FC2ブログ

2011 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 06

バットのヘッド

kage

2011/05/11 (Wed)

 「専門用語を使うんじゃねえーーーー!」
野球の番組を見ていると叫びたくなります。
初心者の方には、わかりづらいものになってます。
せっかくいいことを言っているのに、伝わっているのか?
って、そんな私も無意識についつい使ってしまうんです・・・


・野球選手は知ってる前提でしゃべる。

 これはしかたないです。野球のことを聞かれて、ただ答えているだけ
だけです。学校の先生のようには、しゃべってはくれません。
野球選手の言葉を吸収したければ、私達がおぼえる必要があります。
ただ解説者には気を使ってもらいたいな・・・
それがないなら私が書きましょう!!

 特にたくさん使われるのがヘッドではないでしょうか?


・ヘッドの意味と使われ方

 ヘッド=頭です。バットの先の部分をヘッドと言います。
ヘッドキャップというのは、バットの先にはまっている黒いキャップです。
へこんでいるキャップは、軽量化にしているので、先が重くないので、
ミドルバランスであることが多いです。
 逆に普通にふたのように、たいらになっているヘッドだと重いので、
トップバランスであることが多いです。


・会話で使うヘッド

「ヘッドが下がっている」
 バットの先がグリップより低い位置にあり、そのままレベルスイングを、
してしまっている状態です。
 波をうってしまっている状態に近いです。
 バットが重く振れていないのが原因です。
 これを言われたら、たくさん素振りをするか?バットを軽量化しましょう。

「ヘッドをたてろ!」
 これは巨人戦を見てください。ラミレス選手がネクストで意識的に、
やっている素振りがそうです。
 ななめ45度にバットをたてて振ります。実際に打つときは、あんなに
たてませんが、少しグリップより高い位置にヘッドをおき、打つことを
ヘッド、バットをたてて打つということになります。
 ラミレス選手はヘッドがさがるのが、いやなんでしょう。


・なぜ?今これをいうのか?

 今はレベルスイングの時代となったからです。
 初心者がやってしまうと、ヘッドが下がってしまう指摘を受けるからです。
低めのボールまで、たてろとは言いませんが、真ん中をヘッドが下がった
状態で打ってしまうと、よくてファールでヒットにはなりません。
 セカンド、ファーストフライです。よく経験者の上手いバッターが、
右に打とうとして、こうなります。
 ヘッドを下げてしまったとみて間違いないです。

 もしも言われたときは、気をつけましょう。意味がわからなく直せないと
ビヨンドでも打てなくなります。

 
・プロ野球選手を見た場合

私の見解ですが、右バッターでレベルスイングで成功している選手は
私は知りません。

 それに近いスイングはしていますが、西岡さん、内川さんはダウンスイングの
ゆるやかバージョンって感じです。少しだけヘッドがたっているので、ゆるやかにダウンしています。
 青木さん、稲葉さんのような完全なレベルスイングではありません。
 草野球プレーヤーは右が多いだけにおちいらないように注意してください。
 右バッターと左バッターとでは打ち方は同じには出来ません。
 松井さんがいい例です。あの人は右バッターの打ち方をしています。
 どうでしょう?レベルにはなっていません。
 こういうのは野球中継のスローVTRをよく見るとわかります。


関連記事