FC2ブログ

2015 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 04

うさぎ的、考え方を持つと上手く行く・・・・

kage

2015/03/04 (Wed)

「絶対の評価をもらえない理由」と言う記事で、うさぎとカメの話は見事でした。

もっと聞きたいです。

よろしくお願いします。






うさぎ的努力をするということです・・・





火の玉さんは、素振りしろって言った。

ブンブンブンと。

でも打てない。


高校時代、手を豆だらけにして「振っても振っても打てない」って嘆いている奴がいた。


私から言わせれば、なぜ打てなかった?という問いをかけていないだけ。


打席ごとに凡退したら考えていますか?


なんでレフト前のはずがサードゴロだったのか?


ああ、しょうがない、次、次ってなってるでしょ?


そして同じスイングをして、またサードゴロ・・・。


当たり前だろーがっ!このカメ助ってことです。








コーヒーシュガーの法則・・・







コーヒーに砂糖を2杯いれた。

いや、甘すぎっってあなたは思う。

次は旨いコーヒーが飲みたいって思ったら、砂糖は1杯だよね?

すごく当たり前の話です。


もう1回2杯入れて、うわっまた甘いってバカは、いないわけです。



逆もしかり。

苦いって思ったなら、砂糖の量を増やしたり、クリームを入れて、必ず前とは違うコーヒーにするんです。



これがスポーツや仕事になると急に見えなくなる。

一生懸命やってれば、いつか認めてもらえる。

真面目にやってれば、わかってくれる人がいるはずだ。

今に集中してがんばろう。




あのね。

創意、工夫なんですよ。

うさぎさんならどうする?



うさぎとカメのお話は1回油断して昼寝して負けたで終わってる。

ここからは私の想像だけど、その後のうさぎさんは負けない。

ふつうにぴょんぴょん飛んでゴールする。


そんでカメさん、またやろうって地道に同じ方法で1歩1歩登るわけ。

滑稽だよね。

おまえ、バカか?って話なんです。



ここでうさぎ的考えをするならば、近道を探したり、走りやすい道を探したりして早くゴールする方法を考える。

だってルールは「山の頂上に早く着いた方が勝ち」ってだけなんだから、真面目なカメがバカなんです。



それでカメがそれをやるかって言ったら違っていて、それをやるのは、うさぎさんなんです。


もっと簡単にゴールできる方法はないかな?って問いかけるのはうさぎさんです。


差は広がる一方で、どうしたって勝てなくなる。




これが社会人の出来る人と出来ない人の差です。


ずっと甘いコーヒーを入れ続けて、「砂糖が多いんだよ」って言われるまで気がつかないわけです。

ずっと同じミスをするんです。


ひどい人は、毎月いつも決まってることですら、「あっ忘れました」と言っています。

毎月、同じ指摘を受けて、最後にどかーーーんと喰らって「あんな言い方しなくても・・・」と居酒屋で泣くわけです。









典型的なカメタイプ・・・






先月と同じ注意をされてる。

前にやったミスをする。

一生懸命という看板を前面に出して許してもらってる。





上司から言わせたら・・・・ああ、野球ブログだった。言い換えます。

監督から言わせたら「こいつ、その場だけだな。返事だけして、なーーーんも聞いてない」


とりあえず「すいません」って言っておけみたいなことだよ。

向上心のない奴は、迷惑だから外れてくれ。



そういう理由で外されているんです。

そういう理由で絶対的評価をもらえないんです。


ちょっとずるいぐらいでいい。

出来る人たちは、常に逆転の発想と勝手に決まったルールををぶっ壊しているんです。

型にハマった我々が勝てるわけない。





と、まあここまで生意気に、うさぎ的視点で語らせて頂いたわけですが、重要なご連絡がございます。


私のことなんですか・・・・・


私もなんと、カメです。


おまえもカメかいっ!


カメを感じて生きて、なんとか白鳥のように飛び立とうと、もがいております。

火の玉ボールはカメですが、うさぎ的に頂点を獲る方法を知ったのです。


特別に教えます。

私ならこうする!




バイクで登らなきゃ(笑)

私がカメなら、モトクロスで「この雑魚うさぎがーーーっ」って高々に笑って、正面の木にぶつかって負けるだろう。

それでもいい。

昨日よりは、マシな勝負になったんだ。




私は上司から注意されたら、次からはこうして再発させないという対策を書いた紙を持って行き渡すようにしています。

そこまでしろとは言われてないけど、そうします。



そこで「すいません」って言っただけで、来月も同じ登り方をするカメとは違うんです。


でも気にしないでください。

ほとんどの人が、1歩1歩のカメなんです。



反省、改善のない日々で「とにかく頑張る」ってことで1歩1歩山登り。



どうしたら勝てる?


どうしたら打てる?


どうしたら1番になれる?



いつも上質な問いを!



バットをどのように振ればいいかなんて、決まってないよ。

自由に打っていい。

いやっここはあえて叩いてみようの結果サラマンダーだったりする。


同じ凡退は絶対にしないと決める。


前と同じ、やられ方で今月もやられないと深く刻み、進んで行けばいい。

ちゃんと失敗は失敗として認めて、ケアをして次は砂糖の分量を変えたトライをしていければ、素材がずっと下なカメな私たちが、天才を倒すことがある。


とにかく、その負け方が、あまりに無残ならば、やり方を変えなきゃ。


何かがおかしいと疑うんです。


もっとずるく。

もっと近道を。

正々堂々やって負けてたら、「ただのバカ」です。



工夫して考えて努力する。




もっと楽をするために。

もっと笑える人生にするために。

もっと上手くなりたい。

もっと勝ちたい。

もっと強くなりたい。


あなたの本当の声を聞いて、その体と頭を使って叶えてあげてください。

それが出来るのは、あなただけ。

ありがとうございました。




「うさぎとカメの話が載っている最初の記事」です。


それとマキさんへ。

コメント返信で質問はお答えしていますので、ご覧ください。

関連記事