FC2ブログ

2011 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 07

簡単打撃修正法

kage

2011/06/20 (Mon)

すごく簡単です。
覚えておくと今よりは打てるようになります。
打ち方はいつものように個人の感覚でおこなってください。


この修正の適用は・・・

完全に打ち損じた場合となります。
インコースの真っ直ぐをバットの根元でぼてぼてのゴロになってしまったり、
変化球にタイミングを崩されて打てなかった場合は修正しても無理です。


完璧に捕らえたと思ったのに・・・

サードゴロだったり、ファーストフライになってしまった場合に
有効です。

有効というより必ずやったほうがいいです。
凡打するということは単純にボールにしっかりバットが当たっていない証拠です。
振っている軌道や角度がボールにちゃんと向かっていないということです。
これを直さないと、どんどんずれて最後には全然、打てなくなります。
だからこそ、こまめに修正をして常にいい状態を保ちます。



簡単修正法・・・

ゴロアウト(カスっと当たってボテボテのゴロも含みます)の場合は
もっと叩きつけてください。
上から来るバットの角度がたりません。

フライアウトの場合はゴロと逆です。特に内野フライは完全に叩きすぎです。
もっとバットを水平にレベルスイングするか、アッパースイングしてください。


えっ?火の玉それ、違くない?・・・

そう思った人は多いと思います。
だってゴロで叩いたらもっとゴロになる。
フライでアッパーにしたら余計にフライになる。
これが自然です。
不思議ですよね?
私もこれに気がつくまで、すごく時間をつかいました。
なぜ打てない?を突き詰めていくとこれが
正解でつじつまが合います。


例えば・・

ビヨンドマックスでポップフライで悩んでいる人、特に硬式経験者・・・
ボールをぶったたていませんか?
軽く振ってだましてもつまらないでしょう?スイングの軌道を変えて
見てください。

サードゴロの引っ掛けばかりやっている人・・・どこか飛ばしたいと
思っていませんか?テニスのような下から打つ打ち方をしていませんか?
結果は卓球のスマッシュようにボールは下へ行きます。
もっと上から叩いてみてください。

この中間のスイングでヒットになります。
あなた個人にとって、叩きすぎでもなく、下からバットが出すぎていない状態です。

深いですね。バッティングってむずかしいですね。だからおもしろいです。



信じる?信じない?・・・

これは実際、私が現場で体感したことしか書いていません。
だから教科書にも載っていませんし、プロ選手も言っていないことです。
なので異論、反論があると思います。
だから自分で使うかは決めてください。


普通の人は1試合1本~2本打てれば満足だといいます。
私は全打席、打ちたいと思ってます。
その中でも、この修正法はとても有効でした。
逆の発想に気づいてからは、おもしろいように打てています。


昨日の試合結果です・・・


ちなみに昨日、3試合して13打席10安打1デットボールでした。
最後は、120キロ近いフルMAXのストレートを「てめー打ちすぎなんだよ」
って感じで、ぶつけられた気がします。
いやいや冗談です。ちゃんと土下座つきで謝ってくれていました。
とても楽しい休日でした。

そんな私ですが先日はストレートだけで3球三振に取られています。
「まだまだ弱いことを知る~3球三振」
慢心せずに今日も走りこみと素振りをします。

関連記事