FC2ブログ

2011 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 07

簡単打撃修正法

kage

2011/06/20 (Mon)

すごく簡単です。
覚えておくと今よりは打てるようになります。
打ち方はいつものように個人の感覚でおこなってください。


この修正の適用は・・・

完全に打ち損じた場合となります。
インコースの真っ直ぐをバットの根元でぼてぼてのゴロになってしまったり、
変化球にタイミングを崩されて打てなかった場合は修正しても無理です。


完璧に捕らえたと思ったのに・・・

サードゴロだったり、ファーストフライになってしまった場合に
有効です。

有効というより必ずやったほうがいいです。
凡打するということは単純にボールにしっかりバットが当たっていない証拠です。
振っている軌道や角度がボールにちゃんと向かっていないということです。
これを直さないと、どんどんずれて最後には全然、打てなくなります。
だからこそ、こまめに修正をして常にいい状態を保ちます。



簡単修正法・・・

ゴロアウト(カスっと当たってボテボテのゴロも含みます)の場合は
もっと叩きつけてください。
上から来るバットの角度がたりません。

フライアウトの場合はゴロと逆です。特に内野フライは完全に叩きすぎです。
もっとバットを水平にレベルスイングするか、アッパースイングしてください。


えっ?火の玉それ、違くない?・・・

そう思った人は多いと思います。
だってゴロで叩いたらもっとゴロになる。
フライでアッパーにしたら余計にフライになる。
これが自然です。
不思議ですよね?
私もこれに気がつくまで、すごく時間をつかいました。
なぜ打てない?を突き詰めていくとこれが
正解でつじつまが合います。


例えば・・

ビヨンドマックスでポップフライで悩んでいる人、特に硬式経験者・・・
ボールをぶったたていませんか?
軽く振ってだましてもつまらないでしょう?スイングの軌道を変えて
見てください。

サードゴロの引っ掛けばかりやっている人・・・どこか飛ばしたいと
思っていませんか?テニスのような下から打つ打ち方をしていませんか?
結果は卓球のスマッシュようにボールは下へ行きます。
もっと上から叩いてみてください。

この中間のスイングでヒットになります。
あなた個人にとって、叩きすぎでもなく、下からバットが出すぎていない状態です。

深いですね。バッティングってむずかしいですね。だからおもしろいです。



信じる?信じない?・・・

これは実際、私が現場で体感したことしか書いていません。
だから教科書にも載っていませんし、プロ選手も言っていないことです。
なので異論、反論があると思います。
だから自分で使うかは決めてください。


普通の人は1試合1本~2本打てれば満足だといいます。
私は全打席、打ちたいと思ってます。
その中でも、この修正法はとても有効でした。
逆の発想に気づいてからは、おもしろいように打てています。


昨日の試合結果です・・・


ちなみに昨日、3試合して13打席10安打1デットボールでした。
最後は、120キロ近いフルMAXのストレートを「てめー打ちすぎなんだよ」
って感じで、ぶつけられた気がします。
いやいや冗談です。ちゃんと土下座つきで謝ってくれていました。
とても楽しい休日でした。

そんな私ですが先日はストレートだけで3球三振に取られています。
「まだまだ弱いことを知る~3球三振」
慢心せずに今日も走りこみと素振りをします。

関連記事

まだまだ弱いことを知った

kage

2011/06/18 (Sat)

3球三振だった。
5回に打席が回った。
4回から相手はエースを投入してきた。
私の打席が終わり、このまま雨天コールド。
今日の相手は去年、2部の優勝チームとの練習試合だった。
この辺のレベルになると1部でも余裕で通用する。
現に1部のチームをバッタバッタ倒している名門公務員チームだ。

だからいいのか?
3球三振はしかたないのか?

言い訳だ。

チームの4番バッターとして負けてはいけないと思う。
打たなければ・・・。

思えば何も準備をしていない。
前の日にバッティングセンターに行っていない。
仕事のあとでアップもしていない。
バナナも食べてない。
強豪とやるのに練習試合ってことで、どこか妥協していた。
そして真剣な相手に、喰らうべきして喫した3球三振だった。
私は圧倒的に負けたのだ。


なんてあまい考えだったのだろう
最近は打ちすぎていて調子に乗っていた。

高いレベルの投手と当たればこんなもん。
まっすぐだけで真っ向勝負されて負けたことを考える。


よかった・・・なんてラッキーなんだ。
明日から本気の本気で練習をする気持ちになった。
あの人には勝てないなんていうつもりはない。
今日は言い訳はしないのだ。
言い訳を出せばきりがないし、なにより自分が楽になる。

だめだ!
私は今日のくやしさを120パーセント噛み締めることにした。
なんとも楽しみになった。
だって1ヶ月後は間違いなく今より強くなれることが今日で約束されたからだ。


見据える・・・
必ず行く。
1ヵ月後の自分が笑ってまっている。
今日はとてもいい日になった。


くやしいな・・・強い4番バッターになるぞ。
関連記事

草野球チームは15人集まったら、つぶれる

kage

2011/06/16 (Thu)

