FC2ブログ

2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

この冬、スイングスピードをあげたい人へ

kage

2016/12/03 (Sat)

中学校の野球で打てるようになる冬の素振りのメニューを教えてください。

火の玉さんはどのような素振りをしていますか?

また、700gのバットを早振りしたらスイングスピードは速くなりますか?

スイングスピードを速くしたいです。教えてください。





火の玉至極のメッセージ・・・




夏と冬でメニューをわけたことがありません。

私が体験したスイングスピードを上げた方法しか書けませんので、これでご勘弁ください。


ブンと振りますよね?


振り切ったところから、トップまでも全力で戻すスイングをします。


それで1回。

昔、松井秀喜さんが空振りすると、そこから戻すスピードも速い時ってありませんでしたか?


ブンブンと振って構えた位置に戻す。

ここまでやると振る筋肉の裏表が鍛えられるんでしょうか?

私にはわかりません。

私の場合はとにかく500回。

500回やるぞーってことで振り始めた。

早く戻さないといつ終わるかもわからない。

さらにバットを離すとつぶれた豆が痛くて振れなくなるから、握ったままで、とりあえずオラオラ。


ブンブンブンブンと100回。


少し休んで、2セット目。


これ5セットで500回。


豆を消毒。

あとは乾かす。

次の日、バットが握れなかったら休む。

その次の日も痛けりゃ休む。

そのうち豆、固まる。


そしたらまたブンではなく、ブンブンです。


振ったところから、トップに戻す動きをすると、開かなくなる。

体を使わなくても、手だけで強いスイングが出来るようになります。

腰を思いっきりひねらなくても、スパンと振れるようになります。



強い合わせ打ちが出来る。

5割で早いスイングができます。



300回~500回でやってみてください。


この冬、それが出来たなら、違う自分に出会えますよ。



手が豆で固くなったら、このメニューは毎日できるようになります。

最初は痛くて振れなくなります。

だけど辞めないように、強い気持ちでやってください。



最初に書いたようにスイングスピードを上げるのに夏冬関係ありません。

年齢も環境も場所も関係ありません。

今、バットを持って外に出る。

いきなり500回は過酷です。

手も痛くて、甘くないと感じます。


ですがそれは野球を真剣にやった人ならば、みんなが通る道だと思っていいです。

俺はダメじゃないと思っていい。


みんなこうなる!



そこからまた、バットをもって外に出れるか?


本当に変わりたいと思えるかなんです。



500回をやれたときに、「おら、見たか、自分!やってやったぞ」と褒めてやってください。

次の日もその次の日も「どうだ!すげえだろ。俺は変わるんだ」と言い続けて振ってみてください。



冬場3か月いりません。


1か月でスイングスピードが上がり始めます。


軽くセンターめがけて振っただけなのに、エンタイトル2ベースが打てます。


ここでホームランと言わないのが現実です。


リアルはもう1歩先です。


1年後です。

もしかしたら3年後。


これは人によりますが、誰にでもあきらめない人は打てます。



神様はバットを振った本数を数えている。



今日の至極のメッセージは戻しです。


戻しを大切に素振りされてみてください。


バットは、軽いもの重いものなんでも大丈夫ですが、基本試合で使うものをお勧めします。

ありがとうございました。

今をもって、人生を変えてください。
関連記事

来年から監督になり、前のルールを変えたい人へ

kage

2016/12/03 (Sat)

題名の通りです。

この手の質問って実は多いんです。

私のところに年間約2万件来ます。


全部の質問に簡単にお答えしちゃうわけですが、「変えていいですよ」ってことで終了です。




今回の質問もそうですが、だいたいお金の話になります。

部費を取っていない助っ人から部費を取りたいです。

その選手がやる気があって、あなたのチームが好きならば払います。

逆に前の監督が好きでチームに入ってるならば、辞めるというだけ。




相手がいる場合、相手の反応にゆだねるしかないんです。


自分の思うように相手をコントロールしたいと人はいつも思います。

しかしそれは無理。


お金貸してというお願いがあったとする。

いいよ。

無理。


どっち?

それは相手次第。


その時、お金を持っていればとか、機嫌がいいとか、株で勝ったとか、彼女に振られたとか、会う直前でうんこを踏んでブルーとか、あなたじゃコントロールできない相手のタイミングってやつがあるんです。



私たちが学ぶのは、タイミングの合わせ方ぐらい。

今、このタイミングなら話を聞いてくれるかもしれないという見極め。


うんこを踏んだまでは、わからないけど、なんとなく感じる雰囲気、表情で自分の要望が通るかを見る。


ちなみに私は無理そうなら言わないが基本。


しかし場合によっては、相手の反応は違うかもしれないに賭けて、言ってしまえってのもある。



上手くいったのもあれば、ダメなものもある。


私たち監督に出来るのは、ダメなものはダメ。良いものは良いとはっきりさせてぶれないことです。



私の運営の軸は、こうです。


人が足りないときに呼ぶ助っ人からは、部費は取らない。

助けてもらってるわけです。

チームで不戦敗になるところを来てもらっています。

もれなく無料です。



レギュラーメンバーとしてすべての試合をお願いするなら、入部をお願いしてユニフォームと部費を払ってもらいます。

断られたら、泣く泣くですが、人が足りない時だけの助っ人にします。

ここは「キミが欲しいー」っていう説得ですね。

何としても獲得してやるっていう情熱でぶつかるので、私は断られたことがありません(ドヤ顔)



断られても別にこれでお別れではないので、ぶつかってください。

ダメなら、これからも助っ人でお願いねーでいいわけですから。



私の場合は、部費を取りたいの前のプレゼンがハンパなく熱く、一緒に戦ってほしいと正式なメンバー要請は、仕事よりもきっちりとやってます。


上手い、明るい、出席率が高い、声を出す、一生懸命。

だいたいこんな選手じゃないですか?

基本は優遇してでも、取っておきたいですね?

そうではなく、自分の傘下の選手にしてしまうのが正解ですからね。

そこがゴールだと、代表者には思って頂きたいです。








上手くいく方法はありません・・・





失敗するかもしれません。

相手次第ですから。


無料で野球が出来てラッキーぐらいにしか思ってないのなら、最初からチームにはいりません。

このチームで勝ちたいと思うメンバーを集めるのが理想です。

優勝するときは、意外と助っ人なしの本メンバーでそろった時だったりしますし。



しかしコツはあります。



人は人の役に立ったり、喜ばれたりしてる時に幸福を感じるのです。


キミが必要だー。

俺を助けてくれー。

頼むー。


みたいなプレゼンがあなたに出来れば、ほぼ獲得です。


しかも部費を取りたいと思う人です。

他の本メンバーと変わらない試合数をこなしてるんですよね?

本当に助っ人だったら、部費を取ろうなんて悩まないわけです。


基本、そのぐらい出席してる人ならば、入りますから安心して言ってみてください。

ありがとうございました。

関連記事