FC2ブログ

2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

バットで誰とも被りたくない人へ送るグリップ。リザードスキンズ!

kage

2018/03/31 (Sat)

おもしろいデザインのグリップを見つけました。

色とりどりでたくさんあります。

性能は触った感じ、普通のグリップですからご安心を。

今までは、少しでもオリジナリティーを出したくて茶色のグリップをつけてました。


誰しもが「俺だけの1本」を作りたいはずです。


今日はそんなあなたにご案内です。

普通のグリップよりは、少しお高いですが、気に入ればどうぞ。




関連記事

近い距離で暴投してしまう人へ

kage

2018/03/28 (Wed)

ベンチ前のキャッチボールが上手く行きません。

距離があると胸に行きます。

どうしたらいいですか?







火の玉メッセージ・・・






私、もうすぐアラフォーです。

最近は近い距離でも遠く感じます。

塁間なんて、遠投です。

肘も痛い。

全部遠いから、その悩みがうらやましい!




さて本題です。

ベンチ前のキャッチボールをやめたらいいんじゃないですか?


それ出来る必要がありますか?


近い距離として、セカンドからファースト送球。

塁間。

カットマンに投げる。


これらが暴投となれば、修正が必要です。


他のことは、出来ても出来なくてもいいんです。


おそらくイップスです。

決めつけてしまうのも良くないですが。


ベンチ前というトリガーが働いた瞬間、あなたは投げれません。

小学生でも出来ることが出来ない。

これはメンタルです。




どうするかというと、火の玉的は逃避行です(笑)



そういえば投げれなかったっけってぐらい離れると、また投げられるようになります。

草野球だから出来る技です。

1年でも2年でも休んでください。


心が「投げたいな」って思えて、うずうずして投げたならば、びしっと行きます。



遠くが投げられるなら外野に回してもらえばいいです。


どうしてもベンチ前をやりたいなら、ふわっと投げておけばいい。

毎回様子を見ながら、少しづつ力を入れていく。

でも最後には暴投になるでしょう。


火の玉的には必要がないことは「やらない」が答えです。



試合に支障がある送球の場合は、前回の記事「練習では出来るけど試合だと出来ないをどうにかする方法」でも書いた通り、その部分を意識しないで全体で見るようにしてください。


気にしなければ改善されて行きます。


もともと出来ていたことならば、必ず戻せます。

ただ焦らずゆっくりとです。

「練習では出来るけど試合だと出来ないをどうにかする方法」
関連記事

凄いなぁ、この人!

kage

2018/03/27 (Tue)

私がブログで作るキャラは毎年、変わります。

上から目線で壇上に上がるスタイルで、生意気を語って失敗した時に、凄い人がいたという話です。

ブログってアクセスが減るのでわかりやすいんです。

あとは知り合いから「最近つまらない」とばっさり切られました。



そんなつまらない記事。

もちろん残してます。

不快だから消せと直接、書かれれば、すぐに消します。

無様な未熟記事も残して滑稽な私をあなたに楽しんでもらうスタイルです。


さてその最中に来た質問でした。

非公開コメントで来たのでご本人のことも考えて、過去記事のリンクは出しません。

記事は残しております。

どうぞ探されてください(笑)








質問・・・





受験を失敗して私立高校に入学しました。

しかし私が入った科は特進科で野球部に入れません。

高校では野球がやりたい。

浪人して受けなおす手も親は提示してくれました。

それとも大学に行って野球をするか?

それまでにやった方がいい筋トレがあれば教えてください。







本題に戻ります。



この時の火の玉メッセージが、校長に聞いて野球をやらせてもらったら的に回答しました。

それでもダメで野球がやりたかったら、受けなおしたらと。



この世の中、多数派が正解とされています。

だから中々、少数派に自信を持って飛び込める人っていません。

中学生の97%が進学します。

超多数派です。

受け直す一手は、まずないです。

何とか私立高校でやられているんだろうなと思ってました。

その後どうなったかを心配していたところ、先日、メールが届いたんです。




「火の玉さん、公立、受けなおして、今年合格しました。仲間からは、おかえりと言ってもらえました。精一杯やり切ろうと思います。その節はお世話になりました」




何も世話してません。

でもわかることがあります。



野球がやりたかった。

野球が好きだった。

少数派に行く勇気。

それを応援してくれた親御さん。

人生で後悔することは、やってしまったことよりも、やらなかったことだそうです。


あの時、あれをやっていれば。



あの時、告白していれば。

あの時、もっと努力をしていれば。

あの会社を受けていれば。

あそこで手をあげられたならば。




何もしないで年老いた自分がいたならば、後悔するのは何もやらなかったことです。

挑戦して無残に散って、笑われたことなんて、いい思い出になってます。

むしろ宝石のように輝いているんじゃないかと。




世の中に正解不正解はありません。


自分で決めた価値観で決まります。


自己肯定感を持っていればいい。



いい親御さんです。

世界があなたを肯定しているって教育してくれたのでしょう。

だからあなたは失敗しても、自分の人生を歩んでる。

誰になんと言われようと強い。



やりたいことをやっている。



凄い人だなぁと思いました。



私の中で何度読み直しても上から目線の失敗記事が、人生のお役に立てたならば幸いです。

また気軽に質問してください。

非公開コメントには基本返信しないのですが、この場を借りて返信させて頂きます。


合格、おめでとうございます!





関連記事

試合だと出来ないをどうにかする方法。

kage

2018/03/25 (Sun)

練習では出来るけど試合では出来ないシリ~ズ!



