FC2ブログ

2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

店員さんに任せちゃえばいいと思いませんか?

kage

2015/05/03 (Sun)

草野球でも合宿という名の旅行したいのですがおすすめの場所ありますか?


よく旅行ってなるとパンフレット取って、るるぶ買って、どうやってどこに行ってとプラン考えて、ああ大変だとなる人が多いわけです。

まあ、そういうのが好きな人はOKです。


ちなみに私は、欲しい物に関しては、ネットで片っ端から最安値を調べたり、お店に行ってあれもいい、これもいいって迷うのが好きなんです。

だからそれならOKなんですが、特にそういうのが面倒だったり、詳しくない場合は、簡単な方法がある。


旅行会社に行って、人数と予算を言ってプランを2,3個用意してくれと頼めば終わり。

それをチームメイトに持って行って、3つの中から選ばせればいい。


人は選択肢が多いと選べなくなる。

だから3つがベスト。

これは自分でやる場合ですが、もしも旅行プラン立て好きの人がいるならば、その人に投げれば終了。




飲み会や交流会みたいなのも、そうなんです。


「火の玉さん、また幹事っすよ・・・」

「なんかあった?」

「いやぁ、毎年毎年きつくて・・・」

「全部、自分でやろうとするからだよ」

「だって誰もやってくれないじゃないっすか!」

「いやいや違う。俺が言ってるのは専門の人に頼んじゃえってことだよ」
「例えば、3500円のプランしかないお店でも、予算が1人3000円だと伝えて、なんとか出来ませんか?って頼んじゃえば、向こうは3000円で利益が出せる料理を用意する」

ここで大事なのが3500円を3000円に値引きしないこと。

それは店長が困るんだ。

だから3000円相当の料理で構わない。

1品減らしてもいい。

好きにしていいから3000円でやってくれれば、うちの予約20人全員、そちらにお任せすると伝える。




または、3000円になったらオーダーストップの連絡をくれと言えば、そういう風に収まる。


お前のやることは、お店に電話して席の予約をして、予算を伝えてプロにお任せで終了だ。

自分が詳しくなければ、お店に任せちゃえばいいんだよ。

電話で10分だな。



服だってそう。

服に興味がない奴ほど、店員に「夜の飲み会に着る洋服を探してます。選んでください」で終了。

上から下まで、完璧な物を選んでくれる。

またはマネキンの服をそのままパクる。

「これと同じ服で、俺のサイズを出してください」で終了。




人生は短い!


興味のないことには時間を取られるな。


少しでも短縮して好きなことをやる。






結論・・・





ということで、旅行プランは私、全然どんな所がいいか?など知り得ません。

ですが私が主催する旅行には全員が満足して帰ります。

そりゃそうだ。

その道、何十年って人が、いいホテルや旨い料理を知っている。

現地に行って確かめてるんだから。

その人の言う通り進んでいるから間違いない。



飲み会も「またお願いします」って頼まれちゃう。

得意分野じゃないからって断るけど、俺の交渉はいつも完璧だ。


洋服も全然、詳しくないけど「火の玉さん、意外とおしゃれっすね」と言われることもある。


まあ専門の人が選んでいるんだから、そうなるわな。

ここ無料だから、どんどん使おう。

本来、自分が使わなきゃいけない時間をポンっと預けちゃうだけ。







最後に大事なポイント・・・





急いでいるということを伝える。

今月までに決めたいと期限があまりなく、すぐ決めたいんだと言う旨を伝えるんです。


そうするとお店の人、頑張って「この客は獲るぞー」ってなるんです。

良いプランを出したり、とっておきの情報をくれたり、うちで決めませんか?と前のめりで営業してくれる。


それが「今、探してて色々、回ってるんです」とか「他とも比べますから」とか「やるかどうかは、わからないけど話だけ」なんて言う奴には、基本やっつけ仕事になる。

まあ、それなりに話をして縁があったらまた会おうよ的に「お待ちしております」と思ってもいないことを言って裁くのだ。


わかりますよね?

あなただってそうするでしょ?


私なら、そうする。


だけど時間がないから急いでる。早く決めたい。

3000円なら即決だと言われたら、「わかりました!」ってなっちゃうんです。


すぐに買いまっせ!やりまっせ!が大事です。


旅行にしても飲み会にしても人数が多ければ多いほど、この強さは発揮される。

より大きなお金を落としてくれるわけですから。


では、その辺をきっちり抑えて頂いて旅行会社へレッツゴーです。

ありがとうございました。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック