fc2ブログ

2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

自主練習が長く続かない人へ、続けられる3つのコツ。

kage

2018/06/12 (Tue)

中学に入った途端、シニアチームの子たちが入ってきた。

うますぎる・・・

私はあきらめた。

平々凡々と練習を流し、自主練なんてすることもなく引退を迎えた。

それでも強豪野球部に在籍した実績。

いただけの俺。


優勝した時は今までの努力が報われた的に喜ぶ俺。

負けた時は3年間が終わったと涙した俺。


嘘じゃない。

嘘じゃない気持ちなんだけど、精一杯努力したか?と問われれば、手抜きの毎日でしたと太字大文字で叫べます!




自主練が続けられない師範代の私だからこそ書けることがあります。


そんな師範代に登りつめたキングオブサボりの私でも出来る自主練の続け方があります。











1、メニューを変える・・・









質問します。


肉好きのあなた!毎日、焼肉定食で行けますか?

1年間、毎日焼肉定食です。


これと同じことをしてると思ってください。


よし、今日から毎日5キロランニングするぞ!

1週間もすれば飽きるでしょう。

焼肉定食も3日食えば十分。


ということで、あなたのラン二ングも3日坊主(笑)


まあ横で応援してくれる人がいたり、一緒に食べてくれる人がいたら、少しは出来ますかね?

でも1年間は無理でしょう。


トレーニングでも同じことが起こると思ってください。


毎日同じは無理なんです。


だからこそメニューを変える。


豚の生姜焼きやハンバーグ、カレー、キムチ鍋と言った感じに、今日は素振りの日、今日はウエイトの日、そしてランニングとした方が続くんです。












2、休みを作る











火曜と金曜日は休みって感じで週に1、2回の自主練オフ日を作ってください。



父に言われた話をします。

「お前はなんで、車を洗わないんだ?きれいだったら良い車なのに」

「めんどくさいから」

「警察のパトカーなんて毎日洗車してピカピカにしてパトロールしてるんだぞ」

「それは仕事だからだろ?やなきゃいけないなら誰だって仕方なくやるよ。それに給料が出るなら俺だって毎日洗うわ!」



父は、あーそうか、どっちでもいいなら楽な方へ行くし、好きなことをやるわなと納得していました。



これ自主練も同じ気持ちが働きます。



やってもやらなくてもいいのが自主練。



毎日、毎日、がんばっていると人間休みたくなる。

しまいには目的を見失って「何のためにやってるんだろう?」なんて思うようになります。

このままやったってレギュラー取れるかわからないしと後ろ向きな気持ちになるのです。


やめだ、やめだ、もういいやって。


甲子園が誰にでも行けるところだったら、誰も最初から目指さない。


海で水着のお姉さんと遊ぶよりも、最高な気持ちになれるから3年間全部を使って目指すんです。


むずかしいから欲しいんです。


報われるかどうかと考えるよりも、欲しいからやるしかないって気持ちになりたいところです。




前向きな気持ちになるために、この日とこの日は休みって心と体を1回、0にする。

リセットさせることで気持ちを前向きさせることが出来ます。

というかなります。


休んじゃったのと休んだは違います。


自分の意志で休んだなら、始めるのもまた自分の意志で始めやすくなります。


365日働きっぱなしの人がどうなるか?

月、残業100時間越えた人がどうなるか?

毎日、帰ってもいいのに帰れない人がどうなるか?

おわかりですね。


次の練習のために休む。


休むのも自主練のメニューです。


やってもやらなくてもいい自主練。


だからこそ、がんばりすぎると自分に負けてしまいます。


1番の敵は自分の気持ちなんです。











3、少したったら新しいメニューを組む







正直、毎回違ったっていいです。


情報化社会です。


メニューなんて探せばいくらでもある。

ちょっとしたところを変えて、自分を楽しませるメニューを組んでください。

先週は素振りしたから、バッティングセンターへ行こう。

今日は木製バットだけで打とう。

右打ちだけやろう。

隣町のバッティングセンターで打とう。

海で素振りしよう。

公園で左打ちの素振りをしよう。

カラーバットで素振りしよう。


振り方、持ち方、様々です。


ダッシュメニュー、ランニングメニューしかりです。



もちろんこれは大事だ、やなきゃと自分が前向きにやれるメニューでしたら、変えずに続けてもらって大丈夫です。

ただやる気が起きないとなった時は、それを頑張ってやるのではなく変えちゃいましょう。



結局のところ、取る打つ投げる走るのパフォーマンスが上がるメニューならなんでもいいってことです。




なぜ変えるのか?



今までご自分でやってきてわかりますよね?

自分は続けられないって。



実はあなただけじゃありません。



人間は飽きる生き物です。


変化を望む場合、きつくなることは辞めよう辞めようとします。


基本は好きなものを食べて寝てるだけの日々に戻りたがる生き物なんです。


そこを戻さずに自分を変えたい。



ならばエンターテイメントと一緒で、飽きさせない工夫が必要です。

常に「おっ!これは何?やってみたい」ってメニューをストックしておけばいい。



大好きな映画や漫画でも10回見たら、ほとんど人はもう見ません。

新しい映画を見たいですよね?

新しいものがあるから好奇心が出て、わくわくして映画館に行くんです。



メニューも一緒です。


きついけど、これを頑張れば、上手くなれる。

レギュラーになれる。

甲子園へ行ける。


そんなポジティブな気持ちさせてくれるメニューをやるといいです。


強制される全体練習では同じことは出来ます。



しかしやってもやらなくてもいい自主練。


寝てたい自分が「今日はやらなくてよくね?」って投げてきます。

自分に負けない。

休みだってある。

休みまでやろうって気持ちになる。

いつもやってみたい練習をやる。

続けられるものは出来るだけ長くやるけれど、飽きたら新しく斬新なものをやってください。









まとめ・・・






自分に負けて負けて負けまくった私がお伝えしました。

ピザポテト、焼肉でだらけた日々。

試合で負けて、やっぱりやろうの繰り返し。


試合するからには出たいし、打ちたい。


活躍したい。



だったらやるしかない。



やらなきゃ打てないって思い知らされてます。


誰よりも弱い人間、火の玉がたどり着いた自主練のコツをお伝えさせて頂きました。

参考になる部分があったら幸いです。
関連記事

外野フライでグローブを出したまま走り、万歳ジャンプでエラーしない練習法

kage

2018/06/06 (Wed)

練習で変なクセがついてしまいました。

フライでグローブ出しながら走る。

取る前にジャンプして取りに行ってしまう。



土日に怒られるのがルーティーンとなっています。

本人に気持ちを確認すれば、『上手になりたい、スタメン落ちしたくない、大会で優勝したい』と言っているので、直せるようにサポートはしてあげたいです。

何か有効な声掛けや、練習方法などがあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。









火の玉至極のメッセージ・・・








まず最初にお伝えしたいのが、クセではありません。



野球経験が少ない人やボールを怖がってる人が、当然にやってしまう素人プレーです。

「テニスボールで200球あげて練習してる時はクセが出ない」というコメントを頂きました。

そりゃ大丈夫でしょう。

柔らかいテニスボール、しかもお母さんのトス・・・顔に当たっても怖くないし直前でグラブが出せます。

軟式ボールで高々と上げられるフライ・・・このまま取れなかったら顔に当たるという恐怖。

基本顔の前でフライは取りますから、キャッチの技術がおろそかだとグラブは早めに出て硬直してボールを待つとなります。

グローブを出して自分の顔を守りたい。

これが楽々、捕球出来て、顔に当たる可能性ゼロの選手ならば、グラブを出しながら走るというお粗末なプレーにはならないんです。




さてさて、2点目の取る前にジャンプですが、これもクセではないんです。

野球人誰しもが遠った素人プレーです。

早く取りに行きたい。

グローブでボールを取りに行きます。


ボールは取りに行くのではなく待つんです。



ボールは勝手に自分の方に飛んできます。

だから待ってパシっと取ればいい。

しかし初心者は取りに行く。

これを「ボールを迎えに行ってる」「取りに行ってるよ」と言います。


万歳ジャンプエラーもこれです。


取らなきゃ取らなきゃって前に出て自動車バックしてジャンプ。

ズコーンと豪快にエラー。



原理の方、わかりましたか?









