FC2ブログ

2015 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 04

あなたがチームで苦しいのは、あなたが「出来ていない」からだ。

kage

2015/03/17 (Tue)

> 今回はベテランメンバーへの対処方法を相談させてください。
> 年齢60前後の選手が二人います。
> この二人、当然のように毎週参加します。
> もちろん球場に来て走りもせず、キャッチボールのみで試合開始。
>
> 平日にトレーニングなどで調整などいっさいしておりません。
> 若いころは凄かったようですが、現在は他の30代40代メンバーや若い選手たちと比べ、劣ってきておりますが、守備機会は公式戦では半分は出してあげます。
> それがチーム方針、でも打順は下ばかり。
>
> 練習試合では負けてもいいので、打順は上げてやり、守備もフルイニングあげています。
> それでも納得せず、文句ばかりいいます。いい加減キャプテンも監督の私も疲れます。
> この二人がやめればチーム采配は楽になるのでしょうか。
> 最近なにか良い方法はないかといろいろと考えております。
> 40代以下でメンバー集めしとけばよかったってのはさほど思いませんが、やはり高いお金を払っている公式戦は勝ちたいんです。







火の玉、至極メッセージ・・・




この質問ですが、あえて全文載せたのには理由があります。

なんと答えが出ちゃってます(笑)


こう言えばいい。

最高のアドバイスですから心して読んでくださいね。


「〇〇さんは、球場来て、走りもしないでキャッチボールだけだし、そもそも平日にトレーニングとかしてますか?
私の目では、30代、40代、若手メンバーたちと比べて実力も劣ってます。
それでも、私なりに考慮して大会でも半分は出しています。
打順はもちろん下位です。
ですが練習試合は負けてもいいから、打順を上げて守備でも出していますよ?
どんなに文句を言われても、高いお金を払っている公式戦は勝ちたいんです。
この辺をご理解の上でやって頂きたい。
私は出来る限り考慮しているつもりです。」



こんなところでしょうか?

完璧でしょ?


丸暗記の必要もありません。

あなたが思ってることだから。



だけどこれより先にやることがあります。










人間関係の極意・・・






遠目から見ているとよくわかるんですけど、上手く行ってない人ってやっぱりその人に原因があるわけです。


その原因の99.7%が「出来ていない」からなんです。


単純に野球が出来ていないから怒られるんです。

下手だからです。

どうですか?監督目線で見てみてください。


怒りたくなるのは、嫌なのは、下手だからですよね?


60前後のてっめら二人、実力もないくせに年の功ってやつか?
言いたいこと言いやがってっ!
結果出してから、言えや。
打てないくせに走りもしない。
エラーするくせに、もっと出せとか、お前の脳みそ、割って見てみてえわ。


これが本音なんですよね?


これが60才だけど、チームの柱だとなれば話は別になる。
いいでしょう。やりましょうって話になるわけです。



同時に監督としてあなたが苦しむならば、監督としてきっと「出来ていないから」なんです。









会社をやめる若手社員・・・





入社して3年・・・辞めます。

こんな人が後を絶たない理由はひとつ。

「出来なかったから」



まあ、私もメソッドいっぱいこの子に教えてあげた。

受け入れる。
感謝する。
謝る。
ポジティブに。
とらえ方だよ。

それで俺みたいになれるからって。


だけどこの子はそうならなかった。

ガンガン罵声を浴びせられて、居場所をなくして最後は去った。


根本理由に「仕事が出来なかった」のです。

ミスも多く、同じ失敗を何度もしてた。



だからいくら心理学でミラーリングしても無駄。
オウム返ししても、頑張ってうなずいても、全部最後には「お前は話を聞いていない」ということでアウトだった。



まず、底の底で自分がやるべきことが出来ていないと、一生よくならないよという例です。

そこに最大限の努力をして1日も早く結果を出す積み重ねをしなければならない。


監督ならば勝ちたいではなく、勝ってください。

チームを優勝させてください。

それが出来ない監督は現場で必ず苦しみます。




選手なら打ってください。

エラーをしないでください。

次の塁への判断を間違えないでください。








どうしても苦しかったら・・・






火の玉、至極のメッセージをお使いください。



単純にこういうことです。


自分の思いをしっかり伝えて、相手には変わらなくていいよというスタンスを取る。

でも、俺はこう思ってます、こう考えてますを伝えること。




少しは楽になるから(笑)


だけど結局、あなたが今の分野を極めない限り、その環境に苦しむことになる。


だから学びましょう。

だから磨きましょうと書いています。



まず自分です。

頑張れるなら自分から変えましょう。


あなたは監督として勝てていますか?

あなたのチームは強豪チームとなっていますか?

3年以内に優勝はしてますか?
それ以上遠ざかったら文句が出ても仕方ないと私は見ます。

優勝したことがなければ、なおさらです。



勝ちにこだわるのは、勝てる人がやっていいことです。

勝てる人を前のめりで目指していく。

思いは結果の後に語るのがベストですが、急には強くなれないから、無理そうなら我慢せずに至極のメッセージ休もう。

ありがとうございました。

関連記事