FC2ブログ

2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

なぜあの人だけが、人の10倍ひらめくのか?

kage

2019/02/07 (Thu)

わからない分野に対して、1か月勉強すれば、その辺の人よりは全然詳しくなっちゃいます。

ダメな人が陥ってしまう罠があります。

それがグーグル。

とにかく無料だから調べまくっちゃうわけです。

しかしどんなに調べたってキリがないことに気がつきましょう。

素人が適当に書いているんです、、、、このブログもですけど(笑)

実際に科学の論文や大学の研究結果はグーグルの検索1位にはなりません。

思いっきり下の方にあり、まずたどりつけない。

そもそも読んだところで理解できるレベルに自分がなってないわけです。



ここでおもしろい話をひとつしておきます。



自分のレベルが低ければ、レベルの高い話を理解することは出来ないし、話すらしてもらえない







脳は1時間に2万回ほどの言葉を発しています。

考え事の嵐です。

だから普段から悪い言葉を口にすれば、マイナスな感情が脳を支配します。

愚痴を吐いてストレスを解消したというのはありえません。

愚痴を吐けば、その人のことを余計に考えて、その人の悪いところを余計に見る。

結果、愚痴は増えます。

すごく単純でわかりやすい説明を私はしたんじゃないでしょうか。



しかし人の意見を聞く気がない人、自分はこの考えで正解だと信じてる人、うらやましいと思ってる人が愚痴を吐いていた場合どうでしょうか?


いやでも・・・って答えちゃうんです。

あの人は、これだけ人をムカつかせるんですってプレゼンをやめない。

あの人の悪口を言うのは仕方がないのだと言うんです。


その場合、賢者は何をするか?


賢者は基本、戦わない。


人を否定しないんです。

自分の考えと違う人も認めるし、許す傾向がある。

だから笑って聞いているだけの人が多い。


答えなんて教えてもらえない。



そうやって私は気がついたんです。

あーやっちまったぁって(笑)

自分で勉強して気がついて行かないとわからないんだ。


目の前にあってもわからない。

見えないんです。



さらに小話。

ピアノの練習をしている娘。

良い音色で弾いていた時、急にお姉ちゃんとお母さんが同時に「あーーー!おいっ」って言うんです。

娘が「わかってるよ、もぉー」って。

私は何が?って思いました。

聞くと半音ズレたんですって。


カエルの歌しか弾けない私と幻想即興曲を弾ける娘たちの耳の差。


私はミスをしたこともわからないんです。

ついでに言えば不協和音ですら不快にならない残念な素人っぷり。

鼻歌を歌えば、家族に大笑いされます。

音を外し過ぎだと。

私はズレた音の直し方すらわからないんです。


ということは、物事でミスっている人がいた時、レベルの高い人には見えてます。

でも注意しないのは、ミスがあったこともわからないレベルだからなんです。

自分がそうなってないか?

疑って疑って勉強をやめないことをお勧めします。


今上手く行かないのなら、自分の行動の積み重ねがそうしてます。

行動してきた自分への結果が今なんです。



何かを変えないと上手く行かないんです。

私がもしも音楽を変えたいなら、楽譜を読めるように勉強していくとか、今からの行動を変えないといけません。









グーグルじゃない勉強法







グーグルを否定しているわけではありません。

簡単な調べもの程度にした方が良いという話をしただけです。

深く知りたければ、専門家の意見を取り入れた方がいい。

すなわち専門書を読み、きっちりとアウトプット(ノートに記録、話す、行動する)をしないと変われないってことです。



ここで今日の本題です。

前置きが長いな~(笑)

すいません。素人なものでお許しください。


アウトプットで何が1番記憶に残るのかという話です。

せっかく勉強したことですから、しっかりと脳に溶け込ませたいですよね?

本を読んだけど、何も覚えてないって経験ございませんか?


