fc2ブログ

2023 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2024 02

働きながら、今資格を取る意味

kage

2024/01/20 (Sat)

44歳で50歳に向けて、落ちる人と上がっていく人がいる。
それが資格とは言わない。
でも今日は私が気がついていることを書こうと思う。


それぞれの会社に推奨資格がある


就業規則なり、規約なり、会社には必ずあるから探してみて欲しい。
さすがに小さな会社にはないかもしれないが、株式会社で社員50人以上もいれば、取って欲しい資格はある。
またその会社に1人はいないといけない資格もある。
だいたい業務命令で取れと言われるが、ここが落とし穴だ。
業務命令で行かされる奴は、基本は出世候補だから命令が下る。
何もない奴は、何もないまま50代を迎えて、何もないまま落ちていく。
落ちなくても現状維持だ。
まわりと差をつけるのに、1番わかりやすいのが会社の推奨資格を持つことだ。
抜群の能力があれば別だけど、ある程度上がってくると、そこには能力のある奴しかいない。
差がないから少しの失敗で負けるのだ。
資格持つってことは、そこに差が生まれる。
がんばってます。
一生懸命です。
さぼってない。
休憩せずに働いてる。
こんなもん何の評価にもつながらない。
人事記録には、がんばったを書く欄はない。
コンテスト優勝
○○大会1位
所得免許○○
○○のコストダウンでメリット100千円/年。
このような数字と実績しか書けないのだ。
「がんばった」だけでは手に入れられないものを持つ奴が上がっていく
今の部長も、所得免許を見たら、きっちり難関資格をクリアしている。
同じ部長でも会社の中心の課の部長になる人と窓際で部長だと年収に200万の差が出る。
窓際の部長は、やっぱり何も持ってない。
いや試験に落ちて持てなかったのだ。
誰でも取れるものじゃないからこそ差が生まれる。
さらにその下の係長止まり、本当は部長になってもおかしくないのに課長のままの人は、試験に落ちてるんだよ。
3回受けても4回受けてもダメなのが資格だ。
むしろ55歳ぐらいに、役職定年を言い渡される。
あとの5年はみじめなもんだ。
管理職から下働きの現場に戻される。
給料も激減する。
大手に勤めても安泰ではない。
そこにはしっかりと格差がある。
何もない人には、ないだけの給料しか出ない。
だから良い。
資格は他者との差別化には最高の道具になる。


再就職のためじゃない。キャリアップのために取れ


再就職のために資格を目指す奴はバカなのか?
40歳から辞めて資格取って働いても、400万程度。
それなら今の会社で、そのまま定年まで積み上げたほうが高いだろう。
今の会社で評価を上げるために取るんだ。
さらに推奨資格なら、ちゃんと生きるから。
私は知らずに部下にやらせていたことも、資格を得てからストップをかけたり、環境測定をする意味を知ったりして部下を守ることが出来るようになった。
まあそういうことは置いておいて、私たちは家族を食わせるために、どう給料を上げていくか戦略的に積まないといけない。
子供に最高の教育を与えてあげることも出来ない。
公立高校で自転車で通えるところをマストにしてはいけない。
人事評価は、直属の上司もするけど、あなたを良く知らない人がする。
総務課の部長さんとは話したことがないのに、その人が評定者だ。
じゃあ総務課の部長さんはあなたの何を見るか?
あなたの実績と資格だ。
実績なし、資格なし、真面目で頑張っているでは、頑張るのは当たり前となる。
他者よりも優れてるポイントが必要なのだ。
他者との差を生まなければ最短昇進なんてありえないのに文句を言ってるのがあなたであり過去の私だ。
私はそこに気がついた。
誰が見てもわかりやすく、私の方が有能ですアピールが出来るのが資格である。


働きながら資格を取る方法


そしてこれが1番大変だ。
点数が取れなければ落ちる。
10回受けたから合格というサービスはない。
途中であきらめて、昇進も逃す。
だって、命令された有能な奴は合格してしまうから。
一応、1発合格マイスターの私の勉強法を書いておこう。
第1種衛生管理と危険物取扱者乙4を持っているが、どちらも合格率30%らしいが、私は余裕だった。
今年は公害防止管理者、来年はエネルギー管理士と取って行こうと思う。
ここで思ったと思う。なぜ1年ごとなの?って。
働きながらだからだ!1年かかると思え!
私たちに東大ユーチューバーのような脳みそはない。
その他大勢のIQ105程度の凡人の集まりだ。
普通だからこそ、やり方が大事だ。
2か月程度の勉強で受けようとするからダメなのだ。
働きながらを舐めるな。
仕事してたら、勉強だってすぐ眠くなるし、そこまで集中できない。
毎日20分~30分でいい。
土日は3時間程度やればいい。
そうやって9か月、10か月勉強してから受ければ大抵どんな人でも受かると思う。
受からないならやり方が悪い。
過去問10年分をやれ!
その辺のサイトにいくらでもある。
もしも15年あれば15年分やれ。
参考書は5年分が多いけど、それじゃあ甘い。
10年分の範囲から出る。
5年分じゃ受からない。
試験を受けてるからこそ、よくわかる。
これは平成26年の類似問題だなとか出ているのだ。
記憶は長い期間をかけて入れたものほど忘れない。
1.2か月で詰め込んでいくと、ド忘れする。
そのド忘れした1問で落ちる。
記憶を定着させることも大事だ。


