FC2ブログ

2021 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 07

ピーターの法則に負けない。いつか無能の抜け出し方。

kage

2021/06/24 (Thu)

私たちはピーターの法則により、いつかは無能となりバカにしていたアイツになる。

セカンドゴロが転がり、必死にボールに合わせるオッサン。

スリーバウンド目に体を合わせて取り、素早く1塁へ送球。

ちょっとかっこつけたジャンピングサイドスロー。

セーフ!


セカンドゴロでセーフって!

しかもそれが、そのおっさんのベストプレーだった。

もちろんバッターランナーはイチローさんではない。

普通の草野球にチームに存在する8番メガネ君、右バッターだ。

決して速くない。

しかし打ったら頑張って走るメガネ君。

判定セーフで相手ベンチは嵐ライブ状態。

私はそこで本当の「ひきつった顔」というのを学んだ。

「切り替えよう」って励ました時の投手の顔。

いやこれが本当のひきつった顔か。

そうだよな?

ふつうに高校野球やって来て、草野球デビューして、これからは楽しく野球やろうって思う中で、まさかセカンドゴロがセーフって。

もう少し真面目にやりたい。

そこまでギャグで野球したくない。

そういう思いが含んだ、ひきつった顔で小鳥のような鳴き声で君は「はい」と言ったな。

あまりの出来事にメンタル崩壊して崩れたな。

慣れるんだ。

ここはグローブを洗濯機にぶち込んで洗おうする連中の集まったスラム街だ。




今日の話はいつか老いるという話ではありません。

人はみんなピーターの法則に逆らえず、無能になるって話です。

この高卒の投手もまたピーターの法則に乗っ取って、今ここにいるんです。

セカンドゴロセーフという奇跡に遭遇しながらも、生きて行ける場所はここしかないのです。








ピーターの法則とは・・・






教育学者のローレンス・J・ピーター博士の研究です。

人はみんな無能で落ち着く。

仕事が出来る人は偉くなる。

平社員で有能ならリーダー。

リーダーで有能さを発揮するとマネージャー。

マネージャーでも有能だとゼネラルマネージャー、部長、取締役、常務、社長。

その人の限界まで昇進して、通用しなくなった場所で無能となり、そこに落ち着く。

無能の判定を受けた人で組織は構成されるため会社は無能の集まりとなる。

その中で有能な人間は偉くなり、最後に限界の役職に付いて無能になるという仕組みだ。



限界というか仕事内容が異なるって話でもあります。

現場で有能で管理職なったら、人をまとめることは出来なかった。

20人なら、まとめられたけど40人になったら目が届かなくなった。

自分では出来たけど任せることが出来なかった。

営業は出来たけど、管理監督は出来なかった。

部署はまとめられたけど、経営は出来なかった。

そんなところです。



私のチームのひきつった顔をした高卒の投手もそうなんです。

もしも自分が大学で野球が出来るレベルにあったら、もちろんそこに行った。

でも高校で2回戦敗退。

上ではやれないって思い就職した。

野球は好きだから草野球をやろうで、今ここなんです。

もう少しできる人は軟式野球でBクラスやAクラスでやるでしょう。

各階層で限界まで行って、最後にあきらめる形でおさまるってことです。









ピーターの法則にハマらないために






わかってても無能にはなりたくないですよね?

仕方ないと思てても嫌ですよね?

様々な分野でピーターの法則にハマる人たちが思い浮かんだでしょう。

あの人、現場作業員の時は良かったけどリーダーになったら急にダメになったよな。

偉くなる前は人気者だったのに、上司になったら皆に嫌われてしまった人。

限界だったんです。

というよりも、そこで戦うスキルと体を持ち合わせていなかったんです。


キャプテンになったら嫌われた。

孤独になった。

私はピーターの法則を知った時、やっぱり何とか有能でいたいと思いました。

いつまでも人から承認されて、居場所がある世界に身を置きたいと思ったんです。



それで見つけたことがあります。


やるってわかってることはちゃんと勉強しておこう。



もちろん今の本業に支障がないように結果を出す中で、空いた時間で未来でやるかもしれないことは勉強をしようって決めたんです。

現場でモノづくりをしている時に、管理職になったらパソコンを使う。

毎日、パソコンに触る方法はないだろうか?

