fc2ブログ

2023 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2023 07

私たちは変われる

kage

2023/06/24 (Sat)

様々な経験をして考え方は変わるものだ。

人は根本変わらない。
この意味は、自分と違う考えの人を見て、自分と同じ考えになって欲しいと思った時、それは無理だよって話なのだ。
ただ人は変われるし、変わっていける。
内側に向けたメッセージだ。
自分は変わっていけるのだ。

例えば飲み会。
20代は、毎週飲んでても楽しかった。
何なら平日にも飲む。
朝まで飲んで、そのまま会社だ。
二日酔いなんて関係ない。
半日も過ごせば治ってる。
どうしても辛ければ、向かい酒だ。
一杯いれれば気持ち悪さが飛んでいく。
毎日あびるように飲んだ。

年を取れば体が変わる。
半日で治っていた二日酔いが1日たっても治らなくなる。
40代になれば、本当に2日間調子が悪い。

環境も変わる。
飲んで帰ってくれば年頃の娘たちに「臭い」と罵倒される。
自分でも考えるのだ。
酒を控えようかなと。

仕事でデータばかりを取り扱うため自分のデータを取り始める。
自分が何杯目でリバースするのか。
私の場合、アルコール度数にもよるが、だいたい7杯~8杯でリバースする。
あとは意識もうろうとして「もう酒は飲まない」と決める。
気がつくと、あの時の反省も忘れて、また飲むという負け組の人生だ。

人は変われる。

もうやめようと思えた。
飲み会では5杯までと決めた。
そうやって人は人生を改善したいと思った時に変われるのだ。

飲めることが、かっこよかった20代は終わった。
誰よりも飲めて、つぶれない奴が偉かった。

タバコを吸える奴が、かっこよかった。
バイクに乗れる奴が、かっこよかった。
いい服を着てる奴、高い給料を得てる奴、うまいもんを知り尽くしてる奴。
どんどん変わっていく。

かっこよさは年齢と共に変わる。

かっこよさを追求して、基準を変えて自分を変える。
楽しさを追求して、自分を変える。
もっと良くなりたい、成長したいという欲求で自分を変える。
好きなことをしたい。
やりたいことをやりたい。
自由に行きたい。

今のままじゃダメだと感じた時、人は変われる。


しかし最近感じることがある。

苦痛も必要。幸せとセットだ。

1週間、仕事をする。
決して楽しいもんじゃない。
仕事なんかしないで、遊んで暮らしたい。
利益を出すプレッシャーに勝ち、企画して実行して計画を立ててとストレスのかかる1週間(5日間)を乗り越える。
土日で趣味をする。
私の場合は、このブログを書いたり、資格の勉強したり、トレーニングをする。
日曜日に空手に行き、スパーリングで追い込まれて、最高の汗をかく。
終わった後だ。
サウナへ行き、焼き肉を食べる。
サウナの瞬間、肉を食べる瞬間、私はこの世界で1番幸せなんじゃないかという幸福に包まれてる。

人生これでいいと思える。

これを味わうための仕事という位置づけだ。
仕事がなければ、これもない。
ただ休んで、だらだら過ごして焼き肉に行っても、肉はうまくならない。
そんな気がした。
苦痛もセットだ。

酒を飲んで楽しい思いをしたならば、二日酔いもセットだ。
今、私はアルコールで得る幸せはいらない。
仕事から帰って来て、500ml、1本で十分だ。

私も変わったなと思う。

私たちは変われる。
失敗して失敗して、より良くなっていける。
怖いのは、他人と比較してしまう自分。
いいな~って思ったら、手に入れてみればいい。
手に入らなくてもいい。
手に入れに行くのだ。

きつねが木の上の果実が取れなくて「きっとあれは美味しくない」と決めつけて去った。
人間にも決めつけるところがある。
決めつけは良くない。
食べたいと思ったら、木に登れ。
登っても取れなかったら、同じものを探せ。
結果、食べられなかったとしても、やった自分を褒めるだろう。
しっかりとあきらめることが出来るだろう。
食べれたら、俺には出来ると言う自信がついて、次も挑戦できるだろう。

決めつけてふて腐れて、ひがみ、嫉妬するのがダメなのだ。
食べている奴の悪口を言っても人生は良くならない。
自分がしたいことをすればいい。
他人がきっかけで興味がわいたら行けばいい。
比較してひがんだら、一生そのままだ。

結論は簡単だ。
挑戦をしよう。
苦痛もセットだ。
無理ならば、考えて自分を変えよう。

去年の12月、適応障害になり、人生の底を味わった。
今年の6月に脳疲労が完全に取れて、キレキレの自分を取り戻した。
先は見えない。
でも取り戻した。
自分を変えて良かった。


