FC2ブログ

2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

今、つらくても、きっと笑える日が来るんだから!

kage

2017/12/30 (Sat)

一見、華やかに見える人でも幸せとは限らない。

心に病を持っていたりする。

外見じゃわからない、難病を持っているかもしれない。


逆に見るからに不自由な人ほど私たちの想像を超えて心が幸せだったりする。

怪我の前よりも前向きに生きていて、・・・というより怪我する前より笑顔でさ。

すげえーーーと思ってしまうわけです。



つらい経験をしたからこそ、今を前向きに明るく生きれる。

なんら変わり映えのない平凡に感謝が出来たりするのかもしれない。

どん底を味わうことがなければ、ふつうの出来事は、やっぱり当たり前なわけだし。


つまらねえ、退屈だとなる。


この世界がどれほど光り輝いているかなんて見えやしないんだと思う。




今日、語らせて頂きたいのが、「今きついなら、それはもっと良くなるきっかけ、始まりでもある」と言う話です。

人生に悲観せず輝きを取り戻してほしい。

きっと上手くいく日が来るから。










火の玉至極のメッセージ・・・








3年前、私が謙虚に、誠実に、礼儀正しくとうわべで語っていた頃の話です。

とりあえず、思ってないけど、そうやっといた方がいい。

うわべだけだから、俺の方が上だ的な態度は、にじみ出てしまっていた。


結果を残し続けて、勝ちまくって、「勝てばいいんだろ」と。


そうです、結果が出ている間は誰も何も言わない。



人間は必ずいつか失敗するんです。

調子に乗って波乗りジョニーをしていると必ず来る転落。

私の転落っぷりったらなかった。

ビルの8階からブラジルまで届くんじゃないか?

ブラジルまで行ったら逆に浮いてしまいますけどってぐらい落ちた。

マグマで溶けずにブラジルまで落ちて浮いちゃったお前にあだ名をつけるなら、万有引力無視男。


叩かれるだけ叩かれた。


1番申し訳なかったのが、私についてきた後輩たち。

彼らが、ぼろくそにされたこと。



でもね。

泣けるんだ。

そこで後輩たちは、私を切り捨てて、巨大な勢力に入っておけば問題なかったんだよ。

それが「俺は火の玉さんを尊敬してますから。火の玉さんみたいな仕事をしたい」って引かない。

あーあ、お前はダメだな、わからないなら終わりだなって叩く先輩たちに笑われてた。

それでも「別に何と思われてもいいです」と。



そんなに信頼するなよ。

もう戦いは終わったんだ。

見事、私は敗北に終わり、ブラジルでサッカーをしようと思ってるところなんだぞ。

地球の裏側で、みんなを応援している。



失敗して1年は叩かれ放題。

後輩たちは飲み会のたびに、火の玉はクソだを聞かされて、それについて行くお前らもクソと罵られた。



もうさ。

上手く生きればいいのに。

お前ら、俺についてきても何の得もないんだから。

柔軟に自分を曲げて生きて行けよ。



「嫌です。火の玉さんが曲がらないから、俺も曲げません。自分の正解を信じます。勝手にやってるんで気にしないでください」



転落2年目。

彼らがプレゼン大会、春と秋を2連覇優勝した。

その時の私と言ったら、仕事最小限で放り投げて、娘のバスケット応援をしていた。

これでいいと思った。

新しい人たちが自分の力で道を切り開いてるんだから。




転落3年目のプレゼン大会、春。


またしても彼らが優勝した。

結果でまわりを黙らす。

この頃、私の悪口を言う人を逆に黙らせるまでなっていた。

私は「そうですね」って聞き流しておけ。俺のフォローなんてしなくていいと言った。

そしたら「いやダメです。ぶっつぶします」と。




心の転落地ブラジルで余生を過ごす私が少し噂されるようになった。

「火の玉さんって、もうプレゼンやらないの?」

「あの人どうしちゃったの?」

「野球も行ってないって聞いたけど?」







転落3年目夏、娘のバスケットが終わった。

県王者に負けるという結果。

負け方としては1番悔いが残らない相手に負けて終わったと思う。



心にぽかーんと穴が開いた。

何しようかな?・・・。




秋のことだった。

上司から言われた。



「そろそろ、戻って来いよ。もうあの時のことは忘れていい」


私は答えた。

「いや、忘れません。自分の失敗のケツを拭いてもらって、いろんなことを言われても、私を捨てなかったことを忘れません」


転落当時の上司、柳田さんは、私のことを甘やかしすぎだとか痛烈な批判を受けた。

でも柳田さんは、気にしなくていいと批判を受け続けた。

この人だって、火の玉はダメだと同調して切り捨てることが出来たのに、それをしなかった人だ。


まっすぐ、誠実。


この言葉は柳田さんそのものだ。



初めて人に勝てないと思った。

私は柳田さんを越えられないだろう。

実績とかじゃなく、人間として勝てない人に出会った。


柳田さんは逃げない。

汚れ仕事ばかりする人。



もちろん上手いことして昇給していく人はたくさんいる。

柳田さんは、ゴマすりが下手くそだから上の評価だって低い。

大切なのは、そういうことじゃないって教えてくれた。



そんな柳田さんからの「戻って来いよ」だった。





私は答えた。

昔のような結果が出せるかわかりません。

いや出せないと思います。

でももう1回やってみます。




柳田さんは「わかった、頼むぞ!優勝しようぜ、リーダー」


「いや、だから、いきなりそんなことにはなりませんって(笑)」




その後、柳田さんが後輩たちに「火の玉が帰って来るんだよ、この冬は熱くになるぞ」ってテンションマックスで話していたと聞かされました。







冬、プレゼン大会。

審査結果を発表します・・・



自信はなかった。


なぜか?

利益で他の課と200万近い差があった。

経験上、なんだかんだ金額だ。

その活動で、これだけの利益を出しましたと言ったチームが強い。

内容や工夫、感動的なラストなど採点基準はある。

だけど金額で勝ったチームがだいたい優勝。

誤差で行けば、50万程度ならひっくり返せる。

しかし200万。

無理だ。

甘くないと思った。

予選を突破して決勝の6チームまで残ったんだから、まあよしとしましょう。


そんな風に思っていた。







最優秀賞は・・・・





今回はダントツでした。


「チーム火の玉!」




ん?


火の玉?



えええええええええっ!




福ちゃんが「おっしゃーーーーー!」ってバカでかい声をあげる。

やめろ、喜ぶとまた叩かれるから。

でも嬉しいな(笑)

福ちゃんありがとう。



「やりましたね、火の玉さんっ!」
福ちゃんの握手は、おまえ選挙前の政治家かというぐらい強い握手でぶんぶん腕を振った。

痛いって(笑)




柳田さんが言った。


「ほら、待ってりゃ、いつか風が吹くんだよ」




まっすぐな嘘をつかない柳田さんの背中から出た言葉だ。

嘘がなければ、時間はかかってもちゃんと理解される。




「もう忘れていい、これから前を見て進めよ」



私は目にたまる涙を必死に、こらえた。


「いえ、ご迷惑をおかけして、守ってもらったことを一生忘れません。心の片隅に置き、前へ進みます」



3年前、ラッキー当選で勝ち、天狗になり転落。

信じてくれていた人たちのおかげで復活することが出来ました。

昔とは違います。


私は負けたチームを思い、謙虚に頭を下げました。









まとめ・・・





人生ってつらいこと方が多いです。

転落してどん底なあなたへ。

あとは上がるだけなんて、ありきたりな言葉は言いません。



休んでいい。

頑張らなくていい。

だってどん底で、上がる元気もないでしょう。



でも忘れないでほしいことがある。



自分を大切に思ってくれる人のために、とりあえず生きて行こう。


人生は自分のためだけにあるんじゃない。

自分と自分を想ってくれる人のために、あなたの物語がある。

あなたの物語に出るキャスト全員がハッピーエンドで終われる物語にしなきゃいけない。


大切にされたことを日記に書き留めておこう。

それだけでいい。




あなたはいつか復活します。

返り咲きます。

その時に、出せる心からの「ありがとう」でつかめるものがあります。



あの転落が良かったと思える未来です。


人生がオセロの角を取った時のように、パタパタとひっくり返る瞬間が来ます。

一緒に喜んでくれる人がいる。

あなたを大切に思ってくれる人が一人でもいたならば、あなたの人生は勝ちなんです。




2018年も残りわずかです。


良いお年をお過ごしください。


こちらは、そんなに頑張らなくていいってことを教えてくれた1冊です。

よかったら一緒にお読みください。

映画化されていて、TUTAYAでDVDも借りられます。



関連記事

キミがどれだけ愛されているか・・・

kage

2017/12/17 (Sun)

