FC2ブログ

2016 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 10

何があっても私は、最後うまづらに戻る

kage

2016/09/14 (Wed)

私は必死だった。

考えた。

どんなにあがいても自分には限界があるのがわかっていた。


なんとか乗り切った県大会。

3年生も戻ってきて、チームは県ベスト8で幕を閉じた。



次は新チーム。

また戦いが始まるわけだ。

完膚なきまでの私の指導力のなさ。

娘のやってるスポーツはバスケットであり、野球じゃない。


俺は野球部だ!無理だーーーーー!


今、娘のどこが悪くて抜かれたのか?

いやもっと言えば、「今日の火の玉さんの娘さん、よかったですねー」と褒められても・・・は?いや?どこがいいの?と言う状態。


野球で言うならば、ダイビングキャッチで取るとか、パキーンって打ったら良いってわかるレベル。

パサパサ、シュートが入る以外に良いというプレーが何のか?さっぱりだ。



さらに野球で言うならば、追い込まれた変化球でバットが止まったのが、すごいというところまではわからないのだ。


デッドボールすれすれのボールをよけるのではなく、ユニホームにかすらせる上手さとか、ランナーの視界から消えて、回りこんでけん制に入るセカンドとか、そういう細かいのは、バスケではまったく見えないんだよ!



だって野球部だし、バスケ知らないし?


そんな俺に、あーだこーだ言われても上手くならない確率の方が高い。


やれるとしたら、野球で言う素振り、壁当て、走り込み的な基礎固めなわけですよ。




県ベスト8チームですからね。

それだけじゃ無理です。


才能の塊みたいな子供たちが集まっちゃった世代。


私の中学時代だって県ベスト16を取りましたが、練習試合は負けないし、そりゃ最強と言っても良かった。

だけど地区の決勝とか1点を争うゲームで、やっと優勝。


娘たちは違う。


地区は全試合圧勝。

相手になるチームの方が少ない。

県しか見えていない。

ということはですよ?


チーム内の争いが1番きついってことです。


どの子も他の中学だったらエースだっただろうなと思います。

うちの娘だって、他の中学だったら補欠かもなんて心配いりませんよ。


ドヤ顔で「まあ今度の大会は、やってもらいますよ」的な。

うまづらアスリートの話し方だよね。

GETスポーツや情熱大陸、バースデイを意識した話し方の「娘には・・・まあ、やってもらいますよ」を天狗の舞で放っていたでしょう。



火の玉、お前にそんな余裕ねえよ!





やっぱり教わるしかない。

ほらビジネス書に必ずと言っていいほど書いてある項目「メンターを作れ」ですよ。


最強世代の中の最高の選手のお父上に「バスケ、教えてください」と頼んだ。

いいですよ、一生懸命な人、嫌いじゃないんで俺が出来ることがあれば、いつでも言ってきてください。



そしたら毎日、ものすげー長文で、ディフェンスとは?さぼるとは?合わせとは?1線から2線など(バスケ用語ですいません。野球サイトなので説明はしません)教えてもらいました。


バスケ版火の玉さんでもやればいいのにと思うほどわかりやすかった。

同時に読者さんがなぜ私のサイトに聞きに来るかもわかりました。

本当にわからないっすもんね?

私はこれからも野球のことなら助けになるよう記事を書きます。


そのほか、今日の娘さんは、ここが良くないって教えてもらったり、自主練習に来てくれてメニューを組んでくれます。

そのうち、うちの娘が自主練してる体育館に来ますか?と誘ってもらい、残業すっぽかして通っています。


それを始めたら、また格段に実力が跳ね上がった!


ビジネス書の「メンターを作れ」間違いない。



やっぱりなりたい姿になってる人、自分の目標を実現している人に教えてもらう。


改めて大事だと痛感しました。






娘へ・・。





どんどん上手くなるキミを見ていたい。

どこまで行くかも想像がつかないよ。


心の中じゃ「お父さん、ハードすぎ!そこまでしてやりたくないんだよね」なんて思ってる日もあると思う。

いつか感謝してもらおうとも思ってない。

もしも後の未来で言われたら、その時は謝るよ。


キミと俺は一心同体。


リアルファイナルファンタジーでありリアルドラクエなのだ。


自分のキャラを育てて、戦って勝つ人生を楽しんでいるわけだ。

もう大人になるとそんな舞台もないので、夢をキミに託してる。


想いを背負って戦ってほしい。


試合後の「あの子、すごくない?」は「俺凄い」と同じであり、試合会場をうまづらで歩けるのだ。


きもちいい。


この上なく爽快。


未来で愚痴るなら、俺は感謝しよう。

それでもついてきてくれて、ありがとう。

俺の人生の1部分はキミのおかげで輝いた。

本当に楽しい数年だったと感謝しよう。


家に帰ってきて、バスケットの話をしている時間が大好きだ。

一緒に努力した時間を忘れない。


とてもキラキラした時間だ。



今を一緒に進んでくれることを感謝している。





まとめ・・・







今日も部活に励む子供たち全員に、親が寄り添ってるわけじゃないと思う。

だけど、野球見に来るお父さん、みんなが間違いなくその気持ちだ。

途中から急にぶち込んだ「娘へ」渾身の詩を読み返してもらいたい。


親はキミがどんな道に進もうと、こんな感じでキミを応援しているのだ。


自分ひとりで、負けそうになったら、父ちゃんのために、父ちゃん喜ばすために、もう1歩。

母ちゃんに勝利の瞬間、ガッツポーズする自分を想像して、もういっちょっ!と声を出してほしい


きっと私の未来、また挫折が来ると思う。

何が来ても立ち向かいたい。


最後、必ず私はうまづらに戻る!


ただ進むのではなく、教えてもらったら、今のところ上手くいってますという話でした。

新人戦ベスト8越えを目指して、今日も年休でバスケだ!


ありがとうございました。


この記事は3作になっていて第1話がこちらです→「努力が報われない」
関連記事