FC2ブログ

2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10

傷つかない程度に言ってみたけど変わらない。

kage

2015/09/01 (Tue)

彼には、傷つかない程度に何度も言っているのですが、いまだに部費の残がいくらあるのか、はぎれが悪いのです。

彼は会計以外では、協調性があってすごくよくやってくれるので、強く言ってギクシャクしたくないのが本音です。





火の玉メッセージ・・・




こういう人ってたくさんいる。


ちょっとオブラートに包んで「ちゃんとやってね~。頼むよ~」ってやさしく言ったり、わざわざその人の目の前でわかるように動いてみせて、気がついてよサインを出す。

はい、全部無駄!


100%伝わりませんぜ、兄貴。


まあ、私のように鬼勉強してる人なら、わざわざ俺の前でゴミを拾って見せるその仕草が、浅はかな「ゴミぐらい拾ってよ」サインだと気がつくわけ。


ふつうは無理。

あいつ何やってんの?である。


ラーメン屋に入って、みそみそみそみそって念じても、「注文は?」って聞かれるよ。

それとなくヒントを出そうか?

「なんか、明るい茶色っぽいスープで少し辛いのがいいんだよな」

店員「・・・お決まりになりましたら、またお声をかけてください」


伝わらんのよ。


自分の思いをしっかりと伝えないと。

「みそチャーシュー大盛りで、あっあと煮タマゴも」

これであなたが欲しい物が届くのだ。




この神的勘を持った私でも、この人は何を言いたい?って思ってしまうときがあるぐらいだ。


通路に物が置いてあった。

その物を取締役が、見ているんだな。

斜めから見てみたり、ちょっと離れて見てみたり。


私は挨拶だけしてその場を立ち去った。


5分後・・・まだいる。


私は作業を続ける。


そして来た。

「火の玉君、あそこに置いてある物をどかした方がいいと思うんだ。あそこは通路だろ」


言え――!

最初から言えやー!

わからんわいっ。

読んだあなたも、最後の一文を見るまで、取締役が何を言おうとしてるか、わからなかったはずだ。


そりゃ気がつくときもある。

だけどそのほとんどがわからない。

私たちはイルカのような超音波は飛ばせないのだ。








だから言うときは、がっつりと言う・・・






ちょっと相手がかわいそうだが、これは仕方ない。

やさしく言われているうちに修正が出来る人間は、おそろしく少ない。

やさしければ、やさしいだけ、人はそこに甘える傾向がある。

すなわち、改善しない。



これは代表や監督のきつい役回りなんだけど、「その後のギクシャクも覚悟して言え」



もしかしたら孤立するかもしれない。

ものすごく悩む結果になるかもしれない。

俺さえ我慢してればいい。


そんな思いがかけめぐり、今日も1歩引くのだ。



いいですか?


たくさんのテクニックが出てるよ。

たくさんのメソッドも出てるな。

褒めて伸ばせ的な。



結局は本音。

そのままぶつかった方がいい。


嘘のないあなたじゃないといけない。


そこに対してきっちりと言う。


その後、相手が「すいませんでした」と人間関係を続けるなら、そこに感謝しよう。


そうじゃないなら別れるしかない。


あなたが我慢すればいいのか?


そうじゃない。


相手はあなたを我慢させていることにも気がついていないのだ。


だからきっちりとみそラーメンを注文しないといけないってこと。








出来る人と出来ない人の定義・・・






「あの子は自分が出来てないことをわかっている」

去年、うちのバスケチームは優勝トロフィー6本。

県のベスト8クラスしか負けませんでした。


それを引き継いだ今年のチーム。

もちろん6年生がごっそりと抜けてしまった今年は低迷。

予選で敗退が多くなった。


「あの子は自分が出来てないことをわかってる」

この言葉は、去年最強チームのエースを育てたお父さんが、今年のチームのキャプテンに向けた言葉です。


だから上手いのだ。

だから強いのだ。

だから謙虚なのだ。



その子は去年のチームのメンバーで、上の世界を知っている。

だからこそ、自分自身がどれだけ足りていないかをわかっているのだ。


ああ、そうなのかと私はうなった。


これが差なんだ。


冷静にまわりと比べて、自分の現在地がわかる人。


出来ていない人には、これがない。

自分がパーフェクトだと言って聞かない。




球技大会の話をしよう。


高校で、早くも中肉中背帰宅部はたくさんいる。

こいつのことは「中背」と略させてもらう。


この中背に「えっ?」となってしまった話だ。


私たちのクラスは、バスケットで球技大会に参加した。

バスケ部1人、野球部の私とサッカー部2人と中背だ。


わかるか?


あきらかに1番、足を引っ張ったのは中背である。


試合後、このデブは言った。


「俺が走ってるのに誰もパスくれねえ、サッカー部2人が使えないよな」




聞こえたか?


俺とバスケ部の心の中の「えっ?」

そしてあなたの「あっあいつのことだ」と思わず思い出してしまう、あのデブだ。



私は思う。


出来ない人は基本、こういう頭の回路かもしれない。


私はやっている。

私は頑張ってる。

私は出来ている。



だからこそ、組織の代表は、はっきりと出来ていないことを伝えないと変わらない。

小細工抜きの本音でやらなければ、相手は動かないのだ。

迷惑をかけているとも思っていない。



もちろんこれは立場が同等なら言う必要がない。

それと「俺はこれでいいんです」と開き直った場合もだ。




夢を叶えたい。

レギュラーを獲りたい。

優勝したい。


お前がそう言うなら、言わせてもらうが、素振りが足りない。



楽しくやりたい。

負けてもいい。

飲み会がメインだ。


お前がそう言うなら、何も言わない。



まあ、こういうことっす。



会計として全然、出来ていないと、きついのを承知で言うのが代表です。


もしも開き直ったら、何も言わずクビ。

放っておくだけ。


そうやって何も頼まれなくなっていく。


「あ~暇だ~」

出来ない人が出す言葉です。



仕事は忙しい人に頼め。


間違いないようです。



チャンスは与えてください。

何度か言って、また同じミスをするならば、それがその人の限界です。


言うならば、はっきりとど真ん中へ投げ込んでください。


ありがとうございました。
関連記事