2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

親、コーチ、監督の派閥、分裂でどうしようもない人へ

kage

2015/01/19 (Mon)

少年野球の話なのですが「チーム状態最悪」です。


保護者が上級生と下級生に真っ二つ。

飲み会の2次会は、早々と違う店へ別れる始末。


私はそこでコーチをしています。


火の玉さんが言うように、「人は変えられない」「不平不満は言わない」「今の悩みなんてたいしたことではない」というのは承知の上で、何か悶々としています。


火の玉さんなら、どのような1歩を踏み出すでしょうか?


よかったら、教えてください。







仲良くやりたいわけですね?


本心は変わらないだろう現状を変えて、チームをひとつにしたい。

だけど、打つ手はない。

さてどうしよう?




火の玉がスーパーアドバイスをします。



「言ってみれば、いいんじゃないですか?」


おわりっす(笑)





人は思い通りにはならないと書いてきました。

確かにそうなんですが、わかってくれるかもしれない。

これも真実です。




私、子供によく言うことがあるんです。

たぶんダメだろうなって決めつけずに、とりあえず言え。

ダメならダメでいい。


そういう気持ちで、自分が欲しいものは、必ずダメ元で言いなさい。

もしかしたら、お父さんの機嫌がめっちゃ良くて成功する場合がある。


「ホテルのチーズケーキが食べたい」


まあ、ダメですわ。

やっぱりダメかと子供も思う。

だけど、それは確実に私の記憶にインプットされる。

そして、ある日「ああ、そう言えばあいつ、ホテルのチーズケーキが食べたいって言ってたな・・・よし買って帰ろう」って場合もある。



変えることを目的としない意見。

自分の思い通りにはならないという前提で、それは反対です。

でもやるならいいですよ。

付き合いましょう。

だけど俺はやりたくないっすよ。


こういうことなら私よく言います。


相手の意見は尊重する上で、言ってみればいい。




なんか嫌だな、ああもう何とかならないかな?



そう思ったならば、「俺、なんか今の状態、嫌です、なんとかしませんか?」


「だめだ、あいつが変わらないなら断固、戦いだ」

「あっそうですか、わかりました。怒る気持ちもわかります。仕方ないっすね」


だいたいこれで終了なんですか、たま~に「いや、もう別にどうでもいいんだよ、引くに引けなくてさ」って場合がある。




人を思い通りに動かしたいときは、99%動かないけど1%に賭けてダメ元で言ってみよう。



ダメで元々だから、ダメって言われたら、さっと引く。


そして何も変わらない・・・がっかり・・・。


と思いきや、そうでもない。



言った後は、前よりも楽になるんです。




余計、悪くなったらどうするんですか?


もともと悪いんだから、いいじゃない?

好きなだけ落ちればいい。



どうせ、ホテルのチーズケーキなんて、食べられると思ってないでしょ?ってことです。

1%の確率でも何かしたときは、1%の確率で成功します。

0%ではないから、私たちは期待する。


この期待が、私の心を大きく前進させるわけです。


「だよね。さすがにホテルのチーズケーキは無理だよね」ってさっと引いた2週間後、手元にチーズケーキがあり、おいしそうに食べている娘がいました。





なにかを投げかければ、何か返ってくる。

自分が出した波動は強振、共鳴して何らかの形となります。


それがいいものか悪いものかは、わかりません。



だけどわたくし、思うのです。


今回のような、どん底ならば、なにかすれば上がる。


上がらずに悪化しても、もともと最悪で修復不可能だし、言ってみればいいじゃない?ってことです。



私の娘はふつうに生活していたら、到底無理だったチーズケーキを手元に引き寄せた。

こういうことが起こる。




お釈迦様は悟りの教えを「わかってくれなくていい。でもわかってくれるかもしれない」と教えを広めていた。

そして、700人の弟子を持つまでになってしまったのです。



ニーチェの本は、自分が死んだあと広まってベストセラーになった。

そんなものです。



相手がどうこうよりも、まず訴えてみればいい。

そこでわかってもらえれば、本当にもうけものです。









1%を当てる方法・・・






最後に書いておきますか?


私たちは、愛に気づく旅をしてるんです。

どんな人でも愛すべき存在なんだなって思えれば、だいたい上手く行く設定です。


相手は変えられたくないんです。

わかってほしいんです。

あなたも相手も私も娘も奥さんも、愛して欲しいんです。

しかも無条件にっ!


そのままのあなたを愛してる。

別に俺を喜ばせようと頑張らなくていいんだよ、何やっててもいいよ。

喧嘩しようが、バスケやろうが、ぶくぶく太ろうが、愚痴言ってても、泣いてても、0点取っても、100点取っても、なにやっててもいいんだよ。

そこにいるあなたを愛してるよ。



そりゃあ、俺から見たら、ちょっと違うだろうって思う行動もあるよ。

俺はしないけど、あなたがするんなら、それもいいよ。

あなたが決めたことなら、全部オッケー、俺は構わないよ。




だから相手が断固拒否をするならば、「それでいいよ、あなたはそのままでいい」としてあげること。



意見を言ったうえで、「いや、それは賛成できない」と言われたら、「なんでですか?俺はチームのためを思って・・・」と始まれば、もうわかりますね。


俺のことをわかってくれになっちゃう。



そうじゃなくて、変わらない相手を許してあげる愛です。


だからダメ元(笑)




神様に賽銭投げて、「宝くじ当たりますよ~に」ぐらい投げやりにお願いしてみよう。



そうすると確率2%に跳ね上がる。

なんと倍です!


これは不幸のどん底だから、言っているんですよ。

基本はあきらめて、放置しておくと「そんなこともあったな~」になります。


どん底でさらにどん底がない人は、とりあえずダメ元で言ってみたら?


上手く行く場合がありますよというお話でした。

確率2%のアドバイスなので期待しないでください。



もともと、生まれる前の魂の約束でとことん邪魔してねって約束してる場合もあります。

それの場合は無理です。

無理承知で、がんばってみてください(笑)





だけど、わたしは簡単なことでも、結構使ってます。

とりあえず、言ってみよう・・・・おおおっ、いいんですか?あざ~っす!


ありがとうございました。
関連記事

この記事へのコメント

kage

火の玉さん、みなさん

こんにちは。遅球人です。

火の玉さん、記事ありがとうございます。

心がすぅ~っと、まるで立て板に水・・・は、意味が違いますね、はい。
実は、昨日朝、ブログ記事やみなさんのコメントを見直していたら、「言ってみれば良いのかなぁ」なんて思っていた所だったのです!!

「言って変わらない」のと「言わないで変わらない」のは、意味が違う。って記事にあったと思います。
テツさんとのコメント欄でのやりとりを見ていて、双方に誤解が生じているかもしれない。

結局は自分の心の持ちよう。
なるようにしかならない。
でも「為す」と「成す」。行動と結果。同音異義語。
これだってきっと意味がある。

先週末に練習へ参加した時に子ども達から「遅球人さん、あまり喋らなかった。元気なかった」なんて言われていたみたいで、「ありゃりゃ、これはいかんなぁ。子どもの前では、ウルトラグレートメガトンハッピー遅球人であろうとしていたのに、ばれちまってた!」

子どもは素直ですね。
だせぇ大根芝居はバレバレ(笑)


今度の会議で言ってみたいと思います。
「こんなチーム、イヤです」って。
何が変わる訳でもないかもしれない。でもでも、変わるかもしれない。
2%。されど2%・・・


ありがとうございました。

Posted at 14:29:13 2015/01/20 by 遅球人

この記事へのコメント

kage

こんにちは!!
やはり、肘の調子が良くないです。
手術も考えましたが、いろいろ考慮して断念しました。
そこで、30台半ばにして左投げに転向しようと思いまずグローブを購入しました。
キャッチボールもまだろくにできませんが無謀でしょうか…?
くだらない質問で申し訳ありません。
また、マウンドに立ちたいです…
アドバイス宜しくお願い致します!
まずはコントロールを良くなりたいです。

Posted at 14:55:43 2015/01/20 by 野球親父

この記事へのコメント

kage

火の玉さんのブログをいつも見させて頂いています。
グローブに関しての質問なのですが、息子がローリングスのグローブ(外野手)
を買ったのですが、息子はそのグローブが緩いと言っていて、なんとかフィットさせたいのですが方法を教えて頂いてもらいたいです

Posted at 19:50:28 2015/01/20 by 野球少年の父

この記事へのコメント

kage

遅球人さんへ

言って変わらないのと言わないで変わらないのとでは違う。
心の師匠、心屋仁之助さんの言葉です。
本は全部読みましたし、ブログもちょくちょく見させてもらうんですが、なんというか本当に心が軽くなりました。
人生を幸せな方向へ大きく変えてくれた師匠です。

もちろんわけわからんと叩く人もいるようです。
でもある程度勉強している人ならば、心にスッと落ちてくる言葉ばかりかと思います。

「こんなチーム、嫌です。ひとつになろうぜ」を言って、ややこしくなったら仁之助さんの本を読まれてください。
きっとヒントになります。


だけど変わっちゃうんですよ。

まわりがじゃないですよ。
他人を変える確率は2%です。
だから変わりません。


もう1度、言います。
だけど変わっちゃうんです。
98%の確率で変わります。

他人は変わりません。
なにが変わるの?

自分が変わります。
自分の世界が変わります。
だから最高になりますので、ご安心ください。


テツさんもちゃんと自分の納得できる環境を手に入れました。
それは「これは仕方ない」と我慢することではありません。


やらなかった後悔よりも、やった後悔の方がいい。
どこかの成功法則ですが、何でも言えることです。

やって、さらにややこしくなった方が、悶々としてる自分よりも、なぜか良いところにいるんです。
不思議ですが、心の世界では、その方がいいみたいです。
どうしたらいいかな?って悩んでることは全部やる。

やって失敗してる人生の方が、楽しいみたいです。
攻めですよ、攻め!

守りに入ったら負けます。

飛べるのに飛ばない人は、ただ負けるだけ。
負けたくないなら、飛ぼう。
その結果、勝利は約束できないけれど、ただ負けるよりは、ずっとマシな人生になる。

自分を好きになるんです。


自分を愛せる今日をお過ごしください。

ありがとうございました。

Posted at 20:59:42 2015/01/23 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

野球親父さんへ

野球親父さん、こんばんは。
記事更新をしました。
グローブも買ってしまったということで、お答えはしましたが応援しかないと思ってます。
なのであえて挑発的に背中を押させてもらう記事にしあげました。

最初は肘も腕も自分の物じゃないみたいに、上手く動きません。
だけどめげずに楽しんでください。
もちろんつまらなかったらやめてもいいです。
頂上を目指す自分に酔いしれながら、左投げを修得したらいいと思います。

ありがとうございました。

Posted at 19:55:51 2015/01/26 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

野球少年の父さんへ

野球少年の父さん、質問ありがとうございました。
「グローブを買ったけど緩くて悩んでいる人へ」で更新返信をしました。
参考にされてください。
またよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

Posted at 21:00:41 2015/01/28 by 火の玉ボール


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック