2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

あれもこれも欲しいけど、選べるのはひとつだけ・・・

kage

2016/01/07 (Thu)

夢を叶える人は群れをなして飛ぶと言います。


すごく簡単に言えば、甲子園を目指すなら弱小高校じゃダメですよってこと。

それ相応の環境に自分の身を置きましょう。


甲子園を本気で目指している人たちの集まりの中に入る。



温度差なんです。



弱小を俺が変えてやるって話になると、押し付けんなよ、火の玉となる。


その場所の空気感。

自分ひとりで、変えようとするならば、一気に押し戻される。



いや多少は変わるかもしれません。

でも結局は弱小は弱小のまま、今ここになる。




「復活」を目指す火の玉なんですが、ここじゃ無理だなと。



どこか名門の門を叩いてみようか?



優勝戦線をいつも走るチームへですよ。



本気で変わりたきゃ、それをすることはわかってる。



ここで葛藤・・・・・・・・でもな~~


新しく入ったらある程度、出席はしないとまずいし。

俺、土日休みじゃないし。

娘のバスケも見たいし。



じゃあ、お前はどうしたいんだよっ




いや、変わりたいよ。

またあの時みたいな、しびれる試合してさ、足震えながら守ってさ、最後のアウトで、あの15秒を味わいたいよ。



でも・・・


それは娘のバスケ見てるだけで、その感情には行けるわけ。

わざわざ名門に行かなくてもさ。

それに俺、若干コミュ障だから初対面、弱いでしょ。

ほら、ユニホーム代だってあるし、年会費も発生するし。



成功の方法を知っていても、それをやりたがらない自分がいる場合は結論、無理ってことになります。



私たちは、いろいろな欲しいものがあって、全部は持ちきれないから、どれかひとつに絞らないといけないんです!


例えばゲームを3個買ったとします。

3個のゲームを楽しむかと言えば人間そうじゃないんです。

3個の中で1番、おもしろいゲームをやります。

あとの2つはたいしてやらずに終わるんです。

だから1個づつ。

1個づつ楽しんで、その1個があきたら、次の1個を手元に置き楽しむ。


社会人1年目になると学生時代とは、比べ物にならない給料をもらいます。

やりましたね?

コンビニでティラミス大人買い。

ハーゲンダッツ大人買い。

ピザポテト、プリングルス、学生時代に高くて中々、手を出せなかったものをこれでもかってぐらい買い、食いかけて腐らせる。


たくさんあるとダメなんです。

私たちは、ひとつひとつしか出来ないようになってます。






そうなってくると、娘のバスケかなと。


ちなみに私の軸に、「やってみせれない人には、何も言う権利はない」というのがあります。


論文を書かせたら日本一みたいな人を認めません。


その体で今、やってみせる、あるいは過去にやれていた事実がない人からは、何も得るものがない。



例を出します。


宝くじの当て方、教えてやろう。

日々、感謝してお祈りをする。

方角を学び、横浜の宝くじ売り場で買う。

吉日があるから、7月生まれの人は、10月に買えばよい。

金色の財布にしなさい。

宝くじを買ったら、黄色の風呂敷に包み、冷蔵庫にしまう。

あとは、当たったかのように振る舞い、億万長者がするであろう行動をとれば、今年、あなたのもとに億が引き寄せられる。


と、宝くじに当たったこともない私が言ってみたよ!



あなたは「さすが火の玉さん、勉強になりました。家に帰ってさっそくやります」って・・・いうわけないだろーがっ!



ということで、バスケットをやったことのない私が親という権限のみで、お前のこういうところがダメと言っても、思春期まっただ中の娘にとって、「うざい」この上ないのです。



まずはバスケットが出来る自分にならないと。


私が練習なのです。


ハンドリングをしてシュート練して、3Pを決めてほしかったら、まず自分が3Pのむずかしさを知る。

むずかしさを知った上で、ねじこめる選手でない限り、「打て!」というのは私のポリシーではありません。


だから最初の2年間は「ナイッシュー」「オッケー」「いけー」しか言っていません。


最近でしょうか?


出来ることが増えて、「アーチかけて手を残せ、それじゃあ何本打っても入るようにはならねえよ」と言えるようになったのは。


だけど娘は言うんですよね。




「わからないから、やってみせて」

「あいよ、ボール貸せ」

スパパンと決める私を見て・・・・・「わかった」



練習をすれば、上手くなれるんだよというメッセージを背中で伝える。


まさにリーダー中のリーダーが、私なのです!




バスケット好きですか?



大好きです。今度は嘘じゃないっす(漫画スラムダンクより)



もっともっと上の舞台で活躍してもらいたいから、もっともっとせめぎ合う試合をしてほしいから、本気で付き合いたい。

本当に日々、やり切った人だけが行ける世界がある。

そこに行って堪能してもらいたい。

これが本当の「人間だけが行ける魂の世界」だ。

日常では絶対に味わえないものだから。

その経験が、その先の人生を支えてくれる。





何より不思議なのが、コートの外で応援してるだけなのに、涙が出るんですよ。

同じ熱量で、それを味わえるんです。




その合間で「復活」という虫のいいことを考えてます。

バスケットは結構走るし、ハンドリングなんてずっと中腰で下半身作れるし、意外に生きるんじゃないかと。

素振りだけはきっちり100回やっているので、どうぞ期待してください。



何が言いたいかといいますと、最近日記でギャク路線を爆走中ですが、ちゃんと草野球ブログもやりますよってことです。



本年もよろしくお願いします。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック