fc2ブログ

2023 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2023 08

相手の事情を知ることをまず1番最初にしないといけない。

kage

2023/07/29 (Sat)

電車の中で騒ぐ子供がいた。
小学2年生と4年生ぐらいだろうか。
顔も似てるし兄弟だろう。
近くには父親がいるが、見ているだけで注意もしない。
子供たちは吊革にぶらさがったり、靴も脱がずにシート上に乗り、走り回っていた。
父親は他人かというぐらいに子供たちを自由に遊ばせていた。
何を考えてる?満場一致でみんな思ったに違いない。
まわりの乗客のイライラは伝わるぐらい嫌悪感に満ちた顔になった。
舌打ちをする人もいた。
何を気にするでもなく暴れる子供と見ているだけの父親がいた。
状況は一向に変わらない。
なんとかしろよ?迷惑だろ。
その車両にいる全員がそう思った時、一人の男性がすごい剣幕て見ているだけの父親を怒鳴りつけた。
「おまえ、子供を注意しろよ!迷惑かけてんのがわからないのか?」

男性に言われて子供を見つめていた父親は、あっと気がついて子供を見つめ目線だけ下に落として答えた。
「すいません・・・この子たち、たった今、母親を亡くしたばかりで病院からの帰りなんです。病院では泣きじゃくっていたので母親がもういないことはわかっています。えっと・・・私も今、この子たちにどんな言葉をかけてあげればいいのかわからなくて・・・。あのすいません・・・」
父親から事情を聞いた男性は、遊ぶ子供たちを見つめて何も言わずに下を向いた。
他の乗客も納得したかのように、子供たちを遊ばせることを許した。


この話は昔、本で読んで知りました。
相手のことがわかると、その後の行動が変わると言う話です。
注意した男性は、電車で子供を遊ばせて注意しない親を注意すると言う行動は「間違ってない」と思ったから強い口調で注意した。
でも事情を知り子供たちのどうにもならない気持ちを知った時、遊ばせることを許した。

舌打ちした人も、他の乗客も、まだ小さいのに明日から母親がいない現実と向き合う子供たちのことを考えると何も言えなかった。




仕事をさぼってると噂された人に・・・







仕事をしない。

何やってるのかわからない。

1日ユーチューブを見ていた。

そんな噂があり、複数人から私にチクリが入った。
迫田さん、リーダーなのにさぼってるんですよ。
一緒にやっている西田がかわいそうです。
何とかしてください。
または何とかしたほうがいいと言う声が相次いだ。
確かにここ2年ぐらい異常品も出してるし、あまり業績はよくない。
リーダーの給料をもらっていて、これでは周りも納得しない。

私は何とかしなくてはいけなかった。

ちなみに、もっとちゃんとやれと注意するのは簡単だ。
やってないのは本人だってわかっている。
問題なのは、それでは人は動かないってことをわかっていない人が多いのだ。
所詮まわりが思うことは、さぼった結果、私に注意されてざまーみろ程度だろう。
迫田さんは、そこからいやいや仕事をする。
チクったのは誰かを疑う。
信じられる人もいなくなる。
結果、会社を辞める。
それじゃあダメなのだ。

会社を辞める。
やることがあって夢があって、やってみたいということがあるなら私は止めない。
でも何もないなら、定年まで私を助けてほしい。
私の力になって欲しい。
環境なら、いくらでも変えてやるから。

1人1人を大事に思ってこそ、組織はパフォーマンスを出す。
だから簡単に、大多数のチクリを受けても注意指摘はしない。
まずは事情を聞くのだ。

こんな話を聞いたけど、最近何かあった?
家庭はうまくいっているか?
病気とかしていないか?
あるなら教えてくれと。

迫田さんは答えた。
「更年期障害で、気持ちが落ち込んでます」
52歳で私よりも年上だが、私の力になりたいと言ってくれる誠実な人だった。
そんな人が理由もなく、さぼることは考えられなかった。
私の予感は当たった。
何も知らずに注意だけしていたらと思うとぞっとした。