母が亡くなった1か月後にキミは生まれたんだ。

キミから見たらおばあちゃんだ。

おばあちゃん、キミの顔を見るまでは死なないって病気と闘った。

余命宣告よりも1か月、長く生きた。

キミに会いたくて。

最後は骨と皮になってさ。

そりゃ生きてるのが不思議なくらい弱ってた。

おばあちゃん、俺で言うお母さん。

会わせたかったな。

やさしい人だったんだよ。

もっともっと生きてほしかった。



おばあちゃんがこの世を去った後、すれ違いで生まれてきたキミ。



何も求めてない。

キミはいるだけでいい。

おばあちゃんが会いたくて会いたくて仕方なかった子。

それがキミなんだ。


お姉ちゃんが色んなことが出来るけど、どうか気にしないで生きてほしい。

自分はダメなんだって思わないでほしい。

なつきは、なつきなんだから。



お姉ちゃんに無いものをいっぱい持ってるんだよ。

背番号7をもらってる。

水泳では5年生から選手だ。

マラソン大会5位入賞だし。

お姉ちゃんが取れなかったものをいっぱい取ってる。


負けてたまるかって言うキミの気持ちで取ったものだ。

だけど1番勝っているのはやさしさ。


試合の後でも、1日見ててくれたお母さんにマッサージしてあげれるところ。

普通の子だったら疲れて寝てるよ。

だけどキミは、やってあげてる。


送り迎えした時、必ず「ありがとう」って言える。

車で去り際、もう1回こっちを見て手を振るキミが可愛くてたまらない。

あぁやさしい子に育ったなって思ったよ。



そんなやさしいはずのキミが学校でいじめをしたって聞いた時はショックだった。

キミにじゃなくて俺自身にだ。

きっと俺が、バスケットで厳しくし過ぎてストレスが溜まってしまったんだろう。

厳しくやってます的なアピールをまわりの親にしたかっただけ。

そんな俺のエゴのために、キミのやさしい心を傷つけた。




だから怒らないって決めた。



結果とかどうだっていい。

キミが楽しくバスケットをやっていればそれでいい。

その中で、上手くいく手伝いをしたいって思った。

そうやってやさしい声掛けをしたら、どんどん上手くなって、小学校時代のお姉ちゃんよりも上手くなった。


そんなに出来なくてもいい。

俺はやさしいキミに癒される毎日なんだから。

なつきが幸せならそれでいいんだ。




頑張らなくても愛してるから。



お姉ちゃんを追いかけなくていい。

勝たなくていい。

お姉ちゃんはお姉ちゃんで、みんなから、かわいいって可愛がられているキミをうらやましく思ってるんだからね。




お母さんもキミが大好きなんだ。

キミがいじめられた時、相手の家に文句言いに行った。

お母さんは、本来そんなことが出来る人じゃない。

喧嘩しに行くなんて無理な人だ。


だけどキミが泣いて帰って来た日、相手の家に行って怒ってた。

学校にも電話して、相手を叩きのめした。

もう1度言うよ。

お母さんは喧嘩が嫌いで、誰とも争わない人なんだよ。

だけどキミのことなら歯止めが効かない。

どんな奴にでも立ち向かい戦ってしまうんだ。

なつきは、なつきが思っている以上に愛されてる。

どんな時も自信を持って生きていくといい。

私はみんなに愛されてるって思いなさい。本当にそうだから。






今度、アルバムを見て「これ、おばあちゃん?」って聞かれたら教えてあげよう。

なつきに会いたくて会いたくて病気と闘って会えなかった人。

生きてたら抱きしめてくれたと思うよって。

関連記事

受験、大詰め。日本代表よりも負けられない戦いがある。

kage

2017/12/15 (Fri)

合格の評価をもらった。


1か月前は不合格。


で、面接対策ノートを見せてもらった。

開く前に一言。

こんなクソノート捨てろ。

答えることは、こんなことを話すって考えとく程度でいい。



娘がふてくされてきたので、説教はやめて読んでやった。

ふむふむ・・・。



緑豊かな自然に囲まれて、とても勉強に集中できる高校だと思いました・・・



ばかやろうっ!




お前は、完膚なきまでにその他大勢の模範解答じゃないか。

面接官も思うよ。

出た!ぱっ!今日で緑豊かな女は何人目だと。


あほすぎる。

わびなさい。

知らなかったとは言え、この天才火の玉の娘で生まれてきたことを、今すぐ私にわびなさい!






なんで、そこまで言われなきゃなんないの!お父さんならどうするって言うのよっ!





わかった。答えてやるから質問をしなさい。


最近、気になったニュースは?