ここからアメリカ国立訓練研究所の研究で学習定着率をあらわす「ラーニング・ピラミッド」を見ながらご説明します。

人が何かを学ぶ場合、どれだけ記憶に残りやすいのか方法別に書いたピラミッドです。


本を読んだけどあまり内容を覚えていない。

当たり前です。

「読む」の平均記憶率は10%ですから(笑)


ちなみに「講義」は5%。

授業やセミナーの聞くだけでは3日後には元の自分です。


「視聴覚教材」で20%。

私がお勧めするオーディオブックでも20%。

無意識でやっていたことですが、良い本や講義は4回ほど聴いています。

そうするとだいたい頭に入るからです。

この研究結果を見て4回なら80%になるから良いんだなと納得しました。


あとは抜粋して説明します。

「体験を通した学習」すなわち経験。

行動していくことです。

これの平均記憶率が75%!!


最後に「人に教える」が95%という結果を書いて終わります。

学んだ知識を教えるといつでも取り出せる引き出しになる。

人生できつい場面でも、何らかの知識を使ってしのぐ人になれます。



で、教える行動をするとどうなるか?



うざいっ!(笑)



たまには、へえー凄いって聞いてくれる人もいます。

しかし人は基本、自分の話がしたいのです。

他人の話は聞きたくない生き物です。


あなたがセミナー講師で聞きに来ている人は別ですが、普段の会話であなたのうんちくを聞きたい人はほとんどいません。

じゃあ聞かれるまで待つしかない。

残念ですが聞かれません。

みんな自分の話がしたいんです。


そこで今回、火の玉があみ出した最強の教えるアウトプットをお伝えします。


まずは、今現在もやっているブログを書く。

見に来てくれているぐらいなので、何を話ししても迷惑にはならないかと思います。

不快だとコメントされたら消したり修正すればいいだけですし、炎上したら消えればいい。

コツはアクセスを求めないことです。

アクセス1でいいんです。

一人見てくれれば十分。

求める人が1人いれば、その記事には価値があります。

教えたアウトプットになります。

ちなみに悪口を書くとアクセスが上がるそうです。

最後炎上するみたいですけど(笑)



次が1番の方法です。

一人の時に狂ったようにやってます。

架空の人物を作って、その人に学んだことを話しちゃうんです。

手に、はめる人形を使って自分と対話するというメソッドがありました。

人形に話しかける→人形が答える。

人は答えをすでに決めていて相談している場合が多い。

そこで人形を使うことで、内側の自分の答えを見つけるという手法です。


私が思ったのは「人形いらないよね」って話です。


イメージでいい。


セミナー講師のように語ってもいいし、個人コンサルみたいに解決してあげるって感じでもいい。

架空の誰かや会場をイメージして話をすれば、95%のアウトプットが完了します。

完了したらブログを書くのも簡単です。

頭に入っていることですから、文字がたくさん降ってきます。



これを続けたうえで、もしも聞かれた時に、さらっと答えることが出来るあなたがいたならば、聞いた人はこう評価するでしょう。



かっこいいっ!




先日、今年最後になるかもしれない質問を後輩からされました。

どうやったら、そんなにアイディアが浮かぶんですか?

実はこんなことしてるのよ、、、、

うわっすげ~!やっぱり違うんですね。

運も重なってだけど結果を出せた人は、その運を味方にできるぐらいの何かをやってるよ。




目を輝かせて帰って行った後輩を見送りました。


年に1度でもいいから、そんな風にリスペクトされて仕事をしていきたいですね。

またその時まで、準備したいと思います。

ありがとうございました。

参考文献です。


関連記事

自分の限界を知る。

kage

2019/02/01 (Fri)

限界ってどこだろうって思ったことはございませんか?

自分はどこまで出来るんだろう?


今回は自分の限界を知り「どこで休む」選択をして行けばいいかを書きます。

実際に、人の伸びしろがどこまであるのか私にはわかりません。

果てしなくとお答えしておきます。


ただ限界値ですよって場所がどこかわかります。

自分が今思えば、限界を越えて仕事をしていたと思えた時期があったからです。








限界のサイン







限界は体が教えてくれます。

会社に来て、まだ2時間なのに会議に出たら寝てしまった。

寝ないまでも、眠くて内容が入らなかった。

会議を忘れた。

会議で必要な書類を忘れた。

出なきゃいけない仕事を忘れた。

今まで完璧に出来たことをミスってしまうようになった。


年なのかな?いやまだまだやれる。

次、忘れないために改善策を打って再発防止しよう。

年と共に変わっていく自分に、順応していこうとあなたは思うわけです。

だけどここが落とし穴なんです。




投げ込まれる仕事量。

期待に応えるための重圧。

家に帰ったら家事、育児。

今のお父さんってこういう人が多い。

当然頑張って頑張って、何とかしようとしたとき削るのが睡眠。

何かを成し遂げたい時、寝てる場合じゃない。


終わらないなら眠れない。そんな日々を過ごしてはいませんか?