迫田さんは続ける。
「でもそんなの甘えだと思ってやらないとって。でも出来ないんです。弱い自分もダメだと思って」

辛ければ休んでいい。
リーダーの重責も外してもいい。
もっと楽なポジションを用意できる。
リーダーを外せば、迫田さんを守ってくれる水田のところに班移動もさせられる。
自分の気持ちも含めて奥さんと相談してみてくれと告げた。

次の日、外してくださいとお願いされた。
もっと火の玉さんの力になりたかったと言われた。

私は「十分、力になっている。それにリーダーじゃなくても頼りにしているから」と、そんな小さなことを気にするなと言った。
大事なのは、まだまだ私の力になってもらいたいということだ。

過去、私が平社員時代には病気だったことに気づかずに体調が悪いのに仕事して、限界がきて間もなく入院して亡くなった方もいる。
きつい時に、きついと言える上司になりたいと思った。
しかし基本は上司が大丈夫か?と聞いたら大丈夫ですと言ってしまう。
そうじゃない。
私は言いやすい人になりたい。
だから愚痴もこぼすし、クズっぷりを発揮しても平気で開き直る。
完ぺきであってはいけない。
完ぺきな人に弱音は吐けないから。





弱くてよかった







俺が1番弱い。
安心してくれ。
あなたの弱さなんて、誰も何とも思っていない。
1番恥ずかしいのはマネージャーである俺だ。
ちょっと言われただけで適応障害で2か月休むのが、お前たちのトップの俺だ。
ちょっとぐらい弱くても、もっと堂々としていい。
まだ休んでない時点で、俺よりマシなんだから。

私は落ち込んだ部下や上手くいかない人に、自分の恥ずかしさを掲げて伝えている。
辞める前に、言ってくれ。
何とかするから。
やりたいことがないのなら、この会社で俺の力になってくれ。

妻に言われた。
「あなたが適応障害になってるから、言いやすいんだと思う。わからない人にはわかってもらえないから」

じゃあなってよかったよ。
タヒにたい衝動も多少あって、戻ってくるのに大変だったけど、経験して良かったよと答えた。

迫田さんや迫田さんの奥さん、子供、迫田さんを大事に思う人から、上司が私で良かったと思ってもらえるだろうか。
思ってもらえるなら、それだけで十分だ。
私は誰も辞めさせない。
これが1番の目標だ。
怒る前に考えたい。
合ってると思っても考えたい。
相手は何を抱えて、どんな事情があるのか?
そのうえで、同じことが言えるなら言ってもいいと思う。

男性でも更年期障害はあります。





関連記事

人が辞めた課の上司がまず気がつかなきゃいけないこと

kage

2023/07/22 (Sat)

うつ病の漫画や本を見ていると私は軽かったんだなと思う。

世の中の仕事が出来る人はトップ20%で残りの80%は出来ない人だ。
器量があって、人によって合わせる力を持った上司じゃないと基本は怒られる。
しかも理不尽にだ。
私たちは出来ない80%にいる確率が高い。
すなわち雑魚なのだ。
その上の上司も雑魚で仕事で失敗してストレスを抱える。
そのストレスの捌け口的な感じでミスをした人が罵倒される。
それがあなたなのだ。

パワハラする上司のさらに痛いところが、自分はパワハラしてるつもりもない。
間違っているから正しただけだと思っている。
必要な罵倒だと思っている(本人にとっては指導)

バカなのか?

何人、辞めさせる?

気づけよと言いたい。
人が辞める。これが答えだ。
お前の作った環境がクソだったんだ。
お前は反省して変わらなきゃいけない。
なのに、いつでも「俺は悪くない」と言ってしまう。
辞める部下の嘘を信じて、仕方なかったと片づけてしまう。

家族の仕事を継ぐ。
やりたいことが見つかった。
キャリアアップのためだ。
嫁さんの実家の仕事を手伝う。
親の具合が悪い。
田舎のおばあちゃんの面倒を見なきゃいけなくなった。

全部、嘘じゃ、ボケ!
お前にうんざりして辞めるんだよ。


そんな私も一人、辞めさせてしまったことがある。
遅刻を繰り返し、休憩しまくる若手社員に強めの口調で食らわせた。
2か月後、辞めた。
公務員になりたい。
安定した職に就きたくて、消防署の専門学校に通うとのことだった。
嘘その1、やりたいことがみつかったである。