はるまふじ。

殴ったやつ。

殴るのは悪い。

しかしどうだろう。

ワイドショーも叩き過ぎじゃないかと私は疑問に思いました。

相手の方を思うと当然かもしれない。

しかし、しかし、しかし、私の会社には、3人の はるまふじがいます。

決して日馬富士さんとは同類ではありません。

この3人は、アントニオ猪木でもないのに108発ビンタを他人に噛まそうとする海賊です。

今日も暴れているのではないだろうか。

忘年会シーズンだけは貴乃花部屋に入りたいとも思いました。

私の結婚式で、2次会に移動中、海賊3人でつかみ合いを始め、最後には3人で、おむすびころりんです。

海賊ころりんのあげく、車に後頭部をぶつけて車はへこみました。

同期で祝いに来てくれた内田の車、奴らの後頭部の形へと変化。

内田は結婚式で「君がいるだけで」米米CLUBを熱唱してくれました。

お前らがいるだけでと上手いことを言って帰りました。

内田は現在、会社を辞めてパン屋を営んでます。

正解だったと思います。

会社に残る私は、今後、どうしたらいいのか?

いや、むしろ次のおむすびころりんで警察へ行こうと思えました。

何が言いたいかと言うと、そんな叩かなくてもいいのではないかということです。

日馬富士さんは、ちゃんと謝罪してます。

警察の罰も受けるでしょう。

海賊は「覚えてない」で終了です。

わが社の黒船海賊団に比べたら、もういいんじゃないかと思った次第です。

私はしません。

先輩の悪い姿を見て、私は自分の経験に落とし込み反省が出来る人間です。

海賊一人が上座に座った列には誰も座らず、その列だけが空いています。

誰一人として隣にいけない。

それを笑ったら、もちろん殴られました。

今度、殴られたら、貴乃花親方に言いつけてやろうと思います。

ありがとうございました。










このぐらい話しなさい。

面接官はその他大勢の模範解答が聞きたいのではない。

自分の経験を盛り込んだ感想が聞きたい。

お前にしか話せないエピソードを語ればいい。

台本もいらない。

丸暗記なんてするから詰まるんだ。

自分の物語を語れ。

こんなに私は魅力的なんだということをアピールするのが面接だ!





こいつ、おもしろいな。

この子、欲しいな。

そう思わせる。



緑豊かな女なんていらんのだ!




答えて行く中で「なぜ、それをするのか?」「何のためにやるのか?」「だからこういう考えがあります」を言えたならいい。


私は、その他30通りほど、質問に答えてあげた。





娘は今日、見せつけるように合格を持ってきたという話です。







火の玉メッセージ・・・








人に伝えるって、むずかしいなと思ったんです。

これを真面目に話しても伝わらない。

ましてやどんな正論を言えても、やって見せれなければ、信じないわけです。

その中で、少しでもクスッとさせたら、こちらの言いたいことをわかってくれる。

自分を大げさに高い位置にいる勘違い野郎に設定するのもそのためです。

ばかじゃん?って思われながらも、それなりに聞いてくれる。

落とし込んでやってくれて良かったです。

彼女の高校入試が上手くいけばいいなと願わずにはいられません。


受験シーズン大詰めです。

娘は無理目の学校を目指してます。

正直、初めて聞いた時は「無理だよ・・」と。

その言葉を飲み込んで、「そうか、やってみな、行けるんじゃない?」と背中を押しました。

もう少しで届きそうなところに来て、人の可能性って決めつけちゃダメなんだなと改めて思います。


やれるだけ応援してやろうと決めました。

冬期講習の領収証が届きました。

嫁さんが娘に言いました。

「お父さんも、この値段は悩むんじゃない?」




「お父さんなら、きっと大丈夫だよっ!」



嫁からそんな話を聞いて、「はははは・・・(冷や汗)」笑うしかないです・・・。


今回は、そんな受験日記となりました。

同じ世代の方に、少しでも勇気を与えられたらと思います。

共に残業、がんばりましょう(笑)
関連記事

何のために、辞めて他のチームへ行くのか?

kage

2017/12/14 (Thu)

