FC2ブログ

2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

体が開いてると言われてる人へ

kage

2014/12/05 (Fri)

体が開いちゃってる人、多いですよね。

開くとは、字の通りです。

ボールが来る前に、アジの開きみたいになっちゃってる状態です。


わかりずらいわっ!

すいません。

え~と、ピッチャーに胸全部を見せちゃってる。

くわっと振り終わっちゃってる。


開かないというのは、ボールに当たったときでも、胸は1塁ベンチを向いている状態です(右バッター)



開くと打てません。

中には、おまえ、びびりすぎって状態で、後ろに倒れちゃう人もいる。

腰を引いて逃げちゃってるんです。



腰を引いて逃げて、後ろに倒れながら打つ。

初心者のあなたは「開いてる」と言われたらそういう打ち方をしてると思ってください。


それで倒れたくないからって、軸足をうしろに引いて打っちゃう人もいます。



どうしたら直せるか?


簡単な方法があります。


靴半分、インステップしてください。



いつも真っ直ぐ踏み出すでしょ?


それを若干内側にステップ。

靴半分で十分です。


開くのが直ります。

素振りすれば、わかります。

おっ俺、開いてない。俺、てんさい~、もう出来ちゃったって思うはずです。



とりあえずそれでやってみてください。


それが染み込むと、今度は「肩が入りすぎ~」なんて言われて「もう、なんなんだよ」なんてなりますが、そこもおもしろいところです。



ひとつのことをやりすぎると、良かったところがやりすぎになって、悪化する。

これが打撃です。

ほどほどな状態をキープです。


自分が絶好調なときは、もう落ち始めてると思っていい。

自分が不調なときは、もうちょっとで上がるのだと信じていい。



まるで人生のように上がったり下がったりしながらです。

ちょうどいいところで止まれたらいいのにね(笑)


その方法がわかったら、私にも教えてください。

ありがとうございました。
関連記事