FC2ブログ

2019 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 06

大きな力に出会った時、僻むのか?それとも・・・

kage

2019/05/30 (Thu)

得てして目立つことにより、妬み僻みの対象となる。

人に勝ちたくて努力をして誰よりも頑張ってきた。

勝って当然と言えるだけの努力をした。

賛美称賛されるためにやったのに現実は違う。


妬まれ、僻まれ、足を引っ張られ、裏切られる。


そうやって戻されるのだ。

元の位置へ帰って来いとみんなが呼んでいる。

それでもあなたが強い意志を持ち戻らないのならば、関係は崩れて仲間ではなくなる。



だけど知っていてほしい・・・


キミは翼を手に入れたんだ。

飛んで行った先には、ちゃんと仲間がいる。

孤独じゃない。

だから飛ぶことを恐れないでほしい。



人間という生き物はホメオスタシスという機能が備わっている。

昨日と同じ自分でいたい機能だ。

進化を辿っているようで、1番望んでいるのは昨日と同じ今日なのだ。

私たちは何もしないで怠惰な日々を送ることを望んでいるのです。

だからそれまで仲間だった人が、違うことをすれば戻したくなる。


筋トレを始めたら、飲みに誘う。

タバコをやめたら、目の前でおいしそうに吸って吸わせようとする。

結果を残したら、僻んで噂話をして次の結果を出さないようにする。

ハブにしていくことで、飛んで行かないようにするんです。



小さいミスって認めたくないですよね?

これ間違ってるよって指摘されたら、反射的に「違うんです。俺じゃなくて田中さんが書いたところです」みたいに認めたくない。

私たちは、そのミスが小さければ小さいほど謝れないんです。

これは性格ではなくて、誰しもがそうなるらしい。


そしてその逆もある。

凄いことをされちゃったときだ。

自分じゃ逆立ちしても出来ないようなことをしてる人を見た時。

すなわち大きな力を前にすると人間はそれを認めないんです。

親のおかげ。

体がでかい。

金持ちで教育を受けている。

上司に気に入られてる。

本社だから優遇される・・・・などなど。

とにかく俺はお前に負けてないと認めないらしい。


小さなミスと同じように、大きな力に対しても性格関係なく認めたくないんです。


私が言いたいのは、大きな力に出会った時・・・。


僻むのか?

それともバネにしてコツコツと差を埋めていくのか?

それは人間性の問題です。


認めたくない力に出会ったとき、目指すのか?あきらめるのか?

それは性格ではなく、人間性が決めるんです。





春にコールド負けをしたチームが夏にリベンジしてしまう話はよく聞きます。

その間たった3か月です。

中学補欠でも高校ではエースになる人もいます。


勝つ人と負ける人の差はこの1点しかない。


バネにしてコツコツやっていける人間性を持っている。




結局、どんなにバカにされても、どんなに笑われても、キミはやるんだねって人が最後に笑ってる。



本日はあひるの空を読んでいて刺激を受けました。

作者の人は相当な勉強家なんだと思います。

ちょいちょい出てくる名言が素晴らしい。




自分が飛び立った時、やっぱり僻まれた。


「目立てば僻まれるのが世の常」って言葉に救われました。

さらに僻む人の気持ちを考えたら、自分はその人が出来ない大きな力を手にれたんだと自信を持てました。

そして今、私は仲間外れになることはなく、新しい仲間が出来ています。


自分の信じることを信じて一緒に戦ってくれる人が集まってくれました。



今、不安な人へ。


ブレるな!


道は用意されている!

