FC2ブログ

2014 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 11

強いチームの弱いチームの違いはたったひとつ

kage

2014/10/27 (Mon)

特に学生には言えることなんですが、強いチームと弱いチームって何が違うと思いますか?

強豪校と弱小校の違いです。


体格ですか?

足が速い?

ピッチャーがすごい?

選手を集めているから強いですか?

肩が強い人がたくさんいるから?



全部、違います。


たったひとつだったんです。



「練習時間」




これしかない。


運動神経の問題ではありません。

全部練習で補えて、全部練習すれば勝てます。


素質とか才能とかの話は、プロでドラフト会議にかかるか、かからないかのところまで行った人だけが言ってください。

そこまで行ってない人は、単純に練習が足りないから下手なんです。


量より質って話も、強豪校が当たり前にやってる16時から21時、朝練7時から8時の6時間をやった上での話ですからね。

6時間以内で質を求めるのもナンセンスです。

そもそも質を求めるほどのこともしていません。




手の上でえんぴつをくるくる回す技は、ある一定の量をやると急に出来るようになります。

まだ10回ぐらいしかやってないのに、コツとか質を求めているのと一緒です。

数えられないぐらいくるくる回して、落として失敗して、先生に怒られて、それでもやったら「あっできた」

出来たら、もう全然、失敗しなくなる。

質を求めるには、最低限の量が必要ということです。

その量が達していないのに、出来ない出来ないとなげいていませんか?






私何年もこれを聞いていたんです。

「練習してますか?」



最初は答えてくれないですよ。

いえいえしてないですって言うんです。


どんどん仲良くなると、実は・・・って話になる。

例外なくです。


小学校6年間1位だった友達は10年後に、教えてくれました。

「俺、練習してたよ」

直也君は運動神経が良くて、足が速いからって思ってた。

あと同時に思ったのが、直也君には負けてもかっこ悪くないという自分の情けなさです。




漫画が訴えているものは何か?

弱小高校が名門を倒して甲子園に行くストーリー。

作者の声が聞ければ、変われるはず。

あれぐらい練習したら倒せるんですよ。



強豪校は6時間。寮です。照明もあります。

したくても出来ないんですよ。

じゃあ、あきらめてください。

強豪に負けても恥ずかしくないですよ。



やれとは言ってません。


学生野球から草野球までのアマチュアは、練習で勝てるという話をしてるだけです。





草野球チームでも、試合前に他のグランドを借りて練習をしてから全員でグランドへ来るチームを見かけます。

私はいつも、そういうチームを見たら「絶対油断すんなよ、相手は練習してるぞ」とチームに言います。

初心者チームを舐めてやられるなんて散々、喰らってきましたから、練習してるチームが来たら私たちは個人個人が考えて、送りバントしたり右打ちをします。




一般人の世界は特にですが、練習してる奴には勝てないんです。



それに向かってちゃんと努力する人には勝てない。



もうひとつ小話。

中学で市の柔道NO1が私の高校に入りました。

高校でも活躍するかと思いきや、高校は勝てなくなった。

なぜか?

私の高校が弱小高校で18時に練習が終わっていたからです。


これ柔道だけじゃなくてテニスもそう。

市のNO1が入ったけど、他の高校へ行った二番手、三番手に勝てなくなった。



スポーツ推薦でいい選手を獲っても、その後どうするかで、実力は簡単にひっくり返るんです。


あなたがなりたい方向へ本気で練習するならば、あなたはそこへ行ける。


今これを読んでやる気になったなら、そのままバットを持って外へ出よう。

1分でも、あいつらとの差を縮めろ。


あいつらは絶対やってる。

俺の練習が足りないだけ。



運動神経の悪い子が、レギュラーなんて例は散々、見てきました。

見てきたから言ってます。

その子は小学校1年生から練習してる。

こっちは4年生から始めた。

だとすれば、そうとうやらないと追いつかないのがわかります。

素質、才能をはるかに超えた領域で練習されたら勝てない。


それを見て、勝てない駄目だってやめっちゃった才能ある子もたくさん見てきました。

結局は練習できなきゃ、才能なしってことでOKです。



大人から草野球を始めるならば、もっともっと覚悟が必要です。

3年かけてひっくり返してやるって気持ちで、1日1日を本気で生きてみますか?

それともあきらめて、笑われておきますか?

自由です。


今日、あなたがバットを握り、自分変える日となりますように。




さらに続編を作りました。

合わせて読んでやってください。

「強いチームに勝ちたい」
関連記事

やっぱり当たらない人へ

kage

2014/10/25 (Sat)

基本、どんな振り方でも、タイミングが合っちゃえば当たるんです。

なぜ当たらないか?

ほとんどの人はボールの上か下をバットが通って空振り。

またはドアスイングで叩きすぎて、ボールと合わずに空振り。

最後がアッパーで、バットと遠回りの振り遅れ。


ボールが通る場所さえ、しっかり予測できて振れれば当たるんです。



単純に予測が外れてるだけです。


その予測を合わせる方法を今回は書きます。



投手が投げた。


目力ハンパなくボールを見る。


ミルミルミルミルミル。


ズバン!っとらーくっ。



どこまでボール見ましたか?


ホームベース通るぐらいで目を切ったでしょ?


キャッチャーミットまで見てください。


見て見て見て見て・・・・ズバンのキャッチャーミットまで見てください。




そ・れ・で・・・打つときなんですけど。


たぶん当たります。

この気持ちで振れば当たりますから守ってくださいね。


振って当たっても打球を見ない。


しばらく、そのインパクトしたポイントを見ていてください。

あっこれ空振りしてもです。



すごく簡単に言うとバッティングスタンド、バッティングTとも言いますが、それにボールを乗せたら、乗せたところから目を離さない。

あなたはすぐネットを見て、いい当たりかどうか確認するけど、実際はそうじゃない。


当たった時点で打撃は終わってます。

だから打球は見なくていいんです。






見逃すときは、ミットまで。

打ったときは、打ったポイントをずっと見てる。

走り出したら目を切ろう。


目の先は?


もちろんファーストベース。



私はあんまり見過ぎて、ボールをよく見失います。

そのぐらい見る。



見失っても大丈夫。

やることは決まってる。

1塁に走るだから。


あとはコーチャーとまわりの声援で、なんとなく2塁打か3塁打かはわかります。

そして1塁蹴ったら、ボールはどこにあるか、わかりますから。



返球が早ければ、オーバーランで戻ればいい。

まだここまで考えなくていいです。


打てるようになったら考えればいい。



目力ハンパなく、見逃す!ミットまで。


打つときは、打ったポイント、バチンと言う音まで見るつもりでそこを見といてください。



いや、これ教えたくなかった。

ふつうに当たる人が、同じことやったら3安打間違いなしだから。

初心者の皆さん、私を越えちゃダメですよ。


さらに努力なしで当てたい方はこちらの「努力なしで当てる方法」をお読みください。


ありがとうございました。
関連記事

素振りで親指の付け根が痛い人へ

kage

2014/10/25 (Sat)

とにかく痛いんですよ。

練習できないでしょ?

練習できる方法を教えます。

スポンジです。

適当に痛いところにハマるサイズに切って、テーピングで巻きつけるだけです。

振ってみてください。


・・・・おおおっ痛くない!


多少滑ります。

振り難さもあります。

だけどスポンジをつけて2週間ほどやれば、付け根の痛みは治ってます。


厚さも薄くて大丈夫です。

1cmほど厚みがあれば痛くないはずです。

痛い方は厚みを増せばいい。


バッティンググラブの上から、切ったスポンジをつけてテーピングで巻く。

これだけ(笑)

まだまだ出来る。


共に進みましょう。あの優勝の歓喜へ


スポンジはその辺に売ってるものでOKです。
こんな感じの100円前後で大丈夫です。

十分、親指にかかるショックを吸収してくれます。


関連記事

人はいつからだって、どんな短い期間でも、本気出せば変われる

kage

2014/10/25 (Sat)

火の玉さんは、ビジネス書の読書をしろと言いますが、自分はどうも小説の方が好きです。

小説では方程式は変わらないのでしょうか?



これがもしもやったことのないことなら、私はわかりませんとお答えするのですが、小説も読んだことがあるのでお答えできます。


方程式は変わります。



例えば、野球が上手くなるために、走り込みをする。

走り込みが必要なのは陸上部でしょ?


野球が上手くなるために、股関節を柔らかくする、ストレッチをする。(腰を低くするため)

柔軟が必要なのは体操部です。


一見関係ないように見えるけど、つながってる。




今回の例で言えば、小説はつながります。

漫画や映画は悪くはないですが、厳しいと思ってください。



文字だけを追うと、そこから想像力が働きます。

この想像力の度合いの問題です。

例えば、漫画がテレビ放送決定して見るとがっかりしませんか?


声のイメージが違う。
臨場感がない。
迫力がない。


それは、あなたの想像力を上回ることが出来ないからなんです。


そんなこんなで出来るだけ目から映像や画像を取り入れない方が、その世界に深く入れることになります。

だから小説はOKです。

世界観が広がります。
新しい言葉を使うようになります。
新しい表現を使えます。

これって成長なんです。

違う角度と視点で、世界を見れるようになるのが目的です。


俺ってそんなにスランプでもなくね?

みんなはダメだと言うけれど、これは大丈夫なんだ。

待て、今、言われたことは正しい。


自分よりではなく、ちゃんと色々な視点から自分を見て、表現を変えることが出来るようになります。


小説の位置づけは、新しい言葉、新しい表現の獲得です。

そして、この文字に慣れることで、むずかしい本も読破できるようになります。

最終的には、ビジネス本へ行くことがいいです。


生活の質を上げれば、結果がついてきます。



野球がない休日は、昼まで寝て、起きてもタバコを吸ってテレビを見てダラダラ過ごす。

夜になったら仲間に電話をして朝まで飲む。

彼女がいれば、しかたなくデートして口癖が「だり~」

こんな人が打てるのか?