そうだブログ書こう!


こんな感じで「どうせやるスキル」をあげて先に覚えました。

そこに行かなくてもいいけど、もしも1階級あがってしまったら出来るようにしておくために。


追い詰められて上司に怒鳴られても、限界だから何もできず次の日も怒られる人をたくさん見ました。

精神病にかかり長期休養なんて人もいます。


部下を持つとしたら、自分の部下になる人はファミリーです。

せめて上司として働きやすい環境を用意してあげれないか?

不満があっても我慢の効く範囲のストレスで抑えられないか?

私の周りの人にやる気になってもらえれば、それは私の業績になります。

なるべく部下のストレスを取る環境を用意します。

私は偽善者にはなれず、ウインウイン信頼関係を築きます。

その方が信用してもらえると思うからです。



職場での人間関係、上司との関係が家族関係に影響するという研究もあります。

そうなると、もしも離婚したら私のせいでもあるんです。

子供と奥さんと上手くいかないのは職場をひきづっているパターンも多い。

逆もあるんです。

だからピーターの法則にやられるわけにはいかないんです。



自分の体調の悪さは部下にも影響してパフォーマンスを落とすとしたら、いつも体調が良くないといけない。



どうせやる。やらなきゃ精神科へ行くことになる。



ちなみに精神病の改善で医者に進められるのも運動なんです。

それほど運動は体だけじゃなく脳機能、さらに精神の安定に効くんです。


これがわかってれば誰でも今日から自分を磨くんじゃないでしょうか?