えっ!15人集まったら、つぶれるの?
いやいや盛り上がってるチームでしょ?
そんなチームがつぶれるわけないよ。


教えます・・・

野球は9人でやります。15-9=6人がベンチになります。
ということは6人が途中交代します。
フル出場は3人だけとなります。
この3人は満足でしょう。
あとの12人は不満が残る日になります。


みんなそうですが・・・

休日をつぶして野球に来ています。
奥さんに頭を下げます。
会社の上司に嫌みを言われても、頭をさげて来ている人がほとんどでは
ないでしょうか?
そこでストレスを発散したいのに4回で途中交代で打席は2打席しか
回らなかったらどうでしょう?
他のチームへ移籍します。
ある程度の実力があれば、誘われています。
こうして12人が抜けます。


でも集まったもんはしょうがないでしょ?・・・

あきらめずに演出を考える代表者のチームは長く続きます。
私なら試合は、せずに紅白戦をします。
助っ人をひとり、ふたり呼べば出来ます。
足りないポジションはお互いのチームで貸し出しでいいでしょう。
16人~18人で紅白戦は可能です。


15人のままなら・・・

3人、4人、4人、4人の4チームで対抗戦をします。1チームが打って
3チームが守ります。
負けチームに罰を与えると盛り上がります。


相手が決まっている場合・・・

状況を選手に正直に伝えます。
そして参加しなくてもいいことを伝えます。
これで評価をさげないことを約束します。
最終的に11人か10人まで人数調整をします。



1番の失敗例・・・

勝ちにこだわるあまり助っ人を呼んで自分の選手を控えにしてしまう。
これをされた選手は確実に辞めます。
ここで書きたいのは、集めすぎには注意です。
自分の選手がいるのに助っ人を呼んでしまうのもタブーです。


終わりに・・・

楽しく演出することも代表者の大事な仕事です。
また代表者じゃなくても、こんな提案をすればチームが盛り上がりますので
選手側から打診してもいいと思います。
関連記事

ラクワブレス11.ダルビッシュモデル~その進化は妥協を許さない。

kage

2011/06/13 (Mon)

驚きました!!
この効果のブレスってノーマルタイプでは出ていません。
X50のブレスですよ!
X50プラスでチタンボールも入っています。
現状のファイテンが出すブレスの中では最高のものではないでしょうか?


2,3ヶ月後にはノーマルタイプが出るとは思いますが、はっきり待てませんね。
そのころは9月です。
ノーマルが出たところで多分500円ぐらいしか安くなりません。
だったら今、ダルビッシュさんになったほうがいいでしょう。


まさかX50だとは思いませんでした。
店頭で見て「うそっほんとに!」ってさけんでしまいました。

近くにいた店員さんが「X50です。すごいですよね?」って声をかけられて
しまったぐらいです。
結構、でかいリアクションをしてしまっただけに、恥ずかしかったです。
でも、これはすごいですよ。
自称道具マニアとしては、ひさびさにアドレナリンが出た1品でした。

「その進化は妥協を許さない」このフレーズいただきました。
来週、チームメイトにはこの言葉で自慢します。

関連記事

指導者の言うことは聞くな

kage

2011/06/13 (Mon)

誰の言うことでも聞いてしまう人がいます。
これは本当にやめたほうがいいです。
打撃がめちゃくちゃになります。



誰の指導、言うことを聞いて実戦すればいいのか?・・・

それは、あなたを何年も見てきている人です。
あなたの打撃フォームだけを見て、今、どんな状態かわかる人です。
あなたのいい状態、長所を知り尽くしている人にアドバイスを求めましょう。

「以前はこうだったけど、今はこうなっているから、良くないんじゃないかな?」

こんなことを言ってくれます。
これが最高のアドバイスになります。
落合監督でも、しばらく選手が不振になっても、放っておきます。
選手がどうしようもなくなってから、しっかり直すべきところを指摘しています。
まず選手をよく見て、長所を殺さずにいい状態に戻してあげています。
ここまで見てくれている人でなければいけません。


自分より上手かったり、経験があると・・・

みんな、いろいろ言いたくなってしまいます。
必ずもっとこうしたらいいのにって思ってアドバイスします。
「バットをなるべくレベルにして打て」
「腰を回転させなさい」
これは正解です。
ですが、あなたにとって、これが合っていますか?
いや、これをやって打てればみんな、やってます。

あなたの今の状態がポップフライアウトが多いなら、レベルでは足りません。
アッパースイングしてもいいと思います。
逆にゴロアウトばかりなら、しっかり叩かなければなりません。
必ずしもレベルスイングが正解にはなりません。
これはほんの1例ですが、いろいろ人によりフォームを直した方がいいところは
あります。

私もあります。しかしそこを直せば私ではなくなります。
言ったら平凡なバッターになってしまいます。


良かれと思って言っています・・・

あなたをいい方向にしたくて言っています。
初対面で言われても、お礼は言いましょう。
もしかしたら長い付き合いになり、状態をよく見て言ってくれることも
あるかもしれません。


PS・・・
「指導者の言うことは聞くな」の裏側をメルマガで配信しました。
よかったらこちらも見てください。
関連記事