やってしまったと思った。私は、これに気づけないバカではない。

きっと私に怒鳴られた日に無理だと思ったのだろう。
彼の現在を知っている。
消防試験は軽々と落ちて、普通のサラリーマンをしている。
私の元で続けていれば、今頃、遅刻も直っていて責任感も出て、大きな力になってくれだろうにと思う。

以来、私はどんなに腹が立っても、冷静に話すようにしている。
というか感情が高ぶった時は、顔にも出てしまうから近づかずに、1日おいて自分が落ち着いてから話すようにしている。



タイプに分けて関わっていく





人を辞めさせるバカは、こういうやり方が正解と1つ決めてしまう。
失敗したら修正して、このやり方にしようと1つ決める。

そこがバカなのだ。

人には様々なタイプの人がいて、同じことを言っても笑う人と傷つく人がいたりする。
指示を待って動ける人もいれば、指示されたくない人もいる。
自分でやる人もいれば、必要以上やらず言われないと気づかない人もいる。

一人ひとり違うのだ。

一人ひとりに愛すべき性格がある。
ビジネス書に書いてあるような得意を生かせって話じゃない。
私も含めて80%のできない人たちに、わかりやすい関わり方をしていけって話だ。

この人はこういう人ってのも決めない。
こういう1面があるって思うだけにする。
本当のその人なんて見えやしない。
私に見せているのは、ほんの1面に過ぎない。
だからいつもアップデートさせて相手と接することだ。
柔軟にその個性に合わせて会話を楽しめないといけない。
もちろんずれる。
部下は1面しか見せていないのだから。
合ってる、間違ってるではない。
人は感情の生き物でそんなものも関係ない。
合ってるからと言って自信をもって指摘すればふて腐れてしまうのが人間だ。
何が言いたいかと言うと、人それぞれのマネージメントをして、個性を集めて上手く1つの方向へ行こうと示すことが大事だ。

誰も行きたくないのに、北海道へ行こう。いいからついてこいってやってるのがバカなのだ。



バカは自分がバカだと思ってない。なぜならバカだから






ある意味、私もちゃんとバカだ。
雑魚80%のくせに、堂々とトップ20%の語り口調でブログを書いている。
でもここはご理解いただきたい。
人は自分のことは見えないが、他人のことは手に取るようにわかるのだ。
今回、権力を手に入れて勘違いしたバカの話がよく見えているから書きたいと言う話だ。

私の会社では、このバカのせいで人がどんどん辞めてる。
昇進したくて仕方ない。
業績を出すために部下をコマのように扱い失敗すれば罵倒。
自分がしたパワハラの罪は、他の部下に全部被らせるクソ野郎だ。
1番許せないのが、人がいなくなったしわ寄せで私の課から人が抜かれたことだ。
許せないのでパワハラと責任の押し付けは部長にバラしておいた。
しかし変わらないと思う。
部長も仕事を増やされて面倒なはずだ。
私のメールは見なかったことにするだろう。

上手くやるのは勝手だが、こっちにまで迷惑をかけないでほしい。
クズは私だけで十分だ。
私はクズだが、ずるいことをするのが嫌いだ。
上手いことやって生きてる奴が嫌いだ。
地獄に落ちろとさえ思っている。
でも成功していくのは、いつもずる賢い奴だ。
ただ覚えておけ。
そうはさせない。
辞めていった奴らのためにも、私みたいな奴がいることを忘れるな。
お前に簡単に天下は取らせない。
頼むから変わってくれ。
気づいてくれ。
ずる賢いお前なら気づけるだろう。

辞める理由なんて関係ない。

辞めたという事実が、お前に問題があるって何よりもの証拠だ。
何もない奴は辞めない。
お前が変わらなければ、いつかは左遷だ。

大手企業は左遷がある。
今までも見てきただろう。
パワハラをして反省もしないで人をつぶし続けた奴らはみんな左遷だ。
お前は上手くやるだろうけど、私が逃がさない。
ズルい奴が嫌いなんだ。

