FC2ブログ

2015 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2015 03

子供にメタルハンターってどうですか?

kage

2015/02/19 (Thu)

> 小学5年になる息子にメタルハンター2をと思っています。
> 身長143cm位で細身体系です。
> 78cm580gの青色のやつが体系的、パワー的にも向いてるのかなと思うのですがどうでしょうか??
> ソフトボールをずっとしていて、つい最近軟式へと移行したので、
> なかなか快音も出ず何かのきっかけにと思い、メタルハンターをと思う親バカです。
>
> アドバイスお願いいたします。




その考えで合っています。

小学生には、なるべく軽くて短い物を。

理由はそれでも長くて重くて、扱えてないからです。


下手すると中学生でも、スイングが波打って、打った瞬間にあきらかにボールに押されてる子を見かけます。


火の玉が書く「重くて長い理論」は、しっかりとスイングできてこそ効果を発揮するものです。

簡単な例で言えば、我々大人が1000gのマスコットバットを持って打ったら4割打てるか?

120cmの長尺バットを持って打ったら4割打てるか?


上手く当たれば飛ぶけれど、1番大事なのは芯に当てることなんです。


それが出来ない長さであったり、重さのバットを使えば結果は出ません。

そして今の例は極端ではないのです。

143cmの小学生には、長すぎるし、まだまだ重いと見ています。





これは単純な計算で出ます・・・




私、火の玉が174cm、息子さんとの身長差30cm。

火の玉が使うバット85cm。

息子さん78cm。

差は7cm!

ここでわかるように、息子さんは私たちが練習で使う1mの長尺バットで打っているようなものなのです。


実際、市場にあるものはこれしかないので仕方ないですが、子供には絶対的に長いんです。


さらに大人は、息子さんよりも30キロ以上重いはずなのに720gで振れない人もいる。

なのに、たった200g軽いだけのバットを使わなければならない。

これは子供にとっては1000gのマスコットバットに相当するのです。



そりゃ、波打つわ!

そりゃ、ヘッド下がるわ!

そりゃ、いくらなんでも無理がありまっせ。


という計算です。








だからそれで十分・・・






体の成長に合わせてのバットでいい。

火の玉は今でこそ、木製900gやビヨンド750gを扱っていますが、中学は680gでした。

高校でも、みんなが900gを使う中850gです。


わかっていたんです。


振れないバットでは、ヒットすら打つことが出来ない。


1番大事なのは、芯に合わせられること。


そのうえで、なるべく重くて長いものを扱えるように練習していく。


腰を45度、軽く動かすだけでスパンと振り切れるようになっていくのです。




現在細身で力もないようですので、メタルハンターやビヨンドの複合は使われた方が絶対にいいです。

ブルーなら限定品でデザインもかっこいいです。

少年用バットは詳しくないので、あまり知りませんが、もっと短くて軽い複合バットがあるならば、購入の視野に入れてみてください。

ありがとうございました。


息子さんの活躍を願っております。

私も娘が活躍するとこの上なく嬉しいので、お気持ちはよくわかります。

全力でサポートしてあげて歓喜を味わってください。


関連記事