やっぱり、朝起きてジョグや素振りをして、本を読み、さらに自分の向上をはかる。

いい食事をとって、夜には眠る。

家族や友人を大事にして、1日1日を最後だと思って生き抜く人こそ、ホームランバッターです。



「出来る人は、間違いなくあなたと違う方程式を使ってると思っていい」


その違いを見つけてください。

そしてあなたは思うわけです。

「こんなの真似できねえ、凄すぎる」


そうじゃないんです。

そりゃあ、すごいっすよ。

あなたの現時点よりは、はるか遠くにいるわけです。

出来ないって思って当然なんです。


そこをとりあえず、やるかやらないかです。

出来ないのをわかってて、取りかかれるか、始められるか。


変化を怖がらずに、変われるかなんです。



今は無理だけど、必ずやってやる。



そういう人間が集まったチームが、春コールド負けから、同じ相手に夏の勝利をおさめていく。

これたった3か月ですからね。

人はいつからだって、どんなに短い期間でも、本気出せば変われる。


ありがとうございました。
関連記事

バットにボールが当たらないとき、努力なしで当てる方法。

kage

2014/10/24 (Fri)

5打席連続三振で土ツボにハマってます。


バットにボールが当たらないときは、バットを代えると当たるようになります。

スランプで抜け出せないときは、バットを新しく買うと抜け出せます。


なぜか?

わかりません(笑)



なぜかそのようになってます。

とりあえず、わからないんでやってください。

この目で見てきたことですので。



製作者の波動が乗り移ってたりするんでしょうね。

あとは自分の波動とか。



全然、打てない人が、バットを代えただけで4割って何度も見てきました。

そのうちこれじゃないと打てないからって、私のところまで貸してほしいと頼みに来る人もいます。


実は物にも魂が入ってるらしい。

「俺を使え」

メッセージが届くからね。


それが聞こえちゃったら、抑えられる投手はいません。

というより、抑える鬼ピッチャーが来ません。

私の打てるレベルの投手がちゃんとくる。



この「俺を使え」は木製だったりもする。

ビヨンドではないときもあるんです。



でも声が聞こえなくても、違うバットにすると打てます。

バットさんも休みたいときがあるようです。



人間社会と一緒じゃないでしょうか?

バットの中でも譲り合って順番に使われたいのかもしれません。



それとか期待のスラッガーが来て、もしもスランプなら「俺だ俺!」ってあなたを待っているのかも?



全部推測で科学的根拠もございません。

だけど結果がそうなってる。



この世界は所詮3次元だから、4次元、5次元、ルパン、五右衛門、次元って話になると説明もつかないことがよく起こるんです。


瞑想した後だと4次元、5次元につながりやすいって胡散臭い話があります。
私はしないけど(笑)
中にはそれをやって、声が聞こえたら、もうけものだから情報として書いておきますね。


そういうことをちゃんと説明したくて、知りたくて勉強しているわけですが、いまだに「バット代えたら打てるの巻」の謎は解けてません。


まあ結果がでるんだから・・・いいじゃないのっ、あけみちゃん。


フォームも変えてない、何も変えてない。変わったのはバットだけ。

なんでだろうか、当たるし、打てるから。



私の経験。

カゴの中に、訳あり品1万5千円のビヨンドがあった。

もちろん前から欲しかったモデルってのもあって、飛びついて買ったんです。


それ買って試合で使うと3か月で6割7分!

そいつは今でもいろんな人を救っている。

チームメイトにあげちゃったけど、打てなくなった人を片っ端から打てるようにしている魔法のバット。


多くの初心者に草野球初ヒットを打たせている。

努力なしに!


たぶんこいつはね。

訳あり品で売り物にならなくて処分されるところ、私に拾われたんです。

だからこいつなりに、恩返ししてくれてるのかな?って思うんです。


負け試合をひっくり返したのも2アウトランナーなしから、8番、9番なんだけど使われたのは、こいつなんですよ。

偶然にも思えない。

いつも手に取られるバットはこいつなんです。

そこから逆転。

こいつはちゃんと俺に回してくれる。


そのとき、頭おかしいと思われるから言わないんだけど、心の中で「お前、またやってくれたな、サンキューな」って。

だけどこいつの方こそ、捨てられるはずだったのが、こうして何年も使われて喜んでんだよなって思います。


「火の玉さん、このバット、本当にすげ~っすね」

「おお、こいつは、すげ~打てるんだよ」

「なんで?なんすかね?」

「さあ?わからない。わかってるのは、こいつが魔法剣ってことだけだ」


それでも当たらない方はこちらの「やっぱり当たらない方へ」をお読みください。

ちゃんとした簡単技術です。





ありがとうございました。
関連記事