FC2ブログ

2011 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 09

構えでわかる打者のウイークポイント

kage

2011/08/03 (Wed)

構えただけで、だいたいわかります。
自分に当てはめると「あっほんとだ!」となる人は多いと思います。

例えばグリップの位置が頭の近くで高い人は低めが得意です。
昔で言えばタフィ・ローズがそうです。
坂本選手もそうです。低めを拾うのがとても上手いです。

逆にグリップの位置が肩より下にある選手は高めが得意です。
4番、5番の長打力のあるバッターにこのタイプは多いです。
だから高めは危険と言われているんです。


次にグリップが体から離れている選手はインコースに強いです。
グリップが体に近い選手はアウトコースが得意です。

これはあくまで傾向です。
初心者だったら結構、多いのではないでしょうか?
野球を知り、自分に合うフォームを探すことにより、この傾向は崩れます。
どこでも打てるようになるからです。


それでもちょっと振るとすぐわかります。

フックの得意なボクサーが、シャドーで思わずフックを出してしまうように
打者もバットを振ると得意コースを振ってしまいます。
打席に入る前でわかってしまいます。


そんな中で経験者はいろいろ駆け引きをしていくわけです。
わざと振れないふりをしたり、狙っているボールをばれないようにしています。
関連記事