fc2ブログ

2023 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2024 01

優勝するために・・・

kage

2023/12/30 (Sat)

練習って何のためにするのか?
きっとたくさん練習したからって、絶対勝てるとは思わない。
私は日本一とか世界一とかにはなれない普通の男だ。
生まれた時から、通信簿は3。
体育は5じゃなくて3だ。
4でもない。
真ん中である。
そんな奴が努力したってたかが知れてる。
上には上がいて頂点が取れないのだ。
ある程度のところでのあきらめ。
凡人を認めなきゃいけない挫折を味わう。

勝つ奴は言う。
ビリーブ。
自分を信じろと。
いやいや勝てないよ。
思い込んで勝てたら、この世は世界チャンピオンだらけだ。

でも私は空手を始めて10か月で大会に臨み優勝した。

空手には初心の部、上級の部がある。
また年齢でもわける大会で40歳以上や50歳以上。
体重でわける軽量級や重量級。
カテゴリーを間違わなければ、44歳の私でも稽古次第では優勝がつかめるのだ。
そうは言っても、だいたい同じレベルにしても鍛えてる人は強いし、180cmの人だっている。
そんな簡単には勝たせてくれない。




練習は何のためにするのか?





なんとなく答えがわかった。
きっとどんなに練習しても勝てない人はいる。
そんな人に会ったら、潔くあきらめたらいい。
でも練習して勝てるようになるのなら、練習は辞めちゃダメってことだ。
ビリーブ。
これは結果を信じることじゃない。
成長することを信じろってことなんだ。

週1回の稽古の道場なのだが、代表が言ってくれた。
「火の玉さんのやる気があるならば、自宅の自主練習場を解放します」
私は週1回で勝てるほど甘くないと思っていた。
やらせてくださいとお願いして土日週2回稽古をした。
相当な追い込み稽古だった。
それでも不安でもう1日やろうとしたら、体が壊れるからやめるように言われた。
そのぐらい土日で何十ラウンドもスパーリングとタバタをした。
きついことをやったから勝ったのではない。
勝てるレベルに達したから勝ったのだ。






優勝して思ったこと





決勝の相手は180cmの緑帯の人だった。
空手の緑帯は上級者で4級か3級である。
5年はやらないと緑帯にはなれない。
私は経験10か月で、この間白帯10級から昇格して9級のオレンジ帯だ。
格上も格上。
しかも180cmで体格でも負けている。
ただ大会初参加ということで初球の試合に来たらしい。
結果は延長戦で勝った。
勝った瞬間思った。
自分が強くなってることに気がついた。
1か月半前の自分だったら、この人に勝てなかったと思った。
試合が始まると嘘のように攻撃がヒットして相手が下がった。
代表との土曜自主練と日曜稽古。
いつも道場の強い人としかスパーリングをしなかったので、毎回スパーリングのたびに負けていたから気がつかなかった。

さらに選手稽古と言って、大会に出る選手に課せられる特別メニューをこなす。
筋力、スタミナも比べ物にならないぐらい上がっていた。

選手になる前は、足がつったら「休んでていいよ」と言ってくれたが、選手だとそれもない。
何も言わずにメニューを続行される。
そういう日々が、いつの間にか自分を強くしてくれた。
稽古をしなかったら、きっと延長で力尽きてボコボコにされていたと思う。
そして、なぐさめてもらえる。
「オレンジ帯で緑帯のあんなでかい人と対等に戦ったんだからすごいよ」って。
ふざけるな。
そんな言葉いらない。
この試合は勝つ。
そんな気持ちだった。
ガンガン前に出て気持ちで向かっていき相手が折れた。
スタミナは私の方があった。
私の旗が上がって優勢勝ちした。


大学受験でE判定を受けても、行きたい大学なら努力する。
その時に思うのは、絶対いけないという気持ちではない。
E判定を努力してBに出来ると信じているからではないだろうか。
結果はCまでしか上げられず、落ちる。
落胆する。
そんなにうまくはいかない。
何度も負けてきた私が1番知っている。
夢や目標なんて全然叶わない。

でも・・・やるんだよな。
可能性は低くても、自分を信じてるから。
「次は勝てる」
そんな思いに動かされるんだろう。
もっと強くなれる。


医者になりたい。弁護士になりたい。あの大学に行きたい。あの高校に入りたい。

あの大会で優勝したい。

レギュラーになりたい。

目指すものは人それぞれだけど、自分を信じろよ!