睡眠の質をあげる。

睡眠時間を作る。

筋トレをする。

有酸素運動をする。

酒の量を減らす。

野菜中心の生活をする。

本を読み勉強して、上に立っても上から目線にならないコミュニケーションが取れるスキルを身につけておく。

わからないことは調べて勉強しておく。



どうせやる。


やらないで逃げて楽をしたら、無能で組織に居ても居なくていい扱いを受けることになる。



やっぱり私たちもプロ選手と一緒なんです。

体調管理して練習。

ビジネスの練習は簡単。コミュニケーション、話す、書く、聞く、資料作成の5つの能力を磨く。伸ばす勉強です。


でもまず体調管理しない人が実に多いんです。

それが出来ないと練習できません。



野球で考えてみてください。

夜遅くまで練習して、帰って酒を飲んで、2時間ほど眠って朝から試合。

試合が終わったら結果を出すために、また夜遅くまで練習。

昨日よりも酒の量は増えて、睡眠はまた2時間で朝から試合。

これを毎日やってるのが今のビジネスマンです。


プロアスリートはそんなことしません。

ちゃんと食事をして入浴を15分以上して試合の前に酒は飲みません。

睡眠7時間は何が何でも作っているという話です。

それをやらない選手は若くして引退。

1度の最多勝で来年は消える。



仕事も同じです。

今いるところが、あなたの最高峰。


そしてステージはさらに上がある。

いずれそこに行く。

行くのがわかってるなら今日から始めよう。


私はそうやってサラリーマン22年、ピーターに連勝してきました。

あと20年あります。

毎日ピーターと向き合いながら考えた40代にしておくべきこと。

練習に行く前の体です。

これしかない。



私は一時期、見たい映画を見て睡眠3時間でコークハイボールを1日5杯飲んでいました。

好きなことをして生きようと思ったことがあるんです。

人生は1度だからって。

確かに楽しかった。

でも会社に行く足は重かった。

ももとふくらはぎはむくんでいました。

目も開かない。

会議中は眠い。

物忘れがひどくななった。

仕事のミスも増えて失敗が増えた。

ピーターの法則に片足を突っ込んだことがわかりました。


ミスの原因を突き止めて対策を打っても無駄です。

体と脳が動いてないから、その対策すらも実行できないんです。


私は変えました。

休みの日以外に酒を飲めない日々はつらい。

しかし相反して仕事場での体の調子は良い。

目もパッチリ開いてやる気に満ち溢れてる。


仕事で疲れてるのにジムに寄るのはつらい。早く帰ってだらだらしたい。

でも運動した次の日はやっぱり調子は良い。

夜もぐっすり眠れてる。



楽な方に逃げないでほしい。

ピーターの法則にハマった人生の方が辛いからです。

人はみんなどこかで負ける。

でも死に場所を自分で決めれる人生に出来たらとても幸せじゃないかと私は思ってます。

必要とされない孤独はつらいんです。

連続ミスで、さらにハイボールに逃げることも出来ました。

でもそれをしなかったのは、どうせやるってわかっていたからです。


40代、体と脳が衰えます。

そのままだといずれ終わるんです。

鍛えてみてはどうでしょうか?

1日20秒全力運動でも効果ありなんです。

ピーターからの解放。

60歳まで戦えるように!


またピーターにハマった人でも、逆転をしたいならやることは一緒です。

体改善がすべてです。









関連記事

積極的休息でHIIPAを20秒でやれる。

kage

2021/06/16 (Wed)

「前回記事」でHIIPAトレーニングについて書きました。

簡単にHIIPAとは日常生活の動きを20秒だけ全力で動くトレーニングです。

武井壮さんが言っていたのですが、よく休憩中に「ちょっと走るよ」って言って20mダッシュを5本だけやって帰ってくるらしいです。

ちょっとした隙間時間にダッシュを入れています。

これをやっているから、俺はその他大勢の人よりも速く走れると。

たかだか5本の20m?この程度でって思うかもしれません。

でも効果があるんです。


通勤で歩く道の途中で全力ダッシュを入れてみたり、自転車で全力ペダルしてみるだけで、普通に生活する人よりも心肺機能から認知機能に至るまで効果を出し上を行きます。


・なんであの人はあんなに仕事が出来るんだろう?

・なんであの人は信じられない量の仕事を軽々とさばくんだろう?

・なんであの人だけアイディアが浮かぶんだろう?



そんなことを思ったことはありませんか?


それは体の状態があなたと違うんです。

脳の活動範囲があなたの上を行ってるだけなんです。

実はそんな人たちは無意識に私が書いてきたことをやっている。

確認すれば、みんなそうでした。


凄い人たちって自分のIQの上げ方を知っている。

そしてあなたは知らないってだけ。

知らないから、簡単に睡眠不足で会社に来る。

簡単に飲みすぎて二日酔いになる。

仕事が早く終わればパチンコ屋で時間をつぶしてしまうんです。


1ポイントもIQが上がらないあなたに20ポイント差をつける生活するトップ社員。

やっぱり頑張るって概念だけじゃ勝てません。

物が違うって事実を認めて今日も酒を飲んで、つまらないテレビを見て終わるんです。


データの話をします。

日本人の平均のIQが100。

つまりあなたは100。

筋トレで5上がります。

有酸素運動で5上がります。

瞑想で5、野菜、魚の摂取で5みたいに科学で証明されたIQポイントの上げ方があります。

誰にでも出来る。

やらないだけ。面倒だから。



メソッド全部やると20ぐらい上がる。

あなたが平均の凡人だったとしても120。

ちなみにトップ企業の社長やリーダーは125ぐらいだそうです。


私が言いたいことは平均の凡人でも、間違った努力、間違った頑張るをしなければ、誰でも勝てるようになるってことです。

IQの話ですが今度詳しく書きます。

今回は大雑把に5と書きました。

ちゃんと上がり幅があります。

記憶では運動と睡眠はめちゃめちゃ上昇させた思います。

逆にやらないと下がります。

平均の人が平均以下になるのは当たり前です。



IQで脱線しました。戻します。

HIIPAみたいなちょっとした運動は、自分の人生が満たされてるって幸福感も得られるんです。

なぜ満たされるのか?

