FC2ブログ

2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

打てる作戦&打てる打席での考え方

kage

2018/04/20 (Fri)

1年間、草野球から離れていました。

1年ぶりの試合で、あっさりとヒットを打てました。


どうせ、たいした投手じゃないんだろ?

2ケタ安打の中の中の1本だろ?


違います。

それだったら記事にはしません。


投手は110キロほどは出てました。

四球は1個だけというコントロール。


何個三振、喰らったんだろ(笑)


1安打完封で負けました。


私の2塁打1本だけ。

三振しなかったのも私だけ。


1年ぶりの野球。


自分はさぞかし置いて行かれてるだろう。


そんな風に思ってました。


ボールも見えないんだろうなと。




ふたを開けてびっくり!


さすが草野球!


みんな1年、年を取り、むしろ劣化(笑)



「火の玉さんは1年練習してなかったかもしれませんが、俺たちも練習してません!」


晴れ晴れとした表情で語られた時に思いました。


トレーニングさえ積んでおけば、いつまでもやれる遊びが草野球なんだ。


走れる体を作っておけば、何歳になっても楽しめるんだと。




1番大事なのは作戦&打席での考え方なんです。




毎年、4割打つ方法です。


経験者なら4割。


初心者でも3割は打てます。





私がやっている作戦を今回は書き、あなたのヒットのお手伝いが出来たらと思います。











火の玉の方法・・・








前の日にバッティングセンターへ行きます。



バッティングセンターってただボールがくるだけなので、ボールが来るあたりにバットを出しておけば140キロだって打てるんです。


そこでただ打ち込んで、「よし、明日は行ける」って思っても次の日は打てません。


経験ございますよね?



そうじゃないです。



バッティングセンターで確かめるのは凡打の数です!




どこが打てないかを見ておくんです。


単調に同じタイミング来るイージーなボール。

なのに打てないコースがあります。


それはその時の状態によりますから、自分と相談しながら見てください。


そこから確実にヒットになるコースがあります。

そこをチェックします。










火の玉の打てる作戦・・・






バッティングセンターではあえてコースを動かしません。


なので高めに来たり低めに来たりします。


久々のバッティングセンターだから、やっぱりボールが見えてません。


高めの凡打率が高かった。


逆に低めは、ヒット性の当たりを連発した。


さらにはインコースが打てた。




はい!作戦決まり!



インコース低め狙い!











試合当日の作戦・・・








自分の状態はインコース低めならば、きれいにバットが出るのはわかってます。



どうしたか?



インコース低めを待つだけなら誰でもやります。



私の作戦は、そこから皆が立っている位置よりも外側に靴半分、ずれて打席に立つ。



インコース低めは低めでも、甘いインコース低めになれば、なお確率アップだからです。




それじゃあアウトコースが打てないじゃないか!



どうせ手を出したって打てませんよ。


簡単なバッティングセンターですら打てないんですから(笑)




だから捨てるんです!




見逃し三振でいい。



キャッチャーに「こいつはアウトコースだけ投げとけばいい」ってバレなければいいんです。











キャッチャーにバレない方法・・・






キャッチャーに狙いがバレたら、おしまいです。



バレない方法があります。




それは早打ちです!




この日の私なら、とりあえず低めなら、初球から打ちに行っちゃうんです。


変化球でも見逃さずに手を出す。


そこに来たら全部、打つぞって決めておく。



そうするとだいたい4球程度で勝負がつきます。



そうやってよだれを垂らして、待ち続ける。


ライオンように。



ぐへへへへ・・・。




来た!



ばっきーーーーーん。



レフト線上に一閃する2塁打!



メタルハンターで一閃です。



完璧なサラマンダー!


3打数1安打、2ショートフライ。

このショートフライですら、1本は私のスイングが振り切っているためボールの回転数がホライゾンだった。


ショート落球のおまけつきです。




いい日曜日でした!












まとめ・・・







打席で打てる作戦&考え方、どうでしたか?



アウトコースが確率がいい場合は、ホーム寄りに詰めて立ち、アウトコースを甘くしてください。


投手が100点のコースに投げても打てます。



バッティングセンターで、確率の良いところを確かめておく。

悪いところは絶対に手を出さない。

見逃し三振をするという開き直りを持つ。

打ちに行ってもどうせ打てないから(笑)


打てるところは変化球でも手を出しておけば、狙いはバレません。



これだけ作戦を練っても、2つはショートフライです。

野球ってむずかしいですね。


しかし1年間、バットを握ってないおっさん38歳でも20代の若者のスピードボールから1本打ててしまう作戦でもあります。



今日からやみくもに打つのはやめましょう。



状態を確かめて、打席では狙いを絞って行けば1本、打てる確率は普通に振っている人よりはグンと上がります。


お試しください。

草野球C級程度までなら、打てる考え方です。


あとはバットも大事ですよ。


もしもぶよぶよ系バットをお持ちでないのなら、必ず持った方がいいです。

金属バットとでは、打球、飛距離に、天と地の差があります。


火の玉が1年ぶりに、ひょっこり野球へ行きヒットしたお勧めハンターシリーズを載せておきます。

86cm770gがお勧めです。


バットソムリエS級私です。

ヒットを打ったハンターは84cm780g。これはもう売ってません。

対抗で出すならば86cm。

この長さがさらに打球を速くするでしょう。


2018年で今、思うハンターシリーズ最高の1本はこいつです。




関連記事