チームでの息子のいじめは解決した。

親全員が謝ってきた。

チームメイトも息子に謝った。


めでたし。めでたし。




ここからが本題です。

こんなチームに息子を戻したくない。

されてきたことを思うと、違うチームを探してあげた方がいいのではないか。



もちろん自由です。


そんな中で火の玉が思う「違うチームへ行く」について熱く語りたいと思います。

新天地をを考える方のヒントになればと思います。











火の玉新天地のメッセージ・・・






いじめをした側が1番悪いです。

1番とかではなく、全面的に悪い。



受けた側は心に痛烈なダメージを受けます。


この話は、いじめられた側が悪いと言う話でないので、誤解がないようにお願いします。

2度とこんな思いはしたくないです。

だからこそ、これからの自分を変えていく。


尊敬され、頼られるために変えていく。

そのままでは、きっとひがまれて、また卑怯な人間の攻撃対象とされてしまいます。


弱い人はたくさんいます。

下手な人も。

全部、引き受けて勝たせることの出来る人へなってもらいたいです。


弱い人を切り捨てない強い人はかっこいい。






では始めます。


社会人の会社を辞める理由NO1が「人間関係」です。


給料が低いではない。

残業が多いでもない。

火の玉のような凄すぎる人を見て才能がないでもないのです!




上手くいかない人間関係、みんなから嫌われる、味方がいない状態になると、人は会社を辞めようか考えるんです。

人間において1番大事なものは、金でも才能でもなく、「居場所」なのだ。


じゃあ居場所ってなに?


どうしたらここにいていいよって言われるの?



これには様々な方法がある。



結果を出す。

強力な人間の腰巾着(こしぎんちゃく)になる。簡単に言うならばスネオだ。

恋をする。誰かと愛し愛され必要とされる。



別に書かなくても、みんなこれぐらいやってます。


やってるにも関わらず、なぜ上手くいかないのか?

なぜ繰り返すのか?

どこに行っても一緒と言う結論で終わるのか?



自分が成長してないからです。



死にたいぐらいつらかったら、いったん逃げるのもいい。

だけど自分にそこそこ余裕があるならば、以前失敗をした自分(人間関係をこじらせた自分)と向き合って、なぜ上手くいかなかったか?を考えていって欲しい。


ここで言う余裕は、1日の中で、笑う時間があったり、腹を立てる時間があったり、前へ進もうと思う時間があると言う意味です。


考えずに変わらなければ、繰り返すと思っていい。


水を用意しないで花火をすれば、いつかは火事になります。

火事を起こしたにも関わらず、変わらず水を用意しなかったとしたら?

たまたま火事にならなかった今回を大丈夫と決めつける。


燃える山を見て、あなたは言う。

なんで俺が花火するといつもこうなるんだ。

なんで俺の時ばかり・・・。


火の玉の定義として、成長=目的みたいな感じです。

目的=「何のために?」です。

何のために?を考えてる人が人生をより良くする。


前だけを見て努力をして、その努力を支えてくれる仲間、成功を一緒に喜んでくれる仲間がいる人生になる。






質問です。



「何のために、違うチームに行くのですか?」





例えばです。

エンジョイベースボールのチームで、私はもっと強いところで自分を磨きたいからAクラスのチームへ。

ここでは試合に出れない。レベルは落としても出れるところで、チャンスをもらい、もう一花咲かせたい。

お世話になったチームに戻って恩返しがしたい。



「もっと良くしたい」


そのための移籍ならばいい。




よく会社を辞める人で「あなたにも問題がありますよ」と言う人は多いです。

これは、いじめられる側に問題がありますよという発言ではないことをご理解ください。

もちろん最初に書きましたが、暴言を吐いたり、裏で糸を引いてハブにした人が1番悪いです。


だから変えないで良しとする。

成長しないあなたがいたならば、物事は繰り返すようになってます。


2度とそうならないために、自分で出来る範囲の工夫をしようと言う話です。





いじめは終わりました。

まわりの選手も、陰湿なことはやめて、息子さんを実力でねじ伏せようと来ます。

それを跳ね返し、今度こそ勝者だからこそ出来る振る舞いと言動で、対応すれば息子さんは今のチームでも十分やって行けるようにも思えます。



もちろん自由です。

そこでがんばれと言う話ではございません。

違うチームでも今回のことを自分なりに考えて、振る舞えれば大丈夫です。

今までの自分を変えれていればいい。



本来、実力のある人は、みんなから尊敬されるのが自然です。






移籍にあたって気になったのが、「何のために?」がないように思えました。


何のために?を出したうえで移籍しないと、チームを変えても、理不尽に降りかかります。



お父さんの腹わた煮えくり返る気持ちもわかります。

こんなクズどもとやってられるか!

俺の息子を傷つけた奴らなんか見たくもない。


これは息子さんの選択です。

私が言うまでもありませんが、ひとつ冷静に答えを出させてあげてください。

決してお父さんのナイスプレゼンで、息子さんを誘導しないようにしてください(笑)


ありがとうございました。


この記事には第1話がございます。

よかったら合わせてお読みください。

「成長したければ責任を自分にする」
関連記事