隙間の時間や通勤などの何の意味もない生きるために必要な時間を自分の中で「意味がある」「前進した」「成長した」って感覚が持てる活動に変えているからです。

この変えているって感覚は人に充実感をもたらすようです。

これに関しては、運動じゃなくてもいいんです。

本を読んだり、瞑想したり、ノートに感情を書いてメンタルを落ち着かせるってのもありです。


お昼の休憩とかも一人で何かをやれたら最高です。


そんな中で今回はこれはHIIPAとつながってるんじゃないの?って思った情報があります。


それが積極的休息です。


これプロアスリートもやっています。

ただ休むよりも軽い運動したほうが休息効果が高いですよってデータが示したんです。


普通に休んだ人と積極的休養、要は軽い運動をした人で血中乳酸量を測定したところ、体を動かさずに休養を取った人が20%から30%の回復だったのに対して、積極的休養をした人は70%から80%もの回復が認められたんです。



・筋トレが続かない。

・素振りが続かない。

・毎日5キロって決めたのに無理な日がある。

・練習に身が入らない。

・今日はやりたくないって思ってしまう日がある。




これって休息が上手く取れていないからなんです!



疲れた時、すなわち乳酸が溜まっている時は休まないといけない。

そのまま休んでもいいんですが、回復は20%から30%。

軽い運動をすれば70%から80%まで回復するんです。

ここで言う軽い運動とはどんな運動かも調べました。

ジョギングであったり、ストレッチです。


そこで思ったんです。

HIIPAで隙間時間や通勤で20秒だけバーピーしたりもも上げしたりダッシュ、素振り等の時間を作ったら、それは何もしない人に比べて積極的休息になっているんじゃないでしょうか。

私自身も「前回記事」で1日1時間やると書きましたが、どうしても疲れが溜まって、やる気がない日があります。

そういう時にはやっぱり休みます。

休んで体をリフレッシュさせて次の日に筋トレできる体に戻します。

継続こそ強くなる秘訣です。

継続できないなら最初からやらない方がいい。

継続できるレベルにハードルを落としてやるんです。



その上でHIIPAを取り入れておいて、今日は休もうってした場合、科学的にどうなるか?

しっかりと体は70%から80%回復するんです!

私が1日休んでリフレッシュ出来てる理由はこれです。

普通は1日では回復せず、そのまま毎日が辛くてやめてしまう。

毎日仕事で疲れて筋トレどころじゃない。

酒の量だけが増える悪循環です。

ジョギングやストレッチもあえてやるのはだるい。

人はより簡単なことをやる。

缶ビールをクシュっとやるより簡単でなければならない。

そうなると家に帰ってやれることはないんです。

通勤のついでや空いた時間でちゃちゃっと済ませておいた方がいい。


堕落の悪魔に勝つ方法は、20秒からです。

そんな小さなことから始まります。

41歳で健康診断オールAの私のお勧めです。

オールAって別に普通かと思ってたら、30後半から皆さんAじゃなくなるらしいですね。

保険屋さんに言われてびっくりしました。



あと私のスタイルを真似してジムに入会して食生活、お酒の習慣を改めた後輩の検診結果が、どこも引っかからなくなり奥さんに感謝されました。


私は後輩の5年を作ったんです。

奥さんと仲睦まじく生活する未来の5年をです。

子供の未来を見に行ける5年です。

私の母は56歳で亡くなりました。

あと5年生きられれば、次女の入園式を見れたでしょう。

そういうことです。

見たい未来が、私たちにはたくさんある。


成人式、結婚式、孫、七五三・・・

奥さんと楽しむであろう老後の旅行。


変わらなきゃ・・・


お酒は旨いかもしれない。

でも週1回にしよう。

20秒のHIIPAから始めよう。

ゆるくていい。

最初から出来る人はいない。

あなたの未来はあなたしか作れない


記事作りに役に立った「不老長寿メソッド」を載せておきます。








関連記事

HIIPAトレーニング、素振り10回だけでも実は効果があった。

kage

2021/06/13 (Sun)

20秒間だけ全力で運動するだけで効果があるらしいです。

HIIPA・・・読み方はわかりません。ヒーパ?ヒッパ?わからないのでそのままスペルで書きます。

簡単に説明しますと通勤中に20秒間ダッシュしてみたり、階段があったら全力で20秒間だけ、かけ上がるってことをすればいいのです。

日々の隙間時間に対して、全力運動を1セットだけ刻んでいきます。

HIITだと20秒間を8セットで超疲れて過酷って誰しもがわかっています。

でもHIIPAなら出来るんじゃないでしょうか?