何一つキミは間違っていない。

勝つためにとことん努力をした人が、勝ち負けじゃない大事な何かを見つけることが出来るんです。


何もしていない人が楽しくやることは、修学旅行でやるウノやオセロと変わらない。

本当の奥深さは見えないんです。

9回裏にサヨナラ負けを喰らった人は、その試合全体のすばらしさを知っている。

延長戦で負けた挫折はバネになる。

野球の楽しさ、深さを知ったからです。

本当に楽しくやりたいなら、その世界を味わいたいのなら、バネにしてコツコツ高めていくことをお勧めします。

ありがとうございました。




関連記事

突破口が欲しいなら、あえて他のことをしろ。

kage

2019/05/25 (Sat)

無駄を省け。

時短だ。

少しも無駄にせず時間を有効活用して進め。

勝てる人の時間術的な本が出回っていて、私もそれを信じてきた。


でもどうやらこれが良いわけでもない。



忙しく動く人はクリエイティブな発想が浮かびにくいらしい。



アイディアってどんな時に降るのか?



風呂場でぼーっと湯につかっているときではないだろうか。



結果が伴わない。

補欠だ。

どうしようもない。

これ以上の手が思いつかない。

まわりには努力が足りないと言われた。

きっと足りないのだろう。

まわりから見たら。

でも自分では精いっぱいな時・・・もうこれ以上出来ない時、どうすればいい?

それでも頑張ればいいのか?

いや頑張るだけじゃダメ。

結果が出る努力でなければならない。

あれもやった、これもやった。

でも負けた。



勝っている人は、平然と勝ち、当たり前のように簡単にやってしまう。


笑われてくやしい。

自分は精一杯やったのに、言われた言葉はねぎらいではなく、叱責。

「はっきり言って全然ダメ。これで満足されちゃ困る」


そんな経験ございませんか?









残念な不公平の感じ方がある










人は自分以外のモノせいにして楽になりたい生き物なんです。


きっとあの人は上司に好かれている。

最初から選ばれる人は決まってる。

監督のお気に入りだから使われてる。

体が大きいから使われてる。



だから仕方がなかった・・・



そうじゃない。

まずは実力で選ばれてると思わなきゃいけない。

自分が選ばれた人よりも下手なんだと知らないのだ。


自分の作った企画書が他の人よりも残念なものだった。

残念さに気がつかないといけない。

どこがダメだったかを考えて行ける人。


なぜ負けたのか?を自分で考えて進める人。




自分はよくやったと思ってしまった場合、次はないんです。

結果を出す人は結果の出し方を知っている。

何が足りなかったかを考えて、次までに足りない部分を埋めるんです。


それがどんなに大きな差だったとしてもコツコツ、ダッシュ1本からやっている。


私はなるべく無駄のない1日を過ごしてきました。

少しでも進めるように。

でも最近、それもどうなの?って理論が出ました。










アイディアは暇から生まれる







すぐにやる人ではなく、後回しにしてる人の方が、よりクリエイティブなアイディアを出すらしい。

アイフォーンよりも先にパソコン型携帯を出していた会社はたくさんあった。

だけどなぜアップルが一人勝ちしたのか?