バッティングセンターでは打てるけど、試合では打てない。

練習では取れるけど、試合では取れない。

なんでもそうです。

練習では入ってるのに。

練習ではミスらないのに。

練習では・・・練習では・・・練習では・・・

ヒロシです・・・ヒロシです・・・ヒロシです・・・みたいな感じになります。



メンタルが勝てないわけです。



股関節の可動域をあげたら上手く行くんじゃないか?

笑顔の回数を増やしたら?

ポジティブに考えたら?

病院で注射を打ってもらえば?

フォームを変えてみようか?

道具を変えようか?

チームを変えようか?

またまた戻って、肩の可動域か?

懸垂をやれば?




人は様々な方法で、何とか「練習では出来ている」を試合で出来るようにしたいわけです。


でも何をやってもダメです。


いや試行錯誤してたくさん、もがいてください。

それで出来るようになれば、それでいいです。


でも火の玉の経験上、ダメになります。



やっぱりダメだ。もう打つ手がないと思ったら、またこの記事を読んでみてください。


または、もう打つ手がない人へのヒントになれば幸いでございます。












火の玉メッセージ・・・








イチロー選手が、なぜ毎回同じ動作をして打席に立つのか?

それ意味あるの?って言う動作を毎日同じようにやります。

別に打席だけじゃないんですって。

球場に入るときは、左足から入るとかまで決めている。



数々のチームを優勝に導いた野村監督も勝った日はパンツをかえない。

1週間同じパンツなんて日もあった。



「ジンクス」を大事にしていたんです。


これをやれば上手く行く。


イチローさんは、さらに細かく1日の中で同じことを繰り返して試合をしていたと聞いたことがあります。



1流ほど体だけじゃなく、メンタルを整えているんだな~って思った話です。



私たちにはここまで出来ません。


しかし出来るだけ「試合では」「練習では」って区切りをつけない方がメンタルが整いやすいってことがわかりました。


1日のスパンで区切るようにするんです。



私、火の玉も医者じゃわからないメンタルの病気を持っています。

眉間にしわが寄ってしまうんです。

わけがわからず制御できません。

メンタルが落ち着いているときはなりません。

だからメンタルを落ち着ける行動を取るように最近は考えています。


食事はゆっくり食べるとか(笑)

ホットミルクを飲むとか(笑)

なんじゃい!みたいなことをやってます。



1日で区切ってない時は、「人前で話すと眉間にしわが寄る」「ご飯を口に入れるときに寄る」と思っていて、その時にどうするか?と考えて色々やってきました。


でも治らないんですね。


何をやっても!


心がダメだってサインを出したときは、股関節がどんなに柔くても無理。

柔らかすぎてイナバウアーをして見せてもダメでした。




野球関連で行きますと、サード送球のイップスになりました。


キャッチャーからの2塁送球や外野からの送球ならば、ど真ん中送球が出来ます。

しかしサードゴロを取って、送球すると必ず暴投。

自分自身、イップスでもう無理だと思いました。

どんなフォームで投げても、ポジティブに思っても、暴投。


でもチームメイトにこう言われたんです。


「火の玉さんも年だね。取るまではいいけど、投げれなくなってるしね」


その人はイップスではなく、年だと言った。


ああ、俺は年だから投げれてないってのもあるのかと思いました。


ここもサードからファーストだと投げられないって言う区切りを無くしました。


外野でも暴投してるし、キャッチボールでも暴投するわけです。

その程度の実力。




何が言いたいかというと「試合だと」や「練習だと」って区切る考えをなくしましょうって話です。


練習だとノーミスではない。

試合だとミスるでもない。


全体を通して、練習+試合で、どのぐらい取れるようになったかを見るようにしたほうがいいです。


あとは練習のミスって結構してます。


だけどミスっていいから、さらっと流してしまうものです。


100発中100発取れてますか?


ここも練習って区切りでよくない考え方ですが、100発投げてもらって100発取れていないですよね?

1,2球のファンブルはあります。

試合ではその1球が大ダメージになるから覚えているだけです。


試合でのワンバンボールも101球目なだけです。



メンタルって本当に恐ろしいです。



「これは出来ない」って限定してしまうと本当に何やっても出来ません。


私個人の考え方ですが、出来なかったプレーに関しては、全体の一つとして考えて、確率が上がるように練習して染み込ませていくようにしています。



そうでないと何千、何万球の練習をしたとしても「試合だと出来ない」って思っているがために、「試合」ってスイッチが入った途端、あなたは出来ないんです。



メンタル的には、そういうスイッチは作らずに気にしないようにしていったらいいです。


自分を含めて、メンタルは中々克服出来てません。

ある瞬間で必ず出ます。

過去に作ったメンタル「試合中」だったとしても、それは全体の1つのミスとして処理をしていく方がいいです。


プロ選手でお金をもらってるわけでもありません。

大学4年間の間にレギュラーを獲らなければいけない期限もありません。

生ぬるく、出来る自分を目指して行かれてはいかがでしょうか?



何年も何年も苦しみ、たどり着いている答えがジンクスを朝から作り、成功させていく。


試合だとダメって考えを無くし、こうすると出来るって言うジンクスを増やすようにしています。


参考になれば幸いです。


最後に試合や本番は人間なら、みんなガッチガッチです。



緊張するんです。



それをどうにかするんじゃなくて、ガッチガチのまま、おりゃって取りに行けばいい。


ガッチガチのまま、投げればいい。


ガッチガッチのまま、振り抜くといい。



何をやってもガッチガッチだから、そのままやってしまうしかないんです。


開き直って、今持っている体を最大限、動かしましょう!


ガチガチの自分をヨシとすると、今より体は軽くなります。


普段通りにしようとするからおかしくなります。


無理なので、ガチガチのままでいいんです。
関連記事