車にバットを入れておいて、ふとした時に10回だけフルスイングしてみる。


40代になると1000回とか振れません。

でもちょっとしたときに10回なら振れます。

しかも10回なら、本気の本気の全力フルスイングでやれるモチベーションが出るはずです。






よくやり始めてやる気が出てきたら、そのままどんどんやろうって言うけれど、それはやめておいて!






それも正しいんですが、HIIPAトレーニングの効果は無くなってしまいます。

全力20秒1回が肝です。

それを1日3セットほど出来ればジムで運動する人と変わらない効果が得られるそうです。

1時間やっちゃったら、人間どうしても抜く時間がある。

あとはたくさんやっちゃうと、やり切った感が出て、バットは車の中に入ったままとなります。

もう取り出さないんです。


ちょっと物足りないってところでやめることで、継続が続きます!



もう少しやりたいなって思いで今日を終わる。

そうするとなぜか明日もモチベーションが高いままやれるんです。


私たちオッサンは別に今までのすべてを懸けた大会があるわけじゃない。

「俺の栄光時代は今しかないんだよ」ってわけでもない。

明日死ぬかもしれないけど、明日、生きている確率の方が高い。

1年後も2年後も人生と戦ってるでしょう。

だったら今日の努力をいかにして、明日へつなげるか考え行動したほうがいいんです。



この程度やったって何になるんだよって思う人もいるでしょう。

でも3か月ぶりにバットを持つ人と比べたら、やっぱり隙間時間にちょこっと振っている人の方がバットは振れてます。






だいたい努力が続かない時の前は、やり切った時じゃないでしょうか?







実はHIIPA限らずなんですが、筋トレを2時間、頑張っちゃうと、もう体は動かない。

回復させて、さてやるかって気持ちにならない。

だったら調子が良くても悪くても1時間でやめる。

1日限定1時間でそれ以上は出来ませんってルールを作るんです。

そうすると1時間しかできないって一生懸命やります。

調子が出ない日も1時間って思えばやります。

やる気が出ないから、あんまりメニューをこなせなくても1時間で終わり。

コンスタントに休みも入れます。

やりたくても休みは休む。

そうすると筋トレの日、やりたくなります。

でも1時間です。

そうやって自分の中で少しだけ物足りなくしてあげると1年続きます。


クソ妥協してきた私が言うんだから間違いないです。

根性なしに効く、最高の継続の科学でございます。


運動したくても出来ないって方は20秒のHIIPAからやってみてください。

3回出来たら合格で大丈夫です。

あとはセット数を増やして行って、今日はやり切ったなって思ったら、そこから2セット減らしてください。








私たちは老います







どんなに輝きを放ってた人でも、何もしなければ落ちていくんです。

あなたはならないと思ってるでしょう。

でも何もしなければ確実に落ちていきます。


記憶力は落ち、認知機能は落ち、後輩からこう言われます。

「あのそれこの間、言ったばかりですよ?」って。

仕事でトラブって頭抱えてる時、(もうこの人には出来ないんだ)って思われて「大丈夫です。あと適当にやっておきますよ」ってなるんです。


昔は出来たのに・・・

周りも冷たい・・・

いつからこうなった・・・


サラリーマンもプロ選手と変わらない。

いや引退がない分、惨めになる。

ベンチに座って、バットとボールを運ぶ日々を定年まで過ごします。

打席には立たせてもらえない。

老いるってそういうことです。

抵抗しましょう!



私と一緒に、50代も60代も勝ち取ったポジションを守りましょう!


たった20秒の全力から変えてみませんか?