勉強が出来なかったら、今の俺はバカなだけ、勉強すればこの問題は解けると信じるのだ。
今の俺は勝てないけど1年後なら勝てるって信じるのだ。
無駄な努力はない。
届かないだけで、それは努力なしには得られない。

あきらめてもいい。
でも全部をあきらめるな。
俺は何やってもダメ。
そんなことはない。
これからやることには、これまでのことは何の関係もない。
挑戦して信じてやればいい。

幸福度の話をしよう。
悟りの本や宗教的な教えで何もないことが幸せと言うバカがいる。
この世は才能ない人間であふれている。
エサだ。
鴨になるな。
生きているだけで幸せと思わせて祈りなさいで救われた気になる。
何もない自分を肯定されて安心する。
でもそれは長くは続かない。
平穏は休憩にはいい。
ずっと何も考えず、平穏でぼーっと生きていると、人は生きていることに意味を感じなくなる。
どうでもよくなる。
だから休憩したら、何かやりたいことを探せ。
勝ったり負けたりしろ。
実は人生、苦難の連続で、登ったり下がったりしてる人の方が幸福度が高いと言う研究がある。
彩り豊かに良かったりダメだったり、また這い上がったりした方がいいのだ。

家にいる猫を羨ましいと思ったこともある。
しかし、こいつら猫の生活は案外苦行かもしれない。
私たちは目の前のジェットコースターに乗ったほうがいい。



関連記事

空気を読まずに、やりたいことをやった結果

kage

2023/12/16 (Sat)

忘年会はすべて断った。
大会前に風邪をひきたくないからだ。
コロナやインフルエンザにもなりたくない。
マスク解禁だが、会社ではばっちりとマスクをしている。

少し前に知り合いの子が最後の全国大会ってことで北海道に行っていた。
全国ってことはさ。
もう自慢の娘なわけ。
高校も推薦で名門校だよ。
県大会も順調に勝ち上がって全国でも1位を狙えた子だ。
結果はインフルエンザで40度の熱で強行して4位。
同じ宿にインフルの子がいたんだって。
別にしてはいたけど、つい数日前まで同じ部屋だ。
うつっちゃって終わり。
ちゃんちゃん。

私は思う。
気を使ったんだと思う。
自分だけ別の部屋にしてくれとか、親が他のホテルに連れていくとか出来なかったんだろうな。
まわりの空気を読んで、みんなで一緒にって。

なんとなくわかるじゃん。
こいつゲホゲホしてるよって。
そんな時、自分中心に立ち回れないと一生後悔するって、その出来事で思ったんだよ。




やりたいことをやるって嫌われてもいいって振り切ることでもある





その出来事で思ったと言うより、その出来事で「やっぱりな」っていう自己正当化を完結させたんだと思う。
忘年会をすべて断るのも普通はやっちゃダメだろ。
でも平謝りして行かない。
まわりに認めてもらうのだ。
火の玉は空手の大会があると飲み会には来ない奴だからと。
そういう認識にしてもらうだけだ。
陰口も言われながら、それでいいと振り切ることだ。

会社で年に一度のOB会が4年ぶりに開催された。
もちろん断った。
総務部長からメールで「空手の練習なんて理由は通用しない。もう1度考え直せ」とお怒りのメールがきた。
私は自分の上司にメールを返信するようにお願いをした。
今回は行けない。今後はしっかりと指導すると伝えてもらった。
上司に頭を下げて、どうしても譲れないと伝え理解してもらった。


すべては万全で準備して最高の状態で迎えて、結果が欲しいからだ。
そうやっても結果はついてこない。
相手だって勝ちたくて練習してる。
ポテンシャルがもともと上な人もいる。
40年以上も生きていると、夢は叶わないと思い知らされる。
基本叶わない。
上には上がいる。
わかっているから、あきらめるのか?
そんなわけないだろ。




勝つ喜びと高揚感を知っていれば挑戦は続く





地区の優勝でも県の優勝でも、勝つ喜びはこの上ない高揚感を与えてくれる。
だからやる。
戦っていたいのだ。
自分レベルで自分を越えていければいい。
たぶんトップにはなれない。
でも続けていく中で、そういうところまで届けばいいなぐらいな気持ちで真剣に遊んでいきたい。
今回は初心の部のデビュー戦。
2回勝てば優勝。
あと1週間だ。
空手の1歩目だ。
頑張れ俺。


それで1番言いたかったことがある。
振り切ってやりたいようにやって生きている私は会社や家族、友人から嫌われて孤独かというと、そんなことはない。
むしろみんなが理解してくれて応援してくれてる。
きっと器のでかい人たちに囲まれてるのかもしれない。
そうかもしれないけど、大丈夫なのだ。
仲間はいるし誰にも嫌われてない。
気づいてないだけかもしれない。それでもいい。
万全で迎えられそうだ。
みんなに応援されてる。
この上なく幸せだ。
それは中途半端に気を使わないで稽古だけを優先したからだ。

あなたも大丈夫だから、ちゃんと後悔がないように瞬間瞬間で輝いて欲しい。
自分がしたいように正直に生きて欲しい。

関連記事

真剣に遊ぶ。44歳で初の空手大会へ。「ただ挑戦したくなっただけ」

kage

2023/12/03 (Sun)

学生時代やってた野球ほど、自分を熱くする物には、この先きっと出会うことはない。
あの時の熱量を越えるものは、もうない。
きっと恋愛とかもそう。
燃えるような恋だの、忘れなられない人とか、そんな経験はない。
まさにアオハル。
10代から20代が人生のピーク感はいなめない。
仲間たちとバカ騒ぎした夜。
久しぶりに飲もうかと集まったところで、昔話に花を咲かせて、その場で腹を抱えて笑うことなんておきやしない。
みんなそれなりの落ち着きと、それなりの家庭を持っていて、社会でどれほどの成功を収めたのかの比べあいだったりする。


でもさ。あの時ほどキラキラはしちゃいないけど、生きてるんだからやるしかないじゃんって思うわけです。
あの時ほどの熱い時間は過ごせなくても、出来るだけそこに近づけることは出来る。

人が幸せを感じるには重要な3つを満たしていないといけないらしい。
1,没頭する。まあ簡単に言えば、時間を忘れて、のめり込む時間が多ければ多いほど幸せらしい。
仕事が好きな人って、仕事をしている時に、まさにこれになってるわけ。
超集中して時間忘れて24時間やれちゃう。だって没頭してる=幸せだから。
趣味で、実現できるものが1つある。
実は「格闘技」なのだ。
岡田君や玉木宏が柔術をやっているのも有名だろう。
戦ってる時に、「あー会社で失敗しちゃったな」とか「なんでいつも俺はこうなんだろう」って悩む時間ってない。
やらないとやられる。
必死に抵抗しないとやられる。
倒さないと倒される。
今ここに超集中が作れてしまうわけ。
これが脳にいい。
瞑想効果発動で、無心になる。
すなわち、試合スタートで没頭しなきゃいけない。
この連続で、この上ない幸福感を得るのだ。

しかも飽きない。
なぜならば複雑運動だからだ。
努力が続かないのは単純運動である場合が多い。
素振りを黙々と500本。
腕立て100回。
ずっと同じ動作の繰り返しは苦痛になる。
ところがスパーリングになると話は違う。
相手がどう来るかわからない。
自分の攻撃を当てるためにフェイントもする。
1回1回で変えないといけない複雑運動は、おもしろいと感じるのだ。
どんなスポーツでも試合がおもしろいのは、相手がどうくるかわからないから複雑運動になるからだ。
練習は単純運動が多いから辛く苦痛になる。
仕組みが分かれば簡単だ。
世の指導者は、子供にまず楽しませるってことを考えたほうがいい。
単純練習から複雑練習を取り入れればいいのだ。
好きにさせたら、あとは勝手にやるから。
上手くなりたければ500回素振りするわ。
自分からやらない子供はそこまでで凡人として生きればいい。
そう今の私たちのように、大人になって脳の仕組みを知り人生を楽しめばいい。
運よく、このブログにたどり着かなくても、この手の情報はどこでも手に入る。