続く。




関連記事

上司

kage

2023/06/17 (Sat)

能力も重要なんだけど、きっと能力は、さほど問題ではないとわかった。
上司に好かれることなのだ。
私はそのスキルが何よりも高いっぽい。
何をやるにしても私を劇押ししてくれる上司のおかげで昇進した。
適応障害で離れた役職にも来月の辞令で戻る。
こんなわがままが通用するのは、裏で新しい上司が推薦してくれたからだ。

その証拠に私も管理職になって、次の現場リーダーとして劇押しした男がいる。
彼は私がどんな失敗をしても私についてきてくれた。
ふつうは登らない男について行ったら、自分も登れない。
しっかりと見極めて、登りつめる人の派閥にいないといけない。
彼はいつでも私から離れてもよかった。
でも離れなかった。
そして私は上司の劇押しのおかげで復活した。
新しく来た上司の梶田さんは私が20代の時に仲良くしていた人だ。
梶田さんは10年前に社長に逆らって営業に飛ばされた。
私の適応障害で私の上司は全員左遷された。
管理不足で責任を負わされた。
原因の取締役はまだ健在だ。
こんなもんなのだ。
そこで戻されたのが梶田さんだった。
仲が良すぎて課長なんて呼ばない。
梶田さんと呼び、語尾は○○っすよのタメ口で話せる。
そんな梶田さんは私を自分の右腕に戻すと言って「俺を信じて待ってろ」と言っていた。
戻って2か月で、花形部署のラインマネージャーに戻った。

権限をもらった私はというと、次の現場リーダーを決めるにあたって水田を選んだ。
梶田さんは他の人間をあげたが、まったく譲らなかった。
同時に大沢を出した。
大沢は私と敵対する藤井と組んで、私の悪いうわさを流した。
藤井と組んだところが許せなかった。
大沢に意図はない。
大沢は誰にでも気に入らないことは気に入らないと言う。
違うと思うことは違うと言う。
たまたまだった。
時期的に藤井と班があっていて、藤井と話していただけだ。
でも私の裁量権で左遷した。
大沢が出たのは会社全体で衝撃だったらしい。
力があったからだ。
色んな課のラインマネージャーたちが、私の部下たちに「なんで?」と聞きまわっていたそうだ。
力があったからこそ、何を言っても通用すると思ったのだろう。
実際に大沢はそうしてきた。
自分の意見が通らないなら、通るところまで言いに行く。
社長室にだって乗り込む男だ。
最初にマネージメントに失敗した理由がここにあった。
反抗勢力を野放しにしたのだ。
いつかはわかってくれるとか甘い世界ではなかった。
復帰しても大沢は変わらなかった。

私は決断をして大沢を出した。
出した私は気づいた・・・能力ではない。
信頼なのだ。
力はなくてもいい。
失敗してもいい。
私に対して信頼を置いてついてきてくれる人を私はあげるし、私も裏切らない。
特に水田は私が何度失敗し落ちても、戻って来てくださいと最初に頭を下げてくれた。
「火の玉さんのやり方がいいです。自分には合っています」
何度、救われたかわからない。

そして私は水田を上げた。

権力を失っていたら出来なかったが梶田さんのおかげで戻ってしまった。

扱いやすい人間を選んでいるのではない。
心から好きな人を選ぶのだ。
これが人の感情なのだ。
だから感情を揺さぶる能力と好かれる能力、自分の性格と合う上司に恵まれる運だ。

私の前の上司、柳田は水田をあげることが出来なかった。
却下されたのだ。
意見を聞いてもらえなかったと言っていた。
水田が悪いのではない。
やっぱり柳田が悪い。
柳田の運がない。
そこに水田が巻き込まれているだけだ。
柳田が退き、私が上がり、休んでも私を信じていた水田に少しでも恩返しがしたかった。




戻って来て変えた






適応障害前の私は誰の意見でも聞いた。
みんなのためにやっていた。
きれいごとだった。
大沢のために動いても、陰で違うとも言われた。
トップで走る鶴岡にも批判された。
それでも批判を受け入れて前に進んだ。
結果、失敗が続きつぶれたのだ。

次は違った。
大沢の左遷から始めた。
もともと私はサイコパスだ。
スキルだけは高い。
まわりも気にしないで実績を残してきた。
単純に戻した。
自分の道を行くってことだ。
邪魔するなら蹴散らすだけという横暴とも言えるスタイルになる。
それでもそのスタイルについてきてくれる人もいた。
今回で言えば水田がそうだ。
まんべんなくやろうってのが無理だ。
いやなら辞めていい。
縁がなかったとあきらめる。
自分を受け入れてくれる人で仕事をすると決めた。