後悔のない未来を作ることが出来ます。



今回の本は不老長寿メソッドです。

HIIPAが引っかかって、記事にしましたが、食生活から睡眠まで幅広くあなたにアドバイスをくれて助けてくれる1冊なんじゃないかと思います。







関連記事

「才能がない、あきらめろ」と言われた人へ

kage

2021/06/10 (Thu)

・部活でレギュラーが取れなかった。

・大事な場面でエラーをして負けた。

・打てなくて外された。

・才能がないと言われた。

・あきらめろと言われた。


そんなたった一つの負けを背負いこんでしまう人が多いんです。




私はプロ野球選手にはなれなかったけど、ビジネスマンとしては勝ったんじゃないかなと思ってます。

もちろん自己満足で誰しもに認めれた栄冠ではありません。

でも身近な人たちにリスペクトされて認められて居場所を作れた。

大事な仕事を任せてもらえる。

ビジネスマンとして満足いくポジションを与えられ充実した日々を送れるようになってます。



それは負けた中で、才能がないとあきらめたものがある。

凡人な中で、じゃあこれはどうだろうって挑戦して、「ああ、俺は意外とこれなら人の役に立てる」ってものを見つけていったんです。


才能があるないって、周りの大人が決めることじゃないんです。

やり続ける気持ちも、あきらめるタイミングも自分で決めていい。




中学生の時、ソフトボール出身だった私は、リトルリーグから来た子たちに惨敗して補欠でした。

小学6年生の時に書いた将来の夢プロ野球選手は、1年後に砕かれました。

言いたいことは簡単です。

最近はそういう挫折で本気で悩む子が多い。

本気だからこそだと思います。

1つの負けで自分を人生そのものの敗北者にしてしまうんです。

そこから輪をかけて、心無い大人の「あきらめろ」だったり「バカヤロウ」だったり、しまいには「親の育て方が悪いんだ」なんて言う人間性の低いコーチが1部いることは事実です。

実際に出会ってきましたからね(笑)







専門性のバイアス










専門性バイアスってもんがあります。

優秀な医師に指示されると人は疑いません。

看護師に間違った薬を投与する指示を優秀な医師が出した場合、ほとんどの看護師が、何の疑いも持たずに患者に間違った薬を投与しようとしたらしいです。


機長の判断ミスをしてるのを疑いながらも、機長が大丈夫だと言ったら、誤った操作を副操縦士がして墜落した事件もあります。

機長症候群って言います。


私たちは権威や専門性がある人が言ったっことは、基本信じてしまう傾向があるんです。


監督、コーチに才能がないと言われたら、そうなのかと思ってしまう。

監督が言ってるんだから、それは正しいって思ってませんか?

間違えてるなんて微塵も思ってない。

わかってないのに信じている。




だって名門日本大学ラグビー部ですら、「壊してこい」って言う現実があるんです。


日本一のチームの監督とスタッフが言うから、言う通りやれば、きっと1流になれると信じてる。

結果が出てるから正しいって思ってる。

実はその影で、つぶれていった選手の人数まで私たちは知らない。

輝かしい光舞台で活躍する選手たちに憧れて入ったかもしれない。

光舞台に立てるのは、たったの数人で、あとの40人はあきらめた人がいる。



野球、サッカーは部員100人。

90人の夢は終わるんです。

でも世の中は、たったそれだけのことで、あなたを敗北者にはしない!


色々な可能性があって、挑戦すればいい。

納得するまでやって勝てれば、なおヨシ。

負けても、たくさんの勝負の中で、ここは負けたってだけ。


社会には、たくさん勝負する場があって可能性を試せる場所がある。


実は向いてない仕事をしてる人がほとんどですからね(笑)










人の可能性なんてわからないが真実です。











それは他人のお前が決めるとじゃないって思ってればいい。

お前が才能ないな、この子って思っても、それをお前が決めて本人に言っていいわけないだろ。

早めにわからせてあげたほうがいいって言うお節介もいらない。

俺のことは俺が1番わかってる。




それは本人が決めることなんです。

決めていいことなんです。




だから「クソコーチが!」って家で子供に言ってました(笑)

え?火の玉さん、それはまずいでしょ?コーチの考えを理解させて子供にやらせなきゃ!