伝え方が凄かった。

他の会社が「これは小型のパソコンです」と売った。

アップルは「これは電話です」と売った。

発想の違い、見たままを言わないアイディアです。


アップルは携帯にパソコンの機能が入ったから、便利ですよってプレゼンしたんです。


人々はむずかしい小型パソコンよりも携帯を選んだ。

モノは一緒です。

アップルが最初ではない。

むしろ2番目、3番目の発売なのだ。

売り方が普通の人が考えない売り方をしただけ。



グーグルも検索機能は他の会社が先にやっていた。

でもグーグルは地図機能を入れて人々の現在地からニーズに応える手法でトップに立った。




もっと身近なものでトップに立ったものがある。


おにぎりのツナマヨ。

セブンイレブンの開発者が研究室で食べ比べて、練りに練って出した1品ではない。

従業員の子供が夜ごはんで毎日、ツナとマヨネーズをかけてご飯を食べている様子を眺めていて決めた具なのだ。

アイディアは考えているときよりも、何もしていない時に降るらしい。

梅、おかか、シャケで決まっていたおにぎりの具。

そこに食い込んで、今やキングオブキングのツナマヨ。




アイディアは新しくなくてもいい。


最初じゃなくてもいい。



あるものから、ちょっとした工夫をするだけで生まれる。


とんでもないやり方が、いつしか王道になるのだ。


私は最近、意識的になまけています。

わざとぼーっとしたり、何もしない時間を作っています。

今も5日後に控えたプレゼン資料を未完成な状態でブログを書いています。

今までなら昨日徹夜して仕上げて、今日は練習してました。


違うことをする。


意識的にやるだけで突破口が出てきたりします。

今も書いている途中で、プレゼンのアイディアが降ってきて、メモしたりするぐらいです。


意外と悩むことは無駄なのかもしれません。


考えてはいるんだけど考えない。


おもしろいことが思いつくかもしれません。

ありがとうございました。

関連記事

運動効果30倍サプリメント、飲めば100%筋肉マンバディ

kage

2019/05/24 (Fri)

最近、広告を見ればAYAさんと春日プロデュースのスーパーサプリメントだ。

クソ楽して、何もしないで、好きなもん食べて筋肉すぐるになれるだとっ!

バカ言ってんじゃんねえよ。

こんなんにダマされる奴がいるか、ボケエ。

なんて思いながら、鼻で笑っていたら、ピンポーン!・・・・・うちにそれが届いた。

AYAさんのトリプルビーですよ。


うちの嫁さんがハマりました。

掃除機かけてるだけで運動効果30倍でくびれが出来る。


だからバカ言ってんじゃねえよ!



できるわけないだろうーがっ!

筋トレマイスター火の玉をなめるなよ。

楽して痩せようって考えが、もはや人類の過ちではないでしょうか。

時期ごとに、ほにゃららダイエットが出て、みんなが飛びつく。

効果なしとわかったころに、また新参者がここぞとばかりに、ほにゃららダイエットを出す。


白砂糖を使ったアイスクリームやスイーツを減らせないマダムに何を言っても無駄なのだ。


でも今後もうちにはトリプルビー的なものは届き続けるだろう。



私、よく思うのですが、マイナス8cmって泣いて喜ぶマダムをTVショッピングで見かけます。

で終わるわけです。

そこからもうマイナス8cmにはならないのでしょうか?

そうなるエビテンスを出すものはないんですよね。

太ったおばさんなら、マイナス8cm。

普通になってから勝負じゃないですか?

普通になったら、そこからはやっぱり厳しいトレーニングと食事管理がなければ、腹筋も割れないしクビレだって出来ないんです。


すなわち、それらはきっかけを作るだけで、それだけで広告のナイスバディなお姉さんにはなれないってことです。

ここまで真実を話すのは私ぐらいじゃないでしょうか。


ムキムキまでを目指さなくてもいい。

商品を買うことがきっかけで、運動習慣さえつけばいいんです。

でも市場はそうしない。

何もしなくていいと言う。

これだけやって怠惰な生活を続けていいと言う。

なぜか?

運動されちゃうと次のダイエット商品が売れなくなる。

基本、太り過ぎに効く程度だから、仰天ニュースに出てくるアメリカ人みたいな人が増えないと市場がないのです。

だから運動はさせない。

一時させても、リバウンドで戻ってくるようにするんです。

白砂糖も好きなだけ取って大丈夫って書いてある。

私は書かない。

本当に読む人の幸せのために書いちゃいない。

自分の利益しか考えてないんです。



好きなもん食べて、何もしないで痩せたら、そのまま元に戻ります。


火の玉は、一緒にいつまでも幸せに年を取っていきたい。

嫁さんともあなたともです。



AYAさんの広告のうたい文句には、ふざけんなと言いたい。





でも感謝したいものが一つだけあった。






AYAトレーニングDVDが毎月1枚づつ届く。

これをやって、トリプルビーを飲めば、さらに効果が出ますと無料で付けてきた。


わかってるじゃないか!