おっと3つ書くつもりが脱線した。
1、没頭する
それじゃあ2だ。2,新しいことをする。
経験してないことをビビらずやりに行けってことだ。
毎日決まったことをするサラリーマン人生だ。
きっと休日も変わらないだろう。
仕事ために休むか、決まった趣味で遊ぶかだ。
それもいい。
いいけれど、ずっとそれをしないってことだ。
何か新しいことをしてみよう。
私にとっては43歳の時点で、「そうだ京都へ行こう」ってノリで「よし空手をやろう」と決めてみた。
43歳のある時点で転機があった。人生がつまらないと感じた。
このまま定年かと考えた時、幸福になる法則から行動をした。
理論的にも、幸福になるし。
だからこそ、どんどん新しいことに挑戦したい。
人生がより豊かに楽しくなるからだ。
入門して9か月で、12月24日にトーナメント初心の部の大会に出ることにした。
空手はいい。初心の部や年齢や体重で分けてくれる。
さすがに若くてバリバリの人には逆立ちしても勝てない。
カテゴリーで分けられるのも空手を選んだ理由だ。
10代、20代のころ、あれほどクリスマスにこだわり、冬前には彼女作りをしていた私がなんと12月24日の大会に合わせて練習をしている。
あれほど女子と過ごすか、叶わなければパーティーに参加していた私がクリスマスに男祭りである。
サンタクロースが作った大イベントをフル無視して男たちと殴りあう。
やってやんよ、絶対って気持ちで1勝したい。
大きなことは考えない。
44歳のおっさんの目標は初戦突破でいい。
初戦突破したら、気持ちで2回戦だ。
1発で出し切って、夜にイルミネーションに集まるであろうカップルたちに負けない高揚感を得るつもりだ。



2個目でも脱線した。
3個目行くぞ?
人が幸せを感じる3つ目の法則だ。
3,人に親切にする。
はい終わり。
これはくだらない。
ボランティアは定年後にでも考えておこう。

いやいや待て。
これで終わったら、私がクズ野郎じゃないか。
ちゃんとある。
これも「格闘技」だ。
今回は私ではないが、各団体、自分たちの団体名を出して出場する。
すなわち個人と言いつつ、団体の名誉もかかっているのだ。
勝ってあの団体は強いとなりたい。
強ければ新規入門者も来る。
出るのは、始め立て素人の私だが、負けないようにみんながサポートしてくれる。
私個人だけ、きついメニューが課された時は、みんなで応援してくれる。
皆で頑張って勝とうとなる。
まわりの皆さんが、やってくださっていることは、まさに親切じゃないだろうか。
やっぱり私は支えられて、きつい稽古をこなせている。
本当にありがたい。
もしも私が選手じゃないときは、恩返したいと思っている。
これは格闘技全般、各団体がそのようにしていると思う。
1番感謝したいのは、クリスマスにセコンドについてくれる人や師範。
本当は家族でクリスマスケーキで過ごしたいだろう。
独身の人は彼女とイルミネーションしたいだろう。
しかし私のために来てくれる親切は忘れない。
私も必ず返したい。


3つ満たしているのが格闘技だと言いたかっただけだ。
それでも釣りでもゴルフでもなんでもいい。
没頭して、その中で新しいことをして、仲間が困っていたら手を差し伸べればいい。与えとけ。
趣味で集まった仲間は損得勘定がない。
きっと返してくれる。
私は返す。
困ったら助けてくれる。
私は助ける。
別に何も受け取らなくていい。くれなくていい。

空手を始めて、こんなに幸せで充実した1年を過ごせた。ありがとうしかない。
欲を言えば、甘くないとは思うが、勝ちたい。
どうか今回の記事を読んだ方々も応援コメントを入れてください。
久々に更新しておいて、この図々しさだけど、自分の幸せのために「親切」でコメントしておいてもいいんでない?
もしも本当にコメントが増えたら、お返しは更新頻度、増やします。

ありがとうございました。

今年の福袋はノースフェイスがありました。
ダウンだけでも5万はするのに、さらにトレーナーやパンツがついてくる。
年末に向けて激熱ですね。
そしてごめんなさい。
お買い得のいい商品のチェックはしてたんですが、更新する気が起きなくて今日見たら、残りはSとMサイズしかありません。
サイズが合う方、おめでとうございます。
ノースフェイスダウンは人気ですからね。ぜひどうぞ。


関連記事