いやいや、クソコーチの言うことを鵜吞みにして、家に帰っても罵声を浴びせる親の方が問題かと思います。

コーチが言ってるんだからって。

バイアスかかりまくりじゃないですか(笑)

間違ってるもんは間違ってます。

しかし子供は、バスケットは続けたい。

チームは変えられない環境にいたから仕方なくいただけです。

コーチは変えれないから仕方がない。



本当に素晴らしいコーチって指導を聞いてて感動するんですよ。

鳥肌がぶあーーーーって立ちます。

この人の元にいて、選手がやる気にならないわけがないって思えるんです。

怒られているんだけど、怒られてるって感覚になりません。

やっぱり納得感があって、次のプレーから締まるんです。

子供たちが楽しそうにしてます。

へらへら笑ってるわけではなくて、もっと教えてくれって言う真剣な顔してるんです。

私がチームを回って見て、感動したコーチは3人しかいません。

バスケット応援10年してて、たった3人です。

バイアスにかからず、ちゃんと探しました。

データだけじゃなく感情を揺さぶる言葉をチョイスするのが本当に上手いです。






結局、長女も次女も自分が心から教わりたいってコーチを見つけてチームを選んで進学しました。

もちろん私が感動した3人の誰かがいるチームです。

コーチを選べるなら、そこに行くよなって思いました。



それでも必ず成功するわけではないってお伝えしておきます。

長女は痛み止めを飲みながら練習に参加してました。

練習は過酷でした。

オーバーワークで腰を分離骨折しました。

足は外れ慣れてしまって、簡単にねん挫する足になりました。

その後の日常生活のことを考えれば止めるべきでしょう。

でも私は我慢しました。

親と言えど、子供を支配していいわけがないからです。

本人がやるって言うならば、好きなようにやらせました。


引退後、すっぱりそこで、選手としての道をあきらめることが出来たみたいです。

やり残しがあったら、やっぱりやるでしょう。


今回のご相談者様は、子供さんが部活で「あきらめろ」と言われた親御さんからでした。

怒鳴られて、寝れなくなって睡眠薬を飲みながら部活をしてるそうです。

心の病になってしまうんじゃないかと心配とのことです。



私の答えは簡単です。

「いつでも辞めていいよ」って言っておけばいいと思います。

頑張れと言わない。

これだけです。

あとは本人の意思です。

親として出来ることは、どんな負け方をしたあなたも私は大好きよって表現しておくことでしょうか。

部活を辞めて、何もなくなったとしても帰る場所はあるぞって言っておく。

実際は何もなくらならず、次のステージへ挑戦するだけなんですが。。。

掛かったお金は気にせず、嫌になったら辞めていいよと伝えておけばOK。







考え方ですが今、心の病なんて皆、持っている









昔はそういうものに診断名がなかっただけ。

病院に行けば、何らかの病名をもらえるのが現代じゃないでしょうか。


私だって大学病院でもわからない病でしたから(笑)

眉間にしわが寄る病気です。

完全にメンタルです。

神経ブロックの注射も打ちましたが治りませんでした。


外的に治そうとしても治りません。

やったことは、運動、瞑想、睡眠、食生活です。

・月8000円のジムに入って、週4~5筋トレ。

・休日は車を禁止して、自転車で移動。

・お酒は休日の1日しか飲まない。

・食事も野菜中心にした。

・睡眠最低6時間で目標は毎日7時間以上。

・毎日瞑想30分


そうしたら治りました。

あとは今度、また詳しくご説明しますが、セルフコンパッションって言うメソッドを使って前向きに生きています。

本だけ載せておきます。


専門性バイアスの本も載せておきます。

影響力の武器で面白い本です。

知識を持つだけで救われることって本当に多いです。






お勧めはこれですかね。

「自分へのやさしさ」について書いてある本がいいと思います。






影響力の武器は青い本だけじゃなくて赤も出てます。

専門性バイアスや機長症候群を詳しく書いてあるのはこちらです。




関連記事

クロスバイクで手に入れる。最高の人生!!

kage

2021/06/04 (Fri)

有酸素運動の効果。

1日20分、もしくは週に150分の有酸素運動で、精神を安定させるセロトニンが出ます。

安心感、平常心、頭の回転を良くして脳の働きを活発にしてくれます。


じゃあ世話しなく生きる世の中でいつやるか?