ちなみに私の部下がお前の職場で辞めたら、首覚悟でお前の胸ぐらをつかんで張り倒しに行こう思う。
私にとって部下は家族だ。
許さないと思う。





関連記事

返り咲き。

kage

2023/07/15 (Sat)

私の会社では離職が目立ってきた。
今月は2人辞める。
噂では来月また1人辞める。
さらに転職活動している人がまだ数人いるそうだ。
大手を捨てての退職だ。
働き方改革で残業が出来なくなった。
従業員は残業をなくしたことによって、収入が減り生活が出来ない。
政府は生活残業をさせない。
さらに生産性の低下を防ぐ意味で残業を減らした。
はいそうですか。政府の方針ですか。わかりました。減らしましょうとやったらバカだ。
私みたいな考えの奴は、いてはいけないと思うが、持論を述べたい。
生活のために、こんなクソつまらない仕事でも、嫌々やってるんだよって社員がほとんどだ。
家族を食わせるために働いてるんだ、バカヤロウである。
一部、仕事にやりがいを持って働いてる人もいる。
仕事が楽しいと思える人もいる。
その割合を教えよう。
2割だ・・・
パレートの法則だ。
トップ2割の人で売り上げの80%をあげる。残りの8割の人で、売り上げ20%を稼ぐと言う法則だ。
8割の人は雑魚扱いでやってられない。
お前の代わりはいくらでもいる的な扱いでつまらない。
ぼったくり残業で生計は立つから許すけどってスタイルだ。
なのに残業までダメ。
給料激減して副業も禁止。
こんなクソみたいな会社辞めて、稼げる会社へ行こう。
俺はこんなもんじゃない。
ビズリーーーーチ!
また転職を成功させた人もいるわけだ。
その人の話を聞いたら、俺も転職となるだろう。
認められない8割が、夢を求めて旅立つのだ。
トップ2割の扱いを夢見て飛び立つ。
隣の芝は青いってことだ。
働き方改革で上の命令を従順に引き受けた課の人間が見事に辞めていき崩壊して行ってる。
毎月、褒められる。
「残業はこれだけ抑えて、100万の利益です」
斎田が、あごを突き出し胸を張って知らしめるように報告した。
「おお、すばらしい!他の課も斎田を見習って計画通りではなく、さらにプラスを目指せるように取り組んでくれ」
部長は満面の笑みで言う。
私は計画を若干オーバーさせていた。
思考錯誤して「計画外でトラブルが起こりまして・・・」と告げる。
なんとか部下に上手いこと稼がせてやると言う考えだ。
会社はコロナ化でも余裕で黒字だった。
赤字でどうしようも回らないならわかる。
黒字で残業を減らす必要はない。
しがらみの中で、最低限のルールを守って残業させて、少しだけ怒られていればいい。
考え方としては間違ってると思う。
しかし人間は合ってることだけでは納得しない生き物だと知っている。
削減しまくった斎田の課は、次々と人が辞めて、パワハラまで起こって崩壊した。
補充するにも、ことごとく断られた。
それを見て、私が思うことは「ざまーみろ」だった。
去年の12月で適応障害で休職していた時は、斎田は乗り乗って称賛を浴びた。
私は負けたかもしれないと思った。
でもブレない。
ブレるぐらいなら最初からやらない。
会社で1番大切なのは利益じゃない。そこで働く人だ。
人の気持ちを汲んでやらないマネージメントを私は認めない。
斎田の課は違法までして残業を減らした。
16時間働いた人に残業をつけなかった。
結果を出し称賛される斎田を見て地獄に落ちろと思っていた。
不正のオンパレードで上司たちは真実を知らない。
逆に成功する奴って斎田みたいなクソ野郎かもしれないと思ったりもした。
部下を家族だとも思わない。
出世の駒だと思ってるクソ野郎。
こんな奴が上にのし上がるのか。
そんな負けムードから一転したのが板野の退職。
よくやった。
完全に逆転した。
暴かれる不正の山。
それでも斎田は板野の退職を自分のせいにせずに山田一人に押し付けた。
山田は営業に左遷された。
おそろしい男だと思った。
山田を右腕として扱って、頼りにして任せてきた。
斎田を中心に行われた不正だった。
しかしそれは山田のせいになった。
斎田にとっては駒なのだ。
もう1度言う。部下は家族だ
誰かのかけがいのない人であり、いなくなられたら困る人。これに当てはまらない人間はいない。
家族同様に扱うんだ。
自分が偉くなる前、私立に通う娘の遠征費を稼ぐために、必死に残業した。
たくさん働いた。
雑用を手を上げてやった。
好きなんじゃない。娘のためだ。
今は働き方改革で減らさざる得ない。
けれど、家族を持つ人には、やれるだけやらせてあげたい。
何とか理由を作ってくれれば、残業の許可をしてやらせて報告する。
私に出来ることはやってあげたい。
自分も30代はそうだったから。
斎田は自分のことは棚に置いた。
現場時代40時間も残業しておいて、マネージャーになったら0にしろじゃ説得力もない。
不満は確実に溜まっていたってことだ。
また1歩、返り咲いた。
40代でトップ20%に入っていたら、やることは少ない。
仕事のキャリアップに大半を費やすことになる。
趣味の充実もあるが40代は仕事だ。
宝くじを当ててファイヤの夢もあるが、それは低い確率、宝くじが当たったらだ。
当たらないから仕事で成功するしか人生は充実しない。
斎田は陥落した。
まだ山田のおかげで生き残っているから復活もありうる。
なんせ私が休職から、たった4か月でここまで来たのだから。
油断せずにやっていこう。
斎田の陥落から休肝日がない。
毎日ビールを飲んでいる。
もう少し性格を改善したほうがいいかもしれない。
休日、資格の勉強をして猫を見たら抜け毛がひどい。
インスタを見たら、鬼のように取れるブラシが売っていた。
7000円と舐めてるぐらい高い。
でもビジネスってこういうことだ。
結果させ出せれば、値段を釣り上げても売れる。
ある程度、残業させてやることが正義にもなる。
政府が違う。
プライベートを大事にじゃない。
家族のためにがんばってる自分に酔うのだ。
俺はここにいていいと居場所を感じるのだ。
稼いでくるから感謝されるのだ。
猫のブラシを買ってみた。
人々の困ってるがビジネスだ。
残業も同じだ。
部下が困っていたら、ちゃんと商品を出せば返してくれる。
困らせてはいけない。
利益を追いかけすぎれば崩壊だ。













私はこの1000円高いものを買った。
5000円のは6cm
こちらの6500円は12cm。
倍の大きさで1500円増しなら、断然こっちだろう。
犬にも使えるらしい。
ユーザー仲間のTERUさんにもお勧めします。












関連記事

挑戦と不安。

kage

2023/07/08 (Sat)

やりたいことをやるって実はむずかしい。
何かをやりたいと思った時、私たちは「思うだけ」で終わる。
そこまでの行動は出来ない。
やる勇気を持つことは、案外むずかしく壁が高いのだ。

例えば、筋トレを始めたいと思いジムに通う決意をする。
でも電話が出来ない。
ホームページを眺める。
「へ~行きたいな~、ここに行けば、このわがままボディも変えられそうだ・・・」
ジムの近くまで行ってみるが入れない。
緊張する。
こんなわがままボディの俺がジムに入ったら、周りの人は笑うんだろうな・・・
ムキムキの人からは「お前の来るところじゃねえ」とか思われるかもしれない・・・
ジムの店員さんにも、もう手遅れだよ、今さら来てんじゃねえよと思われる。
悲観的な考えが自分の脳をぐるぐる回り、ジムを通り過ぎて家に帰る。
入口にすら立てない。
ため息を1つつく。
こんな腕立て3回しかできない俺がジムなんて、おこがましいしな。
ざっとこんな感じであきらめる。

基本的に勇気を振り絞るしかないのだ。

えいやって電話する。
プルルルルって間、電話を切らない。
手を震わせながら待て!
あの女子に電話をかけた勇気を思い出せ。
「はい、筋トレジムです」
ここまで来れば勝ちだ。
「見学したいんですけど」と言うだけだ。

