FC2ブログ

2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10

好きに打ちたいけれど、打たせてもらえない人へ

kage

2015/09/25 (Fri)

好きに打ちたいよっ

チームバッティングなんてくそ喰らえだ。

もう好き放題、打っていいよってチームに移籍したほうがいいでしょうか?


それとも納会で「好きに打たせてー」って世界の中心で叫んじゃってもよろしいでしょうか?

教えてください。



火の玉、至極のメッセージ・・・




まずは、わからない方のためにチームバッティングというのものを説明させてください。

チームバッティングとは、ランナーを進める打撃のことです。

1塁より2塁、2塁より3塁。

出たランナーを出来るだけホームに近づけることにより、点数が入りやすくなる。

1点差を争うゲームでは、大事です。


そのランナーを進めるために、打者が自分を犠牲にするんです。


例えば2塁にランナーがいた場合、セカンドゴロを打てれば、ランナーはサードへ進めます。

うまくいけば、ライト前ヒットになり、1,3塁のビッグチャンス。

または2塁ランナーが返り1点!

打ち上げたとしてもライトフライなので、タッチアップでランナーは3塁へ。


そのバッターが、好き放題ぶん回して、サードゴロやショートゴロを打つならば、ランナーは2塁のまま。




あとは、ランナー1塁の時なら、送りバントで2塁へ進める。


これが野球です。


まるで将棋みたい。


歩で攻めて、歩が取られたら銀が突っ込んで、銀が取られたら角がうりゃって成る。

歩と銀を犠牲にして、角成りで相手に大ダメージ!



草野球やってると、これが実にバカらしくなることがあります。


だって後ろの奴が打つかもわからんし、俺一人チームバッティングしてみても、次は奴は扇風機野郎だったりするわけです。


しかもせっかくの休日、ホームランかまさないと、月曜日仕事どころじゃなーい。


すかっとしたいのだ。



でも・・・



でもね・・・


そうやって好き勝手、打ってしまったら野球ではないのだ。









3年の先輩にされた送りバント・・・






私が高校1年の時、古溝さん(仮名)という3年の先輩がいた。

古溝さんは、めちゃめちゃ上手くて、神様って奴がいるとしたら、この人じゃないかと思ったほどだ。

当時1年で補欠上がりのへたくそな私は当然、バカにされた。


「今度のスタメンは火の玉だ。俺は休むよ」

「いやいやマジ勘弁してくれ」


古溝さんとエースの先輩の鉄板のやりとりだ。


そこから5年の月日が流れ、私は究極進化して古溝さんの草野球チームの3番になっていたときのことだ。

ノーアウト1塁、2番古溝さんは、ノーサインで送りバントした。


しばらく鳥肌が止まらなかったのを覚えている。


1年のころの3年で、その3年の中でも神だった古溝さんが、自分よりも俺へチャンスを作った。


打席は震えた。


答えなきゃ。


震えながら、何とかセンター前へタイムリーを打った。




その次の打席は、ノーアウト2塁。


古溝さんは、お手本のようなセカンドゴロで、ワンナウト3塁を私に作った。


バカにされ続けた日々が嘘のように、俺が打つのを信じて疑わない。


こんな日が来るなんて思わなかった。


初球を犠牲フライで追加点。


より確実に想いをつなげることしか考えられなかったのだ。


スカッとホームランではなく、仲間の想いを背負う打席は、重いのだ。


これが野球。

ほかの競技者が、笑いながら言うベンチで座れる楽なスポーツ野球だ。


一瞬で終わらない。

タイムアウトがない。


重圧を背負い続ける。

想いを背負い、その想いに答え、後ろへつなげる果てしなくタフなスポーツだと私は思っている。


その大会は優勝した。


いやそうじゃなきゃ、優勝はない。








もしも楽しくやりたいなら・・・





私がお勧めするのは、好き放題、打つことではありません。

チームで同じ方向を見てください。


仲間と同じ空を見てください。



盗塁があったら、待てる打者。

もしもスタートが遅れてるならば、そこでヒッティングです。

刺されない盗塁ならば、きっちり待つ。

遅ければ、おっつけて右方向へエンドラン。


ノースリーなら、振らずに待つ。

打つならば5割ではだめです。

ノースリーから打つならば10割で打ってください。

無理ならば待つ。

ノースリーから凡退してもらえると、それだけで投手が生き返ってしまいます。



もちろん、これは押し付けではありません。

私はこっちの方が楽しかったという話をしてます。


好き放題やったこともあります。


7打数6安打!あー楽しかった・・・それだけ。


夏の大会で負けて、練習もない。

クーラーの効いた部屋でコーラを飲む。

友達からの電話で海へ水着のお姉さんを見に行く。

「最高だな、おい?」

「おおー最高だぜ」

「・・・」

「・・・」

「楽しいよな?」

「おう、楽しくてしょうがねえぜ」



とても楽しかったです。それだけ。


熱い時間は、いくら探してもグランドにしかないんです。

心の底から、熱くなったり、震えたりした経験は、振り回し打撃からはなかったという私の物語でございます。


一生懸命、打席で考えて考えて、一人がみんなのために動くチームで、大逆転するから楽しい。









好き放題、打ちたかったら・・・





やっぱり4番になることです。


質問者様は8番。

私が監督でも注意します。


ただ、私の場合は私自身が選手なので、リアルな世界で質問者様と同じチームなら注意しません。

質問者様が好き放題、打ってもチームを勝たせることができる4番バッターになります。

そこを目指します。


4番と言わずとも、3番、5番になれれば、ある程度、打席を任せてもらえます。



すごいときは、ノーアウト1,2塁でも、送りバントではなく、打っていいというサインが出ます。


現在、8番ならば、どんなに打っていても、意見は通りません。

打順を上げていって、その環境を手に入れてください。

おそらく、どこのチームでも一緒です。


もしも8番でも好き放題、打たせてくれるチームならば、その辺の草野球チームです。


適当なチームに勝ち、強豪にはコールド負けをする。


それでも良ければ、そのチームへ行ってみてください。


お勧めは、今のチームを辞めずに、遊びで打たせてくれるチームに入る。

2チーム掛け持ちすることです。


そうすれば、真剣にやりたい気持ちとプレーを縛られるジレンマの両立が出来ます。


私が20代のころ、これをやっていました。


真剣に上を目指すチームと本当に遊びのチーム。


単純にわかったことは、ないものが欲しいという人間らしい気持ちです。


隣の芝は青いというだけです。


どこに行っても、もう少し欲しい。


ということで、今は遊びのチームでコールド負けをしながら、自分だけは真剣にワンフォアオールしてます。

負けたら、勝たせてあげれない自分の打撃ってことで、また練習です。


どうぞ、質問者様も、いろいろなところに行ってみて、自分の着地点を探せれて下さい。

ありがとうございました。
関連記事