FC2ブログ

2014 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 02

今年からリーグが1ランクあがってビビッている人へ

kage

2015/01/16 (Fri)

リーグが1ランク上がって恐いです。

恐ろしい打球が飛んでくるんじゃないか?

すごい早い球のピッチャーが来て、手も足も出ないんじゃないか?

恐いでょう。

足もふるえるでしょう。

こんなところに俺がいていいのか?

すげえ選手がゴロゴロいるんじゃないか?




とにかく上にあがると恐い。










ピーターの法則・・・







結局は最後は無能化するという話です。


例えば平社員で有能な人はリーダーになる。

リーダーで有能な人は係長。

その係長でも力を発揮するならば課長。


そしてその人間の限界が課長だったとするならば、課長として無能な上司ってことで収まるんです。


課長でも良ければ部長。


有能ならば、上がっていくし、上がるだけ上がったところで、限界が来たら、そこに収まって「あいつは使えない」って誰しもがなる。

これピーターの法則ってやつです。




野球も一緒です。


がんばって野球して行くと、チームのランクが上がるわけ。


やったー優勝だ!来年からBクラスだぜ。


そこでも強ければ、次の年はAクラス。

そこでもいい結果を出すならば、硬式や独立リーグ。



果てしなく、万年初戦敗退のくそチームになるまで、その歩みは止まらない。



チームだけじゃない、選手としてもチームで4番ならば、その力をもっと強いチームで試したくなる。

だから強いチームに入る。

私の場合ですが、そこで6番や9番を打ち、自分の限界を知ったわけです。

そのチームは、Cクラスの県準優勝まで行きました。


Bクラス、Aクラスとも練習試合や市長杯などを戦い、勝ったり負けたりしながら、自分はここまでって見つけたんですよ。








やっぱりふるえたし、恐かった。だけど順応した・・・





私がまだ、市の大会も優勝したことない頃です。


始めてDクラスを優勝したんです。


それでCクラスに格上げ。

千葉のルールは、Cクラスから優勝すると県大会、全国大会まである。


Cで優勝して始めての県大会。

各市の優勝チームが集まる大会です。


高校の夏2回戦敗退、強豪とは練習試合すらさせてもらえなかった草野球デビューの私が勝てるわけない。



だけどチームメイトは違った。

Aクラスとやったときもそうだ。

この人たちは名門にいて、上の世界でずっとやってきた人たちだった。


そこで有能な人たちと野球をやっていたら、自分も知らない間にその場所まで来ていたんです。

私の打撃、守備、走塁は通用した。

このときに私の心の条件が変わったんです。


「俺はどこのチームでも通用する選手だ」



今までは「上のチームでは通用しない選手だ」








全部、私が決める。最大の敵は自分のメンタル・・・





ここにいるほとんどの人は、「来週の相手は大阪桐蔭のOBチームだってよ」って聞いた瞬間、がくがくぶるぶる震えているんじゃないでしょうか?


勝てない。

コールドにされるだろう。



確かに勝てないかもしれない。

だけどやってみないとわからないのが真実です。


そして自分が打てるか打てないかも、打席に立って振ってみないとわからないんです。


それを、だめだ、三振する、どうしようになっちゃってるわけです。



高校2年の私は秋の大会、急に先発と言われました。

「俺が先発?先輩の試合で?いやいやいやいや」


試合当日、びびって縮こまって、投げたスローボールはパッキンパッキン痛打されて1回の表3失点交代(涙)


2回から好投して、勝ち投手になった選手に帰り際、言われた。

「じゃあな、初回3失点君」


くやしかったな、あのときは。


言った奴じゃないですよ。

縮こまった自分にむかついたんです。



ビビるのはしょうがない。

だけどせめて相手がなんであろうと自分の最高をぶつけようよ。




あなたには、その舞台に立つことが許されたから、そこに立てる。


平社員で無能ならば、無能な平社員のまま。

平社員で有能だからリーダーになったわけです。



自分が無能化するまで、ピーターに逆らおう!



腕を振る。

バットをしっかり振る。

いつもと同じタイミングで盗塁する。



この盗塁が1番ビビるんですが、すげえキャッチャーだと「ああ無理だ」となって走らないでしょ?

私から言わせると「行けよ!」なんです。


いつも走ってる奴が、今日は走らないでどうする?

縮こまって初回KOした俺みたいになるなよってことです。


くやしいから。

逃げた自分に、くやしくなるから。



お前の最高をぶつけろよ。


そして結果を見てみなよ。



火の玉と同じ結論になるはずだよ。


「俺はどこに行っても通用する選手だ」


人間にそんな差はないし、ピーターの法則が確実ならば、平社員がいきなり課長という、キャパ越えてまっせステージには立たされないんです。

ひとつ上で勝負で、最後は無能化するけれど大丈夫。


どこのチームも会社も、無能化する一歩手前の有能な社員と選手で回っているんですって。


だからそれなりの勝負にはなるから、あなたの最高をぶつけよう。


ビビッて縮こまった人が、思った通りの人生で、ボコボコにされてパッキンパッキンにされているんです。



俺はそのステージにふさわしいから、ここにいる。


この真実を知っていれば、戦う準備、できましたね?


最高の人生をお過ごしください。



ありがとうございました。

関連記事