そうだ。私には強さと覚悟がなかったのだ。
全員を上手く扱おうとした。
結果失敗した。
俺は誰が何と言おうとこうするっていう昔のスタイルに戻した。
批判は、ただの僻みだ。
そうやって強く進んだら不思議と全員がついてきた。
ついてこないなら仕方がない。
他の課へ行けっていう行動をすぐに出した。
宿敵の藤井と組んで私をコントロールしようとした。
これはやっちゃいけない。
全員に知らしめた。
気に入らないならお別れ。
能力があっても、押し引きが下手な人間を私は切る。

そして一つの結論にたどり着いた。
私の上司もみんなそうなのだ。
出来るだけ、自分が好きで従順でスキルの高い人間をあげる。
どれが欠けてもダメだ。

取締役は結果として梶田さんの意見を聞いた。
私を残した。
私の上司2人を左遷し梶田さんを呼び寄せた。
そういうことを私の上司もやっている。
自分の要求に答える人だ。
私の場合は泣き寝入りだったのかもしれない。
代わりはいなかった。
トップの鶴岡も、私の次を断った。
鶴岡も私のことを認めていて、現場で文句はいうけれど私と同じことは出来ないと言ったのだ。
鶴岡の私へのリスペクトのおかげで空席となった。
今まで空席に戻り業務だけ戻っていた。
業務だけ戻っても結果は出した。
今回、完全復帰につながった。

取締役はあれ以来、怒鳴ったり罵声を浴びせることがなくなった。
結果的に私は勝った。
しかし勝てた裏には梶田さんの存在が大きかった。
すごく文句を言ったらしい。
私を戻せと。

水田をあげろと押しに押しまくった私と同じだ。
柳田と同じ失敗して、違う人をあげられたら今後のマネージメントに響く。
現場を回すのは私だから、譲らないと言った。
違う人間をあげられたら、思い通りにいかないし水田が今度こそ腐ると思った。
何より、こいつが失敗したら仕方ないと思える人間にしたいのだ。

梶田さんはわかったと言った。
「自分があげた水田を何があっても見捨てるなよ。責任を取れよ」と念を押された。
現場リーダーになってダメになる人もいる。
そこの責任も取れと言うことだ。
私はひとつだけ自分のスキルで自信を持っているところがある。
プロファイリングだ。
ある程度の情報が集まって自然に考えたら、だいたい物事は当てはまる。
きっとこの人はダメだろうなを外したことがない。
だから水田は大丈夫。
何より好きだから失敗してもいい。
全責任を取る。

私も梶田さんにはそう思われていると思う。
大手管理職の年収を捨てずに済みそうだ。

続く。
関連記事

空手大会

kage

2023/06/11 (Sun)

素直にがんばれって思えた。
何年ぶりだろう。心から他人を応援できたのは・・・。
ポジションの取り合い、出世争いにおいて、「おめでとう」なんて言葉は自分がその人よりも10倍上か10倍有利な立場にでもない限り出ない言葉だ。
自分を1番にしたい。
子供を1番にしたい。
1番になれなければ、おめでとうの裏側に絶対的な悔しさがあるのだ。
口先ではおめでとうだが、心の中では舌打ちをしている。
オーディション番組で、誰かが落ちて自分が受かった女は涙を流して、お別れを悲しむのが胡散臭くて仕方ない。
絶対に悲しんでない。
他人の失敗をしめしめと思っている。
そうやって泥臭い世界でのし上がってきたし負けに負けて悔しがっているのが私だ。

でも今回は素直にがんばれって思えたんだよな・・・

だって試合会場に応援しに来てるし。
みんなが行くからとかではなく、一緒に頑張ってきた仲間の成果を見届けたいのと、次に自分が立つであろうステージを見ておきたい気持ちがあった。
きっと来年の今頃は、空手素人の私も少しは強くなっていて、この初心者大会に出させてもらえると思っている。
7割自分ためにきた。
でも結果としては9割応援した。

大会に出たのは私と同じ白帯の山田さん35歳と青帯の鈴木さん36歳だ。
二人とも1年以上経験があり、今回が初めて出る大会になる。
空手には帯ランクがあって、上から黒、茶、緑、黄色、青、オレンジ、白という順で今回は黄帯以下の大会だ。
空手は年齢であったり体重であったり経験年数などのカテゴリーに分けて大会がある。
バリバリの20代の現役とやりあうことがないのが魅力だ。
年をとっても同じカテゴリーなら自分の力を試して上を目指せるのだ。
今回は黄帯以下で年齢制限はない。
山田さんと鈴木さんの相手は3人いて総当たり戦だ。
3人とも30歳と若い人で強そうだった。
やっぱり若いってだけで強みだと思う。

