FC2ブログ

2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

メタルハンターの打ち方

kage

2014/11/18 (Tue)

メタルハンターの打ち方を教えてください。

ビヨンドマックスの打ち方や金属の打ち方、硬式経験者はこう打てって話をしてきました。


それぞれにやり方があるように見えるわけです。


だから今回の質問、メタルハンターの打ち方。


実はありません。


全部のバットを同じように打って大丈夫です。



その中でヒットにならないときに、私が書いてきた打ち方をしていない場合、だまされたと思ってやってみると打てます。



傾向なんです。

1、ビヨンドで打てない人や硬式経験者は、思いっきり振っている。

2、ポップフライを上げる人のほとんどは、「ボールを叩きつける」「ボールを切る」って言うイメージでバットを振る。

3、ぼてカスゴロの人は流行りに乗ってアッパースイングしている。

4、思いっきり振っても、軽く振っても打てない人は、やっぱり流行りのレベルスイングでミートポイントが合っていない。



その他、禁じ手を使っている。

親切に書いておきますよ。

わたし、やさしいから。

誰も言ってくれないので、自分で言いましたよ。



1、手首を中に入れる。

2、打つ前から力いっぱいグリップを握っている。

3、背すじが曲がっている。

4、立ったときにつま先が外側に開いている。

5、左わき(右バッター)が開いている。


これが禁じ手。打てる時もあるかもしれない。

バットを持ってるからね。

でも必ず打てなくなるのが禁じ手です。






じゃあ、どうやって打ったらいいの?



ヒットが打てているフォームを採用する。



軽く振れを考案したのは中学時代なんです。

練習が嫌いでしてね。


ちゃらんぽらんに打つわけです。

そしたらキーン、キーンと打てちゃった。


あれ?

で、ちゃんと打つと、ナイスノック。

サードゴロ、ショートゴロと順番にナイスノック。



そして軽く振るわけです。

パッカパッカ打ちまくって、俺天才なんて天狗になっていると。

ボテボテ、ピッチャーフライ、三振。

「てめえ、やる気あんのか!ちゃんと振れや」


すいませんと、しっかり振るとキーン、キーン。

やっぱり真面目にやらないとなってやる。



だけど・・・もうおわかりですね。

また打てなくなる。

そして軽く振ると打てる。



だから叩きつけても、アッパースイングでもいい。

とにかく、今、旬の物を食べる!

いや違った。

今、自分に合ったフォームが、洋服の流行りかってぐらい、ぐるぐる回ってるんです。




なので基本バットは何を使っても大丈夫です。

その中でより性能が良いものを使えばいい。



もちろん心がダメだと言ってしまったら、どうやっても打てませんから、心がOKを出すバットの中で、より性能が良いものを選ばれるといいです。



打ち方はバットではなく、自分のフォームです。


自分探しですな。


また見失う。


そして自分探し。



バッティング、深いです。


それと、これは反響が大きかったす~ぱ~記事です。
合わせて読むと、いいヒントになると思います。

「なぜ、フルスイングすると飛ばないのか?」



関連記事

なぜフルスイングすると飛ばないのか?

kage

2014/11/18 (Tue)

初めてホームランを打った人が口をそろえて言うことがある。

力が入ってなかった。

あれ?ボールはぐんぐんのびていってホームラン。


神様?神様なの?

やったー、野球の神様が微笑んだー。



お前はほんとうに、めでたいなぁ

神様、そんなに暇じゃないよ。

90億人いるだぜ。


あなたがホームラン打てますようにってお願いに来たのは神様、知ってるよ。

でも初詣に10円って。

10円で神様、動いちゃったら、神様もサラリーマンした方がいいよね?

名刺作って「神様やってます、願い事を叶えます、社長」ってやった方がいいよ。

そして息子は5円でしょ?

閻魔様も出勤しないと間に合わないよって話になっちゃうよね。





じゃあ、なぜ、打てたのか?


あなたの力です。


理由を書きます。


飛ばそう飛ばそうと力をためてガツンと打っても飛ばないんです。

いい当たりはするけれど、スタンドには届かないようになってます。





人間には動かす筋肉と止める筋肉があります。

簡単に言うと静止状態でも筋肉を使ってますよって話です。

そのままの状態を保つ筋肉がある。

じゃないとずっと動いちゃいます。



おい、あいつ、いつ止まるんだ?

よーいドンから、足が止まらねえって言われたら少し恐いです。


その動きを止める筋肉があるんです。

はい、!!!!来ちゃった人、いるんじゃないですか?


そうです。

MAXを出すと、止める筋肉も動く!

前に前に出ようとしても進まないのは、このためです。

泳ぐのもそう。

1回トップスピードに入ったら、5割ぐらいでグングングンと水をかくとグングングンとのびていく。

全部、力いっぱいかくと「おい、あそこでおぼれてる奴いるぞ」ってなるんです。

ボクシングのパンチもMAXだと遅くてかわされちゃう。

こぶしを握りこまないで、鞭のようにパンって叩くと決まる。



打撃もそうなんです。



スパンとボールを一閃する感覚です。

グワガラギーンってやっちゃうと、すげ~早いレフト前ヒット。

その動きを止める筋肉が働くから、それはあなたのベストパフォーマンスにならない。


いかに「俺は止まらない筋肉を動かさない」って考えるかです。

動かす筋肉だけを最大最高に使うかです。


鋭く鋭く・・・だら~んと力を抜いて一閃できるか?

スパンのあとに、キーンというバットの残像が残るぐらいのイメージでスイングです。


これをすごく簡単言うと「軽く振れ」です。


最高のスピードスイングは人それぞれです。

自分で探してください。


私は5,6割。

力がありすぎる人は3割でもいい。

中には8割の人もいる。

とにかくMAXではない。
MAXは止める筋肉も働いてしまうから、ご注意を。

非力な人ほど、重いバットではなく、軽いバットでスパンと振る練習を必ず入れてください。

関連記事