FC2ブログ

2015 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 04

早い球を打たないと・・・

kage

2015/03/10 (Tue)

> 火の玉さん、打てる気がしません。

フォームが~と考えても打てないし、何も考えずに思いっきり振っても打てません。そもそもバットに当たらないです。

何か方法はありますか?




八方ふさがりってやつですね。


振っても振っても「あれ?当たらない??」

なんなんだろう?って感覚です。


よくわかります。


画期的方法ではないかもしれませんが、練習法を書きます。







打てるようになるためには、常に1段上のボールに挑戦する・・・





結局、知識を得たあとに、振り込んでフォームを作っても経験がないとダメなんです。


経験と言うのは「空振り」です。

どんな良いバッターも、過去にキタンキタンにされてます。



高校時代、私は2年から試合にで始めました。

打撃練習でパッコパッコ打ちまくって、抜擢されたんです。


いつも通り、打ちまくってやろうと意気込んだ。

来たボールは、見たこともない縦回転のノビノビストレート。

打撃マシーンとは全然ちがうわけです。


とりあえず、振ってみた。

ガコッ!


ど根っこで、お前それ素手で取れちゃうわっていうセカンドフライに終わった。



だけど・・・・次の対戦ではパキーンと打ち返した。




カーブもそうなんです。

そのカーブが打てるならば、過去にもっとすごいカーブでやられていないと、そのカーブを打つことは出来ません。

いや、手を出すことすら出来ないんです。








この経験から手に入れた方法・・・





今、現時点で当たらないならば、さらに上のボールで空振りする。


そうすると、今のボールが雑魚ボールとなり見えるようになります。

そして予測と合って当たるようになる。



どうするか?



バッティングセンターの最高速を打てばいい。


そこを打てちゃうならば、もっとすごい球を投げるマシーンを求めて都会へ行こう。


無敵のストレートを打ちに行く。

私なんか無様に15振にファール5とかやってます。

カップルに笑われて笑われて・・・・でもそのうち打てるようになって。

彼が来るんですよ。

私のゲージに。


で、第一声が「えっ?」

もちろん振れない。


私は腕組みをして、心の中で手を合わせる。


18振、ファール2。

下を向き帰ってくる彼。

声をかけられない彼女。



最高速3ゲーム目の私はバッチバッチ打ち返す。


帰っていくカップルを見ながら、ワイングラスがあればチンっと鳴らして「勝った」と蛇姫バリに上を向いて叫びたい。



おっと話がそれました。


そのあとなんです。

私のように3ゲーム目で対応しなくてもいい。

1段遅いところで打ってみてください。


当たるから!


ボールが見えるようになるということです。



練習は、出来るだけ早い球を打て。

遅い球を引き付けてなんてよく言われますが、それは後の話なんです。


とりあえず、まずやることは早い球を打ち返す。


1番たくさん来るボールが早いボールです。
1番あなたを苦しませるのは、あいつの速球なんですよ。

だから早いボールを打てるようになるのは野球をやる上で必至事項なんです。


打てるゲージに行くのが練習ではありません。

打てない早さにあえていくのが練習です。

レベルアップするのです。


バッセンでキタンキタンに毎週されてください。

そうするとだんだん打てるようになります。




早い球ほど、いかに予測で打つかの感覚が研ぎ澄まされるので、全然当たらねえよって思う無敵のストレートに対して腰を引きながらでもいいから、当てに行くとレベルが上がります。


20振して笑われちゃってください。


そのプロセスこそ、明日のあなたを強くする。








今、当たらないけど大丈夫・・・






それでもきっちりとスイングしてください。

大丈夫です。

そのうち当たるようになるんです。


あれはなんだったの?って思うぐらい急にパチンパチン当たるようになります。

ちゃんとスイングして空振りしててください。

バッセンでは最高速で惨敗してください。


そのうちカキーン!


あっ・・・・当たった!


知識を埋めるだけでもダメです。

知識なしにやみくもに振るだけもダメです。


知識を得て、しっかりと行動して負けること(経験すること)。


そりゃ、やったことないことやれば、まず第1段階として失敗するんですよ。



だから惨敗の道を通ってから栄光ですから、前に進んでると思って「ちくしょう、今に見てろよ」って反発しよう。


今はこうだけど、絶対、凄くなるからな!


わかったか、俺!






素振りの仕方・・・





毎回、バッセンだとお金が持ちません。


だから素振りなんです。


イメージすること。


当たり前だけど、もしも知らない人がいるかもしれないから書いておきます。

過去、コテンパンにされた投手を思い描く。

そいつが投げてくる。

それをバチコーンと打ち返すんです。


それをストライクゾーン9か所でやる。


必ず、ボールが来た、バチンと打ち返すイメージの素振りをすると、まったく当たらないなんてこと起こらなくなります。


たくさん空振りを経験したのち、ちゃんと出来るようになります。

わざとファールを打って逃げたり、右方向へ打つということも、出来ますから安心して進んでください。


ありがとうございました。


関連記事