ミスが出だしたときがサインなんです。




脳も心も体も休みたいってSOSを出している。

でも当時の自分は限界なんて思わないわけです。

俺はやれるって信じてる。

もしくはランナーズハイのような状態になり、疲れているのに疲れを感じない。

正常に眠れなかったりする。

休めてない日々は蓄積します。


「スタンフォード式最高の睡眠」西野精治著(サンマーク出版)で勉強した記憶で書きます。

1日5時間以下を1週間以上続けた人や夜勤明けの医師の脳波を調べた結果です。

意識が飛んでいるんです。

4秒間意識飛んでるケースもあった。

つまり信号を送られても数回、反応していないんです。


相手の話を聞けてない。

指示が飛んでしまう。

車を運転していれば4秒間は70m進みます。


マイクロスリーブというらしく、マイクロスリーブが頻繁に起こったら限界と思っていいでしょう。

私自身も大失敗を起こす前は、小さな物忘れやミスを出していました。

レッドブルを飲んでも、翼が生えることもなく眠くなる。




自分が失敗をして、さらにはその後失敗する人を自分なりに調査しました。

仕事に期待された人。

30代後半から40代の脂がのった時期である。

山のような仕事量にも関わらず、その地位を維持するために働く。

仕事だけならまだいいです。

最近は共働き家事分担制らしいです。

家で休めない。

帰ればすぐに家の仕事を片付けなければならない。


私自身は家事はありませんでした。

しかし子供のスポーツ応援に明け暮れていました。

夜勤もやってましたから寝ないで応援なんてこともしばしば。

疲労は確実に蓄積されていった。



体も動かない。

たまに行く草野球でもストライクが入らない。

バットが振れない。

エラー、暴投。

ここでも年なんだなということで終わらせてしまった。


そうじゃなかったんです。


もうやめてくれ、動けないよ



体からSOSが出ていたんです。

過去に大失敗をした人の話を聞くようにしました。

これは私のまわりの人だけなので信憑性にかけます。

ご理解ください。

でもみんな口をそろえて言ったんです。

「たしかに、あの時はいっぱいいっぱいでさ。なんであんなミスしてしまったんだろうって思うよ」

「4年間、眠らない日々だった。体がガタガタになっていくのがわかった」

「酒に逃げた。それが悪循環だった。酒を飲まずに寝るだけで体が全然違うって知ったんだよ」



マイクロスリーブが頻繁に起きていたことを認めていました。








休息の大切さ






「人生が劇的に変わる睡眠法 」白濱龍太郎著 (プレジデント社) によると、バスケットのスーパースター、レブロン・ジェームスは練習期間中の睡眠時間が1日12時間と書かれています。

眠らずに戦っている1流アスリートはほとんどいないみたいです。

私たちも12時間は無理でも、1日6時間は眠った方が良さそうです。

細切れではなく、しっかりとまとめた休息を6時間以上取ることが大事。

それが出来てからの勝負になります。

小さなミス、物忘れは大失敗前の兆候です。

今が変えるときかもしれません。


私たちはサラリーマンとはいえプロ選手と変わりません。

その仕事のプロです。

最高を出すために体を整えることはマストです。


40代で飛躍する人は、ジムに通ったりランニングをしたり、食事に気をつけている人が多い。

全速力で走っているあなた。

それは全速力ではありません。

モーターから煙が出ているのに、これは古いから仕方ないって走っているのと同じです。

しっかりオイル交換して走れば20万キロ走る車を10万キロで壊すようなものです。



これは決してスピードをゆるめろという話ではありません。


さらに加速していくために知っておいて損はない話です。

1日6時間以上の睡眠をやることの最優先にしてください。

そうすることで、あなたはどこまでも飛んで行けます。

ありがとうございました。


スタンフォード 最高の睡眠では、詳しく休む方法が書かれています。

興味がある方は読んでみてください。


関連記事