FC2ブログ

2011 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 06

肩、肘痛の治し方

kage

2011/05/30 (Mon)

基本的には治りません。
完治はしません。

ある程度、回復させることならできます。
ランナーを刺せる。アウトに出来るぐらいには投げれるようになれます。


痛めたまわりに筋肉を・・・

私はひじを痛めたときに、プロ選手も見て新聞にも出たことがあるスポーツ
整形外科の先生に診てもらいました。
名前と病院名は控えておきます。
メスを入れない場合は、筋トレ→アイシングに尽きるそうです。


その先生に教わったリハビリ法です・・・

ひじからです。
1,2キロの鉄アレイで十分です。痛すぎる場合は無くてもいいです。
小さいクッションを用意して、ひじの上に置き、ひじを浮かせます。
その状態から手首だけを動かします。
表、裏とやってください。
この筋トレは手首が鍛えられているようで、ひじのまわりだそうです。
ひじをさわりながらやると、ひじがよく動いているのがわかります。



肩です。

肩は両手を水平に広げます。
手のひらを外側にむけてください。
そして直径10cmほどの丸を作るように手を何回もまわします。
そのときひじは曲げません。
1分もやると、そうとう疲れます。
なれたら鉄アレイを持ってやってください。

ほかには私の先輩のことですが腕立てで治したと言っていました。



ケガをしたばかりなら・・・

安静してください。
動かさないのが1番です。
これは佐藤義則ピッチングコーチも言っています。

未来ある子供さんの場合は特にです。
私は治りませんとは書きましたが限りなく全開に近いところまで
回復させなければなりません。
1年間、ボールをにぎらないぐらいしてもいいと思います。
治りさえすれば、また出来ますから。



アイシング・・・

筋トレのあとは必ずアイシングをしてください。
紙コップに水を入れて氷をつくります。
その氷を手で持てるようにタオルでくるみます。
氷の1部分をむき出しにして、ぬるように冷やしてください。
ビリビリとしびれがきたら終了です。
それ以上、やると低温やけどをするので注意してください。
最後にコップに氷をもどして冷凍庫にいれておけば何回でも使えます。
関連記事

肩の痛み

kage

2011/05/29 (Sun)

投げれない。
痛い。
どうすればいいのだろう。

私は、思います。草野球限定の答えです。
投げるしかないと思います。
なんとか投げてください。
いろいろな方法があると思います。


三塁手なら・・・

前で守り少しでも早く取る。
すぐに5ステップをしてワンバン送球でアウトにできます。
セカンドも同様に前で取る練習をすれば十分やれます。


不安があるなら・・・

ファーストを守らせてもらう。
投げる真似だけで相手は意外と走ってきません。


キャッチャーでもいいと思います・・・

しっかり取ってもらうだけでも十分です。
2塁へはワンバンでもツーバンでもストライク送球をしておけば、
ピッチャーにクイックが出来ていれば早いランナー以外は走りません。


草野球なら出ながら治すのが基本です・・・

治らなくたっていいです。
そんな人、いっぱいいますよ。
草野球はケガで休んでいられるほど人に余裕はありません。
たいていのチームはそのままやってもらうのが主流です。


実力ではありません。出席率が1番使う理由です。・・・

たまに来る上手い人はたまにしか来ません。
あてにならないということです。
代表は来る人で先発メンバーを想定します。
たまにきてもベンチスタートさせます。
下手でも出席率の高い人は代えません。

いやそんなことねえよ!俺はいつも来てるけど上手い奴がきたら
ベンチだよ!

そんなあなたに質問します。
そのチームに骨をうずめる覚悟はありますか?

ないですね?
みんなそう思ってます。
こういうことをするチームは必ずつぶれます。
だからこそ出席率です。
ここを重点におきましょう。



休まれるのが1番つらい・・・

集まる日もあります。
集まらない日がほとんどです。
どのチームも毎試合、1人か2人は人集めに紛争します。
だから肩が痛くても居場所はあります。
金本魂で草野球をやりましょう。


肩は治らない・・・

ある程度、あきらめが必要です。
私は肘をやっています。
もうスピードは元にはもどりません。
むきになれば、また故障します。
プロ選手のように、ケアをしてくれる人もいないです。
専属の医師、食事は?ビールと焼肉でしょ?治るわけがないですね。



最後に、これは草野球においての事例です・・・

軟式野球チーム(A級や1部)なら引退になります。
それでも野球が好きでやりたい。
そんな人は、下の2部、3部で続けられるチームを探すしかありません。
上のチームは本当に部活のようにやります。
年から考えてもカムバックは無理です。
高いレベルでシビアな世界です。
出席は当たり前で実力勝負になります。
高校生、中学生、小学生は未来があります。
しっかり医師に相談して、ちゃんとリハビリをしてください。




久さんへ・・・

続けたい思いがあるのなら、出てください。
その中で、上手くやればいいと思います。
私は投手の距離も投げれないときがありました。
サイドぎみに肩、肘にテーピング、サポーターがっちり巻き、
アームのような変な投げ方でセンターをやりました。
そのとき感じたのは、意外と投げることって少ないです。大丈夫です。なんとかなります。
頑張ってください。
関連記事

バットに妥協しない

kage

2011/05/28 (Sat)

理想とするバットには出会えない。
そう思って妥協する。
これでいいや。
打てなかったときに思う。
やっぱりここが駄目なんだよ。
次のバットを買う。
私はこれを繰り返しました。


だからこそ妥協しちゃいけない・・・

関連記事

勘違い代表の努力は報われない

kage

2011/05/26 (Thu)

「1人でも出してあげたいから俺は控えにまわってる」

こんな代表、キャプテンの人は多いのではないでしょうか?
残念!!
チームメイトにはまったく伝わっていません。


どう思っているか?・・・

キャプテンは年だから動けないんだろ。
キャプテンは采配をふるうのが好きなんだよ。
口だけだよ。ふつうにレベルが補欠だから控えは当然だよ。

こんなふうに思われています。


代表やキャプテンって・・・

グランド取り、相手さがし、大会の登録、人集めが仕事です。
そこで気を使って控えにまでまわってしまうと、そういうことをやるのが
好きな人なんだと皆、誤解します。


自分のためにやりましょう・・・

せっかく大変な思いをしているのですから、エンジョイしたほうが
いいと思います。
結局、試合に出たほうが得です。
あえて遠慮してるのではなく、出れないと思われてます。
だったら出たほうがいいでしょう。


背中で引っぱったほうがチームはまとまります・・・

試合に出ない代表、キャプテンのチームより、たとえ弱くてもピッチャーを
やって代表が頑張っているチームのほうがまとまっています。
もっと経験者に投げさせればいいのですが、その人のチームという認識が
あり、みんな納得しています。
わかってもらえないより、ずっとマシです。


最後に・・・

私はたくさんのチームに助っ人に行き、今もいろいろなチームから
日程を渡されて来れる日を連絡してくださいと言われています。
助っ人なので無料で野球をやらせてもらい、ありがたいかぎりです。
その中で所属チーム2チームに入り年会費を払って活動しています。
いろいろなチームを見てきました。
つぶれるチームはすぐわかります。
少しでも楽しく草野球をやれる環境が残ってほしいと思っています。
今後もこの辺の運営法も書かせてもらうつもりでいます。
関連記事

肉離れ。

kage

2011/05/24 (Tue)

4年前。熱い熱い夏の日です。
セミの鳴き声がひびく炎天下です。
すでに3安打を打っていた私はこの日は「何をやっても上手くいく」と
思ってました。
もう暑さも忘れて4打席目です。
いけいけで初球を打ちました。ボールはゆっくりと、ころころ三塁の線上を
ころがります。
いける!俺の足ならセーフだ・・・。
けり足をいつもより強くした。
1塁ベースにつく2,3歩前でばちーん!?!?
もう足は動きません。
私は左足太ももを肉離れしました。



その後、2週間で復帰・・・

ふつう1ヶ月は無理です。
ですが私は2週間で試合に出ました。
草野球事情もありますが、休ませてもらえなかったのもあります。

いや、だけど無理でしょ?
やったことのある人ならわかると思いますが、はい絶対安静です。無理です。



サポートのやりかたを工夫しました・・・

最初に、はくタイプのサポーターをします。
これだけでは歩くだけでも痛いです。
もう1枚、はいちゃいます。
このもう1枚はマジックテープで止められるタイプのものにします。
テープを強くまけば、そのぶんサポートがきつくなるからです。
2枚するという考え方は、なかなかしないと思いますが私はこれで
乗り切りました。


肉離れが治ったあと・・・

やはり、くせになります。
これだけは、しかたないかと思います。
これでは全力で走れません。
私はチームで1番ではありませんが塁に出たら攻撃参加はできる足を
持っています。
これをなくすのは選手としての価値をとてもさげます。
なんとか塁間(るいかん)だけでも全力で走りたいわけです。

*塁間とは1塁から2塁、2塁から3塁の今のベースから次のベースまでを
塁間といいます。



走れます・・・

私はあれから4年間、全力で走って肉離れはしてません。
どうしてもなります。
だったら試合のときは、サポーターをつければいいんです。
練習のときはしません。
もちろんケガをしないように加減をすればいいのです。
試合は手を抜いてしまうと絶対に後悔します
本当はセーフなのにアウトになった。
その試合は負けてしまった。
これをやってしまった私はくやしくて、くやしくてたまりませんでした。


最高のパフォーマンスを・・・

このときから決めています。
つねに最高のプレーができるものを着る、つける、使う
たとえそれがサポーターであっても不安があるなら、もう痛くなくても
つけるべきです。
肉離れになったら戦線離脱で、その年はおわりです。

全力でできる状態になるのに、それが必要ならつかうということです。


注意点・・・

サポーターは筋肉やその部分が動かないから、痛みがやわらぎます。
つけっぱなしですと筋肉が固定されて動かないので、筋肉がつきにくく
なります。
練習のときは外してください。
これ以上、やったらつりそうになるのは自分でわかるはずです。
そのときは力をゆるめればいいだけです。
サポーターをやっている部分も練習では、できるかぎりいじめてあげた
ほうがいいです。
できればその状態になれて、サポーターなしで全力プレーができる状態に
もどせれば、それが1番いいです。


ザムスト サポーター 太もも用 TS-1

ザムスト サポーター 太もも用 TS-1
価格:3,675円(税込、送料別)




関連記事