しょっぱいしがらみの中、東京のバカヤロウがって剛さんのように叫ぶ俺たちにいつやれってんだ!


今日は火の玉が見つけた有酸素運動、超効率的メソッドのご紹介です。






ランニングって実は危険







40代で始めると、速攻で膝とカカトを痛めます。

思ってるよりも下半身弱ってるんですよね(笑)

腹のぜい肉分、膝にのしかかり、あっという間に壊れます。

変わりたいって気持ちをも打ち砕ける激痛となるんです。


だから50代、60代の方々って走らずにウォーキングしてるんだなと思いました。

鍛えぬいてる方じゃないとランニング趣味は危ない。


じゃあ、なにで有酸素運動して人生を爆上げさせるか?


私がやってる中で自転車最強です。


HIITトレーニングでもエアロバイク推しなのもそのためです。

HIIT記事はこちら→HIITで手に入れた。お金では買えない幸福を手に入れた」


自転車ってまず、アスファルトの衝撃を足にもろ受けない。

さらに膝への衝撃もなし。

それなのに太ももの筋肉へは効いているんです。


水分補給したいときも、自転車につけておいたボトルを取って飲めばいい。

ランニングだったら、ボトルを持って走らない限り好きな時には飲めません。


ランニングに比べれば、運動効果が高い上に便利。

脳機能やメンタル、自己高揚感の効果も全く一緒。


悪い点を言うならば腰痛がある方は前傾で走るため痛みが出るかもしれません。

しかしそれはランニングでも変わらないかと思います。

痛ければ休む。

治ったらまたトレーニングの継続で腰痛も感じなくなります。

それを言ったらランニングも一緒ですが、、、(笑)

痛む箇所は少ない方がいい。

あとは個人的に自転車のほうが風を切ってスピードも出て遠くまで行けるので気持ちがよかったです。

好きな時に水分補給できるのもトレーニングを楽にしてくれるんですよ。


なので有酸素運動するなら自転車最強なんです。






じゃあいつやるか?やる時間なんてないよって人へ







車移動を自転車移動へ変えればやれます。

例えば通勤を自転車にする。

遠い人は、途中まで自転車とか。

最寄り駅まで自転車とかです。

ひとつ駅を飛ばして、そこまで自転車で行くのもありです。


あとは休日のお出かけを自転車にする。

荷物はリュックに入れて行動すればいい。



意味のない時間を意味のあるものに変えていくと時間があるって感覚になる研究があります。


余裕があるって感覚になるそうです。

何もしないであろう待ち時間に本を読みながら友人を待つ人とスマホのネットニュースを見てる人とでは、心の感覚が違うそうです。

今日もあっという間に終わってしまったという感覚が、今日も色々やれたなって満足するってことです。


有酸素運動、自転車20分以上漕げたって思えれば、今日も前進できたと思えます。

充実した日々に変えられるんです。

そしてそれは感覚だけにとどまらない!


ここからは行動した後のあなたの未来の話になる。

しっかりとあなた自身が感じられるはずだ。

自分の体の調子に驚くはずだ。

いつの間にか、後ろ向きな考えがなくなっていることに気づく。


日記に罵詈雑言を書いていた日々が笑えるんだ。


日常で嫌なことが、圧倒的に減ったことに気がつく。

実際は減っていない。

でも自分の状態が良くなるから、結果的に減るんだ。


今日も漕ぎたい。筋トレしたいと思うだろう。

ジムへ向かう時も自転車にすればいい。

雨の日は迷わず車じゃない!カッパを着て自転車だ(笑)


そのぐらい自分の変化を感じられるだろう。


さらに車通勤の人はガソリン代も減る。

奥様も喜ぶ。

スマートな体を手に入れる。

奥様にとって自慢の旦那にもなり得る未来が、いまの選択で起こるのだ!





実は人生を変えるってこんな些細な行動なのかもしれません。

何か大きな行動をする必要はないんです。

ちょっとだけめんどくさい。

ちょっとだけ勇気がいる。

話しかけれない人に話しかける勇気、そこまで行くちょっと頑張ればいいだけの行動なんじゃないかなと思います。















関連記事