5年生顔面トラップ・・・・









私も小学校5年生の時だったかな。

いやいや外野フライには苦しみました。

もう取れないし、怖いし。

グラブに入らなかったら、そのまま自分に直撃ですからね。


言うならば、砲弾を自分に向かって打ち込まれてる気分です。


下の4年生に、「簡単じゃん、なんで取れないんだ」と笑われていましたし。


何より実際、砲弾を顔面直撃した時は、長谷川穂積のパンチで、ぐらつくベトナム人の気持ちがわかったぐらい効きました。


取る前から逃げ腰でしたね(笑)

これ、6年生になっても変わらずで、困っていた時に、ショートになったため助かりました。


38歳の今、顔面にも当たらないし、怖くもありません。

なぜか?


単純にキャッチの技術が今はあって、当時はないってだけなんです。

当然、中学生になるころには普通に取ってます。

1年間ショートをやっていたにも関わらずです。


だから私から言えるのは、技術が上がれば、グラブを出しながら走るというプレーは、誰でもなくなります。

自主練で外野ノックって受けれませんから、壁当てをたくさんやってキャッチングの技術をあげて行けば大丈夫です。

親御さんが可能ならそれこそ200球近いキャッチボール(やっぱり基本)をしてあげるといいでしょう。










外野守備でこれだけは意識して覚えなきゃいけないこと・・・






落下点を知る!




正確には落下点を予測するです。



打者、ノッカーが打った瞬間に「この打球はあそこに落ちる」という予測を立てるんです


カーンの瞬間、予測。

そしたら打球から目を切って、全力ダッシュで予測ポイントへ走る。


予測ポイントについたら、打球を見る。

予測ポイントにズレがあったら、再度予測をし直して走る。


そうやって落下点に入ってボールを取るんです。


どこに落ちるか予測しないと、ずーーーーっとボールを見ながら走って、追いかけて取りに行くことになります。


野球って違うんです。


予測なんです。


ボールが来るポイントを予測して取る、打つ。


この予測に狂いがない選手は、取る、打つが出来るから上手い。

調子を落とすというのは、予測の狂いから来ています。









テニスボールをあげてあげる練習・・・






これ意外と良いと思います。

息子さんの意識として「グローブを出さない」「ジャンプしない」ではなく、投げた瞬間に目を切って「落下点予測ポイント」に全力で走ってボールを再度見て取るという練習に変えてみてはいかがですか?


予測ポイントは息子さん本人の感覚で決めて大丈夫です。



上手くなってくると打球の上がり方、スピードで前後ろがわかってきます。

さらには打球が上がらずとも、打者のスイングで、この辺と言う1歩目が出せるようになります。


打球から1回、目を切るのは、打球を見失いそうで怖いです。


しかしだいたいの予測をつけているため、これが見失わないんです。

人間って凄いですね(笑)


これをやれば、まずはグラブを出しながら走る必要はなくなります。

全力で落下点に走るだけですから。



それからボールを見て、あとは来るボール取る。

その時にジャンプをしてしまったら、キャッチボールや壁当てを増やしてください。

1番は外野ノックを受けまくるのが1番ですが自主練では出来ないのでキャッチボールで大丈夫です。


キャッチボールも上達していくと、グラブを出して取るのが直前になっていきます。

キャッチに自信がついてくるんです。

外野フライやゴロは、その応用ですから、キャッチボールをしっかりしていれば出来るようになります。


本当ならばお家へ駆けつけて、息子さんにやって見せたいところです。

無料ブロガーってことで文章で勘弁してください。

ただ文章でわかりにくい部分があれば、さらに質問してくださって構いません。


具体的にお答えします。
関連記事