FC2ブログ

2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

キャッチャーやって親指ウロボロスを喰らった君へ

kage

2015/06/02 (Tue)

低めに快速球をぶっこまれて、親指破壊された経験は誰しもがございますよね?


まあ、キャッチャーやったら誰しもが喰らう登竜門みたいなもんだ。

ちなみに手首と肘も腱鞘炎になるから、安易に初心者は引き受けるなよ。

とんでもなくドMなポジションだぜ。


うちにもいました。

ただ太ってると言うだけでキャッチャーに抜擢。

その後、親指ウロボロス。


3人ほど、キャッチャー体型の人が倒れたころでしょうか。

頭にきた監督が「くそどもがっ!俺がやる。てめぇらじゃ練習にならねえだろーがっ」

ミットを取り上げて構えて3球目。

「ぐはっ」

親指、抑えて倒れる監督を見て、人がリアルタイムで威厳を無くす様を見た。



正捕手ってすごく大事。

2番手捕手がいないチームの場合、急造捕手は投手に壊される覚悟をしておいたほうがいい。



まあ、方法は親指を立てて取るとか、低めの見極めでここを立てて行ったら親指持ってかれるって瞬時に判断して手のひらを下向きに変えるとかありますわ。

でもそれって全部経験で積むものなんです。


打撃練習からキャッチャーをやって、ブルペンで何度も受けるしかない。


文章で書けることは、親指を下にすんなってぐらいです。


私は初心者の味方なので、むずかしいことは書きません。


とりあえず、これでもつけとけば?

投手がぶっとぶぐらいの速球派ならば、肘のサポも必要です。

取り方がなってない今、これしかないよね?

子供たちほど時間も余裕もないから、練習でって話になったら、人も呼ばなきゃいけないし、いつ修得できるかわかりません。

だからお金使って、大人的解決で親指、守ろう!


これつけてれば練習もふつうにして大丈夫ですよ。

もちろん治ったら外して、出来るだけナチュラルな状態で野球が出来るように技術修得に励んでください。

ありがとうございました。






こちらはすでに売り切れてます。
お近くのショップを探されてみてください。


関連記事