミートポイントを見ています。
ホームランを打ったときも、打球を確認したらすぐスタンドに入って
います。どういう打球で入ったかは、わかりません。
極端ですが、それぐらい見ます。
当てるのが1番の仕事です。



バッティングセンターでは打てるけど、試合になると打てません・・・

こういう方は、たくさんいます。
試合では、打たせないように投げてくるので、当然打てなくなります。
これは、みんな一緒です!
私もそうです。バッティングセンターのときぐらい打てたら、どんなに
いいかと、いつも思います。
そんなに悩まずに打ちましょう。
頑張った分、必ずかえってきます。
ただ、なるべく実戦に近づける形を取ることを、おすすめします。
アーム式のバッティングセンターで打っていませんか?
アーム式と投手では、タイミングの取り方が全然、変わってしまいます。
やらないよりは、マシですが、あまりおすすめしません。
投手が投げている液晶がついているところで打ちましょう。
そうすることにより、試合との誤差、違和感は相当、うまります。


関連記事