FC2ブログ

2019 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 08

足首の捻挫から、あなたを守るフィルミスタ!

kage

2019/07/18 (Thu)

名門校の練習量ってどんだけやるの?ってぐらいやる。

完全なオーバーワーク。

もちろん普通に勝負してたら怪我して離脱。

正直、捻挫ぐらいで休んではいられない。

離脱したら、次のチャンスがいつ回ってくるかわからない世界なんです。

出たらポジションはないのです。

また取るところから、やり直しです。

辛抱して練習に耐えて生き残って、お呼びが掛かった瞬間にモノに出来るメンタルまでが必要。



そのお呼びが掛かるには、怪我をしない体じゃないといけない。


でも人は平等に怪我をする。

誰かが鉄人なわけではない。

あなたと同じ体。

あなたの体と同じ構造の体を使っている。

差が出てしまうのはメンテナンスの差でしかない。


1普段の食生活。

2柔軟性。

3気持ちの持ち方。


と、まあ当たり前のことを書いてみたが実はこれだけじゃない!


とっておきの工夫をしているのだっ!



みんな同じように怪我をする。


予防策がある。


体に負荷をかけ過ぎない方法があるのだ。


今日はそのとっておきをアドバイスしたい。

これは名門へ行った娘が、何度も怪我をして離脱して得た情報と思ってください。

過去に離脱した先輩や今活躍する同期が実はこれをやっているを勉強した情報。


だいたいが怪我をしてから教えてくれる。

「私もそれをやって、今これをやっている」みたいに、、、。



今日は足首の捻挫。

捻挫と言うよりも、走りまくると足首が外れるらしいです。

ゆるい初戦敗退高校でやってきた私にはわかりません。

走らされまくって、がこって外れる。

入れなおす。

外れると痛くて走れない。

あまりひどいと、じん帯が伸びたり、下手したら断裂もあるので予防できたらいいです。




答えを言います。

サポーターをつけておけって話です。

でも足首のサポーターをつけるとスパイクが入らなくなる。

スパイクが入るように、設計された薄くてホールドしてくれる1品がザムスト、フィルミスタ!!


足がちょっと痛いなってレベルの人は捻挫やじん帯がやられる手前です。

早めにつけておきましょう。

最後には、がこって外れて戻らなくなります。


歯医者でも定期的に掃除をしておくと虫歯ってまずなりません。

メンテナンスの段階で早めにやっておく。

虫歯になってから行く人がいるけど、本来の形ではありません。

1番安く、自分の歯を詰め物だらけにしない方法は、3か月に1回掃除に行くことです。


体も一緒で早めに対応してけばいい。








怪我をしたら、元には戻らない







歯の例を続けます。

虫歯は治りません。

削るしかない。

1度損傷したら、元には戻らないのが人間です。



骨折したら、前よりも曲がらなくなる。

大きな病気をすれば、全快はしません。

病気になる前に、食生活と運動習慣をつける必要があります。


太く短く生きるという人がいます。

ポンと逝ければいい。

しかし暴飲暴食をして病気になった場合、基本まだ逝かない。

病気を背負って生きていく。

食事制限、病院通いの日々になる。

楽しんだ分、苦痛が待っている。

すべてバランスで成り立っています。


40代からメンテナンスをする大切さを書くのは、私が見ている40代、50代が苦しそうに生きているからです。


読んだ、この時が分岐点なのです。

ここで変わるか、変わらないか?

1度、壊したら戻らないと知ってください。

壊さないための対策を打とうとしてください。



私は30代に肉離れをしました。

もう完治したと思っていた。

しかし3塁打1本打っただけで、簡単に肉離れをしました。

何年たっても元には戻らないことがわかりました。

野球をやるときには、必ずつけておいた方が良かったんです。



サポーターはつけっぱなしでいい!!



昔はサポーターに慣れてしまうと、サポーターをつけなきゃ出来なくなるぞって外せの指示が出ていた。


今は違う。


整骨院でも、つけれるならつけておけという指示です。

そのスポーツをやるにあたって、やばいと思う箇所には、サポーターをつけておいた方がいい。


今回ご紹介するザムスト、フィルミスタは、良いサポート力を持っています。

ただサポーターだけじゃダメです。

下にテーピングで固定するといいです。

テーピングは薄さ最大でホールドしてくれるので、サポーターの前につけてください。

テーピングをして、上にサポーターをすると、あなたの体を確実に守ってくれます。

これをしないで1日を乗り切れる練習量、初戦敗退高校の私。

目指せ甲子園と1回でも思ってしまった自分をぶっ飛ばしてやりたい。

万が一、捻挫してしまっても、痛みを抑えて走れるようにしてくれます。

今回はサポーター、フィルミスタ両足2枚送料無料とテーピングのまとめ買いのお得な広告を載せておきます。







私は大丈夫って思っていませんか?








リスクは全員に平等に来ているのに、なぜ、あなただけ大丈夫なんでしょうか?

実は人間は、私は大丈夫って思ってしまうと心理学で証明されています。

だから安心せずに、考えてください。

毎日、交通事故が起こっているのに、今日の運転であなたは事故らないと思っている。

リスクは平等にある。

毎日、どこかで交通事故があるんです。

リスクを減らす行動を取っていなければ、あなたのところで事故は起きます。

早めに家を出て、信号を守る。

事故をしない人の運転は一時停止で止まり、黄色で強引に行かない人らしいです。

こんなこと、皆さん免許センターの更新の時に講習で聞かされています。

やらないのは、自分は大丈夫って思ってしまうからなんです。


隣の人が怪我をしてるなら、次は自分。

対策を打ちましょう。

最近、ちょっと足が痛いなって時点でサポーターをしていいんです。

テーピングも練習前に毎日つけていい。

ありがとうございました。










完璧に捻挫した人は、こちらのサポート力が強いA1サポーターをお勧めします。

治ってきたらフィルミスタに変えましょう。


関連記事