もしくは駐車場に止めて、えいやってドアを開けて入ってしまえ。
「見学させてください」

これをするのが大きな壁で大変なのだ。
変われないか変われるかの境目なのだ。

私だって自分を変える時の行動はいつも緊張する。
でも知っている。
ここを乗り越えないと変われない。
やるしかない。

「えいやっ」って心の中で叫んで、やりたい入口の門をくぐっていく。
そして門をくぐると、思ってたよりも門の先の人たちは、私たちを歓迎してくれる。
なんだ、心配いらないじゃないかって思えるほど歓迎してくれる。
「ようこそ!よく挑戦してくれた。初心者?関係ないよ、やろうよ、大丈夫だから・・・」
そんな感じであなたを受け入れてくれる。

行動の先に光しかないことを知っていれば、不安でもきっとあなたを「えいや」って導いてくれる。

でも不安だし緊張もする。
踏み出せない自分はいる。
挑戦できない自分を正当化する考えもやってくる。
納得して挑戦をしない昨日と同じ今日を過ごす。



空手を始めたいと思ったけど・・・





こんな私も何かを新しく始めるには、相当な抵抗の中で踏み出している。
空手をやりたいと思った。
まずは道場探しを始めた。
ネット検索だ。
よさそうな道場を5個ぐらい見つけてホームページを見る。
練習日の予定を見て、会社の都合と照らし合わせて通えるかを考える。
ホームページは擦り切れるほど、何度も何度も見ている。
ホームページを見るだけで2週間たつ。
次に空手道場はどんなことをするか?調べる。
40代からやっている人はいるのか?調べる。
初心者でも大丈夫か?調べる。
関連のブログやユーチューブを見まくる。
もう1か月たった。
どんだけビビりなんだよ。
さっさと入れよって思うだろう。
でも無理なんだ。
空手道場の人たちに、なんだ?このおっさん?って思われるかもしれない不安。
お前の来るところじゃないって思われるかもしれない不安。
43歳で格闘技素人で始めようって言うんだから、同じような人がたくさんいないと入れないわけだ。
ブログを確認してユーチューブを確認して、40代からでも50代からでも空手を始めてる人が多いこと知った。
やっと道場見学に行く。
車を走らせて道場の前まで行く。
通り過ぎる(笑)
びびって行けない。
次の週、遠くに車を止める。
道場の様子を遠くから眺める。
そして入れない(笑)
また帰る。
道場に入るのをあきらめようかと思った。
でもやらないと人生は変わらない。
1か月後も検索してブログを読んでる日々。
これだけぐるぐる遠回りをして、少しづつ進んでやっと道場に車を止める。
門の前に立って「えいや」って門を開けて、小さく会釈する。
責任者が来て話をする。
ここまで来るのに2か月かかる。
入会して今になる。
人生はこれが出来るか、この前であきらめるかの2択だ。
出来る方向に行った結果はいつもわかり切っている

結果は全然、大丈夫だった。

そんなもんなのも知ってる。
道場の人たちは、みんなやさしい。
師範もやさしく教えてくれる。
少しづつ強くなっているのもわかる。
やってよかった。
挑戦して良かった。

結局こうなるけど、いつも踏み出すには勇気がいる。
この記事であなたに言いたいことは1つだ。

何かを始めるには勇気が必要で、勇気を出して挑戦しても大丈夫ってことだ。

背中を押したいだけだ。

私はビジネス書に書いてあるような独立起業しろとは無責任に書かない。
何億の借金を背負うかわからない。
人生がめちゃくちゃになる可能性もある。
そういう挑戦じゃない。

人生をより良くするための挑戦をしたほうがいいと言う話だ。
昔からやりたくて、やってないこと。
年だからってあきらめたこと。
趣味は何歳から始めても遅くはない。
こういうことがやってみたい。
そう思ったら、時間はかかる。
私たちは不安だ。
でも少しづつでいい。
ホームページを見るでも前進してる。
通り過ぎるだけでも近づいてる。
いつかは門を叩ける日が来る。

そして結果は大丈夫なのだ。


人生をもっと楽しもう。
草野球でもいい。
空手でもいい。
キックボクシング。
テニスサークル。

やりたいことをやってみよう。
自分に挑戦しよう。
それなしには人生を楽しむことは出来ないらしい。

関連記事