広告じゃ家事だけ痩せるとか書いてたけど、運動させる方向に持っていってる。

筋トレマイスター火の玉が目を通しても、中々のメニューが組まれている。


1か月1枚が届き、合計6枚。


半年、買わせようという戦略だが、それもいい。

半年運動するのは大きい。


私がお勧めしたいのは無理をしない。


人生は何をやっても基本はつらいのです。


仕事にしたって、練習にしたって、子育て、家事、筋トレもつらい。


おもしろいもんなんて一つもない。


仕事はおもしろくするもんです。

どうおもしろくするかなんです。


私たちは、ゲームだとキャラクター(自分)に修行させて、強くなっていくのは楽しめる。

同じ感覚を持てばいい。

自分を遠くに置いて見て、レベル上げる作業をしていると思えれば楽しくなる。

出来ないことを出来るように。

アクションをすることで、自分を成長させていく感覚を持つ。

レベルが上がれば上がるほど、同じ経験値でも次のレベルには中々、上がらない。

リアルな世界でも一緒です。

40レベルになると変わっていないぐらい経験値が1mmだけ次のレベルに近づく。

これが50になれば、同じことをしても0.1mmしか次のレベルに近づかない。


でもゲームのようにハマれるか?


楽しめるか?


次のミッションをクリアするために、わくわく出来るかなんです。


トリプルビー購入により、嫁さんが運動を始めたので良かったのかなとも思います。

ゲームのスイッチを入れたのですから。


あとはやめさせないように、生暖かく無理せず続ける。

一緒に付き合ってやっていけたら2年後、健康で良い体になるでしょう。


私はDVDにお金を払います。

ありがとう、AYAさん。


肝心のサプリメントの配合ですが、クレアチンとHMB。

普通に買った方が安いかと思います。

私はBCAAとクレアチン、HMBと飲んでいますが、どれも半年分で2000円~3000円ですからね。

トリプルビーが1か月6000円ですから、やっぱり普通に買った方が安いです。

何を選んでもいいです。

好き好きです。

ありがとうございました。


ちなみにパウダータイプがお得です。

1回買ってしまえば、長い間持ちます。

マイプロのパウダータイプを載せますが、くれぐれもノンフレーバーは買わないでください。

くそまずくて飲めません。

何らかの味がついたフレーバーで買った方がいいです。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マイプロテイン HMB パウダー 【250g】
価格:4800円(税込、送料別) (2019/5/24時点)


関連記事

なぜ俺は一生懸命努力してるのに選ばれないのか?

kage

2019/05/19 (Sun)

世の中は不公平だ。

おかしい。

それまで一生懸命練習していた子はいる。

ずっと頑張ってきた子。

しかし、ベンチ入りメンバーに呼ばれたのは怪我から復帰1日の推薦の選手。

いや正確には治っていない。

無理やり復帰して、本調子でもない。

今回はさすがに外されると誰しもが思った。

だけどそうじゃない。

世の中はそうなっていない。

学校では「がんばったで賞」「努力賞」、さらには休まないで来た「皆勤賞」があり、一生懸命が認められる世界。

がんばるってことが、すばらしいとされている。


事実社会はそうやって回っていないんです。


圧倒的な力関係で成り立っている。



頑張った結果、28秒が26秒にならないといけない。

もちろん何もしなくても最初から25秒の人だっている。

使われるのは25秒の選手なのです。

それが揺るがない事実です。


レギュラークラスが25秒で走るなら、一生懸命努力して24秒をたたき出さないと使われない。

毎日休まずがんばって28秒のままなら、推薦枠で獲った選手が入るのは当たり前です。


会社は利益が出せる人の給料をあげます。


がんばっているだけの人の給料は基本給だけあがる最低賃金です。

結局のところ、どんなに嫌な奴でも、上手い事結果を出せば偉くなってしまう。

やってられないですよね。



でもそうなってるってことを知っていれば、人生を環境のせいにはしない。




どうせ俺がいくらやってもって考えにはならない。


がんばったで終わらない。

自分を認めない。

まだ24秒じゃない。

24秒にならない努力は、まだ足りない努力なんだと自分を鼓舞できる。

さらに自分の脳は考えてくれます。

どうしたら25秒切れるのか?

どんな筋肉を鍛えればいいのか?

少なくとも「私はこんなに頑張ってるのになんで?」という考え方にはならないんです。

レギュラークラスと同じかそれ以上に走れない自分。

打球を飛ばせない自分を客観的に見て、足らないという結論が出る。


人生を自分のせいにして進める人だけが最後に逆転する。








でも火の玉さん、どんなにやっても報われないよって人へ







そうですね。

人生ってどこかで折り合いをつけていくことなんです。

昔の侍はよく逃げたと言われています。

侍魂とか言われていますが違います。

負けたら死ぬんですから。

全戦全勝じゃないと生き残れない世界。

嫌な予感がしたり、パッと出会った瞬間のオーラで自分が勝てるか、勝てないかを判断して、やばい時は逃げたんです。



賢者は目の前に熊がいたなら、道を変える。

勇者は熊から逃げず、熊をどかそうと戦い死ぬ。



選択は、正解か不正解の2択しかありません。

2択を選ぶとき、不正解の時にパッピーでいられる考え方を出来ればいい。


間違えた時にハッピーでいられるような選択をするんです。


ラーメンを頼む時、地獄ラーメンを頼んでみる。

辛い辛いと汗を流しながら、もういらねえって食べる。

辛いの苦手なんだよって言いながら苦戦する様をみんなが笑う。

じゃあ頼むなよって突っ込まれながら、地獄ラーメンを完走する。

失敗しながら楽しんでいることが大事。

これやったらダメかもなって思った時、オチまで考えてその選択をするんです。



その挑戦をするとき、負けた時に良い方向へ進んでいるか?を考えて挑戦する。

失敗が成長につながることを意識して挑戦する。

ベンチ入りを目指して、がんばった日々がきっと人生の支えになる。

どんなつらいことも折れずにやっていけるメンタルをもらえたなら、球場の外で応援で終わっても社会では勝ち組になる。

野球だけじゃない。

人生80年を俯瞰して見た時、この挑戦はおもしろかったと思えればいい。

人生を彩り豊かにするだろうって思えればいい。

選択は必ずしも合っていなくていい!



間違っても、おもしろいと思えるか。







なぜ世の中が不公平に感じるのか?







最後にお話します。

学校にある。

部活動対抗リレーがあるとき、リレーの選手は速い順ではない。

3年生が出る。

最後の体育祭だから。

2年、1年の速い子は、3年生に花を持たせる制度なんです。

これ、ほとんどの学校がそうなってる。

徒競走もタイム順にレーンが組まれていて、遅い子でも1位が取れるかもしれないシステムに変わった。

学校の上位6人が最後のレーンになり、1位が取れない。



そういう仕組みも良い思います。


だけど社会は変わっていないんです。

働き出して、あれ?おかしい。

なんで、こんなに怒られるの?

俺はダメのか?

辞めよう・・・となる。



もちろん社会にたずさわる私たちも若手と接するときに、話し方や伝え方を大きく変えています。

少しでもその子の可能性が伸びるように関わりたい。

でも最後の最後の根っこの部分で、のし上がっていくのは結果を出す人間なんです。


大会で勝ちに行ってる時、エースは遅刻してきても、実力があれば、すぐに交代してマウンドへ行きます。

7回の裏に1打サヨナラの打席で、到着した私。

無欠席でがんばってきた人の代打で出てサヨナラヒットを打ちました。


若い時の話ですが、事実ありました。


文句はたくさん出ても、使われるのは私なんです。

監督がどんなに厳しくても、飲み会で説教される程度で、結局は使う。


練習は下手な奴がやればいいって参加もせずに遊んでました。

これが世の中で最後の部分は変わらない。


娘のバスケット応援で1年半、野球を休みました。


先週、久々に行った時、私は4番。

今は年齢も年齢なので、天狗な振る舞いはしません。

でも4番です。

その日のチームのヒットは3本。

1本が私のセンターオーバー。

結果が出る以上は使われます。

すごく不快に聞こえるかもしれません。

でも聞いてください。

私はブログにも書いてきましたが、現場を離れても筋トレは1日おきに欠かしていません。

娘を鍛えながら、自分も一緒にラントレをしています。

メニューは壮絶なものです。


すなわち、いつ行っても結果を出せる努力はしているんです。



草野球Dクラスレベルなら、1試合1本打つことは40歳になっても可能です。

「1年半ぶりですが、毎日筋トレしてました」というアピールはいらないんです。

求められてるのは、チャンスで打ってくれ。

打ってくれるなら4番にする。

本当は嫌だけど、勝てないのはもっと嫌だってことです。



組織は常に勝つために最善の選択をする。


無情ですがそうなってます。

その枠にハマっていくための努力をしましょう。


今日は名門バスケ部に入った娘の高校でベンチ入り事件が起きたことにより、それが世の中だよって答えた話をしました。

もちろんメンバー発表の前から予言していたので、私はエスパー火の玉として娘にリスペクトされました。

しかし、経験から当たり前の話をしただけで、もちろん私自身、選ばれない側の方が多いことは言うまでもありません。


はやく、結果を出して・・・いや出せるものを見つけて、ひいきされる側に行きましょう!!

ありがとうございました。
関連記事

ビヨンドマックスギガキングは、最高の時間をプレゼントしてくれる。

kage

2019/05/12 (Sun)

初球を見逃す。

ストライク。

4番打者になってから、最初のストライクはどんなに絶好球でも見逃すことにしている。

4番の落ち着き。

任せといて大丈夫という待ち方をする。

高校時代通算29本のホームランを放った先輩のルーティーンを真似している。

その人にはなれない。

なれないけど、なぜそういう打撃をしたのか?

自分で必死に考えて初球を見逃している。



いかに「いつもと同じ」を作るか?


打席に入るまでに同じことをして体を作る。

重たい木製バットの素振りをしてネクストでタイミングを合わせて待つ。

1球目でキレを確認する。

全部仕上がった時、次のボールをいつも通りしゃくり上げる!




打球は一閃。

深く守ったセンターの遥か後ろへ落ちた。

これが今回私が使ったメガキング85cm780gから放たれた打球であることは言うまでもない。

ギガキングならば確実にバックスクリーンだっただろう。

40歳を迎えたおっさんに、4番の打球を今も打たせてくれる1本。

ビヨンドマックスメガキングは値段以上に、幸福な時間と価値を与えてくれる1本なのだ。

4番はただ打つだけじゃダメなんです。

相手投手にダメージが残る1発を打たないといけません。

「今日の俺、ダメなのかな?」

「勝てないかも・・・」

そうやって自分に続くバッターにダメージを残すピッチングをさせる1発を打つんです。

1発を打った回、チームは4点取りました。

打つはずもない7番バッターにまで打たれてしまった。

これを見た時に、自分は良い打撃をしたんだと思えます。

もちろん大抵の投手は、回が終わると立ち直ります。

今日負けてしまったのは、センターオーバーの三塁打を打った時に、はしゃぎ過ぎて肉離れをした残念な私のせいです。

私は勝負所の2本目を打つことが出ませんでした。

この辺がアラフォーの壁ですね。


引き続き筋トレをし、2本目を打つ方法をいつか書きたいと思います。


4番の打球。

それは相手投手にダメージを与える1本でなければならない。

それを打てる人が4番なのだ。


とかっこよく語ってみました。

20代でC級、県準優勝したときは、6番でこの打球を打っていたので、まあ言ってしまえば4番とか関係ないです。

とにかくパチンと弾いてコンマ2秒で外野の頭を越えます。

効果音を出すならば、ぶくしーーーーんっ!って飛んでいくビヨンドマックス。


私がやったことはシンプルです。


手に取ったビヨンドマックスを力いっぱい振り抜いただけ。

40歳でも、十分に楽しむことが出来る1本。

こいつを手に入れたら変わる。

夢のような時間が手に入る。

今日、打って確信しました。

ヒットはお金で買えばいい。


ありがとうございました。


次の試合で、バックスクリーンにぶち込んだら、1回100円でレンタルしていこうと思います(笑)







関連記事