白帯の山田さんはメンタルが病んだ人だ。
本人には聞いてないが私にはわかる。
空手も私が入る前は、休んだり、来たりして最近、本格的に復帰したことを聞いた。
仕事の都合らしい。
結果として1年やってるのにまだ白帯でいる。
それに体がムキムキで範馬勇次郎みたいな体をしている。
もうそこまでの情報があれば推測は簡単だ。
休んだ理由はメンタル疾患。
メンタル改善のために医者から進められるのが筋トレやマラソンだ。
そして筋トレやマラソンをすると体が楽になる。
人によっては薬がいらなくなる。
もともとまじめな性格だから、筋トレやマラソンを一生懸命やる。
やった結果、精神疾患者は得てしてムキムキであったり、ウルトラマラソンを走れる化け物が多いのだ。
この人は間違いなく精神安定のために、結果としてこの体になったと言える。
ポジティブな人で筋トレ好きで空手に通っていたら、1年でオレンジ帯や青帯には軽くなっている。
会社でも色々あったのだろう。
そんな山田さんが初の大会で唇を紫色にして緊張しているのを見ると、そりゃクズな私でも応援したくなった。
というより一緒に頑張って練習してきた仲間だという感覚があった。
大会に出るからにはきつい稽古になる。
私たちの道場は、大会使用のメニューをみんなでやる。
大会出場者は10セットで私たちは10セットじゃなくて5セットでやめてもいいと言われるが基本は同じだけやる。
私もたまに、きつすぎる時は7セットで休んだりもしたが一緒に頑張った。

結果は圧倒的勝利だった。
鳥肌が立ったし感動もした。
「人生で初勝利しました」
唇の紫はすっかりと治った山田さんは嬉しそうに話していた。
他の人は思うだろう。
それだけの体を持っていて人生の初勝利とは大げさじゃないか。
私にはわかる。
良いことなんてなかったのだ。
生きてても上手くいかず、つらいことばかりだったのだ。
それでも人生をあきらめず、「生きる」と選択した。
目標もない。
ただ生きるために筋トレしてトレーニングしてきた。
もしかしたら空手も医者から勧められたのかもしれない。
うちの師範は世界大会にも出ていて全国大会でも成績を収めている人で、なにげに偉大だ。
月5500円の破格の値段で教えてくれる。
自身の経験をもとに勝たせてくれる。
勝つと言うことは、そりゃしんどいメニューをやる必要がある。
時代に合わせてか怒鳴ることもなく笑顔で苦しいメニューを出す。
限界で倒れそうなメニューをこなした後でも、笑顔でスラムダンク安西先生の穏やかさで、次の鬼メニューを言い渡すサイコパスぶりだ。
おかげで山田さんも鈴木さんも圧倒的に強かった。
二人とも3戦全勝で終えた。
鈴木さんも初試合で表情が硬かったけど試合が始まったら強すぎるぐらい強かった。
もはや初級大会レベルではない。
そんな強さを見せられてなぜか私まで強くなった気になれた。
そして悔しい気持ちもない。
私は空手においては、誰かと比べる感覚がないことを知った。

「強くなりたい」

子供のころからの欲求を叶えたくて始めた空手だからだ。
自分軸で動けてるから仲間はより高みに行ってくれれば、それはそれで喜べる。


本当にやりたいことは何?
人生であと何をやりたい?


俺は強くなりたい。
強盗が来ても、道端で絡まれても、自分と大切な人を守れる強さが欲しい。
強くなって大会に出て、1つでも勝って、高揚感を得たい。

上には上がいて、きっと本気で稽古しても負ける時は負ける。
人生全振りして空手をしても負ける。
ここは才能だから仕方がない。
私は師範のように日本一とかには、きっとなれない。
でも目指すのだ。
でも夢見て一歩一歩進むのだ。
結果として大きな大会とかにも出れるようになれたらいい。
自分の才能の限界までは高めたい。
空手には夢がある。
40代の大会。
50代の大会。
オッサンになっても上を目指して青春が出来るのだ。
やっと他人と比べないものを見つけた。
いや、もしかしたら空手家としての道が人間性を高めてくれているのだろうか・・・

続く。


範馬勇次郎はこちらの人です。




関連記事