FC2ブログ

2015 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 06

怒鳴って良かったのでしょうか?

kage

2015/05/01 (Fri)

ファールボールを拾いに行かなければならない場面で、自分のチームの選手がひとりも動かなかった。

というよりは、ファールが連続して、動く人3人が取りに行ってしまい、残った動けない奴が期待通りベンチ前に転がったボールをシカトするぶたうさぎっぷりを発揮した。

それを監督である質問者さんが拾って「このやろー」と一喝。

その後、ぶたうさぎたちもせっせと働き、まあいいかと。

だけど心残りは、怒鳴ってしまったことらしい。

これで、よかったのか?と天空界からやってきたこの私の至極のメッセージを聞きに来たんだ。



お答えしましょう。

3割引きやで。

あんたラッキーや。

ゴールデンウイークは高いんやで。






とんでも新入社員・・・




家でスッキリを見ていたら、とんでも新入社員って言う特集がやってました。

どんなもんかというと・・・

怒られて一時間後に退社。
次の日欠勤。
話している途中にラインが鳴ったら、とりあえず反応。
適度に入れるタメ口。
飲んだ次の日は、とりあえず遅刻。


どこも一緒か・・・

いや俺だって会社のためになんて思っちゃいませんよ。

だけどあなた、そこまでしちゃうわけ?


親からして、ゆとってるんですわ。

「今日、うちの子、お昼なに食べましたか?夜ごはんが、かぶらないようにと思いまして。」



知るか!







バスケットチームを見ていましても・・・




監督が恐くなくて、怒鳴らないチームは得てして、子供が舐め腐る傾向があるというのがわかりました。

数々のチームを見てきた結果です。

私の小さな世界で見てきた真実という補足をしてお話しします。


ダラダラ走る。

注意されても無視。

しまいには、ボールを叩きつける子もいる。


例外なく県でトップを争うチームを作る場合、やさしいだけじゃダメなんです。


そのやさしさに甘えるんです。

人間って楽な方へ楽な方へ自分を持って行く習性がある。


そこで導くはずの大人が「いいんだよ」と堕落していくことを許すならば、その子は気づくことなく、どこまでもダラけて、最後には「おい?あの子、監督より横幅、広いだろ?」ってなる。

いつか、わかってくれる、気づいてくれるって待ってたら卒業だよ。

何ひとつ成し遂げることもなく、どうせやってもダメなんだって確信して卒業だよ。

そりゃ、グループラインにいちいち反応してたら、勝てるわけないでしょ?




たまには追い詰めて、もしかしたら勝てるかもってところまでは行くかもよ。

1回勝負だから、たまには上手く行っちゃうこともある。

でもね?

最後は1点差で負ける。


日々の熱量の違いなんだよ。


こっちは、あんたらに負けるなんて微塵も思ってない。

そんな日々を積み重ねてないから。







怒鳴ってもいい・・・





きつく言うこともあっていい。

というのは、気がつかない人がいるからです。


やさしくされたり、褒められたら、そこで満足して向上することをやめてしまう。

あっ俺、いけてるんだと、ノッてその後、なまける。


だから言わないとわからない。


いや正確には2,3か月したらまた元通りのボール目の前で取りに行かない奴になる。


それを最近知ったんです。

とりあえず謝っとけばいいや。
とりあえずその場は言うこと聞いておけばいいや。
早くスマホが見たい。


そういう人もいます。

きつく言わなきゃわからない人もいるってことです。






その結果、後悔するなら我慢しとけ・・・





どうなるかは、わからない。

その結果、チームは崩壊するかもしれない。

怒られた人間は辞めるかもしれない。

辞めれない人は、あなたに責められたことで、うつ病になってしまうかもしれない。

一生、口をきかない仲になるかもしれない。

自分の悪い噂を流されて、ダメ扱いされるかもしれない。


様々な最悪を想定したうえで、言える勇気がないならやめておけ。


あなたが我慢すれば、それで済む。


最近は気休めと呼んでいますが、「気にしない」「受け入れる」「感謝する」をやる。

これは心の底から出来てこそ、幸せであり上辺だけなら我慢なのだ。


褒めて伸びれば1番いいよ。

そうならない人がいるという事実があるのです。





これはGIVE&TAKEと言う本で学んだんですが、人間には3通りある・・・




①恩をそのまま食い尽くし、人を食べ物にする人。

②愛が絶えずあり、与える人。

③与えた分、受け取ろう、受け取ったら与えるの50対50の関係を保つ人。



①の自分が楽をすることしか考えない人がいるんです。



怒られて帰る。

次の日、休む。

ラインにはとりあえず反応がいい例ではないでしょうか?


うんこを流さない奴はいるんだ!


そのうんこを流さない奴を動かす唯一の方法を教えます。


火の玉がうるせえからやる。

火の玉がうんこを流せって言うから、しかたなく流す。

そこから火の玉がいなくなれば、そいつはやっぱり、うんこを流さない。


人が代われば「悪いけど、俺がしたうんこ、流しといて~」と愛の絶えない与える人を使って流させる。


何も言えない自分より弱い人間をつかまえて、流させるのです。


そいつは変わらない。


クソヤローだけど、俺と言う人間を認識してちゃんとやるならそれでいい。



そんなクソヤローは、ほんの1部ですが、人と言うのは根本、なまけものです。


そんな人たちを多少嫌われても、目標へ導くのがリーダーです。


父親です。


監督です。


キャプテンです。



時には最悪な結果になるかもしれない。

だけど、そこでブレる志なら、最初から我慢しとけ。




考えて考えて最悪になっても、チームのためにという覚悟が出来たならば、「ボール拾いに行かんかいっ!」って言っていいんじゃない?


衝動的にカッとなって言わなければいい。


怒鳴るのも演技。


怒るのも演技。


本当は憎くてやってるんじゃないってこと。


監督は大変よ。


目標達成のために、時には必要なんですな。



人生そんなに長くない。


ひとりひとりの人生の時間をもらって、全員の人生を輝くものへと導くならば、笑顔で見守ってるだけじゃ、時間が足りなすぎるんです。

ここ行かないと、どんどんダラけると思うならば、時にはOKです。



目の前に転がってるボールを拾わないって監督、なめられすぎやん!

自分、そんなに、なめられたらあかん。



何度も書いてきてるけど。「遊びたいだけなら、公園でカラーバットとカラーボールで酒飲みながらやればいいんだ」って。


真剣に戦って、熱くなって、心から生きてて良かったと思える15秒を知りたいから、そこにチームがあって大会がある。



これは今日から怒鳴りまくれって話じゃないですからね。

チームはきっと、そんなやさしいあなただから、ついてきた人がたくさんいることも忘れずに。

その辺、慎重に考えて考えて、怒ってください。


ありがとうございました。


関連記事