仕事があるだけで、そんなに出来ない


2万、3万払って講習に行くとかもやめろ。
眠いだけだ。
頭には入らない。
受験料から講習費まで金の無駄。
1発で受かれ!
グーグルに乗っている情報は嘘だ。
100時間で合格はない。
人それぞれのペースでの勉強時間で、過去問10年分を3周しろ。
それで戦えると思えばいい。
記憶の定着も含めて半年以上はかけて参考書のインプットと過去問のアウトプットをすればいい。
すらすら解けるから信じて欲しい。
最後に、どうしても仕事優先になる。
自分が思っているようには勉強は出来ない。
勉強が出来ない日の方が多いだろう。
それでも受かりたいと思えば、勉強期間を長く儲けろ。
私は10か月はかけて、自分の記憶の定着度合いを確かめて応募する。
定着してなければ来年の受験にする。
今のところは10か月やれば記憶の定着は出来ていて「行ける」という気持ちにはなるから、あなたも安心してほしい。
会社の推奨資格なら、会社が1回の受験料や参考書代ならお金を出してくれると思う。
会社の規約を確認して費用も安心して受けるといい。
しかし落ちて2回目は払ってくれない。
だからこそ1発で決めろ!
今日は私が資格取る意味でした。
ありがとうございました。
関連記事

基本、上手くはいかない。

kage

2024/01/14 (Sun)

良い時にイキって俺は凄いと褒めたたえる。
同窓会なんて、所詮マウントの取り合いだ。
海外で働いてるマウント。
年収マウント。
華やかな職業マウント。
子供全国クラスマウント。

年1回の地元の飲み会でも、新しいことは何もない。
去年もした昔話のリピートテープが流れる。
そんなもんだ。
変化のない1年を過ごしたんだと実感する。

インスタでのイキり。
自分がどれほど幸せで充実しているかをのたまうわけだ。
バカにはしていない。
私も先日の空手大会の優勝では、みんなに見てもらいたくて、しっかりとストーリーに出した。
会社に行って話題にしてくれる人もいる。
ありがとうって思っている。
でもイキるのは、ほどほどにしないとって気をつけている。

私はわかってる。
44年も生きるとそれ相応の挫折を味わう。

誰しもが頂点にはなれないで今なのだ。
44年も生きていて、今度こそ頂点をと意気込んだのは数知れずだ。
上には上がいる。
どうあがいたって勝てない人もちゃんといる。

私にとっての謙虚は意識してすることじゃない。
イキるだけイキって調子こいて残念な散り方をして得たのだ。
恥ずかしい思いをして謙虚さが身に付いた。

ある意味でのあきらめ。
世間一般では悪いこととされてる。
あきらめたら出来ない。
最初から自分をダメだって言ってる奴は、ダメなんだ。
だって今、ダメだって言ってるじゃん?って話をされる。

やれると思い込んで、日本一目指して散る確率の方が高いのにだ。

調子乗りすぎもダメ、マウント取りすぎもダメ、かと言ってあきらめてしまってもダメ。

私はどうすれば上手く生きていけるかを考えた。
目標は立てておく。
そこを目指した毎日を送る。
でも無理だと思うって考えるのだ。
その中で無理だと思うけど、がんばってみたいって思えたならばやればいい。
負けた時に、また立ち上れるから。
そして心の中では、「行けたらいいね」ってぐらいに思って努力を続けてればいい。

言っただろ?
高い確率で負けるんだ。
心が折れたら終わりなんだ。
少しづつ強くなっていけばいい。
少しづつ成長して行ければいい。
いつか届いたらいいなぐらいが、ちょうどいい。
それじゃあ一生届かねえよって思われるかもしれない。
だが私たち凡人は急いでも届かない。
期日を設定しても届かない。
散々、負けてきたから間違いない。
あきらめず続けた奴には勝てないってことを知ってるだけだ。

物事って長く続けないと成功しないんだよ。
その間にたくさん負けるんだよ。
負けを想定してない挑戦は、きっと砕け散る。
負けた時に本質が出るんだから。
もちろん勝った時のイキり方でも、その人の残念さが出てしまうんだけれども。


私の目標と休日の過ごし方の話をしておこう。
目標は50歳以上空手世界大会出場。仕事では部長になる。
趣味と仕事の両面の目標だ。
2つ追わない方がいいとは思う。
でも仕事は家族の生活のためにしなきゃいけない。
辞められない。
だから目標を持った。
趣味は楽しむだけじゃ飽きる性格上、世界大会にした。
10年後の目標になる。
50代でどこまで近づけるかだ。


平日は仕事。
帰って20分~30分だが資格の勉強。
早く上がれた時はジムで筋トレをしている。
それでも週1回あればいいぐらいだ。
どうせ仕事はやらされるから逃げずにやると基本は遅くなる。

休日の土日は2時間の練習。あとは2時間~3時間、資格所得の勉強。

なんら、おもしろくもない。
バイクでツーリングしたり、水槽で熱帯魚したり、サーフィン、スノーボードってもんには興味がない。
目標達成の方を取る。
終わってみて、俺の人生何だった?ってなるかもしれない。
でも、努力しないで遊んで、あの時やっていればっていう後悔。

中学、高校で学んだはずだ。
夏の大会で負けて終わった時、どうしてもっと練習しなかったんだろうっていう後悔をした。


楽をして負けた時ほど、つらいんだ。
やるだけやって負けたほうが、戦った自分を支えられる。
財産になる。
人間としての奥行きは確実に出ているのだ。


だから他人と違うことをしなきゃって思ってる。
皆が遊んでいる間にバットを振る。
そういう意味での資格の勉強とトレーニングの日々を選択した。

いつかは達成した後のことを書きたい。


関連記事